アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺9世日有偽作の証拠・鍵・「唯授一人血脈相承」の大ウソ > 大石寺法主の「唯授一人血脈相承」は大石寺9世日有の偽作だ

■検証48・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ11   □大石寺門流にはじめて「本堂」「客殿」を京都・奈良から輸入した大石寺9世日有   日蓮正宗大石寺9世法主日有がイメージした「本堂」とは、大石寺9世日有が偽作した文書「百六箇抄」に ...

■検証47・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ10   □大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった2   それでは「本堂」という堂宇は、そもそもどういう堂宇・伽藍なのだろうか。 日本に仏教が伝来した当初 ...

■検証46・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ9   □大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった   大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった。 「日蓮聖人の御影並びに御 ...

■検証45・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ8   □日蓮正宗僧侶・高橋粛道氏の論説は「日興跡条条事」真書を言いたいが為の悪質なこじつけ   1281(弘安4)年12月に日目が日興の代理で上洛したとする園城寺申状なる文書は、全くの後世の ...

■検証44・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ7   □日興が日目に授与した二つの本尊の脇書は日目が天奏をした証拠ではない   ------------------------------------------------------------------- (日蓮正宗僧侶・高橋粛道氏の妄説) ...

■検証43・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ6   □天皇・朝廷から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2   したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗で ...

■検証42・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ5   □天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない   日蓮正宗では、「1281(弘安4)年12月に日目上人が日興上人の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上した」 ...

■検証41・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ4   □大石寺59世堀日亨が自ら「日目は生涯42度の国家諫暁をしていない」と否定している   よく日蓮正宗や創価学会の信者が「日目上人は生涯で42回の国家諫暁をなされた」と言う。そしてこの ...

■検証40・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ3   □日蓮在世時代に天奏をした事実もなければ時の天皇から「御下文」を下賜された事実もない   まずは大石寺59世堀日亨が「正本」と位置づけている「日興跡条条事」なる文書に絞ってみたい ...

■検証39・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ2   □毎年の霊宝虫払い大法会で披露されるのは大石寺正式見解の正本と称する「日興跡条条事」   「日興跡条条事」本文のポイントは □1日興が日目を一閻浮提の座主と定めていること □2 ...

■検証38・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ1   □「日興跡条条事」が大石寺9世日有の偽作である証拠は山のようにたくさんある   日蓮正宗の正式文献を紐解くと、あちらこちらに日蓮正宗大石寺には、二祖・日興の真筆の「日興跡条条事 ...

■検証37・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ10   □「点画少しも違わず書写」したはずの「二箇相承」日辰写本に存在する「身遠山久遠寺」の誤記   大石寺歴代法主の「唯授一人血脈相承」偽作、「二箇相承」偽作を証明するものは、他 ...

■検証36・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ9   □本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2   「二箇相承」の解釈に完全に行き詰まった山口範道氏が、著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で ...

■検証35・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ8   □本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る   「二箇相承」の矛盾に対する堀日亨や松本佐一郎の言い訳は、愚にも付かない言い訳であるが、そう ...

■検証34・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ7    □「二箇相承が秘書だから左京日教はひどい悪本しか知らなかった」と言い訳する松本佐一郎氏   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書で全文を引用している「二箇相承」と京都要法寺13 ...

■検証33・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ6    □「つねに正本を拝し得ざる仁ではやむをえぬ」と苦しい弁解をしている大石寺59世堀日亨   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚 ...

■検証32・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ5    □造仏読誦の要法寺13祖貫首日辰が書写した「二箇相承」を御書全集に載せている日蓮正宗   日蓮正宗では、1556年(弘治2年)7月7日、富士門流八本山のひとつである京都要法寺13祖 ...

■検証31・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ4    □日蓮正宗発刊の御書全集に収録されている要法寺13祖貫首・日辰の二箇相承写本   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚翰集私」 ...

■検証30・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ3    □歴史的史実に反した記述がある本是院日叶(左京阿闍梨日教)の「二箇相承」写本   「二箇相承」の全文を載せた最古の文献は、1480(文明12年)に本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書「 ...

■検証29・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ2   □複数の著書で全く正反対の内容の「二箇相承」を書いている本是院日叶(左京阿闍梨日教)   □1556年(弘治2年)7月7日 京都要法寺13祖貫首・日辰の写本 要法寺13祖貫首・日辰が北山 ...

■検証27・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ1   □1480(文明12年)本是院日叶「百五十箇条」にはじめて全文が登場する「二箇相承」   大石寺の歴代法主のみが相承してきたと称する「唯授一人血脈相承」の根幹を為す文献のひとつが、 ...

■検証27・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「本門寺」思想の大ウソ2   □日蓮は戒壇建立の地、戒壇の寺号を具体的に文献には残さなかった   「百六箇抄」には「本門寺」思想について、次のようにある。 「四十三、下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の ...

■検証26・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「本門寺」思想の大ウソ1   □「日蓮門下寺院は法華本門の寺」の意義から付けられた池上「本門寺」寺号   大石寺の「唯授一人血脈相承」の根幹教義のひとつに、「本門寺思想」なるものがある。 大石寺9世日 ...

■検証25・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない18   □「日本のダビンチ・コード」のミステリー・大石寺59世堀日亨の「偽作説支持」の隠れた本心   日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、本心では「戒壇の大本尊」なる板本尊、「二箇相承」「日興跡 ...

■検証24・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない17   □自らの研鑽・行脚・調査で戒壇大本尊・二箇相承・血脈相承が後世の偽作だと気づいた堀日亨   それにしても、なぜ日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、自らの著書の中で、「戒壇の大本尊」なる ...

