アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会が組織維持の為に行う創価学会員の紹介結婚・お見合い結婚

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(36)~自分の意志で決められず幼児性のまま大人になりきれないPART2

□「日蓮正宗系」カルト信者は自分の意志で決められず幼児性のまま大人になりきれていない

 

日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員などの「日蓮正宗系」カルト信者、ないしは「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者の生き方には、「自分の意志で生き方を選択する」という人生のページがない。いまでたっても、社会人になっても、両親の意志や幹部・先輩信徒の意志で動き、生きている。しかも彼らは、それが当たり前だと思っている。だから彼らは自分の意志で決められず幼児性のまま大人になりきれない。

ではなぜ彼らは自分の意志で結婚しないのか。それにはこんな裏事情がある。これは日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」は、若い独身男子と独身女子の割合が21になっていて、仮に創価学会員の独身女子が全員、創価学会独身男子会員と結婚したとしても、創価学会独身男子会員全体の半数は、あぶれてしまい、創価学会の勢力は衰退してしまう。さらに恋愛結婚で創価学会員と未入信者の結婚が激増し、「創価学会」の信仰活動、法灯が消滅してしまうケースが多発してしまったら、創価学会の勢力衰退に拍車がかかる。したがって創価学会幹部集団から見ると、創価学会の独身男子会員と独身女子会員同士を無難に結婚させることが死活問題になる。創価学会の最高幹部から地域組織の壮年部・婦人部幹部は、口をそろえて一般の創価学会員に対して「一家和楽の信心」を指導している。一家和楽の信心とは一家全員が創価学会員であることを意味する。そのためには、子どもに創価学会の信仰・法灯を相続させなくてはならないが、その最も近道は、創価学会の独身男子会員と独身女子会員同士が無難に結婚することである。しかし現実は、創価学会独身男子会員と独身女子会員の会員比率が独身男子2に対して独身女子が1ということもあり、かなり厳しい状態になっている。創価学会の中では、表向きは「恋愛は自由だ」と言いながら、実質的に創価学会独身男子会員と独身女子会員の恋愛を禁止しているばかりか、創価学会男子部と女子部の活動は、別々に行われており、現実に恋愛関係になることは極めて珍しい。こうした「厳しい情勢」下において、創価学会幹部は一般信徒に対して常日頃から偉そうに「一家和楽の信心」を指導している。そして創価学会員と未入信者の結婚により「夫が創価学会に入信しない」「夫が創価学会活動に反対して悩んでいる」「子どもが創価学会活動に参加しない」等々の相談を受けて、「それはあなたの宿業です」「あなたの信心が足りないからだ」等々と、これまた偉そうに指導している。ところが一般の創価学会員に対して「一家和楽の信心」を指導し、「一家和楽の信心」ができない信徒に「あなたの宿業」だの「信心が足りない」だのと指導する創価学会幹部の息子・娘が、未入信者の相手と恋愛結婚して、「創価学会」の信仰活動、法灯が消滅してしまったら、それこそ目もあてられない。親の創価学会幹部のメンツは丸つぶれである。一般の創価学会員の間で、創価学会幹部としての権威・威信は完全に失墜する。創価学会幹部は、こんな事態になることを極端に怖れている。だから、どんなことをしてでも創価学会幹部の息子・娘は、創価学会員同士で結婚させることが、創価学会幹部にとって至上命題となる。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(35)~自分の意志で決められず幼児性のまま大人になりきれないPART1

□両親・幹部・先輩信徒の押しつけ、絶対服従の生き方しか知らない「日蓮正宗系」カルト信者

 

日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員などの「日蓮正宗系」カルト信者、ないしは「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者は、自分の意志で決められず、幼児性から脱却し切れていない。こういった批判は、ずいぶん前から正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」に寄せられており、私も全く同感である。つまり、「日蓮正宗系」カルト信者、「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者は、肉体的には大人なのかもしれないが、心の中、精神的に大人になりきれていないのである。これは一体、どういうことなのか。

