アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・顕正会・正信会は反創価学会活動の障害である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

黒川和雄を斬る(7)~正常な創価学会批判を日寛本尊批判にすり替える大罪を犯す日蓮正宗・黒川和雄

■論破7・洗脳法華講員・『れいな』こと黒川和雄の妄説を斬る7

 

□正常な創価学会批判を日寛本尊批判にすり替える大罪を犯す日蓮正宗・黒川和雄

-------------------------------------------------------

(法華講員・黒川和雄の妄説)

何ぃ? 本尊など誰が書こうとも、途中の人師が書こうとも関係ない、だとぉ?ならば何故に破門した宗門の御歴代上人の本尊をわざわざ選定したのか。果たして本尊など誰が書いても良いならば、敢えて敵対する日蓮正宗第廿六世の本尊を用いる事もなかろうて。違うか? 莫迦よ。

余興である。お主の其のチンケな屁理屈を其の儘ここに返してやろう。

 (2013520日の「創価学会の脱会を考える会」ブログより)

---------------------------------------------------------

1990(平成2)12月の宗創戦争以来、日蓮正宗は「反創価学会」を看板に掲げて、いかにも創価学会批判の本家であるかのような顔をしているが、これは偽りの看板である。

日蓮正宗は、創価学会批判の本筋が、あたかも「日寛本尊」批判であるかのように偽っているが、これは全くの欺瞞であり、正常な創価学会批判を都合良く歪曲させる大罪を犯している。そもそも日蓮正宗の創価学会「日寛本尊」批判など、創価学会批判の範疇にすら入らない。

法華講員は、日本の仏教界で、曼荼羅書写をしているのは大石寺法主だけだと本気で思っているのだろうか。法華講員の論点は「日寛上人の御本尊といえども、御法主猊下の御開眼なき曼荼羅は本尊ではないから、ニセ本尊だ」という一点張り。つまり大石寺法主の開眼がないからニセ本尊だという、ワンパターン論理である。日本の仏教界の仏像や曼荼羅本尊は、開眼していることは事実であるが、大石寺法主が開眼しない曼荼羅はニセ本尊だと言っているのは日蓮正宗だけ。こんな独善的教義を吹聴していると、世間の物笑いの種になるだけであろう。

日蓮図顕の曼荼羅書写は、何も大石寺法主のみが行っているのではなく、日蓮宗、富士門流、法華宗本山貫首も行っている。それぞれの貫首が書写・開眼して、曼荼羅本尊として祀られる。

ニセ本尊であるかないかの判断基準は、大石寺法主が書写したのかどうか、大石寺法主が開眼したのかどうかではない。大石寺法主以外の人物が書写・開眼した曼荼羅を「ニセ本尊」とは言わないのである。こんな笑止千万な教義を鵜呑みにしてカルト信者こそ、哀れの極みであろう。

そもそも法華講員は、創価学会員宅に行って「創価学会が下附している日寛上人の御本尊集はニセ本尊ですよ」と言って、その先はどうするのか。詰まるところ、創価学会員を創価学会から日蓮正宗の法華講にカルトサーフィンさせて、「日寛本尊」を返納させ、大石寺現法主の曼荼羅を下附して供養金を取り、創価学会と全く同じ体質の法華講の中に組み入れているだけではないか。

こんなものは創価学会批判でもなければ、カルト問題の解決に何ら役に立っていない。同じ穴の狢同士でカルトサーフィンしただけのことである。

世間で言えば、A社の光プランよりもB社の光プランがいいから、A社からB社に乗り換えてくれ、とセールスするのに等しい。つまり創価学会の曼荼羅本尊ではダメだから、日蓮正宗の曼荼羅本尊にしてくれ。これには創価学会を脱会して法華講に入らないとできませんよ、という主旨。これでは創価学会批判でも何でもない、ただの大石寺曼荼羅本尊セールスである。

これで法華講員たちは、創価学会批判をやっているつもりなのだから、驚き、呆れ果ててしまう。

26世日寛曼荼羅1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(127)~正常な創価学会批判を都合良く歪曲させる大罪を犯す日蓮正宗

■正常な創価学会批判を都合良く歪曲させる大罪を犯す日蓮正宗

 

「『反創価学会』の中に日蓮正宗宗門、顕正会、正信会を入れない」は歴史の教訓である。

これは、過去の歴史から学んだ重要な教訓である。

1990(平成2)12月の宗創戦争以来、日蓮正宗は「反創価学会」を看板に掲げて、いかにも創価学会批判の本家であるかのような顔をしているが、これは偽りの看板である。

日蓮正宗は、創価学会批判の本筋が、あたかも「日寛本尊」批判であるかのように偽っているが、これは全くの欺瞞であり、正常な創価学会批判を都合良く歪曲させる大罪を犯しているというべきである。そもそも日蓮正宗の創価学会「日寛本尊」批判など、創価学会批判の範疇にすら入らない。全くお笑いぐさである。