■検証23・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない16   □日興は身延離山のときに何も持ち出していないと認めている大石寺59世法主堀日亨   したがって、日蓮正宗や創価学会で言っている「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当で ...

■検証22・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない15   □本当に日興が身延離山で重宝を持ち出していたら涅槃経を原殿に返すはずがない   日蓮正宗や創価学会では、「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延離山 ...

■検証21・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない14   □日蓮は弟子たちに「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」とは遺言していない   1366年(貞治5年)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状—「興津法西より日伝への返付状」の内容は ...

■検証20・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない13   □「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書2   かつて洗脳法華講員の「やよい」なる者が、mixi「アンチ日蓮正宗」で、美作房御返事の「地頭の不法ならん ...

■検証19・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない12   □「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書   身延離山や「百六箇抄」「二箇相承」「血脈相承」のことになると、必ずといっていいほど日蓮正宗や創価学 ...

■検証18・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない11   □身延山久遠寺二祖貫首が決定したのは1288年(正応元年)「日蓮七回忌」の年である   史実を徹底検証していくならば、日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しておらず、「百六箇 ...

■検証17・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない10   □日蓮は滅後の導師・戒壇・授戒・ビジョンを弟子たちに何一つ明示しないまま入滅した   日蓮正宗や創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団の「唯授一人血脈相承」「二箇相承」の議論は ...

■検証16・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない9   □仏教各宗派の本山法主・貫首・管長選出方法は高僧の合議・選挙・指名等、一定していない   日蓮正宗の「二箇相承」「血脈相承」論を聞いていると、 「日蓮大聖人は日興上人に相承しなかった ...

■検証15・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない8   □日蓮遷化記録の「定」と二箇相承の矛盾をごまかす大石寺65世日淳の妄説を斬る   ----------------------------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺65世法主 ...

■検証14・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない7   □重要文化財指定の日興真筆・日蓮遷化記録が偽書ということは絶対にあり得ない   富士門流八本山のひとつ・西山本門寺という寺は、古くからの古文書、漫荼羅本尊が多数格蔵されており、平たく ...

■検証13・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない6   □日蓮が定めた本弟子六人(六老僧)の「定」と矛盾する「二箇相承」「血脈相承」   「二箇相承」「唯授一人血脈相承」は、1282(弘安5)年10月8日、日蓮が入滅の直前に制定した本弟子六人(六老 ...

■検証12・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない5   □葬儀・葬列・法要は法席・僧階が最上位の僧侶が大導師を勤めるのが仏教界の通例   --------------------------------------------------------- (法華講員・辻野けんゆう2gの妄説) 大聖人 ...

■検証11・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない4   □法主・管長以外の僧侶が「責任者」「導師」を務める法要・行事に法主は出仕してこない   --------------------------------------------------------- (法華講員・辻野けんゆう2gの妄説) ...

■検証10・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない3   □「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興2   1282(弘安5)年10月14日の日蓮葬送の儀式がどのようなものであったか。日興が筆録した「御遷化記録」をもとに ...

■検証9・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない2   □「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興   富士門流八本山のひとつである京都要法寺第13祖貫首・広蔵院日辰が書写した「日蓮一期弘法付嘱書(身延相承書 ...

■検証8・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった4   □本当に「血脈相承」があったら上野地頭が保田妙本寺日賢を「大石寺別当」と呼ぶはずがない   蓮蔵坊七十年紛争の真っ只中の1366年(貞治5年)に、上野郷の地頭・興津法西が日郷 ...

■検証7・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった3   □「血脈相承」ではなく今川家と鎌倉管領の介入により政治的に解決した「蓮蔵坊七十年紛争」   1333(正慶2)年から1403(応永10)年にいたる70年の長い間、大石寺4世日道の一門と、 ...

■検証6・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった2   □本当に「唯授一人血脈相承」があったら日仙と日代は大石寺上蓮坊で問答する必要がなかった   日蓮正宗大石寺開祖・日興、三祖・日目が死去した翌年の1334(元弘4)年1月7日、大 ...

■検証5・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった1   □「日尊実録」にある「一人」とは大石寺法主ではなく日尊から相承を受けた「付弟」のことだ   ------------------------------------------------------------------ (日蓮正 ...

■検証4・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない   □血脈相承を受けて日興が身延山久遠寺二祖に晋山したら弟子・信者の誰も知らないはずがない   だいたい弘安5年(1282年)10月当時において、日蓮が末代の衆生のために、『二箇相承』『百六箇抄』 ...

■検証3・「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興2   □日興が本当に身延山久遠寺別当ならば「身延離山」しなければならないのは日向のほうだった   日興の「身延離山」には、もうひとつ、大きな矛盾点が存在している。 第二の ...

■検証2・「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興1   □日興が「唯授一人血脈相承」を佐渡阿闍梨日向と南部実長に示せば「身延離山」はなかった   日蓮から日興に対して、本当に「唯授一人血脈相承」なるものが為されていたら、 ...

■検証1・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しない1(歴史的会通)   □「唯授一人血脈相承」がなかったが故に身延離山・日仙日代問答・日道日郷紛争があった   日蓮正宗では盛んに「大石寺の住持には日有上人以前から、大聖人の正統な後継 ...

日蓮正宗の信仰活動の根幹を成している根本教義に、「戒壇の大本尊」なる板本尊、彼らの宗祖・日蓮を釈迦牟尼如来よりも上位にある本仏であるとする「日蓮本仏義」と並んで、大石寺法主のみが日蓮・日興・日目からの血脈を相承していると自称している「唯授一人の血脈相承 ...

↑このページのトップヘ