アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会員が主宰していた『鍋宴会』と私の『太陽作戦』

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(214)~「なぜ池田大作名誉会長が偉大なのか」との質問に答えられなかった創価学会幹部たち

□聖教新聞等に載る池田大作の「虚像」に洗脳されていた1980年代のころの創価学会一般信徒

 

創価学会幹部は、何かにつけて池田大作の話しをするのを得意中の得意としている。例えば、創価学会の座談会でも、会館での大きな会合でも、必ず登壇する幹部の誰かが池田大作の話しをする。「先生が○○に行ったら、大歓迎された」とか「先生が○○へ行って指導されたら、会員が涙を流して握手した」とかいう話しはほんの序の口。池田大作の指導に感激した会員が「先生に命を捧げます」という手紙を送ったという話しから、「先生が○○に行かれたら虹が出た」とか「先生が○○に行かれたら、パーッと花が咲いた」とか、こんな話しまではじめる創価学会幹部の面々。

あの当時の創価学会本部幹部会は、池田大作が出席して行われて、池田大作は会員向けのスピーチをしていたが、衛星放送はなし。衛星放送は1988年ころにはじまったものである。

また池田大作という人物は、テレビやマスコミに出演することなど全く皆無であるため、池田大作という人物を知るには、聖教新聞に載っている池田大作スピーチか、あるいは創価学会幹部が喋る池田大作の人物像ぐらいしかない。あとは時折、創価学会の外郭企業であるシナノ企画が製作する映写やビデオ等で、池田大作がスピーチしている場面が出てくるのを見るくらい。

これが創価学会の上級幹部になると、池田大作が出席する本部幹部会や懇談会に出ている。あるいは創価大学卒業生になると、池田大作が出席する創価大学の会合に行っているから、少しは池田大作の実像を知っている。ところが地区幹部、ブロック幹部、男子部の部幹部クラスでも、池田大作に直接巡り逢った幹部はごくわずか。一般会員や地区幹部・ブロック幹部クラスの信徒が「池田先生と会った」というのは、池田大作が観覧に来ていた文化祭に出席して、遠くから手を振る池田大作を見たとか、創価班の大石寺任務ないしは創価学会本部、会館での任務の時に、たまたま池田大作が来訪して激励されたとか、あるいは大石寺で「戒壇の大本尊」の御開扉を受けた時に、たまたま池田大作が正本堂に参拝に来ていて、いっしょに御開扉を受けたとか、そんな感じである。池田大作と常日頃から直接話しをしていて、直接、薫陶を受けているとか、池田大作と常日頃からいっしょに仕事をしているとか、そういう人は皆無。これくらいになると、それこそ池田大作の側近幹部クラスになる。創価学会のいわゆる第一線の組織では、池田大作が出席する本部幹部会に出たとか、創大会総会に出たとか、文化祭に出演したとか、そういった類である。

しかしそういう経験を持つ創価学会員は、信仰歴が長い幹部クラスで、池田大作という人物を直接見たこともあったこともない創価学会員はそれこそ大勢いた。私もこの時点では、池田大作という人物を直接見たことはなかった。

ところが面白いことに、池田大作と直接会って話しをする、ないしは話を聞く機会にほど遠い一般会員の間では、「先生はお優しい方だ」「会員同志を慈しんでいる方」というような“虚像”がまかり通っていた。1990年代以降、衛星放送によって池田大作スピーチが創価学会の外部に流れ、池田大作の虚像と実像が明らかになっているが、1980年代のころはそうではなかった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(205)~「なぜ創価学会が公明党をつくって公明党を支援するのか」の問いに答えられない創価学会員

□「なぜ創価学会が公明党をつくって公明党を支援するのか」の問いに答えられない創価学会員

 

1985(昭和60)年は東京都議会議員選挙があり、1986(昭和61)年は衆参ダブル選挙があった年である。参議院議員選挙は当初から予定されていたものだが、衆議院議員選挙のほうは中曽根康弘首相の「死んだふり解散」によって、参議院議員選挙と同日選挙になったもの。この時、中曽根康弘首相は「大型間接税は導入致しません。この顔がウソつく顔に見えますか」との名言を吐き、自民党が300議席を獲得する大勝をしたあのダブル選挙である。創価学会の選挙モードは、ダブル選挙の前年の東京都議会議員選挙からヒートアップしていた。創価学会は、1995年の宗教法人法改正以前は、東京都認証による宗教法人であったため、東京都議会議員選挙にかなりのエネルギーを注いでいたことは、あまりにも有名である。

