アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『戒壇大本尊』は偽作造立と同時に漆・金箔加工された

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(287)~大石寺法主が否定している久遠院日騰の「紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・加工説」

■検証287・「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである3

 

□大石寺法主が否定している久遠院日騰の「紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・加工説」

 

「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の模写と彫刻・塗箔、ないしは模写・彫刻と塗箔が別の法主によって行われたのではないかという説とよく似た説に、「日蓮が紙墨に認めた紙幅の本尊を9代日有が彫刻した」と言った大石寺34代学頭・久遠院日騰の説がある。

日蓮正宗大石寺52世法主・鈴木日霑が35代大石寺学頭だったので、久遠院日騰は鈴木日霑よりも一つ前の学頭ということになる。

学頭とは大石寺次期法主に内定した人物のことで、法主に次ぐ宗門ナンバー2の高僧である。

久遠院日騰は大石寺51世日英から学頭に任命されたが、法主には登座せず、鈴木日霑が35代大石寺学頭になり、そのまま大石寺52世法主に登座している。

その後、久遠院日騰は1854(安政1)11月の安政の大地震でのケガが元で、翌1855(安政2)10月に48才の若さで死去している。

明治初期に北山本門寺34代貫首・玉野日志氏と日蓮正宗大石寺52世法主・鈴木日霑との間の「霑志問答」で、玉野日志が鈴木日霑に、久遠院日騰の説についてこのように書いている。

「其彫刻は現に久遠院弁妙・国学の友大堀有忠—今尚存生—に語って云く、大石寺に戒壇の本尊有り、惜しいかな九代日有師之を彫刻して其の本紙を失すと」

(『両山問答・本門寺問の部』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』7p44)

惜しいかな九代日有師之を彫刻して其の本紙を失す2


惜しいかな九代日有師之を彫刻して其の本紙を失す1
 

これに対して大石寺の鈴木日霑は、次のように答えている。

「其の彫刻は久遠院便妙・国学の友大堀有忠に語って云くとは死人に口なし、能き証人なり。彼の便妙なる者、吾が信者ならざる方外の友杯に妄りに法話をすべきの人にあらず。是れ必ず死して其の人の亡きを幸いとし斯る胡乱なる証人を出し給ひし者か。若し万が一彼の人にして此の語あらば、彼の人の殃死は必ず此の妄言を出せし現報なるべし」

(『両山問答・大石寺答の部』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』7p101)

彼の人にして此の語あらば彼の人の殃死は必ず此の妄言を出せし現報2


彼の人にして此の語あらば彼の人の殃死は必ず此の妄言を出せし現報1
 

大石寺52世鈴木日霑は、もし万が一にも久遠院日騰が本当に国学の友大堀有忠に「大石寺に戒壇の本尊があるが、これは大石寺九代日有が彫刻した本尊で、大石寺9世日有は日蓮が紙墨に認めた戒壇本尊を失してしまった」と語ったならば、久遠院日騰が安政の大地震でのケガが元で死去したのは、この妄言を言った仏罰の報いなのだ、と言っている。つまり大石寺52世鈴木日霑は、久遠院日騰が言ったとされる「日蓮が紙墨に認めた戒壇本尊を大石寺九代日有が彫刻した」という説を言下に否定しているのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(286)~「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである2

■検証286・「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである2

 

□日蓮正宗の正式見解と矛盾している漆・金箔加工の慧妙や法華講員たちの言い訳

 

---------------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

「弘安二年十月十二日」というのは、当然のことながら御聖筆をもっての大御本尊御図顕の日であって、彫刻や塗箔のなされた日ではないからである。この点を指摘しておけば、十分に事足りるであろう。(平成191016日付け日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』p4)

-----------------------------------------------------------------

(洗脳法華講員・ブルーシールの妄説)

大聖人の時代に経済的に金箔加工が不可能だとして、それがどうしたというんでしょうね?

最初にしたためたのは大聖人で、後の時代に金箔加工されたということだって十分ありえるじゃないですか。現代でも、御本尊様をしたためてから、それを金箔加工するまでに、かなりのタイムラグがあることは珍しくありません。大聖人の経済力の無さは、大御本尊様偽作の証拠にはなりません。(洗脳法華講員・ブルーシールの2011122日のmixi日記)

------------------------------------------------------------------

日蓮自らが経済力がないことを遺文(御書)で認めているにも関わらず、あくまでも「日蓮には経済力があった」などと強弁しようとするのが洗脳法華講員・龍神ひろしや黒川和雄なる者の妄説であるのに対して、上記の日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』や洗脳法華講員・ブルーシールの妄説は、日蓮には経済力がなかったことを認めた上で、図顕の日と彫刻や塗箔の日は別の日だとか、図顕したのは日蓮だが、金箔加工は後の時代になされたというものである。一見してもっともらしく見える『慧妙』やブルーシールの妄説は、大石寺歴代法主の説法や日蓮正宗宗務院の見解と、真っ向から食い違っているものである。

