アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮の「預言」「龍口の奇蹟」「終末思想」はインチキ・大ウソだ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(15)~日蓮正宗系が言う龍口法難の「日蓮の奇蹟」は映画「日蓮」のフィクション的演出が元ネタである

■検証15・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない15

 

□日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない

 

日蓮に対して、鎌倉幕府が下した判決は「佐渡流罪」なのであり、死刑ではない。1979年に製作・公開された映画「日蓮」では、執権・北条時宗が日蓮の処刑を中止せしめるという場面を入れています。こちらのほうが的を得ていて、史実に基づいて製作されている感じがします。

日蓮が自らの回想録とも言うべき遺文(御書)「種々御振舞御書」に、

「江のしまのかたより月のごとくひかりたる物まりのやうにて辰巳のかたより戌亥のかたへ・ひかりわたる、十二日の夜のあけぐれ人の面も・みへざりしが物のひかり月よのやうにて人人の面もみなみゆ、太刀取目くらみ・たふれ臥し兵共おぢ怖れ・けうさめて一町計りはせのき、或は馬より・をりて・かしこまり或は馬の上にて・うずくまれるもあり」(御書全集p1060)

---江の島の方より『光り物』が現れ、それまで人の顔も見えないほどの暗闇だったのに、『光り物』の光によって月夜のように明るくなり、人々の顔が見えるくらいに明るくなった。太刀取りの目がくらんで倒れて臥し、兵士たちは恐れおののき、馬の上でうずくまってしまう者もいた---

「十二日の夜のあけぐれ人の面も・みへざりしが物のひかり月よのやうにて人人の面もみなみゆ」

---912日の夜は人の顔も見えないほどの暗闇だったのに、『光り物』の光によって月夜のように明るくなり、人々の顔が見えるくらいに明るくなった---

等と書いているが、しかし日蓮が書いた文をよく読んで頂きたいのである。日蓮も「種々御振舞御書」の中では「光り物が出たから処刑が中止になった」とは書いていない。なぜ処刑が中止になったのか、その理由を日蓮自身は知らなかった。それでは、「日蓮龍口の奇蹟」は一体どこから出てきたものなのか。日蓮は「開目抄」で

「日蓮といゐし者は去年九月十二日子丑の時に頚はねられぬ、此れは魂魄佐土の国にいたりて返年の二月雪中にしるして有縁の弟子へをくればをそろしくてをそろしからずみん人いかにをぢぬらむ、此れは釈迦多宝十方の諸仏の未来日本国当世をうつし給う明鏡なりかたみともみるべし」

(大石寺版平成御書全集p563・堀日亨編纂御書全集p224)

-----日蓮という者は去年文永八年九月十二日子丑の時に頚をはねられてしまった。今、この佐渡の地に来ているのは魂魄なのであり、翌年の二月にこの開目抄を書いて、有縁の中の有縁の弟子である四条金吾殿に送れば、三類の強敵がますます迫害を加えてくるだろうと、恐ろしく感じるかもしれないが、再往は、全く逆で、もう何も恐い者ものはなくなったのである。開目抄を読んで、びっくりして驚く人もいるかもしれない。この開目抄は釈迦多宝十方の諸仏が、未来の日本国や当世をうつし給う明鏡である。日蓮のかたみであると思うべきである----

と言っていて、これを日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団では、日蓮本仏義の証拠であるかのように言っているが、日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない。「魂魄」とは、日蓮が本仏だという義ではない。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(14)~日蓮の龍口法難は発迹顕本の宗教的奇跡ではなかった3(なぜ処刑は中止になったのか)

■検証14・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない14

 

□鎌倉幕府が日蓮に下した評決は最初から「佐渡流罪」であって龍口刑場での「死罪」ではない

 

歴史的な事実として確実に言えることは、日蓮は、判決にない不当な処刑で殺されかかったのだが、何らかの事情で命が助かった、ということである。その何らかの事情とは、どういう事情なのか、ということですが、江戸時代ののころから、執権・北条時宗の夫人が懐妊中だったので、祟りを避けるために、「坊主殺し」を中止したのではないか、という説が囁かれている。現代の歴史学者の中でも、この説を支持する学者が多い。しかし私はこの説に、いささか懐疑的である。

