アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺法主の「唯授一人血脈相承」は大石寺9世日有の偽作だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

血脈相承は9世日有の偽作だ(25)~大石寺59世法主を歴任したため戒壇大本尊・相伝書偽作説支持を公然と言えなかった堀日亨

■検証25・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない18

 

□「日本のダビンチ・コード」のミステリー・大石寺59世堀日亨の「偽作説支持」の隠れた本心

 

日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、本心では「戒壇の大本尊」なる板本尊、「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」偽作説を支持していたが、もちろん公式に「偽作説が正しい」と正式に宣言しているわけではない。堀日亨は、膨大な自らの著書や編纂した文献の頭注などにまぜて、自らの「本心」をところどころに織りまぜるという形で表明している。

これはまさに「日本のダビンチ・コード」とも言うべきミステリーである。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」には、イエス・キリストはマグダラのマリアと結婚しており、磔にされた時、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、という暗号(コード)が含まれているとした2006年の大ヒット映画「ダビンチ・コード」は、あまりにも有名になった。

この「堀日亨の隠れた本心」とは、まさに映画「ダビンチ・コード」の日蓮正宗版である。

「ダビンチ・コード」の原作で著者は「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている」と述べ、映画「ダビンチ・コード」の製作者は「今世紀最大の話題作」だとしているが、当然、これはフィクションである。イエスの婚姻関係および子供に関しての確たる証拠はなく、現在も研究は続いているものの、史料が根本的に不足しているのであり、学術的かつ客観的結論を得るのはまず不可能であるのが現状である。

しかし大石寺59世堀日亨の場合は、史料不足どころか、膨大な史料が残っており、そのところどころに、堀日亨の隠れた本心が顕れている。これはフィクションでも何でもない、事実である。

「堀日亨の隠れた本心」の場合は、堀日亨独特の暗号・パズルのようになっているようで、これが実に面白い。その堀日亨の隠れた本心を記した暗号・パズルとは、「富士宗学要集」1巻に書き残した、「百六箇抄」「本因妙抄」等々のいわゆる「相伝書」の一部の文は、日蓮以降100200年くらいの間に加筆されたとする「部分後加説」であり、「富士宗学要集」全般にわたって堀日亨が書き記した頭注。あるいは著書「富士日興上人詳伝」で、身延離山の日興の荷物の中に「戒壇の大本尊」なる板本尊があったかどうかについては「研究の余地が存ずる」と言っていること。

「延山(身延山久遠寺のこと)の常住物は何一つ持ち出していない」「とうぜんのことである」とまで言っていること。そして「戒壇の大本尊」大石寺9世日有偽作の文献的証拠である「新池抄聞書」を、「富士宗学要集」には収録しなかったが、著書「富士日興上人詳伝」に収録していること等である。日蓮正宗大石寺法主を経験した堀日亨が、日蓮正宗の根幹である「戒壇の大本尊」なる板本尊やさまざまな「相伝書」と言われる文書を否定するかのような記述を、なぜあえて残したのか。

それはまさに堀日亨が、本心では「戒壇の大本尊」なる板本尊、「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」偽作説を支持していたからに他ならないからではないか。

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(24)~堀日亨は本心では「戒壇大本尊」「二箇相承」偽作説を支持していた

■検証24・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない17

 

□自らの研鑽・行脚・調査で戒壇大本尊・二箇相承・血脈相承が後世の偽作だと気づいた堀日亨

 

それにしても、なぜ日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、自らの著書の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊や「二箇相承」をはじめとする、さまざまな「相伝書」と言われる文書を否定するかのような記述をあえて残したのか、という疑問が湧いてくる。堀日亨は、身延離山の日興の荷物の中に「戒壇の大本尊」があったかどうかについては「研究の余地が存ずる」と言っているだけではなく、

「延山(身延山久遠寺のこと)の常住物は何一つ持ち出していない」「とうぜんのことである」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p212より)とまで言っているのである。


原殿抄の末文にある如く延山の常住物は何一つ持ち出していない
 

「百六箇抄」「本因妙抄」などの「相伝書」と言われている文書の「部分後加説」も、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の「隠れた本心」が現れているところのひとつである。

「百六箇抄」「本因妙抄」などの「相伝書」も、さまざまな矛盾や史実と相違する内容を包含しており、日蓮宗をはじめ、さまざまな方面から「後世の偽書ではないか」と指摘されていた。 これらに対して堀日亨が、「全文が日蓮の書いた文というわけではなく、部分的に後世の者が書き加えた箇所がある」などという、前代未聞の「部分後加論」なるものを唱えて言い訳をした。堀日亨としては他門・日蓮宗などの「偽書論」をほぼ認める形で、「富士宗学要集」に「一校を加へ後加と見ゆる分には一線を引く」として「部分後加説」を唱えた。平たくいうと、堀日亨としても偽書と認めざるを得ないんだけども、日蓮正宗大石寺法主を歴任している立場的には「偽書論」を全面的に認めるわけにいかないので、苦し紛れに「部分後加説」を唱えたということである。

