アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会・公明党が創価学会員の日常生活の世話をする『便宜供与』

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(241)~カネをもらって聖教新聞の個別配達をしていることを認めた創価学会婦人部・聖教新聞配達員

□しっかり池田大作の独裁的権力構造(便宜供与)の中に組み込まれていた聖教新聞配達員

 

東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事で、新聞輸送会社・社長で劇団Nオーナー兼プロデューサー・小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」に来る創価学会員のほとんどが壮年部幹部か男子部の幹部。女子部の信徒が来たことは皆無。たまに小矢木隆(仮名)夫妻の関係で、婦人部幹部ないしは婦人部の一般信徒が来たことがあった。婦人部の幹部・信徒が来るときは、だいたい午後ないし夕方から夜にかけて婦人部の会合・行事があった時。それで小矢木隆(仮名)夫人の手招きで鍋宴会に顔を出す。創価学会婦人部活動の時間帯は、実に多岐にわたっていて、昼間の13時ころかにはじまるものもあれば、17時ころからはじまるものもある。あるいは19時から壮年部、男子部、女子部といっしょに行う地区協議会、地区座談会、支部協議会、支部座談会等にも出る。選挙戦になると、創価学会婦人部は、公明党議員の表向きの選挙事務所の、おにぎり、おかず、味噌汁、お茶等をつくる「炊き出し」も行う。あるいは創価学会が主宰する大規模な文化祭があれば、本番間近の各部合同練習でも、創価学会婦人部は、おにぎりやお茶をつくる「炊き出し」をする。この婦人部の「炊き出し」も、創価学会総ぐるみの便宜供与とも言えるし、創価学会の男尊女卑体質の象徴とも言える。1980年代は、まだ宗創和合時代だったが、日蓮正宗寺院の新年勤行会、日蓮誕生会、立宗会、御難会、盂蘭盆会、彼岸会、御会式、御講等の供養金受付業務は、地元の創価学会婦人部が行っていた。あの当時は、日蓮正宗寺院で、法華講支部が結成されていた寺院は、全体の半分にも満たず、創価学会員は全国総ての日蓮正宗寺院に参詣していたため、日蓮正宗寺院住職も、創価学会を頼りにしていた。特に、毎年10月に日蓮正宗寺院で行われる「御会式」の「お花造り」も、創価学会婦人部が行っていた。「お花造り」とは、日蓮正宗寺院本堂須弥壇に祀られている板本尊の左右両サイドには、御会式シーズンになると、桜の造花が供えられる。これは、日蓮入滅の日、池上には桜が咲いたという伝説があることに因むというのだが、この桜の造花を造る作業のことを「お花造り」という。これを地元の創価学会婦人部が一手に行っていた。宗創和合時代、創価学会、法華講の二本立てだった常在寺、常泉寺、法道院、妙光寺などの日蓮正宗寺院の場合、創価学会員が参詣する御会式と、法華講員が参詣する御会式を別々に行っていた。つまり寺院では御会式を二回行っていたわけだが、先に創価学会員参詣の御会式、後が法華講員参詣の御会式を行うのが通例。この場合でも、「お花造り」は、創価学会員参詣の御会式の前に行われ、板本尊の両サイドの桜の造花は、法華講員参詣の御会式までそのままになっていて、法華講員参詣の御会式が終わった後、桜の造花を11本を参詣者に配る「お花くずし」が行われる。宗創和合時代、創価学会、法華講の二本立てだった日蓮正宗寺院でも、「お花造り」は創価学会婦人部が担っていた。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(231)~創価学会の便宜供与にしがみつく創価学会員と創価学会の恩を強調する池田大作

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証16(便宜供与)

 

ソ連、東欧、中国、北朝鮮の共産圏諸国の独裁権力基盤は、最高権力者が共産党幹部、軍幹部に下す便宜供与であり「プレゼント」によって固められていた。池田大作の創価学会内部における独裁権力の権力基盤もまた、池田大作が池田大作を頂点とした創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員といった、いわゆる「創価学会でメシを食う」「創価学会メシ軍団」ないしは一般の創価学会幹部に下す便宜供与、「プレゼント政治」によって固められている。ソ連、東欧、中国、北朝鮮の共産圏諸国の独裁権力基盤固めの手法と、池田大作の独裁権力基盤固めの手法は実に酷似している。

創価学会の場合は、池田大作が創価学会幹部に便宜供与をして権力基盤を固めるという側面の他に、創価学会幹部や創価学会員のほうから、池田大作・創価学会最高幹部や公明党議員に対して、便宜供与や「プレゼント」を求めているという側面があることを見逃すべきではない。