小矢木隆(仮名)も創価学会では地区幹事であり、「鍋宴会」で創価学会員が同席したときは、東京都議会議員選挙の話しをしていた。選挙が近づいてくると、創価学会員が「公明党候補に一票入れてくれ」と頼みに来るとか、あるいは創価学会丸抱えで公明党候補者を応援するというのは、誰も知らない人がいないくらい、公然承知の事実だが、では「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」との問いに、明確に答えた創価学会員は一人もいない。それは小矢木隆(仮名)も同じである。

かつて私も、福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部幹部、溝口工務店(仮名)の創価学会員、溝口個人会館(仮名)の創価学会幹部、小矢木隆(仮名)ら創価学会幹部に「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」と何度も問うたことがあった。しかし創価学会幹部、創価学会員たちの答えは、まさにバラバラ。「公明党議員はみんな同じ創価学会員だから応援する」「仏法を政治に反映させて福祉社会をつくる」という答え、あるいは「池田先生が公明党をつくったから」「公明党に汚職議員はいないから」「公明党は金権政治ではないから」「私は創価学会の『公明党支援活動』が大好きだからやっている」等々、まさにバラバラだった。

「公明党議員はみんな同じ創価学会員だから応援する」というのは、よく返ってきた回答だったが、しかし私に言わせれば、これは答えになっていない。なぜなら、創価学会は1960年代に自ら積極的に公明党をつくって政界に進出した。創価学会員の政治進出は1950年代の戸田城聖が会長だった時代からのことである。しかし、立正佼成会、霊友会、天理教をはじめとする他宗教の団体は、自分たちが支持する候補者・議員は応援しているが、政党はつくっていない。オウム真理教が「真理党」をつくって政界進出しようとしたのは1990年代のことであり、幸福の科学が「幸福実現党」をつくって政界進出しようとしたのは、2000年以降のことである。オウム真理教や幸福の科学による政界進出の動きは、一般世間から見れば、「創価学会の政治進出の猿まね」としか映らない。

1980年代のころ、宗教団体で政党をつくって政界に進出していたのは創価学会・公明党だけ。では「なぜ創価学会は公明党をつくって公明党議員を支援しているのか」の問いに対して、「公明党議員はみんな同じ創価学会員だから応援する」は、答えとしておかしな答えだ。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(204)~表向きはエリート創価学会員の顔なのに実際は創価学会に完全に背を向けていた創価学会員

□表向きはエリート創価学会員の顔なのに実際は創価学会に完全に背を向けていた創価学会員

 

創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)のエリア内にある野外特設リングでのプロレス興行で見かけた創価学会員は他にもいた。それが谷山順一(仮名)。谷山順一(仮名)は二人兄弟の弟で、兄は結婚して家庭を持っているが、弟は独身。兄は布教実績を積み重ねて創価学会男子部地区リーダーだが、弟は布教実績がイマイチで副地区リーダー。兄はマイホームパパでおとなしい人物だが、弟はホンダ車をビンビン乗り回すカーマニアで、「強者」にあこがれるプロレスファン。兄は物静かに喋る人で酒はあまり飲めない。ところが弟のほうは、かなりの饒舌で酒好き。兄弟はまるで好対照である。谷山兄弟は、両親が創価学会幹部の家庭に生まれ育ち、子どもの頃から創価学会員としての徹底した教育の下で育てられた。谷山兄弟は、二人とも大学を卒業して大企業に就職したが、その後、父親が経営する産業廃棄物処理会社に移り、弟の谷山順一(仮名)は、産業廃棄物処理会社のトラック運転手をしている。

谷山順一(仮名)の父母は昭和30年代の「折伏大進撃」の時代からの創価学会幹部で、父親は産業廃棄物処理会社の社長。谷山兄弟は二人とも創価班の本山担当・輸送担当に入っている。弟の谷山順一(仮名)は、大学卒業後、どうしても創価大学に入りたいということで、社会人として働きながら創価大学の通信教育を卒業した。こんな話しを谷山兄のほうからさんざん聞かされていたので、私は谷山順一(仮名)はてっきり創価学会のエリート幹部か、幹部候補生だとばっかり思っていた。ところがプロレス興行の特設会場に来ていた谷山順一(仮名)は、それこそ鍋島由雄(仮名)に負けないくらいに「それ行け」「それやれ」とばかりにエキサイトしながら、プロレスラーを応援している。「あれれ、この人もプロレスファンだったんだ」と思った私。