堀日亨は自らの著書の中でこう言っている。

「後世の五老門下の多分は・・・百六・本因の両相伝書をまた偽書といっておる。ただし、ぜんぜん偽書というに理由のないことでもない。それは、本因・百六の御相伝の現文が、反対者を圧伏するにたらざるところを補うた後人の註釈が、かえって他門より攻撃の基となっておる。それは高妙な道理より、むしろ平凡な史実がしかりである辺もある」(大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p434435)


後世の五老門下の多分は百六・本因の両相伝書をまた偽書
 

つまり堀日亨に言わせると「たらざるところを補うた後人の註釈」が、他宗・他門より偽書だと批判されているのだ、などと苦しい言い訳をして、全文を載せた「富士宗学要集」で堀日亨は、その「後人の註釈」の箇所に一線・二線を引いて、次のような解説を加えている。

「又後加と見ゆる分の中に義に於いて支吾なき所には一線を引き、疑義ある所には二線を引いて、読者の注意を促がす便とせり」(堀日亨編纂「富士宗学要集第1巻」p25)


百六箇抄1


百六箇抄2


百六箇抄3


百六箇抄4


百六箇抄5


百六箇抄6(富士山本門寺本堂)


百六箇抄7(日興嫡嫡相承本堂正本尊)


百六箇抄8(十万貫・日目大導師)


百六箇抄9(末文)

 

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1巻に載っている「百六箇抄」)

 

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(23)~本当に日興が身延離山で重宝を持ち出していたら涅槃経を原殿に返すはずがない

■検証23・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない16

 

□日興は身延離山のときに何も持ち出していないと認めている大石寺59世法主堀日亨

 

したがって、日蓮正宗や創価学会で言っている「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延離山のときに『戒壇の大本尊』『日蓮真骨』『御肉牙』『最初仏』などのすべての重宝を身延山久遠寺から持ち出した」「身延山久遠寺の別当だったからこそ『本門戒壇の大御本尊』や『日蓮真骨』をひとつも残らず、持ち出すことができた」などという話しは、全くのウソである。日蓮正宗や創価学会が、日興が身延離山のときに身延山久遠寺から持ち出したなどと称している、大石寺にある「戒壇の大本尊」なる板本尊も、日蓮の遺骨も、御肉牙も、最初仏も、「二箇相承」も「唯授一人血脈相承」も、全てがニセモノということである。日蓮正宗大石寺59世法主であった堀日亨自身が、「日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない」と断言している。堀日亨は、自らの著書「富士日興上人詳伝」にて、次のようなことを書いている。

「すでに原殿抄(原殿御返事のこと)の末文にあるごとく、延山(身延山久遠寺のこと)の常住物は何一つ持ち出していない。涅槃経の中の二巻を御使用のまま持ち出されたので、十二月十六日に返還せられてあるくらいで、したがって日尊実録の中にも『身延沢御退出の刻、公方、聖教、世事雑具等、皆悉く御墓所に之を置くべきの由、衆徒に触れられし時、面々供奉の人々、一紙半銭も持ち出ることなし』と書いておる。とうぜんのことである」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p212より)

 

原殿抄の末文にある如く延山の常住物は何一つ持ち出していない


 

つまり、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、「日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない」と、自ら断言しているのである。そして「日尊実録」の文の意味も、まさにこの意味であり、とうぜんのことである、とまで言い切っている。普通に考えれば、日蓮正宗大石寺59世法主である堀日亨としては、日蓮正宗大石寺の“先師”にあたる大石寺17世日精の著書「家中抄」の文に、「板御本尊・生御影・其の外御書物御骨等まで取り具して離山し給ふ」と書いてあるわけだから、それをそのまま肯定するところである。

ところが堀日亨はそうは言わずに、「戒壇の大本尊」なる板本尊があったかどうかについては「研究の余地が存ずる」と言っているわけだから、これは実質的に否定しているのも同然である。

つまり、これはこういうことだ。「研究の余地が存ずる」などという言い方になっているのは、日蓮正宗大石寺59世法主を経験している堀日亨は、身延離山の日興の荷物の中に「戒壇の大本尊」なる板本尊が含まれて「いなかった」と考えていても、それをそのまま「いなかった」と書けないのである。そんなことを書くと、日蓮正宗大石寺法主経験者が自ら、日蓮正宗の公式見解を否定することになってしまう。したがって、「なかった」とは書けないので「研究の余地が存ずる」などという言い方になる。

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(22)~本当に日興が身延離山で重宝を持ち出していたら涅槃経を原殿に返すはずがない

■検証22・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない15

 

□本当に日興が身延離山で重宝を持ち出していたら涅槃経を原殿に返すはずがない

 

