アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

池田大作が独裁権力基盤にした青年部・男子部・女子部・学生部

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(226)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証11(青年部を権力基盤)

□創価学会男子部・女子部・学生部・未来部を自らの独裁権力の基盤として育成した池田大作

 

日蓮正宗の『今日蓮』としての法主の権威をもつ大石寺法主、大石寺66世細井日達法主が池田大作をわずか37才の若さで法華講総講頭に任命したこと。法華講総講頭という日蓮正宗信徒ナンバーワンの権威付けに止まらず、居士衣、賞与本尊、委嘱状などの大石寺史において最大級の権威ある『大功労者』としての宗教的権威を池田大作に与えたこと。池田大作を頂点とする創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員といった、いわゆる「創価学会でメシを食う」幹部集団を急拡大せしめたこと。日蓮正宗の「仏罰論」「堕地獄論」「功徳論」をアレンジしたような創価学会の「仏罰論」「堕地獄論」「功徳論」で、創価学会員を「創価学会」という閉ざされた宗教的空間、センズリ妄想の世界に押し止め、封じ込めてしまったこと。創価学会幹部、公明党議員が創価学会員に対して進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動を行うこと。中でもお見合い・紹介結婚のお世話活動を行うことで、池田大作を頂点とする「創価学会でメシを食う」幹部集団が、一般の創価学会員に対して絶大な権力を持つことになる。ところがこれでも池田大作は、創価学会内部で超独裁的な権力は握れない。これらの要件に加えて、決定的な要因になったのが、池田大作がいわゆる創価学会男子部、女子部、学生部、未来部といった「青年部」を権力基盤としたこと。池田大作は1960(昭和35)年の会長就任直後から、青年部をいわゆる「池田門下生」などと称して、自分の弟子であるとして、ここを独裁権力構築の基礎にした。これは創価学会二代会長・戸田城聖が、会長就任直後に、会長直属の男子青年部、女子青年部を結成せしめて、「戸田門下生」と称し、これを権力基盤にしたことを模倣したものと考えられる。つまり戸田城聖の政策の、そっくり猿まねをやったということだが、戸田城聖は、青年部を権力基盤にして、当時の「折伏大進撃」の勢いもあって、数年で創価学会内部で、ほぼ絶対的な権力を握った。池田大作もこれにあやかって、戸田城聖のやり方をそっくりまねた。

池田大作は、戸田城聖のやり方を真似るだけに止まらず、自分のやり方をアレンジしている。池田大作の代になってから、青年部は男子部、女子部の他に、大学生による学生部、高校生による高等部、中学生による中等部、小学生による少年部を結成させた。さらに池田大作は、男子部の中にエリート集団を造ろうとした。戸田城聖の代から、創価学会員の大石寺団体登山会を引率する輸送班というグループがあったが、これを発展・拡充させる形で金城会、牙城会、転輪会、水滸会、伸一会等のエリート集団を造らせた。輸送班も、1977(昭和52)年に「創価班」と改名させ、創価学会員の大石寺団体登山会引率の他に、大石寺常駐警備の任務を担わせた。創価学会の輸送班・創価班はまさに会長直属の組織。さらに池田大作のボディーガードを務める金城会などが、創価学会の中で次第に幅をきかせるようになることで、池田大作個人に忠誠を誓う創価学会のエリート信徒が、創価学会男子部、青年部の中核になり、時が経つに連れて、創価学会の中核を担うようになっていった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(179)~池田大作の巧みで悪辣な人心操作で池田教信者になっていた本山担当創価班の創価学会員

■池田大作の巧みで悪辣な人心操作で池田教信者になっていた本山担当創価班の創価学会員

 

東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長・清水谷文夫(仮名)は、創価班本山担当を長く勤めていた他、創価学会員の団体登山会の付き添い任務である輸送担当でも大石寺の任務に就く他、一般の創価学会員として、団体登山会に参加して「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けていた。創価班の輸送担当とは、創価学会の団体登山会で、東京なら品川駅、横浜なら横浜駅に創価学会員が集合するのだが。創価学会員の団体登山会の出発地から大石寺まで、付き添いで登山する。大石寺に着山後は、大石寺登山センター(後の法華講事務所)に本山担当創価班といっしょに寄宿する。大石寺に居る間は、本山担当と同じように任務に就く。そして帰りは、大石寺に来るときに付き添いをした団体登山会の創価学会員といっしょに大石寺から下山し、出発地まで帰る。だから清水谷文夫(仮名)は、1年に6回、本山担当創価班として大石寺に行く他、輸送担当創価班、一般の創価学会員として大石寺に登山するので、1年に10回~12回くらい、大石寺に登山していた。一般の創価学会員として大石寺に登山した時は、「戒壇の大本尊」の「御開扉」は1回のみしか受けられないが、創価班の任務で大石寺に行った時は、1回の登山で複数回の「御開扉」を受ける。これはどういうことかというと、宗創和合時代は2月以外の月、2日~25日ころまでほぼ毎日、創価学会の団体登山会が行われていたが、平日で8000人前後、土曜、日曜、祝日で1万~15000人前後の創価学会員が「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受ける。あの当時、「戒壇の大本尊」が祀られていた正本堂の信徒収容人員は約五千人。よって通常は12回の「御開扉」が行われるが、土曜、日曜、祝日は13回の「御開扉」がある時もあった。それで正本堂の中、周辺で任務に就く創価班は、その日の「御開扉」全てに同席する。だから清水谷文夫(仮名)は、1年に10回~12回くらい大石寺に登山し、15回~20回前後の「御開扉」を受けていた、というわけである。これも清水谷文夫(仮名)の自慢のタネ。小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会で、私たちを前に、清水谷文夫(仮名)は、こんな自慢話を繰り返す。宗創和合時代では、一般の創価学会員で1年に1回~2回、幹部でも2回~3回くらい団体登山会に参加できればいいほう。幹部になると、職権を利用して個人登山に我先に参加する創価学会員がいたりして、1回でも多く大石寺に登山しようとしていた時代のことである。そういう中で、清水谷文夫(仮名)1年で15回~20回前後の「御開扉」を受けていたのが、よほど嬉しかったのであろう。清水谷文夫(仮名)は、私たちの前で「オレはこんなに『本門戒壇の大御本尊』の『御開扉』を受けた。これで成仏は決定的だ」というような主旨の話しまでする。私は黙って清水谷文夫(仮名)の話しを聞いていたが、「オレの成仏は決定的だ」という話しには、内心、呆れかえってしまっていた。

1年で15回~20回前後の「御開扉」を受けていた清水谷文夫(仮名)は、あの当時で創価班歴が十年以上あったわけだから、累計で優に百回以上の「御開扉」を受けたことになる。こんなに頻繁に大石寺に登山し、「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けていた清水谷文夫(仮名)は、大石寺崇拝派の創価学会員なのかなと思いきや、これが全くそうではなく、完全に池田大作に染まりきった人、池田大作教信者なのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