アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗のカネ集めは信教の自由逸脱・国際人権規約18条違反だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗がまたまた信徒から“日蓮生誕800年特別供養”の名目で24億円のカネ集めを強行

1991年以降、さまざまな行事にかこつけて350億円を超えるカネ集めを行っている日蓮正宗

 

毎年11日~3日にかけて日蓮正宗の信徒団体である日蓮正宗法華講連合会新年初登山会が行われ、日本全国から法華講員(日蓮正宗の信徒)が大石寺に登山参詣することが慣例化しているのだが、2017年も例年と同じように11日~3日にかけての「初登山会」では、日本全国各地から17千余名の法華講員(日蓮正宗信徒)が大石寺に登山参詣した。

この「新年初登山会」は、1990年以前の日蓮正宗と創価学会が和合路線だった、いわゆる「宗創和合時代」では、11日に元旦勤行、12日~3日に創価学会の初登山会、14日~5日に法華講連合会の初登山会、16日~7日に末寺住職・寺族初登山会、18日~9日に末寺在勤教師(無任所教師)初登山会が行われていた。それが199111月の創価学会「破門」により、創価学会の初登山会は廃止になり、大石寺の12日~3日の日程がガラ空きになっていた。

1980年代以降、1990年の三万総会、1994年の六万総会、2002年の三十万登山、2009年の五十万登山等々と日蓮正宗の過激折伏体質がエスカレートしていく中、大石寺68世早瀬日如法主の登座以降、日程の調整が行われ、11日に元旦勤行と大石寺近郊の法華講初登山、12日~3日が全国各地の法華講初登山会、14日が末寺住職・寺族初登山会、15日が前年の折伏目標未達成の寺院住職を集めて、日蓮正宗宗務院役員らが吊し上げまがいの「指導」を行う折伏推進指導会、と改訂された。

さてその12日の全国各地の法華講初登山会の初日の午前十時から、大石寺大書院に星野浩一郎法華講連合会委員長をはじめとする法華講大講頭、法華講連合会役員、全国各地の法華講支部講頭、代表者らが集結。そこに日蓮正宗管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主が登場。早瀬日如法主の面前で星野浩一郎法華講連合会委員長が新年の挨拶を述べた後、「第一回日蓮生誕八百年特別供養」の目録が上程されたと、平成292月号「大日蓮」が報じている。この「日蓮生誕八百年特別供養」なるものとは、2015128日の大石寺境内にある日蓮正宗宗務院大会議室で行われた「第一回日蓮生誕八百年慶祝記念局委員会」で決定した特別供養金勧募で、201612月、全国の日蓮正宗末寺・法華講支部で第一回「カネ集め」が行われた。これが「第一回日蓮生誕八百年特別供養」の名目で、日蓮正宗管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主に上程されたわけで、集まったカネの総額は何と245575782円。これが「第一回」となっていることから、2021年の日蓮生誕八百年の年---(※日蓮生誕は1222年だが、仏教宗派の数え方は、昔の“数え年”の数え方をするので、日蓮生誕八百年は2022年ではなく、2021年になる)---までの5年間、同様の「特別供養」のカネ集めを行うものと思われる。

それにしても、日蓮正宗のカネ集め体質は、宗創和合時代の昭和40(1965)に正本堂の供養金で355億円を集めたことは余りにも有名だが、1991年の創価学会・破門以降においても、1994年の六万総会・広布坊供養で21億円、199498年の大客殿解体・客殿供養で41億円、19982002年の正本堂解体・奉安堂供養で168億円、20072010年の日蓮・立正安国論七百五十年特別供養で120億円のカネ集めを行っており、1991年以降のカネ集めだけで350億円を超えている。

 

続きを読む

2021年・日蓮生誕八百年にいくらの供養金集めをして何を建て替えるのか、日蓮正宗大石寺

□いまだ大石寺の残る創価学会寄進の堂宇・大坊・内事部・総一坊・総二坊・大講堂・奉安殿

 

先頃の日蓮正宗・臨時宗会で、日蓮生誕八百年慶祝局が正式に発足した。これは過去における日蓮七百遠忌の遠忌局等々と同じもので、今後はこの慶祝局を軸に、供養金集めや堂宇建て替え、大法要の段取り、協議等が進められていくことになると思われる。

