アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 創価学会が組織維持の為に行う創価学会員の紹介結婚・お見合い結婚

□「日蓮正宗系」カルト信者は自分の意志で決められず幼児性のまま大人になりきれていない   日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員などの「日蓮正宗系」カルト信者、ないしは「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者の生き方に ...

□両親・幹部・先輩信徒の押しつけ、絶対服従の生き方しか知らない「日蓮正宗系」カルト信者   日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員などの「日蓮正宗系」カルト信者、ないしは「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者は、自分 ...

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証10(結婚の世話5)   「アンチ日蓮正宗」で、結婚相手のお世話による創価学会員支配の構造の検証を発表してきたが、ある人から「これじゃあ、統一教会みたいだね」とのご意見をいただいた。統一教会で ...

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証9(結婚の世話4)   「アンチ日蓮正宗」では、池田大作による創価学会員支配の権力構造、創価学会員支配のしくみについて検証してきているが、進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転 ...

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動2   仮に創価学会員の独身女子が全員、創価学会独身男子会員と結婚したとしても、創価学会独身男子会員全体の半数は、あぶれてしまい、創価学会の勢力は衰退してしまう上に、恋 ...

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動   創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団、公明党議員による、一般 ...

□「女よこせ・金よこせ」の公明党国会議員が創価学会会合で語った女子部員との結婚裏話   1985(昭和60)年は東京都議会議員選挙、1986(昭和61)年の衆参ダブル選挙のとき、小矢木隆(仮名)に連れられて創価学会・東京N区の中心拠点であるN文化会館で行われた「総決起大会 ...

□「太陽作戦」で判明した創価学会員同士の恋愛結婚にまつわる創価学会の内部矛盾   劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名) 三丁目公園地区(仮名)の地区幹事でもある小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」は、連日連夜、小矢木隆 ...

■創価学会女子部幹部とのお見合い結婚を嬉しそうに自慢していた創価学会男子部幹部   新聞輸送会社・社長で劇団Nオーナー兼プロデューサー・小矢木隆(仮名)は、創価学会地域組織にあっては、東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事。地 ...

■創価学会幹部の夫への不満を大爆発させて離婚宣言まで飛び出した創価学会婦人部信徒   井畑徳三(仮名)宅に無理やり連れて行かれて、井畑夫人が鬼の形相になった事件は、いささか私にとって精神的ダメージが大きかった。その日は何とか帰ったものの、井畑徳三(仮名)は ...

■日蓮正宗・創価学会の信仰が信者に定着するかどうかの第一関門は結婚である   さて一方の創価学会男子部のほうは、というと、確かに20才台前半くらいで結婚するケースもあることはある。こういうケースというのは、中学・高校卒業後、どこかの会社に就職し、何らかの ...

■極秘裏に男子部・女子部幹部のお見合いを斡旋していた創価学会壮年部・婦人部幹部   創価学会員・下山伸三(仮名)・佐倉安代(仮名)の二人の自由恋愛をボロクソに非難罵倒していた創価学会壮年部・婦人部・男子部幹部だったが、その一方で、創価学会壮年部・婦人部は創 ...

■自由恋愛の創価学会員男女を創価学会員が非難中傷して露呈した創価学会の内部矛盾   そもそも、自由意志で恋愛関係になった22才の創価学会員男女を、創価学会の壮年部・婦人部・男子部のベテラン会員、幹部をやっている信者が、よってたかって、袋だたきにしているこ ...

■自由恋愛の男女を非難中傷して醜悪・狭量な人格を暴露した創価学会員   さて創価学会員同士の自由恋愛の関係になった下山伸三(仮名)と佐倉安代(仮名)。そして矢田敏夫(仮名)と北村美枝子(仮名)の二組だが、この二組を非難中傷する急先鋒だったのが、何と溝口達夫(仮名 ...

■創価学会員から誹謗中傷されていた自由恋愛の創価学会員男女   さて福寿荘(仮名)のほうにも、変化があった。 福寿荘一階に住み、T大学「東洋哲学研究会」委員長だった下山伸三(仮名)が、とつぜん、福寿荘を退去。かわってその後には、埼玉県上尾市出身のガチ創価学会 ...

□創価学会員経営の工務店事務所を裏選対事務所として占拠していた創価学会員   さて、当初、事務員のバイトということで入った溝口工務店(仮名)だったが、実際は事務ではなく、毎日、現場にかり出されての雑用係のバイト。 そして1983(昭和58)年の統一地方選挙が間じ ...

■周恩来の『井戸を掘った人』とは誰かについて創価学会員と激論   私は、創価学会員・矢田敏夫(仮名)のだまし討ち的な勧誘・折伏に強く抗議。 すると矢田は「もう勧誘しない」と約束したので、その後、再び、和泉荘の矢田宅を訪れたりはしていた。 矢田はその後も、 ...

↑このページのトップヘ