法華講員は、日本の仏教界で、曼荼羅書写をしているのは大石寺法主だけだと本気で思っているのだろうか。法華講員の論点は「日寛上人の御本尊といえども、御法主猊下の御開眼なき曼荼羅は本尊ではないから、ニセ本尊だ」という一点張り。つまり大石寺法主の開眼がないからニセ本尊だという、ワンパターン論理である。日本の仏教界の仏像や曼荼羅本尊は、開眼していることは事実であるが、大石寺法主が開眼しない曼荼羅はニセ本尊だと言っているのは日蓮正宗だけ。こんな独善的教義を吹聴していると、世間の物笑いの種になるだけであろう。

日蓮図顕の曼荼羅書写は、何も大石寺法主のみが行っているのではなく、日蓮宗、富士門流、法華宗本山貫首も行っている。それぞれの貫首が書写して、それぞれの貫首が開眼して、曼荼羅本尊として祀られる。

ニセ本尊であるかないかの判断基準は、大石寺法主が書写したのかどうか、大石寺法主が開眼したのかどうかではない。大石寺法主以外の人物が書写・開眼した曼荼羅を「ニセ本尊」とは言わないのである。こんな笑止千万な教義を鵜呑みにしてカルトサーフィンする信者こそ、哀れの極みであろう。

そもそも法華講員は、創価学会員宅に行って「創価学会が下附している日寛上人の御本尊集はニセ本尊ですよ」と言って、その先はどうするのか。詰まるところ、創価学会員を創価学会から日蓮正宗の法華講にカルトサーフィンさせて、「日寛本尊」を返納させ、大石寺現法主の曼荼羅を下附して供養金を取り、創価学会と全く同じ体質の法華講の中に組み入れているだけではないか。

こんなものは創価学会批判でもなければ、カルト問題の解決に何ら役に立っていない。同じ穴の狢同士でカルトサーフィンしただけのことである。

世間で言えば、A社の光プランよりもB社の光プランがいいから、A社からB社に乗り換えてくれ、とセールスするのに等しい。つまり創価学会の曼荼羅本尊ではダメだから、日蓮正宗の曼荼羅本尊にしてくれ。これには創価学会を脱会して法華講に入らないとできませんよ、という主旨。これでは創価学会批判でも何でもない、ただの大石寺曼荼羅本尊セールスである。

これで法華講員たちは、創価学会批判をやっているつもりなのだから、驚き、呆れ果ててしまう。

26世日寛曼荼羅1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(125)~「『反創価学会』の中に日蓮正宗宗門、顕正会、正信会を入れない」は過去の歴史の教訓である

■創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する2

 

創価学会批判、池田大作批判について多大なる功績・業績を残した内藤国夫氏だが、私は内藤国夫氏の活動には、誤った点や的外れな点もあったことは事実だが、総合的に判断すれば、功績のほうがはるかに大きい。「功績第一・誤り第二」であると書いた。

では内藤国夫氏の誤りとは何なのか。これについては、「誤り」と言うよりも、はじめて内藤国夫氏が試みて「失敗」だったと言ったほうが正鵠を得ているかもしれない。それは一体、何か。

199012月の池田大作・総講頭罷免に端を発した日蓮正宗と創価学会の全面戦争「宗創戦争」が勃発。199111月に日蓮正宗は創価学会を破門にし、翌19928月に池田大作を信徒除名にした。これを見聞した内藤国夫氏は「宗門(日蓮正宗)は、正信会でも為し得なかった創価学会・池田大作破門を成し遂げた」として、自らの軸足を正信会から宗門(日蓮正宗)に転換。

その後、山崎正友氏、原島嵩氏らも次々と軸足を正信会から宗門(日蓮正宗)に転換していった。

又、内藤国夫氏は、1991(平成3)413日の月例御講に創価学会男子部に襲撃され、住職や法華講関係者が負傷したとされる日蓮正宗開信寺法華講講頭を代表にした「創価学会による被害者の会」について、「ようやく永年の念願であった創価学会批判勢力の糾合ができた」として全面支持。内藤国夫氏自身も、1990年代以降、「政治と宗教を考える会」「憲法20条を考える会」「四月会」等を通じて、戸別配布用の創価学会批判ビラを作成している。

内藤国夫氏が試みたこととして、「創価学会による被害者の会」をはじめとする創価学会批判勢力を政治的に糾合しようという試みがあった。こういったことは、歴史上はじめての試みであり、こういう試みを行ったこと自体は評価できるが、結果として失敗に終わったと言わざるを得ない。

では何が失敗だったのか。そもそも「創価学会による被害者の会」なる団体の代表、代表幹事、幹事全員が、1991年の宗創戦争で創価学会を脱会し、日蓮正宗の信徒になった人たちばかり。最初から、日蓮正宗のダミー団体的な色彩が非常に強い団体であった。こんな団体に、創価学会批判勢力を政治的に糾合しようということ自体、無理がある。

「創価学会による被害者の会」なる団体の主眼は、創価学会批判、創価学会による権利や自由の弾圧行為に対する人権救済等ではなく、創価学会批判に名を借りた日蓮正宗信徒の勢力拡大にあることは、明らかである。

こういう「創価学会による被害者の会」なる団体等の活動は、数年で実質的に破綻状態になった。なぜ、破綻してしまったのか。

公明党の素顔1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