今のところ、堂宇の修復予定が発表されているのは、大石寺三門と五重塔の修復である。五重塔は戦後になってから、大石寺64世水谷日昇法主の代に戸田城聖・創価学会の寄進で、大石寺66世細井日達法主の代に、池田大作・創価学会の寄進で修復が施されている。日蓮正宗は、1990年の三万総会、1994年の六万総会、2002年・日蓮立宗750年の奉安堂供養と30万登山、2009年・日蓮立正安国論750年の120億円供養と50万総登山等々、何かの記念行事にかこつけて、信者から大規模なカネ集め・人集めを行ってきている。日蓮正宗は2021年の日蓮生誕八百年に、「法華講80万達成」を目標にしているが、カネ集めの名目づくりに、大石寺三門と五重塔の修復をぶち上げている、大石寺の黒い魂胆がミエミエである。2021年といえば、あと7年後。日蓮生誕800年の記念事業が、大石寺三門と五重塔の修復だけで終わるとは、到底思えない。

2021年・日蓮生誕八百年の前年の2020年は、日蓮龍口法難750年に当たり、2年つづけて慶事がつづく。よって日蓮生誕八百年の堂宇建て替え、それに伴う供養金集めも、かつてないものになるのではないかと予想される。

大石寺は、大石寺67世阿部日顕の代になって以降、創価学会の寄進・供養による一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊、大化城、六壺、大客殿、正本堂、登山センター(法華講事務所)、開闡会館、常灯坊、総門等を次々と取り壊し、新たに六壺、客殿前広場、客殿、不開門、奉安堂等を建設。大石寺12世日鎮建立と伝承する黒門を、大石寺総門に復帰させた。創価学会寄進・供養の堂宇の中でも、池田大作が願主ないしは建立発願主になっている堂宇の建て替えを行って、新しく大石寺で堂宇を建立してきたことは、誰の目にも明らかであろう。

日蓮正宗が公式に発表している「大日蓮」「妙教」「大白法」しか読まず、完全に日蓮正宗の洗脳教育に毒されてしまっている法華講員は、これで池田大作や創価学会が願主になって大石寺に寄進した堂宇は消滅してしまったかのように思い込んでいる者がいるようなのだが、これがとんでもない間違い。池田大作や創価学会が願主になっている堂宇は、まだ大石寺に残っている。

法主や在勤僧侶の居所である大坊、法主の住居である大奥、大石寺の寺務を司る内事部は、大石寺66世細井日達法主の代の1962(昭和37)年に、池田大作が願主になって創価学会が寄進した堂宇。それから総一坊、総二坊は、大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、1990(平成2)・大石寺開創七百年記念事業として、これも池田大作が願主になって創価学会が寄進した堂宇。この他に、大講堂は、大石寺65世堀米日淳法主の代の1958(昭和33)年に、戸田城聖が願主になって創価学会が寄進した堂宇。奉安殿は、大石寺64世水谷日昇法主の代の1955(昭和30)年に、戸田城聖が願主になって創価学会が寄進した堂宇である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(198)~大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」が日蓮正宗の教義・金集めの根本

■検証198・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」が日蓮正宗の教義・金集めの根本

 

□日蓮正宗とは大石寺9世法主・日有が実質的な宗祖・開祖の「日有宗」だ

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊は約500年以上にわたって大石寺宝蔵の暗がりの中に格蔵され、ここで「御開扉」が行われていた。

牧口常三郎会長時代の創価教育学会の会員も、大石寺宝蔵の暗がりの中で「戒壇の大本尊」の御開扉を受けていた。

1951(昭和26)年の戸田城聖の創価学会会長就任、創価学会の宗教法人認可にはじまる「折伏大進撃」によって日蓮正宗信者が激増する。これによって大石寺宝蔵では狭隘になり、1955(昭和30)年の奉安殿落慶によって「戒壇の大本尊」は大石寺宝蔵から奉安殿に遷座される。

戸田城聖の後を継いだ池田大作が会長になっても「折伏大進撃」はつづき、大客殿落慶につづき、1972(昭和49)10月の正本堂落慶によって「戒壇の大本尊」は奉安殿から正本堂に遷座した。

