アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 大歓寺を斬る・大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識・異常体質を暴く

□大歓寺を再起絶望な“お荷物”寺院・ダメ寺院化させた大歓寺二代住職・畑山法俊氏が死去   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成30年3月号に、横浜市旭区の日蓮正宗寺院・大歓寺第二代住職・畑山法俊氏葬儀の記事が載っている。「大日蓮」の公式報道によれば、畑山法俊氏 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く7   □日蓮正宗僧侶として「あってはならない」醜態を信徒の面前で晒した大歓寺住職・須賀法重氏   大歓寺初代住職・須賀法重氏は、大歓寺創建当初から一貫して、創価学会との「友 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く6   □法華講員同士の抗争に火を付けた大歓寺住職・須賀法重氏の不用意・時代錯誤的差別発言   日蓮正宗vs創価学会の第1次紛争から数えて、十年以上が経った1989(平成1)年12月、よ ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く5   □創価学会から接待漬けにされ創価学会の腰巾着僧と化していた大歓寺初代住職・須賀法重氏   日蓮正宗vs創価学会の第1次紛争、いわゆる「創価学会の昭和五十二年路線」を発端 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く4   □大歓寺檀徒の面前で「オマエたちは大歓寺から出て行け」と怒鳴った大歓寺住職・須賀法重氏   「アンチ日蓮正宗」管理人は、日蓮正宗寺院の住職、教師僧侶、所化僧侶(修行僧) ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く3   □日蓮正宗首脳も在勤僧も「見て見ぬふり」をしていた?大歓寺住職・須賀法重氏の昼間の飲酒   大歓寺の毎日16時30分からの本堂での夕勤行に、大歓寺初代住職・須賀法重氏が真 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く2   □創価学会員・法華講員の「信徒教導」に全く消極的な僧侶だった大歓寺初代住職・須賀法重氏   大歓寺と言われても、「大歓寺って何?」「何それ?」と思う人が大半なのではない ...

□特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く1   2016(平成28)年1月号「大日蓮」に、「大歓寺第三代住職入院式」と題する記事が載っている。この大歓寺とは、神奈川県横浜市旭区万騎が原にある日蓮正宗寺院。「大日蓮」の記事に ...

↑このページのトップヘ