幼児性から脱却できず大人になりきれていない最たる人とは、両親が創価学会員、法華講員、顕正会員等「日蓮正宗系」カルト信者で、生まれたときから、幼少のころから創価学会員、法華講員、顕正会員等「日蓮正宗系」カルト信者として育てられた、いわゆる二世信者、三世信者といわれる人たちである。この人たちは、生まれて間もなく、幼少期に両親に連れられて創価学会会館、日蓮正宗寺院、顕正会会館等に連れられて創価学会、日蓮正宗、顕正会等に入信する。まずスタートの「入信」からして、本人の意志ではない。そして世間一般の子どもが保育園、幼稚園に行くころから、創価学会、法華講、日蓮正宗、顕正会等々の行事や会合に連れて行かれ、「日蓮正宗系」カルト宗教の庭の中で育っていく。小学校に入るころから少年部少女部に入り、中学生になれば中等部に入り、高校生になれば高等部に入り、大学生になれば学生部に入って、創価学会、日蓮正宗、顕正会等それぞれの「日蓮正宗系」カルト団体の活動に参加する。彼らは家にいるときは、両親から「朝夕の勤行をやりなさい」と叱られながら育っていく。創価学会、日蓮正宗、顕正会等それぞれの「日蓮正宗系」カルト団体の活動に行けば、それぞれの信徒団体の「幹部」「役員」「先輩信徒」に絶対服従を強制される、まるで軍隊さながらの「上意下達」の世界の中で育っていく。だから彼らの子どもの頃の信仰は、自分の意志によるものではなく、両親からの押しつけ、「日蓮正宗系」カルト団体の「幹部」「役員」「先輩信徒」の押しつけによるものである。だからこういう育ち方をした人たちは、「自分の意志」というものがなく、洗脳やマインドコントロール、上からの押しつけによる生き方が当たり前だ、などという、とんでもない意識が育っていく。さらにこの中でも最悪なのが、創価幼稚園、創価小学校、創価中学校、創価高校などの創価学園から創価大学に進学した人たちで、この人たちは世間一般の子どもたちをほとんど知らず、完全に「創価学会」という、きわめて閉鎖的なカルト信者の社会だけで生きていくことになる。これにより極めて危険な体質が醸成されていっている。こうした閉鎖的カルト信者の世界「創価学会」の中で、両親から信仰を押しつけられ、「幹部」「役員」「先輩信徒」に絶対服従を強制され、「上意下達」体質のままに創価大学に進学し、20代前半まで、完全に「創価学会」の中だけで生きていった人たち。この人たちは、「創価学会」という信仰・活動を自分の意志で選択したのではなく、全て両親からの押しつけ、「幹部」「役員」「先輩信徒」への絶対服従によって決められたものなのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(225)~結婚相手のお世話活動等による池田大作の創価学会員支配の構図・権力構造2

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証10(結婚の世話5)

 

「アンチ日蓮正宗」で、結婚相手のお世話による創価学会員支配の構造の検証を発表してきたが、ある人から「これじゃあ、統一教会みたいだね」とのご意見をいただいた。統一教会では、目の前で教祖・文鮮明が男女信者同士のカップルを指名したり、信者に希望する相手を書かせたり、あるいは信者の写真を見て、統一教会の男女信者同士のカップルを決めて、合同結婚式を行うことは有名である。創価学会幹部や公明党議員が男女創価学会員の二人を結びつける「紹介」「仲介」をすることを、統一教会の模倣とかパクリと言ってしまうのは早計である気がするが、しかし「統一教会みたいだね」とのご意見は、実に言い得て妙である。なぜなら創価学会は在家信者団体、統一教会もいわば在家信者団体だと言えるが、在家信者団体が百年先、二百年先まで、在家団体としての体制・法灯を維持していくためには、男女の信者同士を無難に結婚させて、生まれてくる子どもに、信仰の法灯を相続していくことが、最も近道であるということ。これは、在家信者の場合は、家族・家庭が基本になり、結婚して子どもができて、信仰の法灯が次世代へと受け継がれていくからである。こうしていかないと、在家教団としても百年先、二百年先まで、在家団体としての体制・法灯を維持していくことが困難になる。