しかし創価学会の「折伏大進撃」によって「広宣流布の日はもう間近」と日蓮正宗が本気で信じていたが、「折伏大進撃」は1970(昭和45)年の言論問題によって実質的にストップしてしまう。

また皮肉なことに正本堂落慶によって日蓮正宗と創価学会の不協和音がおこり、創価学会の「昭和五十二年路線」による宗創紛争が起こるが、一旦は1979(昭和54)年の池田大作の総講頭・創価学会会長辞任によって収束する。

しかし宗創の不協和音はやまず、1990(平成2)12月の池田大作総講頭罷免によって再び表面化。これが宗創全面戦争に発展して創価学会は破門。正本堂建立発願主である池田大作は信徒除名になる。そして池田大作が発願主の大客殿は解体されて、新たに大石寺は客殿を建立。

その客殿落慶の直後、正本堂落慶から数えてその26年後の1998(平成10)年の正本堂解体によって再び「戒壇の大本尊」は正本堂から奉安殿に遷座になり、2002(平成14)年の奉安堂落慶によって、「戒壇の大本尊」は奉安殿から奉安堂に遷座になり、今は大石寺奉安堂に祀られている。

よって1955(昭和30)年の大石寺宝蔵から奉安殿への「戒壇の大本尊」遷座の時に、約五百年以上、大石寺宝蔵の中で眠っていた1445(文安2)年ころに大石寺9世日有が偽作した板本尊(半丸太本尊)の「戒壇の大本尊」を奉安殿に遷座したとなれば、その後に正本堂、奉安殿、奉安堂に祀られた「戒壇の大本尊」は、レプリカ本尊ではなく、自動的に日有が偽作した板本尊(半丸太本尊)の「戒壇の大本尊」ということになる。

よって今の大石寺奉安堂に祀られているのは、レプリカ本尊ではなく、1445(文安2)年ころに大石寺9世日有が偽作した板本尊(半丸太本尊)の「戒壇の大本尊」だと見ている。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

日蓮正宗が2011年末にまた「特別供養」名目の阿漕(あこぎ)な金集めを実施

2007年から2009年の3年間で907000万円以上のカネを、「立正安国論750年特別供養」の別枠だけで集めた日蓮正宗が、2011年の年末に、またしても「特別供養」の金集めを実施した。

68世日如6


日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」平成2331日には、次の発表が掲載されている。

 

「法華講連合会の臨時理事会が「第12回立正安国論正義顕揚七五〇年記念局委員会」終了後の2月23日午後2時半から、総本山大石寺の宗務院中会議室において行われた。これには、柳沢委員長、石毛副委員長をはじめ、連合会理事である48地方部の地方部長が出席(1名代理)。また、幹事の各部長も、委員長の招請により出席した。臨時理事会は、この直前に行われた記念局委員会において、『特別御供養』が本年12月に行われることが発表され、勧募について法華講連合会に一任されることに伴い、召集されたものである。

理事会は、はじめに柳沢委員長から挨拶と臨時理事会召集についての趣旨説明があった。その中で柳沢委員長は、『本年、特別御供養が行われることとなったが、大勢を導いて御供養を成し遂げる上において大切なことは、みんなの心を読むということである。御供養というのはなかなか判らない。故に、中には取られるという感覚で、励めない者もいる。しかし、大聖人様が教えてくださった行であり、幾多の功徳の体験がある。御供護によって境界が変わり、折伏等、あらゆることに今の境界を破って飛躍できるのである。また、御供養に限らずすべての行は恩を報ずるということが最初になければなならない』として、畜生の果報と人の果報について話し『呼びかける立場の皆さんに、ひと言お願いする次第である』と締め括った。

次いで、連合会規約に基づき、委員長が議長となり、議案『立正安国論正義顕揚七五〇年特別御供養勧募の件』の審議に入った。初めに、星野総務部長より補足説明があり、その後満場一致で可決し、午後3時、臨時理事会は終了した。」

 

以上が、法華講連合会の正式発表の抜粋。

いやはや、驚きあきれ果てました。

「特別供養」というのは、20071月に差し出した供養金が2271740444円。20081月に差し出した供養金が、2813572690円。2009(平成21)12日に差し出された供養金の金額は何と3960693813円。

