アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:反日蓮正宗系活動はカルトの専横に抵抗する現代の自由民権運動だ > 日蓮正宗のカネ集めは信教の自由逸脱・国際人権規約18条違反だ

□1991年以降、さまざまな行事にかこつけて350億円を超えるカネ集めを行っている日蓮正宗   毎年1月1日~3日にかけて日蓮正宗の信徒団体である日蓮正宗法華講連合会新年初登山会が行われ、日本全国から法華講員(日蓮正宗の信徒)が大石寺に登山参詣することが慣例化して ...

□いまだ大石寺の残る創価学会寄進の堂宇・大坊・内事部・総一坊・総二坊・大講堂・奉安殿   先頃の日蓮正宗・臨時宗会で、日蓮生誕八百年慶祝局が正式に発足した。これは過去における日蓮七百遠忌の遠忌局等々と同じもので、今後はこの慶祝局を軸に、供養金集めや堂宇 ...

■検証198・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」が日蓮正宗の教義・金集めの根本   □日蓮正宗とは大石寺9世法主・日有が実質的な宗祖・開祖の「日有宗」だ   日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊は約500年以上にわたって大石寺宝蔵 ...

日蓮正宗の信者からの金集めは、総本山大石寺参拝や末寺寺院での行事の供養金だけではない。 日蓮正宗の信者は、全員が末寺寺院の信者団体「法華講」に入っている。法華講は総本山大石寺に本部を置くという建て前になっていて、末寺寺院の法華講を「法華講支部」と呼ぶ。 ...

日蓮正宗が年間約200億円の日常的に行っている金集めに対して、日蓮正宗が養っている僧侶と寺族の人件費は約30億円。差し引き約170億円もの余力がある日蓮正宗。 その日蓮正宗が、日蓮の「立正安国論750年」特別供養という別枠の名目で、2006年暮れ、2007年暮れ、2008年暮 ...

日蓮正宗においては、大石寺登山や末寺の御講などの年中行事、葬儀、法事等によって、毎年のように、年間にして200億円もの金集めを行っているものと推定されるのである。   これに対して、日蓮正宗がいわば“養っている”人たちの人件費とは、どれくらいかかっているの ...

そうすると日蓮正宗は、毎年、どれくらいの金額のカネを信者からあつめていることになるのだろうか??? 現在、日蓮正宗の実働信者数は、約30万人と言われている。 2002年に日蓮正宗は「三十万人総登山会」を実施しており、当時は実働30万人に満たなかったものの、その後の ...

日蓮正宗が日常的に行っている信者からの金集め代表的なもののひとつに大石寺「登山」に関するものがある。 日蓮正宗の信者は、一年に何度か日蓮正宗総本山大石寺に参詣して、奉安堂にある「本門戒壇の大御本尊」なる名前の板本尊に参拝するが、これを「登山」(とざん)と ...

日蓮正宗が、常日頃の宗教活動の中において、日蓮正宗の信者(法華講員)から徴収する金集めは、なかなか苛烈なものがある。   まず日蓮正宗の信者(法華講員)は最低でも月に一度は、所属の末寺寺院で行われる日蓮の命日の「御講」(おこう)という行事に参詣するが、その時 ...

宗教団体の金集めの問題というのは、さまざまな重要な問題を包含していると言える。 一つは、その金集めの度合の問題だ。 私は何も、政治や宗教、さまざまな団体が金集め、供養、献金、募金を集めること自体が悪いと言っているのではない。人は、それぞれの立場において ...

2009(平成21)年1月2日〜3日の両日にかけて、日蓮正宗の信者団体である「法華講連合会」(ほっけこうれんごうかい)の初登山会が行われ、全国から約3万人の信者が大石寺に参詣したことが、日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」に掲載されているが、初日の講頭目通りの席上で ...

↑このページのトップヘ