というのは、そもそも日蓮に対して、鎌倉幕府が下した判決は「佐渡流罪」なのであり、死刑ではない。それを平頼綱が深夜に日蓮を龍口で誅殺しようとしたわけで、もともとの判決が死刑なら、執権夫人の懐妊を理由に「坊主殺し」を中止したという説は的を得た説になるとは思いますが、そうではなく、元々の判決は死刑ではないわけです。であるならば、もし仮に執権・北条時宗が、日蓮が誅殺されかかっている、ということを知ったならば、「日蓮は佐渡流罪にはしたが、殺せとは言っていない」として、処刑は確実に中止させるであろう。これは当然である。そうしないと鎌倉幕府の最高指導者である執権の威信・権威が丸つぶれになってしまう。1979年に製作・公開された映画「日蓮」では、執権・北条時宗が日蓮の処刑を中止せしめるという場面を入れています。こちらのほうが的を得ていて、史実に基づいて製作されている感じがします。

さて日蓮正宗系では、「龍口の法難は発迹顕本だ」として、日蓮はこの時に、「末法の御本仏としての本地を顕した」などと、日蓮本仏義を展開してくる。しかし日蓮本仏義なるものは、日蓮や日興とは全く無関係のものであり、室町時代中頃の大石寺9世法主・日有が偽作した教義である。

そうすると、日蓮が自らの回想録とも言うべき遺文(御書)「種々御振舞御書」に、

「江のしまのかたより月のごとくひかりたる物まりのやうにて辰巳のかたより戌亥のかたへ・ひかりわたる、十二日の夜のあけぐれ人の面も・みへざりしが物のひかり月よのやうにて人人の面もみなみゆ、太刀取目くらみ・たふれ臥し兵共おぢ怖れ・けうさめて一町計りはせのき、或は馬より・をりて・かしこまり或は馬の上にて・うずくまれるもあり」(御書全集p1060)

---江の島の方より『光り物』が現れ、それまで人の顔も見えないほどの暗闇だったのに、『光り物』の光によって月夜のように明るくなり、人々の顔が見えるくらいに明るくなった。太刀取りの目がくらんで倒れて臥し、兵士たちは恐れおののき、馬の上でうずくまってしまう者もいた---

等と書いていることが問題となってくる。はたして「日蓮は遺文(御書)でウソを書いたのか」ということになるのだが、しかし日蓮が書いた文をよく読んで頂きたいのである。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(13)~日蓮の龍口法難は発迹顕本の宗教的奇跡ではなかった2(評定所~龍口法難)

■検証13・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない13

 

□龍口の光り物は日蓮遺文にしか記載はなく幕府の公式記録「吾妻鏡」等に記載は全くない

 

極楽寺良寛(忍性)1ヶ月にもわたる雨乞いの祈雨でも、雨が一滴も降らなかったばかりか、これを日蓮が、まさに言いたい放題の罵詈雑言を忍性に浴びせたことで、表向きは日蓮を無視・黙殺していた忍性が、ついにここで堪忍袋の緒が切れて、ブチ切れた。忍性は、大和国額安寺に入って出家し東大寺戒壇院にて受戒した官僧であり、真言律宗は、朝廷・幕府公認の宗旨で、忍性が住んでいた鎌倉・極楽寺も北条重時が開基になっている、実質的な幕府丸抱えの寺院である。これでは忍性の面目丸つぶれであり、さすがの忍性も、日蓮を「御成敗式目」第十二条違反で捕縛するように幕府を突き上げた。

なお、1981年の日蓮七百遠忌を記念して1979年に製作・公開された映画「日蓮」では、忍性の雨乞いの祈雨失敗の後、日蓮が弟子を引き連れて鎌倉の海岸で読経・唱題をはじめたとたんに、雷雲・雨雲がもくもくと出てきて、いきなり大雨が降り出し、鎌倉の人たちが大喜びするというシーンが出てくる。これは歴史史書、古文書にないばかりか、日蓮の遺文(御書)にすら出てきませんので、映画製作における脚色・演出ではないかと思われます。脚色・演出とは言っても、このシーンは映画「日蓮」では、ものすごく有名なシーンで、これを見た創価学会員や顕正会員が涙を流して感動したと言っていたくらいである。

文永8(1271)910日、再び逮捕された日蓮は、評定所に突き出され、侍所・所司(別当は執権が兼務・所持はそれに次ぐ職)であった平左衛門尉頼綱が取り調べを行った。平頼綱は、内管領(当時は内執権と呼ばれた)との異名を持つ、鎌倉幕府の中では執権に次ぐナンバー2の実力者だった。912日、平頼綱の取り調べに対して、日蓮は、今まで以上に過激なことを言った。