こう言うと、「そんなことを言うなら、僧侶も同じだろ」と言うであろう。たしかに僧侶のケースでも、妻帯して家庭をもち、子どもができて、自分の実子を僧侶として出家させ、自分の弟子として養成し、寺院の法灯を継承していくというパターンは確かにある。しかし教師僧侶が新弟子をとって僧侶を養成する徒弟制度は、僧侶が妻帯するはるか昔の時代から存在する。僧侶が妻帯する以前の上古の時代、徒弟となった新弟子は、住職の息子ではなく、檀家だったり、信徒だったり、一般から新入門した人だった。それが明治維新以降、僧侶が妻帯して子どもをもつようになり、自分の息子を徒弟として養成するようになったのである。だから仮に住職が独身であっても、檀家、信徒、あるいは一般から自分の徒弟養成していけば、僧侶・寺院の法灯は継承していけるのである。僧侶が妻帯するはるか昔の時代から存在する徒弟制度の中に、後年生まれた僧侶の妻帯により、住職の子弟を徒弟として養成して、法灯を継承していっているケースが多くなっているということである。僧侶の徒弟制度は、僧侶の妻帯を前提としておらず、住職が仮に独身であっても、あるいは仮に子どもがいなくても、法灯は継承していける。一般仏教・伝統仏教の檀家や信徒の場合も、檀家や信徒の息子が、他宗派や無宗教の女性と結婚しても、先祖代々からの家に、大きな仏壇がある家庭が多いので、先祖代々からの家に住めば、そのまま法灯が継承されていくケースが多い。ところが、創価学会、法華講、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」団体や統一教会といったカルト宗教の信者の場合はそうはいかない。創価学会から創価学会員同士、法華講から法華講員同士、顕正会なら顕正会員同士、統一教会なら統一教会の信者同士が結婚して、子どもが信仰を継がないと、その家庭のみならず、創価学会、法華講、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」団体や統一教会といったカルト宗教そのものが、百年先、二百年先まで法灯を継承していけなくなる。したがってカルト宗教の場合は、「結婚」が法灯継承の重要な関門になる。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(224)~結婚相手のお世話活動等による池田大作の創価学会員支配の構図・権力構造

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証9(結婚の世話4)

 

「アンチ日蓮正宗」では、池田大作による創価学会員支配の権力構造、創価学会員支配のしくみについて検証してきているが、進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動による創価学会員支配の構造、なかんずく結婚相手のお世話による創価学会員支配の構造は、創価学会の外側にいる人たちにとっては、少なからず衝撃があったようである。「アンチ日蓮正宗」の検証に驚いて、今さらながら「お見合い」「創価学会 お見合い」「恋愛」「創価学会 恋愛」等のキーワードで、インターネットの検索エンジンを使って検索をはじめている人たちまで出ている。かつての日本人の慣習・風習では、お見合い結婚が主流で、恋愛結婚とはごくわずかであった。親が親族、縁者、地域の有力者、議員等のツテを使って、子の結婚相手を探してくるということは、普通に行われていた。私は子どもの頃、北陸地方の寒村で生まれ育ったのだが、私の父母も祖父母も父親の兄弟も母親の兄弟も、全員がお見合い結婚している。私より4才年下の妹も1990年代に、お見合い結婚している。

そういうお見合い結婚が常識だった上古の時代でも、源頼朝と北条政子、豊臣秀吉と北の政所等の恋愛結婚の数少ない事例があし、明治・大正・昭和初期には、北原白秋、島崎藤村、有島武郎らの不倫事件等が世を賑わせた。日本人の慣習・風習として恋愛・恋愛結婚が主流になるきっかけは、1945(昭和20)年の終戦による米軍の占領政策であるという説が一般的である。