3年間で日蓮正宗は信者から907000万円以上のカネを、「立正安国論750年」の別枠だけで集めているのである。

これでもまだ飽きたらず、2011年末にまたまた「特別供養」の金集めを行ったというのだから、日蓮正宗の飽くなき金銭欲には、全く開いた口がふさがらない。

日蓮の「立正安国論750年」なんぞ、2009年に終わっているというのに、「立正安国論750年特別供養」とは、笑わせてくれる。

 

続きを読む

まだまだある日蓮正宗が信者から集める「金集め」の実態

日蓮正宗の信者からの金集めは、総本山大石寺参拝や末寺寺院での行事の供養金だけではない。

日蓮正宗の信者は、全員が末寺寺院の信者団体「法華講」に入っている。法華講は総本山大石寺に本部を置くという建て前になっていて、末寺寺院の法華講を「法華講支部」と呼ぶ。

法華講本部の役員が、総講頭、大講頭、幹事、会計なのだが、法華講本部役員というのは実質的に名誉職化しており、実質的に機能しているのは、末寺の法華講支部(講頭、副講頭、幹事、会計)と法華講支部の連合体である地方部。地方部の連合体である法華講連合会である。

法華講富士会館3

 

この末寺の法華講支部が信者から一律に「講費」(こうひ)と呼ばれる金を徴収している。講費というのは、政党が党員から徴収している党費、労働組合が組合員から徴収している組合費みたいなものだ。

この法華講支部が信者から徴収する「講費」の金額は、これが各末寺寺院の法華講支部によってマチマチであるというのが現状で、年間で11万円を徴収している法華講支部もあれば、1世帯6000円という徴収をしている法華講支部もある。

日蓮正宗の実働信者数30万人が、仮に年間で6000円の講費を支払ったとして、総額で18億円。このうち、ある一定の割合で、各法華講支部の世帯数に応じて、法華講支部の上部団体・法華講連合会地方部に上納金を納める。割合としては510%くらいである。

さらに法華講連合会地方部は、上部団体の法華講連合会に上納金を納めるシステムになっている。最終的に法華講連合会に入る講費は、18億円のうち3%くらいが入ったとして5400万円ということになる。

 

さらに日蓮正宗の信者は、法華講連合会機関紙「大白法」の講読を義務づけられている。この大白法なる新聞は月二回平均の年23回発行。(12月だけ1回のみ)一部100円となっている。

これを日蓮正宗の実働信者30万人が講読したとして、年間で69000万円の機関紙収入が、法華講連合会に入っていることになる。

 

まだある。

大石寺の日蓮正宗宗務院が出している月刊誌「大日蓮」という小冊子。これが一部300円するのだが、僧侶や寺族は全員が講読しているが、信者でこれを講読しているのはどれくらいか、となると、夏に大石寺で行われる夏季講習会登山に来る10万人ぐらいと推計すると、この「大日蓮」の収入が37000万円。

 

さらに日蓮正宗が対外的な論争などのために出している謀略機関紙「慧妙」という新聞もあり、こちらは月二回発行の一部50円。

これも日蓮正宗の信者のうち、10万人ていどが講読しているとして、「慧妙」の収入が12000万あることになる。

 

さらに関東の末寺寺院が出している月刊誌「妙教」という名前の雑誌もある。これも信者全員が講読しているわけではないが、「大日蓮」や「慧妙」くらいの売上があると仮定して、年間で3億円くらい。

 

こうしてみると、日蓮正宗では、大石寺や末寺で集めている供養金200億円のほかに、講費18億円、大白法で69000万円、大日蓮で37000万円、慧妙で12000万円、妙教で3億円がすくなくともあり、合計すると233億円という巨大なものになる。

 

日蓮正宗が毎年行っている233億円という、巨大な金集め。そして「日蓮の立正安国論750年」の特別供養120億円。さらには1994(平成6)年の六万塔・広布坊建設で集めた6億円、1998(平成10)年の客殿建設で集めた41億円、2002(平成14)年の日蓮立教開宗750年・奉安堂建設で集めた168億円。これらの莫大な金額の金集めには、実に重大な問題点をはらんでいるのである。

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