 

□日蓮真筆本尊の本体を大石寺法主が日蓮に無断で加工した板本尊は一つも存在しない

 

「最初にしたためたのは大聖人で、後の時代に金箔加工されたということだって十分ありえるじゃないですか。現代でも、御本尊様をしたためてから、それを金箔加工するまでに、かなりのタイムラグがあることは珍しくありません」などという洗脳法華講員・ブルーシールの妄説は、よくよく検証していくと、まるで矛盾に満ちた妄説である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(285)~「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである

■検証285・「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである1

 

□「戒壇大本尊」は隠居不在の時代の一人の当代法主・大石寺9世日有が偽作した板本尊だ

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説には、様々な異説が存在していることも事実で、その中の一つに、「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の模写と彫刻・塗箔、ないしは模写・彫刻と塗箔が別の法主によって行われたのではないかという説がある。かつて「mixi」の「アンチ日蓮正宗」トピックで、このような質問が出されたことがありました。

-----------------------------------------------------------------

(『戒壇の大本尊』模写・塗箔の別時・別の法主による偽作説)

「河辺メモ」のなかで、当時の阿部教学部長が、河辺氏に言ったこととして、

 「中央の主題は弘安3年日禅授与のご本尊から転写したもので、後の仏滅後云々とかの脇書はおそらく時師(日時)のころか有師(日有)のものだ。」と有ります。

大石寺第6世日時の時代は大石寺も貧窮していたので、黒漆や金箔等の加工は出来なかったでしょうが、楠の半丸太に字を彫刻する位の事は出来たでしょう。「本門戒壇の板本尊」が日時の時代に原形が造られ、黒漆・金箔を日有の時代に施した可能性も有るのではないか。

----------------------------------------------------------------------

つまり質問の主旨は、大石寺の「戒壇の大本尊」は、「大石寺9世日有が偽作した」というような「一人の法主による偽作」ではなく、大石寺6世日時と大石寺9世日有、大石寺9世日有と大石寺17世日精というような別の時代の、別の二人以上の法主によって偽作された可能性があるのではないか、という質問である。この時の質問者は「河辺メモ」を論拠に置いた質問であったが、「アンチ日蓮正宗」では「河辺メモ」そのものに疑義を呈しており、「河辺メモ」を論拠にした偽作説そのものが誤った説であるという見解である。

□「「河辺メモ」は「戒壇の大本尊」偽作の証拠ではない」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8585349.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8586514.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8587235.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8585546.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8585894.html

そこで、ここでは「河辺メモ」を度外視した質問であったという前提で、話を進めて行きたい。

大石寺『戒壇の大本尊』なる板本尊の模写と彫刻・塗箔が別の時代の、別の二人以上の法主によって偽作されたということは、全くあり得ない。「戒壇の大本尊」模写・塗箔が別の法主による偽作説は誤りである。それはなぜか。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(65)~大石寺法主が否定している「紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・漆金箔加工説」

■検証65彫刻・漆加工・金箔加工が日蓮存命中に完成していたどしている日蓮正宗の正式見解4

 

□大石寺法主が否定している「紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・漆金箔加工説」

 

日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」や洗脳法華講員・ブルーシールが「最初にしたためたのは大聖人で、後の時代に金箔加工された」という妄説は、「日蓮が紙墨に認めた紙幅の本尊を9代日有が彫刻した」と言った大石寺34代学頭・久遠院日騰の妄説と同じである。大石寺52世鈴木日霑が35代大石寺学頭だったので、久遠院日騰は鈴木日霑よりも一つ前の学頭ということになる。学頭とは大石寺次期法主に内定した人物のことで、久遠院日騰は大石寺51世日英から学頭に任命されたが、法主には登座せず、鈴木日霑が35代大石寺学頭になり、そのまま大石寺52世法主に登座している。その後、久遠院日騰は1854(安政1)11月の安政の大地震でのケガが元で、翌1855(安政2)10月に48才の若さで死去している。明治初期に北山本門寺34代貫首・玉野日志氏と大石寺52世鈴木日霑との間の「霑志問答」で、玉野日志が鈴木日霑に、久遠院日騰の説についてこのように書いている。

「其彫刻は現に久遠院弁妙・国学の友大堀有忠今尚存生に語って云く、大石寺に戒壇の本尊有り、惜しいかな九代日有師之を彫刻して其の本紙を失すと」(『両山問答・本門寺問の部』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』7p44)

