アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 大石寺法主の絶対専政君主的独裁権力の構造の検証

□大石寺法主(日蓮正宗管長)に次ぐナンバー2八木日照総監が3月、4月の重要行事を欠席   日蓮正宗では大石寺法主(日蓮正宗管長・代表役員)に次ぐナンバー2である八木日照総監が、2018年3月、4月の重要行事をたてつづけに「謎の欠席」をしている。順を追って見てみよう。 ...

□宗会、参議会、監正会等が全く関与・介在していない日蓮正宗管長、総監、宗務院役員人事   2017年12月14日付けを以て、日蓮正宗宗務院役員が任期満了となり、翌12月15日付けをもって新たに日蓮正宗宗務院の宗務総監及び各部部長、副部長が大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正 ...

□法華講連合会役員人事に露骨な人事介入を行っている日蓮正宗管長(大石寺法主)・宗務院   日蓮正宗法華講連合会とは、日蓮正宗の信徒団体というのに対して、日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、講中(こうちゅう)と呼ぶ。講中とは、講を作って神仏にもうでた ...

□法華講連合会行事にて法華講員に信仰指導を行う法華講連合会委員長・副委員長らの役員   日蓮正宗には、各末寺寺院単位の信徒の集まりである「法華講支部」と呼ばれる講中の他に、「信徒団体」というものがあり、この存在が、日蓮正宗という宗教団体の権力構造を実に ...

□法華講支部講頭、副講頭、幹事、会計人事に間接介入している日蓮正宗管長(大石寺法主)   日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、末寺住職、末寺所属信徒の独断で結成できない。日蓮正宗宗務院は、法華講支部結成の条件として「最低でも40世帯以上」という指針 ...

□末寺総代、法華講支部講頭・副講頭・幹事・会計を承認・認証する日蓮正宗管長(大石寺法主)   「日蓮正宗の僧侶・信徒の関係、信徒団体の構図がよくわからない」「実にわかりにくい」等々の質問がよく「アンチ日蓮正宗」に来ている。日蓮正宗は、最高指導者である日蓮 ...

□僧侶の選挙で選出されたのに日蓮正宗管長の絶対権力の前に形骸化している宗会、監正会   日蓮正宗には、教師僧侶の選挙で選ばれた宗会議員によって組織される「宗会」(しゅうかい)、同じく教師僧侶の選挙によって選出される監正会員、常任監正会員によって組織される ...

□宗内の行政権と司法権(僧侶・信徒の懲戒処分)を一手に握る大石寺法主・日蓮正宗管長   日蓮正宗とは最高指導者・大石寺法主(ほっす)に権力が一極集中した法主専政のカルト宗教であることを検証する上で、大きなポイントになるものが、日蓮正宗の宗制・宗規により、最 ...

□絶大な権力を握り実質的な封建絶対専政君主として日蓮正宗の頂点に君臨する大石寺法主   日蓮正宗とは、一体どんな権力構造になっているのか。これは日蓮正宗という宗教を徹底検証していく上で、重要なポイントである。世間一般では「世間の会社組織や財団・社団法人 ...

□昭和初期に一時“年功序列化”した後、再び布教実績重視に戻った大石寺法主人事   大石寺次期法主になる最大の決め手は布教実績である、と言うと、「そんなものは、第二次大戦後の話しだ」と言うであろう。これも以外に思うかも知れないが、実は江戸時代以前から大石 ...

□次期法主候補の要件は布教実績、年齢、健康、年功序列(僧階)、門閥(正系・傍系も含む)   2014年4月5日に「どーなる、注目を浴びる創価学会次期会長、日蓮正宗大石寺次期法主の人事の行方」を当ブログに書いたところ、この記事の月間アクセス数が450pvを超える等の大き ...

□創価学会次期会長有力候補として囁かれている正木正明理事長と谷川佳樹副会長   「日蓮正宗系」カルト団体の指導者である大石寺68世早瀬日如法主が79才、創価学会では絶対的指導者・池田大作氏が86才、六代会長・原田稔氏が73才。顕正会会長の浅井昭衛氏も83才。いず ...

↑このページのトップヘ