アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:実録・となりの創価学会員・法華講員 > 創価学会員が主宰していた『鍋宴会』と私の『太陽作戦』

□聖教新聞等に載る池田大作の「虚像」に洗脳されていた1980年代のころの創価学会一般信徒   創価学会幹部は、何かにつけて池田大作の話しをするのを得意中の得意としている。例えば、創価学会の座談会でも、会館での大きな会合でも、必ず登壇する幹部の誰かが池田大作 ...

□「なぜ創価学会が公明党をつくって公明党を支援するのか」の問いに答えられない創価学会員   1985(昭和60)年は東京都議会議員選挙があり、1986(昭和61)年は衆参ダブル選挙があった年である。参議院議員選挙は当初から予定されていたものだが、衆議院議員選挙のほうは ...

□表向きはエリート創価学会員の顔なのに実際は創価学会に完全に背を向けていた創価学会員   創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)のエリア内にある野外特設リングでのプロレス興行で見かけた創価学会員は他にもいた。それが谷山順一(仮 ...

□プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘2   鍋島由雄(仮名)は、創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の壮年部ブロック長。地区部長・井畑徳三(仮名)、地区幹事・小矢木隆(仮名)、高畑義三(仮 ...

□プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘1   かつて私が東京N区に住んでいたころ、近所には広い公園があり、野球ができるくらいの広いグ1ラウンドがあった。この公園のグラウンドに、毎年8月の旧盆の頃、アントニオ猪木の新 ...

□表向きは創価大学生や創価大学OBをおだてながら裏ではボロクソに批判していた創価学会員   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事・小矢木隆(仮名)は、「鍋宴会」によく男子部幹部を連れてきていた。それら男子部部長、副部長、地区リ ...

□結婚の質問に「創価学会に入ったら彼女が出来るよ」とハッタリを言った創価学会幹部   創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)男子部部長は清水谷文夫(仮名)で、副部長が瀬古口敏夫(仮名)。清水谷文夫(仮名)は酒好きで、しかも人前で自分の創価学会幹部とし ...

□「北風作戦」を一時封印して「太陽作戦」に転換した80年代の対日蓮正宗・対創価学会作戦2   1980年代半ば、なぜ「北風作戦」を一時封印して「太陽作戦」に転換したのか。他にもこんなことがあった。ちょうど私が中学生、高校生のころ、私の母親が立正佼成会の教会に行 ...

□「北風作戦」を一時封印して「太陽作戦」に転換した80年代の対日蓮正宗・対創価学会作戦   創価学会の教線拡大の大きな要因のひとつは、「大石寺」「日蓮正宗」という「伝統仏教の仮面」をかぶっていたこと。そして日蓮正宗が過激な折伏・布教活動を行う創価学会を積 ...

■1990年代に展開した「日蓮正宗カメレオン作戦」の原型になっていた80年代半ばの鍋宴会   福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)、溝口個人会館(仮名)、夕陽ブロイラー(仮名)、同期電設(仮名)、ポンタツ(仮名)、小矢木隆(仮名)の劇団N等々、私が ...

■普段はろくに勤行をしていないのに「守り本尊」を授与されて大喜びしていた創価学会幹部   創価学会幹部の紹介で、創価学会女子部幹部と「お見合い結婚」したことを、ことのほか大喜びしていた東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長・清水谷文夫(仮名)は ...

■創価学会員同士のわずかの恋愛結婚の事例を針小棒大に誇張して反論していた創価学会員   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の井畑徳三(仮名)、長谷山陽一(仮名)、そして男子部部長・清水谷文夫(仮名)が「結婚エサ折伏」を私に仕掛けてきたが ...

■玄関先で「出てこないならここを動かない」と言って無理やり引っ張り出した創価学会員   劇団Nオーナー兼プロデューサー・小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会にちょくちょく顔を見せていた創価学会・東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の男子部地区リ ...

■夫の仕事サボりによる賃金カットで夫婦仲が最悪の状態になっていた創価学会員夫婦   劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、自宅で鍋宴会を主宰する小矢木隆(仮名)は、創価学会の地元組織では、地区幹事。地区部長は井畑徳三(仮名)。地区担は高畑美枝子(仮名)。男子部地 ...

■創価学会地区部長の婦人部幹部へのセクハラを鍋宴会の笑い話にしていた創価学会員   井畑徳三(仮名)は、酒好きな創価学会員だったが、いささか酒クセがあまり良くなかった。小矢木隆(仮名)宅での鍋宴会に現れた井畑徳三(仮名)が創価学会幹部と話すときは、割とおっと ...

■創価学会員の劇団オーナーが連れてきた「大根役者」の芝居に大激怒していた舞台監督   創価学会員で新聞図書輸送会社経営・劇団Nオーナーの小矢木隆(仮名)の自宅に隣接する稽古場で、劇団Nの稽古が連日行われた。昼間は主役・準主役クラス。夕方以降は、脇役を交えて ...

■役者が集まる鍋宴会に創価学会幹部を連れてきて同席させていた創価学会員の劇団オーナー   ジャンルとしてはミニ劇団か小劇団に入る劇団Nは、小矢木隆(仮名)がオーナー兼プロデューサー。劇団のオーナーと言うと、不思議に聞こえてしまうが、正確に言うと、劇団の稽古 ...

■道楽・趣味・実益兼用で劇団経営し秘密裏ビデオ上映を行って折伏していた創価学会員   劇団Nのオーナー兼プロデューサーで新聞図書輸送会社社長・小矢木隆(仮名)の夫人は、若い頃からの創価学会員。両親・兄弟姉妹・親族も創価学会員。創価学会員である夫人の親族に、 ...

■新聞雑誌輸送会社を経営する傍ら小劇団のオーナー兼プロデューサーをしていた創価学会員   私は福寿荘(仮名)、溝口工務店(仮名)、同期電設(仮名)の創価学会員がらみの騒動の後、たとえ少しずつでも演劇活動を再開しようと、知人の学生俳優の紹介で、東京N区に拠点を置 ...

↑このページのトップヘ