創価学会の組織は、ソ連、東欧、中国、北朝鮮の共産圏諸国で政権を握る共産党と全く同じ「上意下達」の組織である。そして創価学会幹部たちは、一般信徒に対して一家和楽だの、難を乗り越える信心だの、功徳溢れる信心だの、社会で実証だの、宿命転換だの、長時間の唱題をしろだのと一般会員信徒に対して、偉そうに指導している。そうすると一般会員信徒のほうは、偉そうに指導している創価学会幹部が現実の姿として、一家和楽なのか、息子は信心しているのか、結婚して夫婦そろって創価学会員なのか、息子夫婦の子どもは信心しているのか、難を乗り越える信心をしてきたのか、功徳溢れる信心をしているのか、社会で実証を示しているのか、という具合に、まことに厳しい目で観察している。1980年代の聖教新聞には、こんな話しが載っている。

「…先日もある婦人部の方が言っていた。『支部婦人部長になって張り切っているのですが、風邪ひとつひけません。皆さんから“婦人部長なのに、だらしがない”と言われるので』(大笑い)。また、中には“婦人部長なのに、どうして子供さんの成績が思わしくないのでしょうか”(爆笑)という、おせっかいな人もいるらしい(大笑い)

(19881021日付け聖教新聞・第10回本部幹部会での池田大作スピーチ)

「ある婦人部長さんが冗談まじりに、こんなことを言っていた。くたくたに疲れて、朝ゆっくり寝ていた。すると近所の会員から『朝、まだ起きていないのか』と言われる()。あるときは、信心とはまったく関係ないのに『あの家の子供は、あまり成績が良くない』()などと陰口を言われる。自分の家庭や家族のことを後回しにして、近隣の人々や同志のために駆け回り、面倒をみている。それなのに、ささいなことで、いつも厳しく見られることは、やりきれない(大笑い)と」

(1989917日付け聖教新聞・第21回本部幹部会での池田大作スピーチ)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(221)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証6(便宜供与1)

□一般企業への就職が困難を極める創価大学卒業生に就職口を斡旋する公明党議員

 

進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動というと、世間一般の議員活動の主な活動のひとになっているようだが、これは公明党議員の場合も何らかわらない。進学は主に創価学園、創価大学への進学だが、就職となると多岐にわたる。一般企業への就職が困難を極める創価学園や創価大学卒業生の就職から、失業して再就職先がなかなか決まらない創価学会幹部の再就職の世話など、実に幅広い。創価大学・創価学園は池田大作が創立した学校ということで創価学会員の中では神格化されており、創価学会幹部の子弟の入学希望者が殺到する。しかしせっかく創価大学に入学しても、卒業後に就職できないとなれば、これは一大事である。もっとも将来が有望視されている創価大学卒業生・創価学会学生部幹部であれば、創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団に仲間入りすることになる。いくら創価学会・公明党・外郭団体、外郭企業等が巨大であっても、創価大学卒業生全員が就職できる枠はない。では「創価学会でメシを食う」幹部集団に仲間入りできなかった創価大学卒業生は、一般企業に就職しなくてはならなくなるが、しかしながら、世間一般で、履歴書の学歴に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてあると、採用されるケースは、ほとんど皆無である。なぜそうなるのかというと、世間一般では「創価大学卒業生=創価学会幹部の子弟、ないしは創価学会幹部」と見なしており、履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてあるのは、自分で「オレは創価学会員だ」と宣言しているのに等しい。そうなると会社の人事担当は、「この人物は会社内で非常識な折伏・布教活動をやるのではないか」「会社内で選挙のときに公明党支援活動をやるのではないか」「会社内で聖教新聞のセールスをやるのではないか」「創価学会活動に行くために、親が死んだ、兄弟が死んだ、親戚が死んだとウソをついて、仕事をズル休みするのではないか」等と警戒する。特に近年、警戒されるのは「創価学会活動に行くために、親が死んだ、兄弟が死んだ、親戚が死んだとウソをついて、仕事をズル休みするのではないか」である。私が経験した会社、私が知っている一般企業で、創価大学卒業生というのは皆無。私が経験した会社の人事担当も、履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてある人物は不採用としていた。履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてなくても、創価学会員と判明し、創価学会活動が原因で仕事に穴を開けたり、ズル休みをした者は解雇にしていた。創価学会を退会した人でも、履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてあれば、その人は世間では創価学会員と見なされ、一般企業への就職は困難を極める。そこで公明党議員が登場するわけである。もっとも公明党議員は、創価学会を退会した人の面倒は見ないが、「創価学会でメシを食う」幹部集団に仲間入りできなかった創価大学卒業生の一般企業就職の面倒は見るわけである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(220)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証5(造反幹部・堕地獄論・便宜供与)

□かつて創価学会本部職員・外郭団体の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れた人々

 

