アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『いわれなき迫害・いわれなき非難中傷』の仮面をかぶる池田大作

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(234)~1981(昭和56)年12月の九州・大分指導で復活・復権の第二弾の狼煙を上げた池田大作

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証19(いわれなき迫害・非難中傷の仮面3)

 

1981(昭和56)1031日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」(1981111日付け聖教新聞)で、復活第一弾の狼煙(のろし)を上げた池田大作は、ひきつづき1981(昭和56)12月、九州・大分県に入り、約5日間にわたって大分平和会館で連日、自由勤行会、大分県幹部会、大分県青年部幹部会を開催。ここで復活第二弾の狼煙(のろし)を上げたのである。いわゆる通称「大分指導」である。池田大作が主導し、導師を勤め、会員指導した「大分指導」は、爆発的な盛り上がりを見せ、池田大作の詩「青年よ、21世紀の広布の山を登れ」もここで発表。池田大作にとっては、それこそ充分すぎるくらいの復活第二弾の狼煙となった。

ではなぜ池田大作は、「大分指導」で復活第二弾の狼煙を上げたのか。それは大分県は、全国でも有数の日蓮正宗内部で池田大作批判、創価学会批判の急先鋒だった正信覚醒運動(のちの正信会)の嵐が吹き荒れ、創価学会を脱会する多くの信者が出て、創価学会が大打撃を受けた地域だったからである。特に中でも別府市の寿福寺(佐々木秀明住職)、竹田市の伝法寺(浜中和道住職)、大分市の妙祥寺(及川宗道住職)等、正信覚醒運動(のちの正信会)の急進派寺院が大分県にあった。聖教新聞には、こんな文言が踊っている。

「長い冬を経て堪え忍んだ者が知る春の喜び。疾風の日があった。怒濤の夜があった。歯ぎしりして悔しい思いをした秋霜の朝が、くる日もくる日も続いた。だがひたすら『冬は春』を信じ戦った。そして今、迎えた“勝利の夜明け”」…「いちばん苦しんだ所が、いちばん幸せになる権利がある」…

「一番苦しんだ人たちの所へ行こう」----名誉会長はこう言って、最終日、熊本へ向かうコースを竹田(※大分県竹田市)に選んだ」(19811217日付け聖教新聞)

この中の「長い冬を経て堪え忍んだ」「歯ぎしりして悔しい思い」「いちばん苦しんだ」とは、何を意味しているのか。別府市の寿福寺・佐々木秀明住職の活動により、別府市の某大B(ブロック・今の地区)では、37世帯のうち、大B長を先頭に35世帯が創価学会から脱会。残されたのは2世帯だけ。そこから大B指導長が大B長に復帰して再建に取り組んだというのである。先の19811217日付け聖教新聞には、つづいてこんな文面がつづいている。

「この地も、中傷と誹謗の嵐に激怒しながら、純粋と徹底の抗戦に生き抜いてきたところだ。『憂宗護法のためだ』『(日蓮)正宗の根本義は法主を守ることだ』。御宗門より擯斥された佐々木某等がこんな大義名分を振りかざして、同信の友に悪口、中傷、罵詈、雑言の限りを尽くす言辞を何度聞かされたことか。…何が憂宗か。何が護法か。陰謀と感情と嫉妬と狼狽以外の何ものでもなかったことは、わずか数年の歴史が証明したではないか。真の憂宗と護法は我らの正義にあったことが、明々赫々と証明されたわけだ」(19811217日付け聖教新聞)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(233)~「いわれなき迫害・非難中傷」の仮面をかぶって1980年代に復権した池田大作2

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証18(いわれなき迫害・非難中傷の仮面2)

 

池田大作は、1981(昭和56)1031日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」(1981111日付け聖教新聞)で、復活第一弾の狼煙(のろし)を上げた。この中で池田大作は、菅原道真、柿本人麻呂、頼山陽、吉田松陰、司馬遷、ガンジー、ユゴー、ルソー、セザンヌ、レーニンらが、迫害の人生を歩んできたことにふれたのち

「これは私事にわたってまことに恐縮ですが、私も一仏法者として、一庶民として、まったくいわれなき中傷と迫害の連続でありました。しかし、僭越ながらこの“迫害の構図”に照らして見れば、迫害こそむしろ仏法者の誉れであります」(1981111日付け聖教新聞)

などと、世間・マスコミの創価学会批判から日蓮正宗内部の創価学会批判、正信会の創価学会批判などを「いわれなき迫害」「いわれなき中傷」などと、すり替えたのである。この池田大作が言う「まったくいわれなき中傷と迫害の連続でありました」という「いわれなき中傷と迫害」とは何を指しているのか。それは1970年代、言論問題、月刊ペン・池田大作女性スキャンダル批判、そしてそれにつづく第1次宗創紛争、創価学会・公明党の政教一致批判、池田専用施設批判等々、世間・マスコミから大石寺66世細井日達法主、宗門若手住職等から大型台風の暴風のようにボロクソに批判され、創価学会を脱会する信者が続出。1979(昭和54)4月末で法華講総講頭、創価学会会長を辞任。池田大作は大石寺66世細井日達法主に対して、「院政も執らないし、復権もしない。創価学会の会合にも出ない」と約束。池田大作は失脚寸前状態になった。