読売新聞の連載「昭和時代」によれば、終戦直後の米軍占領時代に米駐留軍が恋愛やキスを民主主義の象徴として奨励したという。1947(昭和22)年に東京都庁が官公庁としてはじめて職場結婚の継続勤務を容認。改正刑法では不敬罪と姦通罪が廃止された。1958(昭和33)年、皇太子明仁親王(現・天皇陛下)と正田美智子さんが婚約したが、二人は恋愛結婚であった。その後、恋愛も恋愛結婚も、急速に日本人の慣習・風習として定着し、常識化している。私は、中学生、高校生のころは、北陸の実家で生活していたが、このころはすでに男子生徒・女子生徒のカップルはいくつもあったし、バレンタインデーや交換日記の慣習もあった。ただし生徒の間ではバレンタインデーや交換日記、恋愛は慣習化していたが、学校の教師は恋愛禁止、チョコ禁止を布達していた。私も一度、チョコを教師に取り上げられそうになり、私が教師のチョコ没収を拒否したが、しかし何のお咎めも受けなかった、ということがあった。「SAPIO201410月号の小林よしのり氏「ゴーマニズム宣言」によれば、皇太子明仁親王(現・天皇陛下)と正田美智子さんの恋愛結婚も、旧華族から反対があがったという。こうした中、日本人の慣習・生活の中に、急速に恋愛や恋愛結婚が定着していった。こうした時代の変遷の中で、日本人の旧習であるお見合い結婚そのものも、変化し様変わりしてきている。かつてのお見合い結婚は、映画やテレビドラマさながらに、お見合いする男女のみならず、両家の両親や親族まで出てきて、結婚式と何ら変わらない服を着てお見合いをしていたが、さすがに今時、こういうスタイルのお見合いは、影を潜めている。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(223)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証8(便宜供与・結婚の世話3)

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動2

 

仮に創価学会員の独身女子が全員、創価学会独身男子会員と結婚したとしても、創価学会独身男子会員全体の半数は、あぶれてしまい、創価学会の勢力は衰退してしまう上に、恋愛結婚で創価学会員と未入信者の結婚が激増し、「創価学会」の信仰活動、法灯が消滅してしまうケースが多発してしまったら、創価学会の勢力衰退に拍車がかかる。したがって「創価学会でメシを食う」幹部集団から見ると、創価学会の独身男子会員と独身女子会員同士を無難に結婚させることが死活問題になる。さらに加えて、創価学会内部にはこんな裏事情がある。

創価学会の最高幹部から地域組織の壮年部・婦人部幹部は、口をそろえて一般の創価学会員に対して「一家和楽の信心」を指導している。一家和楽の信心とは一家全員が創価学会員であることを意味する。そのためには、子どもに創価学会の信仰・法灯を相続させなくてはならないが、その最も近道は、創価学会の独身男子会員と独身女子会員同士が無難に結婚することである。しかし現実は、創価学会独身男子会員と独身女子会員の会員比率が独身男子2に対して独身女子が1ということもあり、かなり厳しい状態になっている。創価学会の中では、表向きは「恋愛は自由だ」と言いながら、実質的に創価学会独身男子会員と独身女子会員の恋愛を禁止しているばかりか、創価学会男子部と女子部の活動は、別々に行われており、現実に恋愛関係になることは極めて珍しい。こうした「厳しい情勢」下において、創価学会幹部は一般信徒に対して常日頃から偉そうに「一家和楽の信心」を指導している。そして創価学会員と未入信者の結婚により「夫が創価学会に入信しない」「夫が創価学会活動に反対して悩んでいる」「子どもが創価学会活動に参加しない」等々の相談を受けて、「それはあなたの宿業です」「あなたの信心が足りないからだ」等々と、これまた偉そうに指導している。ところが一般の創価学会員に対して「一家和楽の信心」を指導し、「一家和楽の信心」ができない信徒に「あなたの宿業」だの「信心が足りない」だのと指導する創価学会幹部の息子・娘が、未入信者の相手と恋愛結婚して、「創価学会」の信仰活動、法灯が消滅してしまったら、それこそ目もあてられない。親の創価学会幹部のメンツは丸つぶれである。一般の創価学会員の間で、創価学会幹部としての権威・威信は完全に失墜する。創価学会幹部は、こんな事態になることを極端に怖れている。だから、どんなことをしてでも創価学会幹部の息子・娘は、創価学会員同士で結婚させることが、創価学会幹部にとって至上命題となる。だから創価学会幹部の息子・娘の自由恋愛も恋愛結婚も禁止。親の創価学会幹部は、創価学会内部のあらゆる「ツテ」や「コネ」を総動員して創価学会内部から息子・娘の結婚相手を探してくる。それでも結婚相手が決まらなければ、顔が広い公明党議員まで使って、創価学会内部の結婚相手を探してくる。こんな感じだから、創価学会員同士の結婚で、公明党議員が仲人を務めるケースがかなりたくさんある。親の創価学会幹部からすれば、とりあえず息子・娘が創価学会員同士の結婚であれば、メンツや威信は維持できるということになる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