日有彫刻本紙失1


日有彫刻本紙失2
 

これに対して大石寺の鈴木日霑は、次のように答えている。

「其の彫刻は久遠院便妙・国学の友大堀有忠に語って云くとは死人に口なし、能き証人なり。彼の便妙なる者、吾が信者ならざる方外の友杯に妄りに法話をすべきの人にあらず。是れ必ず死して其の人の亡きを幸いとし斯る胡乱なる証人を出し給ひし者か。若し万が一彼の人にして此の語あらば、彼の人の殃死は必ず此の妄言を出せし現報なるべし」

(『両山問答・大石寺答の部』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』7p101)

弁妙妄語現報2


弁妙妄語現報1
 

鈴木日霑は、もし万が一にも久遠院日騰が本当に国学の友大堀有忠に「大石寺に戒壇の本尊があるが、これは大石寺九代日有が彫刻した本尊で、日有は日蓮が紙墨に認めた戒壇本尊を失してしまった」と語ったならば、久遠院日騰が安政の大地震でのケガが元で死去したのは、この妄言を言った仏罰の報いなのだ、と言っているわけである。つまり鈴木日霑は、久遠院日騰が言ったとされる「日蓮が紙墨に認めた戒壇本尊を大石寺九代日有が彫刻した」という説を言下に否定しているのである。

52世日霑
 

(大石寺52世鈴木日霑)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(64)~日蓮真筆本尊の本体を大石寺法主が日蓮に無断で加工した板本尊は一つも存在しない

■検証64彫刻・漆加工・金箔加工が日蓮存命中に完成していたどしている日蓮正宗の正式見解3

 

□日蓮真筆本尊の本体を大石寺法主が日蓮に無断で加工した板本尊は一つも存在しない

 

「最初にしたためたのは大聖人で、後の時代に金箔加工されたということだって十分ありえるじゃないですか。現代でも、御本尊様をしたためてから、それを金箔加工するまでに、かなりのタイムラグがあることは珍しくありません」などという洗脳法華講員・ブルーシールの妄説は、よくよく検証していくと、まるで矛盾に満ちた妄説である。

まず第一に、日蓮正宗はおろか、日蓮宗や富士門流など、日蓮を宗祖とする宗旨の寺院で、日蓮真筆本尊の本体を板に彫刻・加工したり、板に彫刻・加工したものを漆加工・金箔加工したなどという板本尊は全く存在していない。そんな本尊は一体もないのである。「慧妙」やブルーシールが言うように「最初にしたためたのは大聖人で、後の時代に金箔加工された」ということなら、これは日蓮が墨で認めた紙幅の本尊を後代の法主が板に加工、ないしは日蓮が板に墨で認めた本尊を後代の法主が漆加工・金箔加工したことになる。日蓮真筆の本体の本尊を模写してそれを板に彫刻した板本尊とはわけが違う。ならば日蓮は自らが認めた本尊を後代に加工して漆・金箔加工せよと命じたのか。日蓮は自らが認めた本尊を後代に加工して漆・金箔加工することを認めたのか。

そんなことを日蓮が書きとどめた遺文(御書)は、どこにもない。そんな遺文(御書)はひとつも存在しないのである。

第二に、後代の大石寺の法主が日蓮に無断で日蓮が墨で認めた本尊の本体を後代に漆・金箔加工したことになる。これは日蓮正宗が言うところの「大謗法」の行為ではないか。日蓮正宗は、昭和五十二年路線の創価学会が、当時の大石寺66世細井日達法主の許可もなく、八体の紙幅の本尊を勝手に板本尊に模刻したとして「これは宗門七百年の歴史で未曾有の大謗法」と言って創価学会を口を極めて非難していた。又、1980(昭和55)年ころの正信会問題の頃、正信会寺院の住職が大石寺法主に無断で寺院本堂に祀られている板本尊の金文字を「漆で消したのは大謗法」等々と非難していた。それならば、後代の大石寺の法主が日蓮に無断で日蓮が墨で認めた本尊の本体を後代に漆・金箔加工したことは、「大謗法」ということになる。日蓮正宗は、かつて創価学会や正信会を「大謗法」と非難した行為を、自分たちが行っていたことになる。

こう言うと日蓮正宗は「大聖人の許可などいらない。御法主猊下の許可が有ればいいのだ」と抗弁するだろうが、これは当たらない。これは「僧侶社会の常識」で考えればすぐにわかることだ。

日蓮正宗の宗祖である日蓮は、後代の大石寺法主よりも「上位」にある。ましてや日蓮正宗は日蓮を「仏宝」、日興を「僧宝」などと言っているわけだから、日蓮は、後代の大石寺法主よりも「上位」にあることについて異論はあるまい。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