アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

犀角独歩氏の妄説・黒い謀略体質を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(148)~犀角独歩氏らの「戒壇の大本尊・大石寺17世日精偽作説」は誤りである

■検証148・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない12

 

□犀角独歩氏らの「戒壇の大本尊・大石寺17世日精偽作説」は誤りである

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した人物が、日蓮正宗大石寺17世法主・日精であるならば、大石寺17世日精の代以前の大石寺には、「戒壇の大本尊」なる板本尊は、存在していないはずである。そして尚且つ、「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺17世日精の代になって、はじめて大石寺に登場したはずである。

ところが「戒壇の大本尊」なる板本尊は、すでに日蓮正宗大石寺9世法主・日有の代から、大石寺に存在していたことが文献史料に残っているので、「大石寺17世日精偽作説」はこれらの文献史料と矛盾することになる。

そこで今まで検証してきた「大石寺17世日精偽作説」の矛盾点をまとめてみたい。

 

1 大石寺と同じ富士門流本山寺院である保田妙本寺・小泉久遠寺十一代貫首(住職)日要が、かつて大石寺9世日有から聞いていた説法を、弟子たちに語っていた内容を日果という僧侶が筆録した「新池抄聞書」という文書には、明確に「事の戒壇」の語句が登場している。

「事の戒壇」とは、大石寺では「『戒壇の大本尊』を祀る場所」という意味のことで、大石寺17世日精がはじめて「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したならば、大石寺9世日有の代に「事の戒壇」の語句が登場するはずがなく、矛盾した論理になる。

2 もし大石寺17世日精がはじめて「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したのならば、なぜ1493(明応2)年に北山本門寺の六代貫首・日浄が「日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊これを彫刻す」と言ったのか?

これも大石寺17世日精偽作説の大きな矛盾点である。

3 大石寺門流ではじめて板本尊を造立したのは大石寺17世日精ではなく、大石寺9世日有である。大石寺9世日有の代に、すでに五体の黒漆塗りに金箔加工の板本尊が造立されている。

もし大石寺ではじめて「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したのが大石寺17世日精だとしたら、大石寺に「戒壇の大本尊」なる板本尊が造立されるはるか以前に、日蓮正宗の末寺に板本尊が存在していたことになる。これは明らかな矛盾である。

仏教界の厳格な本山・末寺の関係からして、本山の大石寺にもない板本尊を、末寺で造立し祀るはずがない。

4 大石寺17世日精は、元々、京都・要法寺の出身僧侶であり、要法寺13代貫首・広蔵院日辰流の教学に傾斜した造仏読誦論者だった。大石寺17世日精は、三大秘法建立の時に本門の本尊(仏像)が造立されて、三大秘法抄の戒壇に祀られる。

漫荼羅本尊はそのときの設計図であり、三大秘法建立の時までの常途の本尊としていた。

こういう大石寺17世日精教学と「戒壇の大本尊」を祀る処を事の戒壇とする教学は全く相容れないものであり、大石寺17世日精教学から「戒壇の大本尊」偽作は生まれてくるはずがない。

戒壇本尊1


続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(147)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない11

■検証147・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない11

 

□「戒壇の大本尊」は大石寺17世日精の代以前から大石寺に存在していた

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、すでに大石寺9世日有の代から、大石寺に存在していたことが文献史料に残っている。それらのものを列挙すると、次のようになる。

 

1 保田妙本寺・小泉久遠寺11代貫首・日要(14361514)が、大石寺9世日有から聞いた説法を、弟子に語った内容を日果が筆録した文書である「新池抄聞書」の文

 

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書『富士日興上人詳伝・下』p84)

「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀っている「事の戒壇」という名前が、ここで具体的に、かつ、歴史上はじめて日蓮正宗大石寺に登場する。

 

2 大石寺9世日有が死去した1482(文明14)年に行われた小泉久遠寺と大石寺の問答を記録した「大石寺久遠寺問答事」には大石寺本尊堂における問答の記載がある。(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』9p53)

 

3 1493(明応2)年に北山本門寺六代貫首・日浄(?1493)が死の直前になって「日有は未聞未見の板本尊を彫刻・造立した」と厳しく非難する文書を書いた「富士山本門寺文書集日浄記」の文

 

「大石寺の板本尊は日有(彼山中興)の偽造なり。往昔より兎角に北山本門寺の本堂を蔑如して富士門徒にて争う中に於て、殊に大石寺の邪徒、重須(北山)の本堂を嫉妬し板本尊を偽造して、戒壇の本尊と名付け、且は偽書を造り開山の付属と云い、無窮の妄語を吐き、世間の道俗を誑惑し、無慙無魂を招かるる事也」

