アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の批判言論弾圧・離檀者弾圧体質を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗の腰巾着の者は松戸市秋山地区の日蓮正宗寺院反対運動への弾圧を即時中止せよ

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”

 

さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とおぼしき者が、「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせを行っているという情報が入ってきている。

「アンチ日蓮正宗」に入ってきた情報によれば、坊主頭の巨漢男が、名前も名乗らず、新寺院建設反対運動活動家の方の自宅に押しかけてきて、暴力的な態度で、「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせをされたという。坊主頭の巨漢男の応対に出られたのは、ごく一般的な主婦の方だっったのだが、この坊主頭の巨漢男の暴力的態度に恐怖心でいっぱいになり、その後、電話にも出ることができなくなるほどだったというのである。

ところでこの坊主頭の巨漢男とは、一体何者だろうか。おそらく、日蓮正宗の僧侶の者か、日蓮正宗の腰巾着の者ではないのか。日蓮正宗の僧侶の者は、全員が坊主頭であり、若いころから、ろくに運動もスポーツもやらず、腹一杯の食事をとっているため、醜く太り、巨漢男になっている者が多い。日蓮正宗寺院反対の方の自宅に、嫌がらせにやってきた者は、このあたりの者ではないか。それにしても、これは決して許されざる暴力的行為であり、弾圧行為である。

「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志がある方々が、それを表明することは、日本国憲法で保障された「言論の自由」「表現の自由」に基づくものであり、またこれは日本が署名・批准している「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」19条にも

1 すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。

2 すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。」

(外務省・公式ウエブサイトより)

と、保障されている権利である。つまり「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志がある方々が、「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志を表明することは、「日本国憲法」や「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」で保障された、固有の権利であり、当然の行為ではないか。

それを暴力的態度で「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせをするなどとは、許されざる言論弾圧行為であり、弱い立場の市民をいじる「弱い者イジメ」である。

日蓮正宗の腰巾着の者は松戸市秋山地区の日蓮正宗寺院反対運動への弾圧を即時中止せよ。

「日蓮正宗反対運動」は、「日本国憲法」や「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」で保障された民主主義、言論の自由、表現の自由を弾圧する日蓮正宗の専横への抵抗運動であり、現代の自由民権運動である。

日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の言論弾圧・嫌がらせに負けずに、日蓮正宗撤退の日まで、是非ともがんばっていただきたいと念願するものであります。

秋山1


秋山3-2ok


秋山12-2ok


秋山13-2ok


秋山17-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

 

 

 

龍神ひろしを斬る(46)~日蓮正宗を離檀・脱退した人に責任を押しつける無慙極まりない龍神ひろし

■論破46・日蓮正宗を離檀・脱退した人に責任を押しつける無慙極まりない龍神ひろし

 

□離檀した人に責任転嫁して反省することを全く知らない呆れた無慙体質の日蓮正宗

---------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

いくら日蓮正宗が正しいからと言っても、日蓮正宗の修行が嫌だとか?日蓮正宗の教えが納得しないとか?そういう理由で辞めていく人がいるのは事実です。

しかし、辞めていく人は、きちんと日蓮正宗の教えを実践せずに、ただ自分自身の考え方に固持してしまい。現実逃避しているのです。

家庭不和の原因が日蓮正宗の会合や折伏だったなんて言う人がいたが?強制はないし、私から言わせたら”いい大人が子供みたいな言い訳するな!”って事ですね?これは、自分自身の”意志”により参加したのだから、日蓮正宗が悪いなんて言い訳になりませんよ。

家庭不和は違う理由でしょうね。会合とか折伏とか、そんなの忙しいとか、いろいろあるなら断る事くらいは、出来るはずだ。子供でもそんなわがままな言い訳はしない。

個人の責任において、信仰はするものです。 それを何はやだとか?他人の責任にするなんておかしな話しです。世の中は、何にしても原因があり、結果がある。

家庭不和になる。それはなる理由があるはず。その原因を”信仰”とするのはおかしな話しです。

家庭を持ってる。大人である。それが原因なら、最初から断る事だ。断らずにしたから家庭不和?

おかしいでしょ?日蓮正宗を辞める人の言い訳って、逃げなんですよね?

 (楽天ブログの龍神ひろし日記より)

------------------------------------------------------------

まず、日蓮正宗から離檀・脱退する人は、日蓮正宗がインチキ宗教であることに目覚めた人、日蓮正宗の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「御義口伝」「日蓮本仏義」などの偽作に不信をもって離檀した人、日蓮正宗から金銭収奪などの宗教被害をさんざん受けて懲りた人、日蓮正宗の独善的体質に嫌気が差した人、組織内のトラブル等でやめた人等、さまざまである。

ここ十年くらいの間に顕著なのは、2002年の三十万総登山会で、当初は「一人で何度登山しても一回分としかカウントしない」と言っていたのに、途中から「一人で何度でも登山すれば、全てカウントする」と大幅に変更したことに不審を持った人。六万塔供養、客殿新築供養、奉安堂新築供養、立正安国論750年供養等々と毎年のようにつづく苛酷な金集めに嫌気が差した人。

「アンチ日蓮正宗」が行っている、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「御義口伝」「日蓮本仏義」「血脈相承」偽作告発・弾劾に啓発されて離檀した人、である。

金正日3

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

続きを読む

自宗・自教団批判者・反対者への言論弾圧体質は日蓮正宗も創価学会も全く同じである

□日蓮正宗・創価学会の造反幹部・造反議員・批判メディア・ジャーナリストへの言論弾圧

 

カルト宗教の特性として、自分たちを批判するメディア、ジャーナリストに対して、徹底的な嫌がらせや弾圧を行うという言論弾圧の体質がある。創価学会の場合、特にこれが顕著に表れており、

創価学会が、世間から蛇蝎の如く嫌われ、嫌悪され、批判される原因のひとつに、これでもか、これでもかと言わんばかりに繰り返す、池田大作氏に造反した元創価学会幹部、元公明党議員に対する執拗な人身攻撃・誹謗中傷を繰り返していることが挙げられる。創価学会の最高支配者・池田大作氏に造反した元創価学会幹部・元公明党議員、創価学会批判の言論を展開していった言論人・ジャーナリストは多い。列挙してみると

 

□山崎正友・元創価学会顧問弁護士・元日蓮正宗法華講大講頭

山崎正友6


□原島嵩・元創価学会教学部長 □石田次男・元創価学会理事・元公明党参議院議員

□藤原行正・元公明党都議会議員 □大橋俊雄・元公明党衆議院議員

□龍年光・元公明党都議会議員 □福島源次郎・元創価学会副会長

□竹入義勝・元公明党委員長 □福本潤一・元公明党参議院議員

□矢野絢也・元公明党委員長

 

□藤原弘達・政治評論家 □内藤国夫・ジャーナリスト

□乙骨正生・ジャーナリスト □段勲・ジャーナリスト

□溝口敦・ジャーナリスト 

 

創価学会は、こういった人たちに対する人格や人権を全く無視した誹謗中傷、悪口雑言を恒常的・日常的に行ってきており、今も行っている。しかも、創価学会・池田大作氏批判活動をしてきた人たちを、ここまで徹底的かつ執拗に人身攻撃・誹謗中傷を繰り返す団体を、他に類例を見ないのではないか。

これだけ執拗だと、驚き呆れ果て嘆息してしまうなどという段階をはるかに通り越している。

これだけ執拗な人身攻撃・誹謗中傷の目的は、それらの人たちの世間的な抹殺にターゲットを置いているものと考えられる。少しだけ例を挙げると、こんな感じである。

「かたや『師弟』を忘れれば、それは『畜生』です。名聞名利に狂い、虚栄にうぬぼれ、やがて偉大な仏意仏勅の学会をバカにし、仏のごとき学会員を見下すようにさえなる。あの竹入がそうです…」(2007.12.8原田会長「聖教新聞」「新時代第13回本部幹部会」)

 

創価学会の人身攻撃のやり方は、相手の造反幹部・造反議員・ジャーナリスト・言論人の存在そのものを否定し、抹殺することに異常な執念を燃やしている。そして機関紙・組織の会合・インターネット・ホームページ・布教活動のほか、対外広報や告訴・裁判という法的な手段まで使って、徹底的に攻撃しているのである。こういう醜悪な言動は、まともな宗教者のすることではない。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