日蓮正宗や創価学会では、「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延離山のときに『戒壇の大本尊』『二箇相承』『日蓮真骨』『御肉牙』『最初仏』などのすべての重宝を身延山久遠寺から持ち出した」「身延山久遠寺の別当だったからこそ『戒壇の大本尊』や『日蓮真骨』『二箇相承』をひとつも残らず、持ち出すことができた」と教えている。しかし本当に、そうなのだろうか?実は、日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していないのである。こんな日興真筆の文書が残っている。それは「原殿御返事」という書物の追伸なのだが、日付は1288(正応元年)1216日になっているから、身延離山直後の手紙である。

「追って申し候、涅槃経第三、第九、二巻、 御所にて談じて候ひしを、愚書に取具して持ち来て候、聖人の御経にて渡らせ給い候間、慥かに送り進せ候」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」182185ページに収録) ---追伸です。涅槃経の第三と第九の二巻を、御所であれこれ話している間に、自分の愚書の中に、まちがって持ってきてしまいました。日蓮のお経ですので、ただちに送り返し申し上げます。---

 

原殿御書1


原殿御書2


 

原殿という人は、波木井実長の一族の人で、身延山久遠寺周辺に住んでいたと言われている人である。日興はこの原殿に宛てた手紙の中で、「間違って持ってきてしまった」「日蓮のお経だから」という理由で、涅槃経を二巻、波木井実長の一族である原殿に「返す」と言っているのである。

もし日興が日蓮から相承された本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当ならば、「日蓮のお経」を原殿に返す必要は全くない。あるいは、日蓮正宗や創価学会が言うように、日興が身延離山のときに、身延山久遠寺から「すべての重宝」を持ち出したというならば、たかが涅槃経ぐらいのことで、日興が原殿に日蓮の涅槃経二巻を「返す」という手紙を書くはずがない。

日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない。このことは、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨自身が、自らの著書の中で明確に認めていることなのである。

これはどういうことか。もっと具体的に言うと、日蓮正宗が「日興上人が身延離山の時に身延山から大石寺に移した」と自称している「戒壇の大本尊」をはじめ、「最初仏」「日蓮の真骨」「日蓮の御肉牙」といった霊宝、「二箇相承」「百六箇抄」「本因妙抄」「御本尊七箇相承」といった相伝書といったものが、ことごとく後世の偽作である、ということになるのである。

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(21)~地頭が波木井実長以上の不法・謗法を行ったのに大石寺離山をしなかった大石寺5世日行

■検証21・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない14

 

□日蓮は弟子たちに「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」とは遺言していない

 

1366(貞治5)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状「興津法西より日伝への返付状」の内容は、実に注目に値するものである。

「興津法西より日伝への返付状」

「駿河国富士上方上野郷大石寺御堂坊地

先例に任せ地頭時綱寄進状、並に師匠日郷置文以下証文などにより、宮内郷阿闍梨日行の競望を止め、元の如く中納言阿闍梨日賢に返付申し候了んぬ。

仍て先例を守り勤行せらるべきの状件の如し。

貞治五年九月十七日   沙弥法西 判

大石寺別当中納言阿闍梨の所」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』9p39)


興津法西状1


興津法西状2


 

中納言阿闍梨日賢というのは、日郷一門の貫首・日伝の改名前の名前。この文書の中で、上野郷の地頭・興津法西が日伝を「大石寺別当」と呼んでいることは、まことに注目すべきことである。

日蓮正宗が発行している「日蓮正宗・富士年表」によれば、当時の大石寺法主(別当)は、日伝ではなく、5世法主の宮内卿阿闍梨日行になっている。日行から日伝に大石寺法主が代替したとは書いていない。日伝は、大石寺歴代法主の中に名前はない。日伝とは、当時、大石寺と対立・紛争をしていた日郷一門の小泉久遠寺・保田妙本寺5代貫首で、歴代大石寺法主に名前はない。

しかし、この当時の文献では、大石寺のある上野郷の地頭・興津法西は、大石寺の日行ではなく、日郷一門の日伝を「大石寺別当」と呼んでいるのである。ということは、この当時、日蓮正宗が「法主」と認めていない人物が、「大石寺別当」(法主)職にあったということになる。

つまりこれは、平たく言えば、当時の大石寺は、日郷一門の貫首・日伝らによって占拠されていたということに他ならない。こういうと法華講員は「そんな大石寺が日郷一門の貫首・日伝らによって占拠されていたはずがない」などと言うであろう。しかし1366(貞治5)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状—「興津法西より日伝への返付状」は、動かしがたい事実である。日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が編纂した『富士宗学要集』9巻にも収録されている。


蓮蔵坊1
 

(現在の大石寺蓮蔵坊・「大石寺案内」より)


保田妙本寺1
 

(保田妙本寺)

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