「私は日本の棟梁である。私を倒すことは日本国の柱を倒すことと同じだ。このままでは内乱・同士討ちが起こり、外国から攻められてたくさんの人たちが殺され、生け捕りにされてしまうだろう。

一刻も早く、建長寺、寿福寺、極楽寺、鎌倉大仏、長楽寺等々の一切の念仏、禅の寺塔を焼き払い、念仏、禅の僧侶たちを由比ヶ浜で首をはねよ。さもなくば、日本は必ず滅亡するだろう」

----これは誇張でも何でもない。この日蓮自らが書き残した言葉が、日蓮遺文(御書)「撰時抄」「報恩抄」等々に残っている。これに平頼綱が激怒した。というのは、平頼綱も浄土宗信者だったからで、直ちに執権・北条時宗の裁決のもと、判決が下され、日蓮は御成敗式目第12(悪口を言ってはならない)違反の咎で、佐渡流罪に処す、というものであった。日蓮の御成敗式目第12条違反の咎は二度目ということになり、初回は伊豆流罪だったが、二度目は伊豆よりもさらに遠方の佐渡への流罪と成った。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(12)~日蓮の龍口法難は発迹顕本の宗教的奇跡ではなかった1(松葉が谷~十一通御書)

■検証12・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない12

 

□日蓮・十一通御書に対して何も回答せず何も行動を起こさず完全に黙殺した鎌倉幕府

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」団体の信者が、「日蓮が久遠元初の自受用身如来・久遠元初の本仏である証拠」などと称するのが、いわゆる「龍口法難」で「光り物」が顕れて日蓮の命を救ったとされる「宗教的奇跡」なるものである。「龍口法難」は本当に「宗教的奇跡」だったのか。龍口法難とは、日蓮の立宗宣言~立正安国論上奏という、流れの中で起こったことであるので、立正安国論との兼ね合いも含め、立正安国論以降の日蓮の行動から話しを進めてまいりたい。日蓮の生涯の足跡の見解について、「アンチ日蓮正宗」管理人の見解は、歴史学者・井沢元彦氏が著書「逆説の日本史」に書いている見解を基本的に支持する立場である。

さて日蓮が立正安国論を北条時頼に上奏したが、北条時頼が何の沙汰もしなかったのを、前回、時頼の「好意」と書いた。しかし、日蓮から「念仏無間」と喝破された浄土宗の宗徒はこれではおさまらない。日蓮を放ってはおけないものの、日蓮の弁舌には一筋縄の弁舌では勝てないと考えた浄土宗の信者たちは、名案を考え出した。時の執権・北条長時の父は、念仏信者の極楽寺入道重時。浄土宗の信者たちはこの重時の応援を得て、日蓮が居住していた松葉ヶ谷の草庵を焼き討ちにして、日蓮を打ち殺そうとした。日蓮は弟子たちにかくまわれて、辛うじて脱出したが、草庵は焼失した。日蓮はその後、下総国中山の信者・富木常忍のもとにかくまわれていたが、翌年の1261(弘長元年)には鎌倉に戻り、再び辻説法で他宗を激しく批判した。念仏信者たちは、てっきり日蓮が死んだものと思っていたが、再び鎌倉で日蓮が「念仏無間」と批判しはじめたことで、今度は暗殺ではなく、法律的に日蓮を葬ろうとした。念仏信者たちは、極楽寺重時と息子の執権・長時に、日蓮を御成敗式目第十二条違反で捕縛するように訴えた。御成敗式目第十二条とは、「悪口は騒乱の元であるから口にしてはならない。これを犯す者は流罪・禁固の刑に処す」というもの。鎌倉幕府は日蓮を逮捕して伊豆流罪とした。たしかに日蓮の「四箇の格言」は、御成敗式目第十二条違反だとしても、法律で決するのなら、念仏信者たちによる松葉ヶ谷草庵焼き討ちも罪に問われてしかるべきなのだが、こちらは無罪放免。これは公平とは言い難い。放火、騒乱、暗殺は、いつの時代でも重罪のはずだが、極楽寺重時が念仏信者だったことによって、念仏信者たちによる松葉ヶ谷草庵焼き討ちは不問になっている。これは、伊豆流罪の後、極楽寺重時が急死したことで赦免の道が開かれ、最明寺時頼が動いたようで、日蓮は1263(弘長3)、二年間の流罪生活から解放される。しかし、北条時頼もその年にまだ37歳の若さで死去する。

