アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺法主の絶対専政君主的独裁権力の構造の検証

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗とは最高指導者・大石寺法主(ほっす)に権力が一極集中した法主専政のカルト宗教

□絶大な権力を握り実質的な封建絶対専政君主として日蓮正宗の頂点に君臨する大石寺法主

 

日蓮正宗とは、一体どんな権力構造になっているのか。これは日蓮正宗という宗教を徹底検証していく上で、重要なポイントである。世間一般では「世間の会社組織や財団・社団法人みたいなものではないのか」という見方があるようだが、これは全く誤った見解である。日蓮正宗という宗教は、世間の会社組織や財団・社団法人とは全く違う。では具体的にどこが違うのか。

日蓮正宗とは最高指導者・大石寺法主(ほっす)に権力が一極集中した法主専政のカルト宗教である。日蓮正宗の最高指導者は、宗教法人・日蓮正宗の代表役員だが、日蓮正宗の宗制(しゅうせい)宗規(しゅうき)によって、日蓮正宗総本山である大石寺の法主(ほっす)が、日蓮正宗の宗務行政の首長である管長(かんちょう)、宗教法人・日蓮正宗の代表役員、日蓮正宗の被包括法人・大石寺の代表役員、大石寺貫首(住職)を兼任する。日蓮正宗の宗制(しゅうせい)宗規(しゅうき)とは、日蓮正宗の憲法・法律に相当するものである。

大石寺の法主(ほっす)とは、「日蓮・日興から歴代の大石寺法主のみが相伝してきた」と日蓮正宗が自称する「唯授一人(ゆいじゅいちにん)の血脈相承(けちみゃくそうじょう)」を相伝された人物。

しかし「唯授一人の血脈相承」とは、日蓮、日興とは無関係で、大石寺9世日有の偽作である。

□大石寺法主の「唯授一人血脈相承」は大石寺9世日有の偽作だ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_701474.html

「誰を次の法主にするか」を決めるのは当代の法主が決める。この決定には、法主以外の僧侶、能化や総監、重役といえども、誰人も容喙(ようかい・横から口を出すこと。くちばしを入れること)することができない。法主の選定によって次代の新法主が決まると、現法主、学頭(次代法主)、宗務総監、重役及び能化によって構成する「管長推戴会議」が招集されて、ここで新法主が日蓮正宗管長に就任する。この決定にも、誰人も異議を唱えることができない。ということは、新法主の選定に当たって、当代の法主の決定に、誰人も容喙できず、異議も唱えられないわけだから、当代の法主が、次代の新法主を選定した時点において、実質的に新法主が、日蓮正宗の宗務行政の首長である管長(かんちょう)、宗教法人・日蓮正宗の代表役員、日蓮正宗の被包括法人・大石寺の代表役員、大石寺住職の全てを兼任する。このように日蓮正宗では、総本山大石寺法主・大石寺貫首(住職)、日蓮正宗管長、日蓮正宗代表役員が同一人であり、大石寺法主が絶大な権限を握る、実質的な封建絶対専政君主として、日蓮正宗の頂点に君臨している。この点は、他宗派と大きく異なっている点である。

日蓮宗の場合は、総本山・祖山は身延山久遠寺であるが、日蓮宗管長・代表役員は、身延山久遠寺法主が就くとは限らず、大本山池上本門寺貫首、京都妙顕寺貫首等が日蓮宗管長に就任したケースもあった。よって日蓮宗管長・身延山久遠寺法主に絶大な権限が一極集中しているとは言えない。浄土真宗大谷派(東本願寺)の場合は、明治時代以降、歴史的な経緯もあって、宗祖親鸞の血筋を引く大谷家の当主が、法主、管長、本願寺住職を一元的に継承・掌握し、高い宗教的権威と強い権限とを有していた。その後の「お東紛争」で、絶対専政君主的な法主、管長、本願寺住職は廃止され、門首が新たに置かれている。

 

続きを読む

法主の高齢で俄然、注目を浴びる日蓮正宗大石寺次期法主人事の行方PART3

□昭和初期に一時“年功序列化”した後、再び布教実績重視に戻った大石寺法主人事

 

