アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「アンチ日蓮正宗」の論破に論理破綻した「日蓮正宗系」カルト信者

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(103)~龍神ひろしの丸写し文、無断コピー文はずいぶん前に「アンチ日蓮正宗」が論破したゴミ妄説ばかり(爆)

■論破103・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である14

 

日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立されたものだ

 

----------------------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言メール)

本より、御板御本尊は、日有上人のみならず、前師、日影上人も造立されている由。

(2016513日に「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュ管理人・岩崎麗氏に送りつけて来た妄説メール)

---------------------------------------------------------------------

大石寺門流で、最初に板本尊を造立したのは大石寺9世日有である。

5大石寺9世日有の代に、大石寺門流で歴史上はじめて黒漆塗りに金箔加工を施した板本尊が五体も造立され末寺に下附されていること。

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1136110.html

日蓮正宗における最古の板本尊とされる栃木県の日蓮正宗寺院・平井・信行寺の板本尊を造立したのは、大石寺8世日影ではなく大石寺9世日有である。

「日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44004266.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44004299.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44004419.html

日蓮正宗・黒須野(福島県いわき市)妙法寺には、応永二十七年(1420)四月十五日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻したレプリカ板本尊が格蔵されているが、これも大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作以降に造立された可能性が高い。

「日蓮正宗・妙法寺の応永27年板本尊は「戒壇大本尊」偽作後に黒漆金箔加工された」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44028375.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44028528.html

したがって「本より、御板御本尊は、日有上人のみならず、前師、日影上人も造立されている由」との文は、全くの誤りである。

 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(102)~「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作の16の証拠に「日蓮正宗系」カルトの反論不能は明白

■論破102・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である13

 

北山本門寺・日浄記の「戒壇大本尊」日有偽作の内容を史実と認めている大石寺59世堀日亨

 

さて龍神ひろしの迷惑メールの内容が、たとえ他サイトの無断コピー文、丸写し文だとしても、その内容は「アンチ日蓮正宗」の「大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ」「大石寺の『戒壇大本尊』は大石寺9世日有の偽作である」に対する反論なのではないか、という指摘も当然出てくることだろう。そこで、龍神ひろしの無断コピー文、丸写し文のひとつひとつに対して反撃を加え、粉砕することとする。

--------------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言メール)

本尊は日有による偽作 彼らが信じてやまない戒壇の御本尊(板曼荼羅)は、日蓮大聖人の筆跡ではなく、日有による偽作。現に日顕達が筆跡鑑定をして、偽物だと判明したらしい。ちなみに日蓮宗では臨滅度時の御本尊など、日蓮大聖人の真筆の御本尊をたくさん所有している。

********************************************************************************

哀笑。何だ。まさか、彼の『大石寺誑惑顕本書』を元手にしておるのか。してもし、そうであるならば、話にも成らんぞ。鼻笑。ったく、誰が書いたか知らんが、重須日浄の悪文を列記するに、日有上人をして『中興』などと記(しる)し、重須の寺号をして『北山本門寺』などと言うは、これ全く近代のモノであり、創価広宣か、アンチの莫迦か、つまりは、そーゆー類(たぐい)の者が書き殴ったものである事は、其の書体と匂いで容易に判るというものである。尚、重須の日浄については、あまり知られておらず、日浄記自体、其の信憑性が問われておるが、抑も、所在不明の重須日浄記の内容が、近代の佞僧・玉野日志によって公開された事自体、本記の正当性には問題がある、という事である。仍って、上古に於ける戒壇の大御本尊否定の傍証とは成り得ない。

(2016513日に「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュ管理人・岩崎麗氏に送りつけて来た妄説メール)

---------------------------------------------------------------------

全く大爆笑の妄説である。大石寺59世堀日亨は、「日浄記」の「戒壇の大本尊」偽作告発の記事について、かく言っている。

「福島県の、黒砂のこっちの海岸通りの方ですね。そういうのが間違えられて日有上人が板御本尊を偽造したなんていうことを言う。その日有上人の残された本尊がみな大きいのです。それから、今、天王堂の本尊というのが御本山(大石寺)にありますがね、あの御本尊様もかなり大きいですよ。そういう板本尊の古いのは、ほかの富士門流にはないです。ないですから、日有上人が紫宸殿の御本尊崇拝ですから、紫宸殿の御本尊をいくつも彫っておかれたのです。もっとも御自分で彫ったのじゃない。仏師が彫ったのです。なんていう名前の人かは書いていんいですね」

 

「それが大石寺と北山とはもほとんど例の二品読誦(方便品を勤行の時に読むか読まないかについての日代・日仙の問答)以来からの、あまり親しい仲じゃないのですから。ですから、何か、北山では、大石寺のアラを探そうという学匠が多かったのです。そんな人が日有上人が板本尊を偽造したなんていうことを言い始めている。自分たちが作ったことはないから…」「それから又、例の房州(安房国のことだが、ここでは保田妙本寺のこと)の記録によってみるというと日有上人の晩年にですね、文明十四年(1482)ですか、妙本寺の末寺の僧侶が大勢と、北山の貫首と連合してですね、大石寺に例の談判にやってきた。そのときですね。油野浄蓮がいたんです」「(『祖師伝』の日有癩病説は)そりゃ、日辰が書いたけれども、日辰の説じゃないんじゃ、北山で聞いたからと言って、『祖師伝』の中に書き加えてあるので、日辰の説じゃない」(「堀上人に富士宗門史を聞く(1)/『富士宗門史』p9098

堀日亨本因妙抄口決偽書疑問90
 

このように堀日亨は、北山本門寺日浄が日有の「戒壇の大本尊」彫刻を告発した記が捏造ではなく、実際に日浄が言ったものとして実質的に認めている。以上、さまざまな観点から、北山本門寺の「日浄記」を検証してきたが、これはまさに北山本門寺6代貫首・日浄の時代から存在した記と認められるものである。

「戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(228)~北山本門寺・日浄記の「戒壇大本尊」日有偽作の内容を史実と認めている大石寺59世堀日亨」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/46048049.html

 

続きを読む

黒川和雄を斬る(9)~反論不能の黒川和雄が「mixi」ボイスで無間地獄を連呼(爆笑)

■論破9・洗脳法華講員・『れいな』こと黒川和雄の妄説を斬る9

 

□洗脳法華講員・『れいな』こと黒川和雄の論理破綻・反論不能はここに明らか

 

「アンチ日蓮正宗」に徹底論破されて完全に沈黙し、イジケ虫状態になった洗脳法華講員・黒川和雄が、「mixi」ボイスで無間地獄を連呼しているとの情報が、メールにて「アンチ日蓮正宗」管理人の元にもたらされました。「アンチ日蓮正宗」による徹底論破にグウの音も出なくなり、所詮は無間地獄をただ連呼するだけの洗脳法華講員・黒川和雄。ここに洗脳法華講員・黒川和雄の論理破綻、反論不能は明らかであろう。(爆笑)

さらにもうひとつ。この黒川和雄という男、「無間地獄」のことを「無限地獄」と書いているから、なおさら笑えてしまう。(大笑い)黒川和雄なる者は、信仰歴が何年なのかは知らないが、「むげんじごく」を漢字でどう書くのか、ぐらいは勉強してから、出直してきたほうが良さそうである。()

それとも海外生活が長かったということなので、漢字は知らなかったのだろうか。「漢字教室」にでも、行ってきたらいいじゃないか()

黒川和雄1
 

龍神ひろしを斬る(95)~「タイムマシンを造り鎌倉時代にタイムスリップするしかあるまい」と論理破綻した龍神ひろし

■論破95・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である9

 

□得意の「破折済み」の単なる繰り返しは「戒壇の大本尊」日蓮造立説の証明ではない

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

日蓮正宗により、既に破折され尽くされているにもかかわらず。ネットで騒いでいる者が多い。

破折されているに、反論不能であるから、科学鑑定と言うのであるからして、その幼稚的な答えは、負けと言えるのである。「宗門は戒壇の大御本尊をなぜ科学的鑑定しないのか?それは戒壇の大御本尊が偽作であることがばれてしまうからではないか?それが怖くて宗門では科学的鑑定ができないのだ!」と嘯く者達は、逆に言えば「科学的な鑑定が出れば信じる。」ということであるはずである。しかし、"科学的鑑定"と一概に言っても、研究者によって判定結果は一様ではないのである。それでは一体、どういう立場の、どのような人間なり機関の科学鑑定を採用するというのか?その"鑑定結果"とやらはどこまで信用できるものなのか?

その鑑定結果が「絶対に真正である。」などということをどう証明できるのか?・・・ という類の疑念はどこまでもつきまとうものである。

そう、彼等は、戒壇の大御本尊がニセモノだという証明以外は、信用しないのである。だから、科学鑑定というのは、逃げ向上であり、科学というものを知らないド素人がいう反論出来ない言い訳でしかない。だから、科学鑑定しろ〜という駄々っ子みたいな幼稚的姿をネットに曝すのである。

今、戒壇の大御本尊へ疑難を為す者たちは、まさに斯様な、真の実力が伴わないくせに、理論だけで試合に出るような者達である。

ここまで、歴史的に文献にて証明しても信じれないのは、はっきり言って言おう!

タイムマシンを造り、鎌倉時代にタイムスリップするしかあるまい。まあ、それも今の科学では、完全に不可能である。

 (20130219日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

「日蓮正宗により、既に破折され尽くされている」などと、またしても得意の「破折済み」の言い訳をする龍神ひろしであるが、日蓮正宗の『戒壇の大本尊』日蓮造立説は、全く証明されていないばかりか、『戒壇の大本尊』大石寺9世日有偽作説は、日蓮正宗によって破られていない。なぜ破られていないのか、というと、『戒壇の大本尊』大石寺9世日有偽作説に対して、日蓮正宗は何ら論理的な反論をしていないばかりか、得意の「破折済み」を単に繰り返しているだけ。日蓮正宗が得意とする「破折済み」の単なる繰り返しは「戒壇の大本尊」日蓮造立説の証明ではないのである。

これは当然のことであろう。

戒壇大本尊1大正4年由井本1
 

(大石寺の『戒壇の大本尊』)

 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(78)~法華講連合会輸送班なのに「日蓮御影像」を知らない(?)龍神ひろし

■論破78・法華講連合会輸送班なのに「日蓮御影像」を知らない(?)龍神ひろし

 

□法華講員なのに大石寺門流の「一体三宝」型式を知らない浅学丸出しの龍神ひろし

 

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

この正信会の僧侶は、茨城県つくばみらい市に新たな寺院を建立した。。。

地元法華講の方と行ったのですが、日蓮正宗の寺院の板本尊と全く違った本尊と、本尊の前に大聖人の人形が?がありました。。 (20130114日の楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

龍神ひろしという人は、法華講連合会輸送班でありながら、大石寺御影堂の中に入ったことがないんですかね??

大石寺御影堂で法要やら御講が営まれるときは、須弥壇の扉が開きますが、そこには板本尊の前に、日蓮の「御影像」が祀られている。こういう祀り方を大石寺門流では「一体三宝」型式というのを、龍神ひろしは知らないようである。()

龍神ひろしは、法華講連合会輸送班なのに、大石寺御影堂に入ったことがないのか。

「一体三宝」型式の祀り方をしているのは大石寺や正信会寺院だけではない。

大石寺御影堂から古い日蓮正宗寺院に行くと、こういう祀り方をしている寺院が多い。

四国の本山・讃岐本門寺御影堂も、大石寺と同じ「一体三宝」型式の祀り方をしている。

戦前まで東京・池袋の常在寺も、「一体三宝」型式の祀り方だったが、創価学会二代会長・戸田城聖が当時の東京常在寺住職・細井日達(後の大石寺66世法主)

「御本尊の前に御影像が祀られていると、御本尊がよく見えない」

とクレームをつけ、今のように向かって左側から、日蓮像、板本尊、日興像が並ぶ「別体三宝」型式に変わった。すなわち、今の大石寺客殿と同じである。

明治以降に建立された寺院でも、たとえば横浜市南区・久遠寺客殿には、大石寺58世日柱が造立した板本尊の前に、小さな日蓮像が祀られている。

その久遠寺の信者には、関野洋夫大講頭、井手国弘・法華講連合会企画部長がいる。

ちなみに、何も知らない龍神ひろしに教えておくが、大石寺御影堂に祀られている板本尊を模刻造立したのは、京都要法寺出身で、造仏読誦で有名な大石寺17世日精。その日精が造立した板本尊の前に、覆い被さるように座っている巨大な日蓮像を造立したのが、大石寺6世日時。

「本尊の前に大聖人の人形が?」などと書き込んで、自分の浅学ぶりを衆目の面前で暴露し、大恥を晒さないよう、よく勉強しておいた方がいいぞ。

金正日1 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