最初に小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会で谷山兄弟に会ったとき、兄も弟も井畑徳三(仮名)や小矢木隆(仮名)の話しを這いつくばって聞いている。どちらかというと兄のほうが優等生っぽく見えた。兄は口数は少ないが、小矢木隆(仮名)ら創価学会幹部との会話はものすごくスムーズに進む。ところが弟の谷山順一(仮名)のほうは、顔が硬直し、全く緊張してしまっている。谷山順一(仮名)は自家用車で帰宅しなければならないため、鍋宴会でもアルコール類は口にしない。「酒に酔っていないから、緊張しているのかな」と思って見ていたが、実は全くそうではなかった。実は谷山順一(仮名)は、創価学会に完全に背を向けてしまっていたのである。

その日は鍋宴会終了後、谷山順一(仮名)は「車で送っていくよ」と言われ、谷山順一(仮名)の車に乗る。ホンダの自家用車は、谷山順一(仮名)自慢の車で、運転しながら谷山順一(仮名)は車の話しばかりしている。「あれれ、この人は創価学会幹部なのに、創価学会の話しは何もしないんだな」と不思議に思ったくらい。プロレス興行の特設会場で会ったときは、熱烈なプロレスファンぶりを見せつけてくれた。プロレス興行が終わった後、レスラーが特設会場のすぐ近くにあった銭湯に入る。銭湯から出たら、バスに乗って次の興行がある所に移動する。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(203)~プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘2

□プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘2

 

鍋島由雄(仮名)は、創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の壮年部ブロック長。地区部長・井畑徳三(仮名)、地区幹事・小矢木隆(仮名)、高畑義三(仮名)らの近所に借家を借りて妻子と共に住んでいた。壮年部ブロック長とはいっても、座談会に来ていた鍋島由雄(仮名)は、全く口数の少ない人物で、ほとんど喋らない。創価学会の座談会では、創価学会員が一人一人喋るコーナーがあるのだが、鍋島由雄(仮名)はただボソボソと小声で喋るだけで、何を喋ったのか全く印象に残らないし、ほとんど存在感はなきに等しい。

鍋島由雄(仮名)は、元々子どもの頃からの創価学会員ではなく、先に夫人が創価学会に入信していて、夫人の熱心な折伏に押されて30代になってから、創価学会に入信した人。それで十数年の信仰歴を積み重ねてブロック長になったが、しかしこれといって目立った布教実績はない。鍋島由雄(仮名)を折伏したという夫人も座談会に来ていたが、夫人のほうも座談会では存在感がなきに等しい。夫婦そろっておとなしいのだが、そんな鍋島由雄(仮名)はプロレスが大好きで、真夏のプロレス興行があるときは、必ず特設会場の最前列に陣取って観戦するほどの熱心さ。座談会では実におとなしい鍋島由雄(仮名)が、プロレス観戦になると、とても明るい表情でプロレスラーを応援している。この二つの姿があまりにも違いすぎるので、私もちょっとビックリしたくらいだった。

これくらいの話しだったら、創価学会の中にゴロゴロたくさんあると思われる。かつて私が住んでいたK市の福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部員などは、野球好き、アイドル好き、ドリフターズのコント好き、さらには下半身丸出し、性交丸出しのブルーフィルム(今のAV)好きなどが、ゴロゴロたくさんいた。ところがプロレス好きの鍋島由雄(仮名)は、実は地域の創価学会員とは、ソリがあわなかった。鍋島由雄(仮名)がソリがあわなかったのは、まず三丁目公園地区(仮名)の座談会会場を提供している高畑義三(仮名)である。高畑義三(仮名)宅は、小矢木隆(仮名)の旧宅の斜め前にある一軒家。高畑義三(仮名)は、小矢木隆(仮名)と同じく三丁目公園地区(仮名)の地区幹事を勤める。高畑義三(仮名)の夫人は、田元支部(仮名)副婦人部長兼三丁目公園地区(仮名)婦人部地区担の高畑美枝子(仮名)。地区部長・井畑徳三(仮名)からたびたびセクハラを受けていた巨乳婦人部幹部である。高畑義三(仮名)は、東京・大手町の大企業に勤めるサラリーマン。妻子と年老いた父母の6人暮らしで、もちろん全員が創価学会員である。もともとは、高畑義三(仮名)の父母が昭和20年代の「折伏大進撃」の時代に創価学会に入信したのがきっかけ。父母が創価学会に入信したとき、高畑義三(仮名)は小さな子どもだった。その高畑義三(仮名)も長じて創価学会男子部の「縦線」組織に入り、昭和3040年代のころは「折伏大進撃」の時代の流れに乗って、強引な折伏を展開。布教実績を積み重ねて「縦線」組織の隊長に昇進。女子部幹部だった高畑美枝子(仮名)とお見合い結婚し、二人の子どもにも恵まれた。高畑夫婦は二人とも40代半ば。高畑義三(仮名)の母親は60代後半で支部婦人部指導長。つまり前の支部婦人部長である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(202)~プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘1

□プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘1

 

かつて私が東京N区に住んでいたころ、近所には広い公園があり、野球ができるくらいの広いグ1ラウンドがあった。この公園のグラウンドに、毎年8月の旧盆の頃、アントニオ猪木の新日本プロレスとジャイアント馬場の全日本プロレスが交代で興行を行っていた。これはグラウンドに野外特設リングをつくり、特設会場をつくって行うプロレス興行。屋外で行うプロレス興行だから、「じゃあ雨が降ったらどうするのか」という疑問が沸くが、私が特設会場近隣に住んでいたころに行われた屋外特設リングのプロレス興行で、雨が降った日は1日もなかった。

プロレス興行と言うと(?)と思う人がいるかもしれないが、1980年代のころは、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、アントニオ猪木、長州力、藤波辰美、ザ・グレートカブキらの全盛時代。全日本プロレスの試合を日本テレビが、新日本プロレスの試合をテレビ朝日がゴールデンタイムに放映しており、視聴率もあがっていて、プロレス中継は絶大な人気番組だった。今の人気プロスポーツは、野球、サッカーだが、1980年代のころは、野球、大相撲、プロレスが大人気。19601年代は「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉が流行したが、1980年代のプロスポーツの人気は、「巨人・千代の富士・馬場・猪木」だったと思う。

日本プロレスの祖は力道山だと言われるが、1980年代はまだ力道山以来のプロレス人気がつづいていて、ゴールデンタイムの娯楽として、テレビによるプロレス中継が定着。一家そろってテレビの前にすわり、プロレス中継を見て楽しむというライフスタイルがあった。1960年代から70年代のころ、私の実家でも、ゴールデンタイムにプロレス中継があれば、一家そろってプロレス中継を見ていた。あの当時は今とちがって、若い夫婦親子も年寄り夫婦もそろってテレビを見ていた時代。

悪役レスラーの反則技攻めやレスラーの額にキズを付けて血を流すシーンをテレビで見て、明治生まれの年寄りが興奮し、テレビの前で倒れたり、脳卒中を起こしたという、今では考えられない事故があったくらい。私の実家でも、私が子どもの頃は、父母といっしょに祖父・祖母もプロレス中継を見ていた。私の祖父も祖母も明治生まれ。私の祖父は、若かりし頃、徴兵で三度、旧日本軍兵士として中国大陸に出征した経験があり、プロレス中継で血を流すシーンが出ようが、場外乱闘になろうが、反則技が出ようが、黙って見ていたが、むしろ祖母がプロレス中継を見ながら興奮していた。反則技や場外乱闘で、レフリーが日本人レスラーからカウントを取ると、祖母は「あーっ、日本人レスラーばっかり、反則をとって」とわめく。つまりレフリーが日本人レスラーばっかり反則のカウントをとって、外人レスラーに、えこひいきしているというわけである。ちなみにレフリーは日本人で、全日本プロレスのレフリーは、有名だったジョー樋口だが、日本人である。これは1960年代後半から70年代にかけての話し。1970年代後半は、アントニオ猪木vs異種格闘技戦が注目を集め、特に注目されたのがアントニオ猪木vsボクシング世界ヘビー級王者のモハメド・アリ。これが引き分けで、期待はずれにおわると、新日本プロレスが売り出したのが、アントニオ猪木vs長州力、長州力vs藤波辰美といった、アントニオ猪木vs「維新軍団」。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