世間の常識・慣習からして、履歴書に「創価学会本部職員退職」とか「公明党本部職員退職」と書いてある人物を、一般企業が採用するなどということは、まずあり得ないし、履歴書に「創価学会本部職員退職」とか「聖教新聞職員退職」と書いてある人物を、立正佼成会、霊友会、仏所護念会、国柱会、顕正会等の本部が採用するということも、まずあり得ない話しであるが、過去にこの創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れて、池田大作・創価学会に造反した人物が少なからずいた。それが元民音職員・松本勝弥氏、創価学会元顧問弁護士・山崎正友氏、創価学会元教学部長・原島嵩氏、創価学会元副会長・福島源次郎氏である。松本勝弥氏の場合は、正本堂御供養金返還訴訟による職員解雇であり、山崎正友氏の場合は、顧問弁護士だったので、いささかニュアンスがちがっている。松本勝弥氏は、その後、さまざまな変遷を経て西山本門寺50代森本日正貫首の弟子となり「松本修明」と僧名を名乗る。現在は自称「西山本門寺末寺」大津・蓮華寺住職、宗教法人無心庵代表役員、西山本門寺東京布教所主管を名のる。住職だの主管だの代表役員だのを名乗ってはいるが、実際はかなりの困窮生活を送っているとの内部情報がもたらされている。山崎正友氏は、「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れた後は、恐喝事件有罪判決、収監、出所等があり、その前後は正信会に軸足をおいて、さまざまな執筆活動や講演活動等を行っている。その後、正信会を離れて大石寺理境坊妙観講に入ったが、執筆活動や講演活動等は先細りになった。原島嵩氏は池田大作に造反、本部職員退職後、正信会系の全国檀徒新聞「継命新聞社」に就職し、定年まで在籍している。福島源次郎氏の場合は、副会長辞任後、ほとせなくして本部職員を退職し、創価学会外郭企業をはじめ、さまざまな会社を転職したことを著書で明かしている。しかしこういう人たちの例は、例外的なものである。多くの場合、「池田大作、創価学会はおかしい」と思いながらも、創価学会から離れられない、あるいは創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れられないというケースのほうが圧倒的に多い。これは本部職員ならずとも聖教新聞販売店にまで及んでいる。それは「創価学会でメシを食う」幹部集団を一旦離れてしまうと、生活が成り立たなくなってしまうからである。

原島嵩2
 

(原島嵩氏)

山崎正友6
 

(山崎正友氏)

松本居所6
 

(西山本門寺東京布教所)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(77)~創価学会員の融資、就職、結婚、市営住宅入居等の世話焼きをしていた公明党議員

■創価学会員の融資、就職、結婚、市営住宅入居等の世話焼きをしていた公明党議員

 

1983(昭和58)の統一地方選挙の選挙期間中、「裏選対」だった溝口工務店(仮名)事務所に、公明党K市議会議員候補・中原浩司(仮名)が何度も現れ、溝口達夫(仮名)本部長と中原浩司(仮名)議員まの関係、創価学会と公明党の関係について、まざまざと見せつけられる体験をした。

溝口達夫(仮名)は創価学会地域組織の本部長で、創価学会員からさまざまな相談事を受け付けている。それらの中で、自分たち創価学会の中で解決できないものは、公明党市会議員・中原浩司(仮名)のみとに持って行く。それで、どんな内容の相談を議員に持って行っていたのか。

まずは借金の問題。1983(昭和58)当時といえば、高金利、過剰融資、苛酷な取り立ての「サラ金三悪」で有名だった第1次サラ金ブームの時代。高金利といっても今の年利18%どころではなく、日歩30銭・年利109%が合法だった時代のこと。

それで某創価学会員Aの場合は、あっちこっちのサラ金から借金を重ねて首が回らなくなり、新しい融資先を世話して欲しいという相談。こんな話しを溝口達夫(仮名)本部長が中原浩司(仮名)議員に取り次いでいる。中原浩司(仮名)のほうは、県や市で一般市民の小口融資部門があるから、とりあってみるとの返答。

別の創価学会員Bの場合は、多額の借金で首が回らなくなったため、一箇所に借金をまとめたいとの相談。これも中原浩司(仮名)は○○公庫で、できるかどうか、かけあってみるとの返答。

ところが中原浩司(仮名)云く「こういうのは税金でやっているもんだからねー」という。つまり議員がかけあっても、うまくいくかどうかわからないという言い訳に聞こえなくもない。

 

さて創価学会員Cの相談は、息子のお見合い結婚の相談。すでに年配になった親御さんが、40代になった息子のお嫁さんを探しているということだが、親御さんの希望は、20代の若い創価学会女子部がいいとのこと。

40代の独身男性と20代の独身女性のお見合いなんて、世間でもほぼ不可能に近いのでは。ましてや独身女性が独身男性の約半分しかおらず、男性のほうが活動に不熱心では、お見合いが実現する可能性は乏しい。中原浩司(仮名)云く「これは、むずかしいよなあ」。

ところが、こういうお見合い結婚の陳情は、かなりたくさんあるらしく、「こういうのは、なるべく受けないでくれ」と言っている中原浩司(仮名)

溝口達夫(仮名)本部長の長男が経営している喫茶店・コンパウンド(仮名)で行われていた創価学会員のお見合いでも、独身男子も独身女子も幹部ばかりである。しかも

□親の信仰歴が20年、30年クラスの創価学会員であること

□お見合いする独身男女のほうは、子どもの頃から創価学会組織について活動していて、男子部・女子部の幹部であること

男子部のほうは35才すぎから40才くらい。女子部のほうは30才台。

創価学会本部1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