さて赦免になった日蓮は、父は他界していたものの、母が存命だったので、故郷の安房国に帰った。ところが日蓮の故郷の領主・東条景信が熱心な念仏信者で、日蓮が信者宅に行った、その帰途の途中、日蓮を襲撃して暗殺しようとした。これが「小松原の法難」と呼ばれる法難である。

日蓮は、この三回目の小松原の法難も、辛うじて切り抜けたが、工藤吉隆という信者と鏡忍房という弟子が討ち死にし、日蓮も額に大きな刀傷を受けて負傷した。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(11)~日蓮は蒙古による中国・朝鮮征服の政治軍事情勢を知っていた説を採っている映画「日蓮」

■検証11・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない11

 

□日蓮は蒙古による中国・朝鮮征服の政治軍事情勢を知っていた説を採っている映画「日蓮」

 

日蓮が立正安国論を上奏した1260年には、中国華南地方に逃げていた南宋を除き、モンゴルから満州・朝鮮半島・華北・華中・ウイグル・チベット・ネパール・雲南・中央アジア・中東・東ヨーロッパに至るまで、すでにモンゴル帝国の支配下になっていた。しかも前年の1259年には、朝鮮半島の高麗がモンゴルの属国に下っている。当時のこの中国大陸・朝鮮半島の政治情勢・軍事情勢からしたら、もはや南宋の滅亡は時間の問題で、日本にもモンゴルから降伏を勧告する国書がいつ来てもおかしくない情勢だった。こういう国際情勢は、中国大陸からの渡来人や、日本から中国大陸にわたって帰国した僧侶、あるいは中国大陸と交易していた商人によって、情報が知識階級にもたらされていた。こういう国際情勢の情報は、まずは京都の朝廷・公家・貴族のもとに入り、朝廷公認の南都六宗、比叡山延暦寺、園城寺、西大寺、唐招提寺、高野山真言宗といった仏教宗派の僧侶にも、もたらされる。鎌倉時代には、栄西、道元らによって禅宗が勃興しているが、これは栄西、道元は独自の宗旨を建てたのではなく、自ら中国大陸に行って、中国にあった臨済宗、曹洞宗を日本に伝来させて、日本で臨済宗、曹洞宗の宗旨を建てたのである。

これは天台宗も同じ。真言宗は空海が中国(唐)の長安に渡り、青龍寺で恵果から学んだ密教を基盤として日本で宗旨を建てたものである。又、日本には蘭渓道隆のような中国の禅僧も来日して、鎌倉・建長寺に住んでいた。当時の中国大陸・朝鮮半島の政治・軍事情勢を知っていたのは、何も日蓮や仏教界の僧侶だけではない。中国から伝来した禅宗に深く帰依していた鎌倉幕府の北条時頼とて、知っていたであろうことは、まず間違いないと思われる。鎌倉幕府は、執権をはじめと禅宗を厚く保護・帰依しており、中国から来日した禅僧・蘭渓道隆も、鎌倉・建長寺に住んでいた。禅宗に帰依する鎌倉幕府の執権・要人が、禅僧から仏教の話しだけ聞いて、中国大陸・朝鮮半島の政治・軍事情勢の話しを全く聞かないと言うことは、あり得ない。日蓮は、当時の中国大陸・朝鮮半島の政治・軍事情勢を知っていたであろうことは、まず間違いない。であるならば、南宋を除く中国大陸・朝鮮半島までもが、すでにモンゴル帝国の支配下に下っていたことを知っている知識人ならば、「そのうち蒙古が日本に攻めてくるかもしれない」という予測は、可能だったと考えられる。「このままでは、自界叛逆難・他国侵逼難が起こって国が滅びるぞ。念仏などはただちに止めて法華経に帰依せよ」ということは、何も末法の本仏や終末思想の予言者でなくても、当時の知識階級であれば、これくらいの「蒙古襲来」の予測は可能だったと考えられる。もちろん、日蓮は法華経を弘通する僧侶であっただから、そこのところを法華経に結びつけて書いているわけだが、だからと言って、日蓮の他国侵逼難の「予言」なるものが、「日蓮正宗系」が言うような宗教的な予言とは言えない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