池田大作の「まったくいわれなき中傷と迫害の連続」の言葉には、特に、日蓮正宗内部で池田大作批判、創価学会批判の急先鋒だった正信覚醒運動(のちの正信会)を指していることは明らかである。1979(昭和54)4月末の池田大作の法華講総講頭、創価学会会長辞任後も、正信覚醒運動(のちの正信会)の寺院住職、世間、マスコミの池田大作批判、創価学会批判は全く止むことがなく、大石寺法主の代が大石寺67世阿部日顕法主になってからも、1980(昭和55)42日付け聖教新聞に「恩師の二十三回忌に思う」と題する論文で、1977(昭和52)12月の定善寺法要、1978(昭和53)117日の、いわゆる「十一・七」につづき、日蓮正宗に対して三度目の公式陳謝に追い込まれた。その後、日蓮正宗内部で創価学会批判運動を行っていた正信覚醒運動(後の正信会)が、創価学会問題の見解の相違、さらには大石寺67世阿部日顕法主の「血脈」問題をめぐって日蓮正宗首脳と対立。1980(昭和55)10月、正信会のリーダー格の住職・渡辺広済、山口法興、佐々木秀明、荻原昭謙、丸岡文乗の五人が擯斥(宗門追放)になり、さらにそれにつづく住職、僧侶らが大石寺登山停止、役職罷免、停権、降格等々の処分に付された。さらに明けて1981(昭和56)2月、「血脈二菅説」を唱えた正信会会長で宗会議長だった大阪・蓮華寺住職・久保川法章が擯斥(宗門追放)になった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(232)~「いわれなき迫害・非難中傷」の仮面をかぶって1980年代に復権した池田大作1

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証17(いわれなき迫害・非難中傷の仮面1)

 

さて創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力がどのように築き上げられてきたのか、創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造は、どうなっているのかという検証をつづけてきた。大石寺法主が池田大作を法華講総講頭に任命したこと。居士衣、賞与本尊、委嘱状など最大級の宗教的権威を池田大作に与えたこと。池田大作を頂点とする創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員といった「創価学会でメシを食う」幹部軍団を急拡大せしめたこと。創価学会の「仏罰論」「堕地獄論」「功徳論」で、創価学会員を「創価学会」という閉ざされた宗教的空間、センズリ妄想の世界に押し止め、封じ込めてしまったこと。池田大作を頂点とする「創価学会メシ軍団」、公明党議員が創価学会員に対して進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動を行うこと。池田大作が「青年部」を権力基盤としたことを挙げてきた。この他に、もうひとつ、大きなポイントがある。池田大作は1960(昭和35)53日に創価学会会長に就任以来、1960年代から70年代にかけて、絶大な独裁権力を築き上げてきたのだったが、1970(昭和45)年の言論問題、そして1970年代の「昭和五十二年路線」と第一次宗創紛争によって、1979(昭和54)4月末、法華講総講頭と創価学会会長を辞任。池田大作は大石寺66世細井日達法主に対して、「院政も執らないし、復権もしない。創価学会の会合にも出ない」と約束。それこそ池田大作は失脚寸前にまで、追い込まれてしまっていたのである。

ではなぜ池田大作は、1979(昭和54)4月末、失脚寸前にまで追い込まれたのか。

2000年以降、マスコミ、週刊誌で創価学会批判の論陣を張っているのは、今や週刊新潮ぐらいになってしまったが、197080年代のころは、週刊新潮のみならず、週刊文春、月刊誌「文春」、週刊現代、雑誌「現代」、週刊実話など、週刊誌、月刊誌が元気に創価学会批判の論陣を張っていた。さらに創価学会批判の論陣で有名なジャーナリスト・内藤国夫氏が月刊「諸君」で、「月報・創価学会問題」と題する創価学会批判記事を執筆。また1969(昭和44)年に「創価学会を斬る」を出版して、創価学会から言論出版妨害を受けた評論家・藤原弘達氏も元気にテレビ出演したり、講演を行ったりして、毒舌がたっぷり効いた創価学会批判を行っていた。池田大作の女性スキャンダルを取り上げた月刊ペン裁判も続行中。これら世間マスコミの創価学会批判は、1970年代になってから沸騰したのではなく、創価学会の「折伏大進撃」の時代からつづいてきており、1970年の言論出版妨害事件で創価学会の嵐は、一気に超大型台風のように荒れ狂い、創価学会の「折伏大進撃」の勢いはストップした。これが収まると次は月刊ペンの池田大作女性スキャンダル批判。そして創価学会の「昭和五十二年路線」と第一次宗創紛争・正信覚醒運動が巻き起こり、世間マスコミも「大石寺と創価学会の離反」を盛んに書き立て、さらに世間・マスコミの創価学会批判は、創価学会会館の豪勢な池田専用施設、創価学会のカネの問題批判、創価学会の内部文書を根拠にした創価学会・公明党の政教一致批判等々、多岐にわたった。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