アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 創価学会の批判言論弾圧・脱会者弾圧体質

■日蓮正宗・創価学会批判活動家・美濃周人氏の日蓮正宗・創価学会批判活動を検証する2   □なぜ美濃周人氏は「虚構の大教団」を最後に日蓮正宗批判、創価学会批判活動を止めたのか   それともうひとつ、美濃周人氏の活動について、不審な点がある。美濃周人氏は著書「 ...

■嘆息し呆れてしまう創価学会の造反幹部・議員・学会批判メディア・ジャーナリストへの誹謗中傷   創価学会という団体が、世間から蛇蝎の如く嫌われ、嫌悪され、批判される原因のひとつに、これでもか、これでもかと言わんばかりに繰り返す、池田大作氏に造反した元創 ...

創価学会員がボロクソにこき下ろし、モーレツな批判を浴びせていたのは、山崎正友氏や原島嵩氏だけではない。創価学会の「昭和52年路線」と第1次宗創紛争で、創価学会を脱会した信者にも、批判の矛先が向けられ、ありとあらゆる罵詈雑言が投げつけられた。 「あの人たちは ...

■創価学会に造反した山崎正友氏、原島嵩氏、脱会信者を総攻撃していた創価学会員   昭和56年(1981)から昭和58年(1983)ころ、創価学会員の口からさんざん聞かされたのが、山崎正友氏批判、原島嵩氏批判。そして第1次宗創紛争で創価学会を脱会した脱会信者批判。 私なん ...

□日蓮正宗・創価学会の造反幹部・造反議員・批判メディア・ジャーナリストへの言論弾圧   カルト宗教の特性として、自分たちを批判するメディア、ジャーナリストに対して、徹底的な嫌がらせや弾圧を行うという言論弾圧の体質がある。創価学会の場合、特にこれが顕著に ...

↑このページのトップヘ