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意なり。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊即ち本門戒壇の本尊と云々。』 …

是れ日浄上人は日有の時の人なり。已にそれ未聞未見の板本尊を彫刻すと云う。偽造たること白々たり。又、小泉久遠寺の日要、日我等、日有の真似をして重須は御影堂正意、久遠寺は本堂、能開所開、両寺一味などと云う」

「日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊を彫刻し、猶己義荘厳の偽書を造る。…もし、日有の誑惑世間に流布せば、興門の道俗共に無間に堕ち、将来悲しむべし云々」 (「大石寺誑惑顕本書」p6p7

戒壇本尊1 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(146)~大石寺17世日精が御影堂に祀った「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊の可能性2

■検証146・「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作者は17世法主日精ではない10

 

□大石寺17世日精が御影堂に祀った「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊の可能性2

 

仮に1632(寛永9)11月から1679(延宝7)2月までの47年間、大石寺御影堂に「戒壇の大本尊」なる板本尊のレプリカ本尊が祀られていたとして、それが1679(延宝7)2月に大石寺17世日精が新しく造立した板本尊が御影堂に祀られ、レプリカ本尊が大石寺宝蔵に収蔵されたとなると、宝蔵にそのレプリカ本尊が今も収蔵されていなくてはならないはずである。

しかしながら日蓮正宗大石寺塔中観行坊住職・能勢順道氏が編纂した「諸記録」を見ると、大石寺宝蔵の中にある什宝として、大石寺9世日有が文安二年(1445)十一月六日に造立した「身代わり板本尊」や、宝蔵に「戒壇の大本尊」が格蔵されていた時代に収蔵されていた「厨子」、いわば「もぬけの殻になった厨子」が存在するとの記載はあるが、レプリカ本尊があるとの記載はない。

そうすると、宝蔵から他所、ないしは末寺に移動せしめたのか。あるいは存在していても記載していないのか。これ以上は具体的な確たる証拠がないので、何とも言えない。

 

ただ最後に付け加えておきますが、1632(寛永9)11月から1679(延宝7)2月までの47年間、大石寺御影堂に祀られていたのは「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊だと断定しているわけではなく、レプリカ本尊の可能性が極めて高い、ということである。

御影堂に祀られて御開扉に登場した「戒壇の大本尊」が、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」である可能性が全くないわけではない。

がしかし、さまざまな観点からして、この可能性は極めて低く、大石寺17世日精が造立したレプリカ本尊の可能性が極めて高い、ということである。

 

□現奉安堂に祀られている「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」

 

では現在、大石寺奉安堂に祀られているのは、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なのか、それとも大石寺17世日精が造立したレプリカ本尊なのか、という問題が出てくる。

が、私は1955(昭和30)年の奉安殿落慶によって大石寺宝蔵から奉安殿に遷座され、次いで1972(昭和49)10月の正本堂落慶によって奉安殿から正本堂に遷座。その26年後の1998(平成10)年の正本堂解体によって再び正本堂から奉安殿に遷座になり、2002(平成14)年の奉安堂落慶によって、奉安殿から奉安堂に遷座。今は大石寺奉安堂に祀られているのは、レプリカ本尊ではなく、1445(文安2)年ころに大石寺9世日有が偽作した板本尊(半丸太本尊)の「戒壇の大本尊」だと見ている。それはなぜか。

戒壇本尊1


続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(145)~大石寺17世日精が御影堂に祀った「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊の可能性1

■検証145・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない9

 

□大石寺17世日精が御影堂に祀った「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊の可能性1

 

日蓮正宗大石寺17世法主・日精が、「戒壇の大本尊」のことを「戒壇院の本尊」と呼び、「戒壇の大本尊」を御影堂の日蓮木像の後ろに祀ったことについて、別の見解が存在する。

それは、このときに大石寺御影堂に祀られたのは日蓮正宗大石寺9世法主・日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊ではなく、大石寺17世日精が後から本体そっくりに造立した拓本・レプリカ本尊ではないか、ということである。

大石寺には「戒壇の大本尊」なる板本尊のレプリカ本尊があるのではないかという指摘は、久保川法章氏や美濃周人氏によって指摘されてきているが、二人とも推測や他からの伝聞を元に著書に書いており、証拠としての説得力に欠けるものがある。

大石寺17世日精が1632(寛永9)の御影堂再建に併せて「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊を造立したという説は、逆に、かなり高い説得力を持っている。

 

大石寺に格蔵される大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊のレプリカ本尊の存在を証明する、具体的な証拠と言えるものは、1977(昭和52)526日に大石寺大講堂で行われた寺族同心会の席における大石寺66世細井日達法主の説法と、「富士宗学要集」にも収録されている大石寺48世日量が著述した「富士大石寺明細誌」である。

具体的に言うと、「戒壇の大本尊」なる板本尊の形状を記した48世法主日量の記述と66世細井日達法主の説法の内容が食い違っていることである。

1977(昭和52)526日に大石寺大講堂で行われた寺族同心会の席における日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の説法と日蓮正宗大石寺48世法主日量が著述した「富士大石寺明細誌」の記述を並べてみたい。

 

「戒壇の御本尊様は楠の厚木です。表から見るとこういう板です。ところが此れは大変な板です。ただの板ではないのです。こういう板になっているのです。だから後ろから見ると丸木です。丸木を表だけ削ってあるわけです。大変なものです。重たい。上はただ三寸そこそこの板ですけれど、まわりは丸木です。まん丸い木です。その丸い木を、前を削って板にしたにすぎません・・・」

(昭和52年5月26日の大石寺大講堂・寺族同心会における細井日達法主の指南)

 

「一、本門戒壇の板大漫荼羅 一幅 日蓮聖人筆十界勧請御判の下横に並べ、現当二世の為め造立件の如し、本門戒壇の願主、弥四郎国重、法華講衆等敬白、弘安二年十月十二日と、末代不朽の為に楠の板に書く、厚さ二寸二分、竪四尺七寸五分、横二尺一寸五分なり」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』5p334/日蓮正宗大石寺48世法主日量著『富士大石寺明細誌』)

戒壇本尊1 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(144)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世法主日精ではない8

■検証144・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない8

 

□犀角独歩氏ら日精偽作説が見落としている江戸時代初期の政治・社会・宗教情勢2

 

こういった徳川幕府草創期・家康・秀忠・家光の時代における「武断政治」により、幕府の命にしたがわない不受不施派が、徹底的に弾圧された。こういった政治情勢・宗教情勢により大石寺門流は、なんとしても徳川幕府公認の宗派として認められるという必要性に迫られていた。

そもそも20世紀半ばの日本国憲法施行以前、特に徳川幕府の時代は、現代のような信教の自由が保障された世ではなく、徳川幕府公認の宗派にならなければ、布教はおろか、寺の存在・生存そのものが許されなかった時代である。これは何も寺院、宗派、神社のみならず、外様大名から親藩・譜代大名・旗本・御家人まで全てがそうであった。

そういう時代の中、徳川幕府は家康・秀忠・家光の初期3代だけで実に122家の大名を改易・減封に処してきている。大名ならずとも寺院、宗派が取りつぶしになれば、それは失業である。

徳川時代の失業というのは、現代の失業とは全く違う。失業保険もハローワークもあるはずがない。徳川時代の「とりつぶし」とは、それこそ「死」を覚悟しなくてはならないものだった。

ましてや不受不施派のように禁圧されてしまえば、死罪・流罪されてしまう恐れさえあった。

 

日蓮正宗大石寺17世法主・日精は、大石寺門流を一宗一派として幕府から公認されるため、養母・敬台院を通じてさまざまな活動を行った。

その中のひとつが「戒壇の大本尊」なる板本尊を御影堂の日蓮木像の後ろに祀り、御影堂に「本門戒壇堂」と自筆した棟札を掲げて、対外的に大石寺が「事の戒壇」であり、大石寺に「戒壇院」「本門戒壇堂」があるということを鮮明したということ。

戒壇大本尊2大正4年由井本2


1636(寛永13)年、徳川幕府は全国の寺院・神社に寺社領の朱印状および安堵状を下賜したが、その中に大石寺は入っていなかった。しかし、1637(寛永14)年、大石寺17世日精は敬台院の推挙により、公儀の年賀に乗輿を免許される。

そして1641(寛永18)628日、徳川幕府三代将軍・家光より大石寺に66石の所領の朱印状が下賜されるということになり、ここに大石寺17世日精は目的を達成することになる。

つまり、要法寺13代貫首・日辰流の造仏読誦論者だった大石寺17世日精は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を、「戒壇院の本尊」と称して、大石寺門流を徳川幕府公認の宗派になるために、利用したと言うことである。

1630年(寛永7年)の身池対論で、池上本門寺貫首・日樹をはじめとする不受不施派の僧侶が次々と投獄されて流罪になった事件を見せつけられた大石寺17世日精は、それこそ利用できるものは全て利用し、なんとしてでも徳川幕府に取り入って、大石寺門流を徳川幕府公認の宗派にする至上命題に迫られていた。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