大石寺次期法主になる最大の決め手は布教実績である、と言うと、「そんなものは、第二次大戦後の話しだ」と言うであろう。これも以外に思うかも知れないが、実は江戸時代以前から大石寺門流では、布教実績が重要視されてきていたのである。たしかに江戸時代に入ると、徳川三代将軍・家光の代の「宗門改」により、僧侶・寺院と檀家・信徒の関係を固定化する寺檀制度になり、実質的に仏教各派の布教が禁止になり、表向きは布教をしていない、ということになっているから、布教実績そのものは表に現れてきていないかもしれない。しかし大石寺史を具に検証すればわかることだが、江戸時代においても徳川幕府がおかれていた江戸開教をした大石寺16世日就、常在寺、常泉寺等を他宗から帰伏させた大石寺17世日精、日精以来の末寺の造仏読誦を撤廃した大石寺22世日俊と23世日啓、要法寺門流の造仏読誦を論破して「寛政の法難」を惹起せしめた大石寺26世日寛等々、布教実績を挙げた法主は何人もいる。幕末から明治にかけては大石寺52世日霑が、法主ないしは法主隠退して後に、布教の陣頭指揮をとっており、大石寺56世大石日応は、東京・法道会(今の法道院)を拠点にして関東を中心に布教活動を展開。日蓮宗興門派から大石寺門流を完全独立させたのも大石寺56世大石日応である。

大石日応の後継法主も、明治時代に顕本法華宗との問答で活躍した阿部日正が大石寺57世に、土屋日柱が大石寺58世に登座している。

ただしこの流れが一時的に変化を見せるのが、1925(大正14)年のいわゆる「日柱クーデター退座事件」である。大石寺58世土屋日柱が宗会、評議員会から不信任、辞職勧告を突きつけられ、それにつづく管長候補者選挙で、僧階最上位の堀日亨に敗退。堀日亨が大石寺59世として登座してからは、大石寺60世阿部日開、61世水谷日隆、62世鈴木日恭、63世秋山日満、64世水谷日昇と宗務総監→学頭→法主という、いわば年功序列的な法主登座がつづいた。

唯一、大石寺59世堀日亨法主退任による1926(昭和2)年の管長候補者選挙の時は、大石寺57世阿部日正法主の元で宗務総監をしていた阿部日開と、街頭布教等で実績があり大石寺58世土屋日柱法主の元で宗務総監をしていた有元日仁の一騎打ち的選挙になったが、これもわずか数票差で僧階が上の阿部日開に軍配が上がり、年功序列的な法主登座はかわらなった。この年功序列的な法主登座は、「日柱クーデター退座事件」の後遺症による一時的な現象とも言える。

19241946年ころにかけて、大石寺法主の登座は年功序列的な登座がつづいていたが、大石寺門流の布教活動はやめたわけではなく、ひきつづいて続行していた。有元日仁も樺太、北海道、中国大陸へと布教活動を行って新寺院・教会を建立している他、国内でも東京・妙国寺、妙真寺、城南教会所等々を建立。大石寺56世大石日応が開創した法道院も、2代主管・早瀬慈雄がひきつづき布教活動を展開。3代主管・早瀬道応(日慈)は、大石寺64世水谷日昇の代に宗務院教学部長、大石寺66世細井日達の代には宗務総監、大石寺67世阿部日顕の代には重役を務めた。

同じく大石寺56世大石日応が開創した白蓮院も東京城東地区で布教活動を展開している。

 

続きを読む

法主の高齢で俄然、注目を浴びる日蓮正宗大石寺次期法主人事の行方PART2

□次期法主候補の要件は布教実績、年齢、健康、年功序列(僧階)、門閥(正系・傍系も含む)

 

201445日に「どーなる、注目を浴びる創価学会次期会長、日蓮正宗大石寺次期法主の人事の行方」を当ブログに書いたところ、この記事の月間アクセス数が450pvを超える等の大きな反響があった。大石寺法主は、血脈相承という宗教的儀式によって決まる。大石寺の血脈相承とは、法主が次期法主にしたい僧を指名して、法主から法主に相承する儀式を行って新法主が誕生する。血脈相承の元ネタは「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」等の大石寺9世日有が偽作したものである。これだけを見ると、あたかも教学的に優れた人物に相承するかのように見えてしまうのだが、これはそうではなく、何らかの理由で次期法主にしたい人物を決めていて、法主がその人物に相承するということである。それではどういう人物に相承したいのか、ということになるが、まず布教実績。そして年齢、健康、年功序列(僧階)、門閥(正系・傍系も含む)である。では戦後の日蓮正宗大石寺法主の交代劇の実例を見てみよう。

1956(昭和31)118日に大石寺で開かれた重役会議の席上、大石寺64世水谷日昇法主が法主隠退を発表。理由は老体になって宗門の近代化、発展に適応できないことを挙げたが、時はまさに創価学会の「折伏大進撃」の時代。日蓮正宗・創価学会は信徒激増期で、創価学会による奉安殿寄進や末寺寄進がつづいていた。その戸田城聖や創価学会を訓育・育成してきたのが常泉寺住職・堀米日淳氏と常在寺住職・細井精道(日達)庶務部長。これに追随していたのが法道院主管・早瀬道応(日慈)教学部長。堀米日淳・細井精道(日達)の二人が実質的に大石寺64世水谷日昇法主の時代に宗務院を牛耳っていた。「老体になって宗門の近代化、発展に適応できない」とは、裏を返せば「創価学会の折伏に適応できる若手の僧に法主を譲りたい」との意志表示に他ならない。即座に「大日蓮」号外が出て、管長候補者選挙が発令された旨の院達が出た。管長候補有資格者は能化僧の中島日彰、大石日進、高野日深、堀米日淳の4氏。ところが中島日彰、大石日進、高野日深の3氏は全員辞退し、堀米日淳一人だけが残った。宗門の近代化・発展に適応、つまり創価学会の急激な折伏・教線拡大に適応できる能化僧となれば、実質的に創価学会を牧口時代から訓育してきた堀米日淳氏しかいないということになる。そこで1956(昭和31)28日に参議会が大石寺で開かれ、堀米日淳氏の管長就任、大僧正昇進が批准された。翌39日に堀米日淳氏は学頭に補任。330日に大石寺で相承の儀が行われた。

大石寺65世堀米日淳法主は在職3年で病の床に伏した。1959(昭和34)1114日、東京・大田区池上の自宅で病気療養をしていた堀米日淳法主は、宗務総監の細井精道(日達)氏を呼び寄せ、次期法主として相承することを発表。1116日未明、堀米日淳法主の自宅にて相承の儀が執り行われ、翌17日、堀米日淳法主は死去した。堀米日淳法主の代も創価学会「折伏大進撃」はつづいており、後継法主としては細井精道(日達)総監以外になかったということだろう。

 

続きを読む

どーなる、注目を浴びる創価学会次期会長、日蓮正宗大石寺次期法主の人事の行方

□創価学会次期会長有力候補として囁かれている正木正明理事長と谷川佳樹副会長

 

「日蓮正宗系」カルト団体の指導者である大石寺68世早瀬日如法主が79才、創価学会では絶対的指導者・池田大作氏が86才、六代会長・原田稔氏が73才。顕正会会長の浅井昭衛氏も83才。いずれの団体も指導者が高齢になり、次期人事が囁かれ始めている。顕正会の場合は、浅井昭衛会長の次男・浅井城衛理事長兼男子部長でほぼ確定的。創価学会では、2010年ころまでは、やたらと池田大作氏の長男・池田博正副理事長の世襲説がマスコミを賑わせていた。ところが今や七代会長候補者から池田博正氏は完全に脱落。近年、創価学会次期会長候補として名前が出ているのは、正木正明理事長(59)と谷川佳樹副会長(57)である。ではどちらが最有力候補なのかということになると、マスコミでは正木正明氏有利と出たり、谷川佳樹氏有利と出たり、まさに一進一退。池田博正氏のほうは、完全に霞んでしまった。池田大作氏は会長在任当時から公の席では、世襲を否定してきているが、しかし一時期は、池田博正氏を後継会長にしようと考えていたのは事実と思われる。池田博正氏は、さしたる布教実績もないままに、トントン拍子で出世し、副青年部長、副会長、SGI副会長、副理事長と登り詰めていった。創価学会幹部でも数人しかない著書も出版。一時は後継会長の最有力候補だった。しかし池田博正氏は、親の七光りだけで、布教実績がないこと。加えて池田博正氏には離婚歴があること。離婚歴がある人物が後継会長になった場合、「自分の夫人も幸せに出来ない人が、一般創価学会員をどうして幸せにできようか」と批判された場合、これに反論することがむずかしい。これでは居並ぶ創価学会の古参幹部や創価学会の主戦力である既婚主婦・婦人部の信徒が納得しなかろう。末端信徒が会長人事に納得しないということになると、創価学会の趨勢に重大な影響が出ることになる。

 

□現在のところ、大石寺次期法主候補は水島公正教学部長・漆畑行雄海外部長が一歩リードか

 

一方、日蓮正宗大石寺のほうも大石寺68世早瀬日如法主が79才。「ポスト日如」が囁かれ始めている。日蓮正宗の代表役員・管長である大石寺法主は、前法主の指名で決められるが、近代に入ってからは宗務院役員から選ばれるケースが大半である。たとえば

64世水谷日昇 宗務総監→日蓮正宗財団理事長→能化→宗務総監→学頭→法主

65世堀米日淳 庶務部長→宗務総監→能化→重役→学頭→法主

66世細井日達 庶務部長→宗務総監→法主

67世阿部日顕 教学部長→宗務総監→法主

68世早瀬日如 庶務部長→能化→宗務総監→学頭→法主

このように宗務院役員から宗務総監に昇進し、法主に登座するケースがつづいている。そうすると次期法主候補者も、現宗務院役員の中にいると考えるのが普通であろう。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