アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづける顕正会

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(218)~日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ3

■検証218・「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は顕正会・正信会も同罪である3

 

□日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ3

 

顕正会(妙信講)の実質的な傀儡寺院である顕正寺の落成後、日蓮正宗(大石寺)から破門(擯斥)された古参僧侶・八木直道氏が妙信講を頼り、顕正寺住職に就任した。しかし、浅井昭衛にとってみれば、「僧侶」とは単に妙信講が世間から新宗教呼ばわりされないために儀式や葬儀・法要を執行してさえくれればいいだけの存在であって、寺院住職を自らの指導教師として仰ぐなどという心情は全くない。結局、八木直道氏は間もなく顕正寺を退出。1985年に八木直道氏はは懺悔して日蓮正宗(大石寺)に復帰している。

八木直道氏はが退出した後の1980年、日蓮正宗を所化(しょけ)の位で退転した元妙縁寺在勤僧侶・村松禎道が迎え入れられ、住職代行に就任。さらに1984年には、住職の称号も浅井昭衛によって与えられた。

村松禎道は当初、浅井昭衛の紹介で見合い結婚し、顕正会御大会式などの重要法要でたびたび導師を務め、また唯一の葬儀・法要執行要員として全国を飛び回るなど、会になくてはならない存在となったかに見えた。

しかし年々、浅井の思想がより過激な僧侶不要論へと傾くにつれて影が薄くなっていき、葬儀・法要の執行は、徐々に在家幹部に取って代わられていった。そして、冨士大石寺顕正会典礼院が建設された後も、村松禎道は顕正会本部職員の肩書きを有していたが、平成1711月末日を以て、突然解雇された。その後の動向は不明である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

こうした歴史的経緯をへて、現在顕正会は、名目上は日蓮正宗総本山大石寺の信徒団体として「富士大石寺顕正会」を名乗っている。

ここまでして顕正会会長・浅井昭衛が「日蓮正宗」「大石寺」の看板や伝統教義・本尊にこだわる理由も、創価学会と同様で、七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗・大石寺の「宗教的権威」がほしいからに他ならない。

それはどうしても顕正会の教団と信者の護持と会員増大のための布教活動のために必要だからである。

顕正会は「宗教法人顕正会規則」の中で

「第二十八条 この法人は、この法人の目的に賛同する日蓮正宗の寺院および僧侶に対し、資金その他の援助を行うことができる。

第三十条 この法人は、第三条の目的が達せられたときには法人を解散し、その残余財産は日蓮正宗総本山富士大石寺に供養するものとする。」

と謳っていて、いかにも時が来れば、日蓮正宗総本山大石寺の法主に信伏随従する意志があるかのように装っているが、浅井昭衛としては、日蓮正宗の本尊・教義などをそのままそっくり使ったまま、教団と信者の維持拡大、供養金収奪、機関紙販売などの政治的・経済的利権を維持できればいいのであって、日蓮正宗大石寺法主に本気で信伏随従する気はないと思われる。

顕正会・浅井昭衛1


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(217)~日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ

■検証217・「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は顕正会・正信会も同罪である2

 

□日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ2

 

もともと顕正会という宗教団体は、第二次世界大戦下の1942年、日蓮正宗妙光寺(東京都品川区)の総代だった浅井甚兵衛が初代講頭となって、妙光寺所属の法華講の一講中として結成した東京妙信講が前身。戦後の東京妙信講は、妙光寺から法道会(東京都豊島区池袋)へと所属を変えたが、法道会法華講と合併するため、発展的に解散。

法華講法道院支部にて、浅井甚兵衛は講頭、浅井昭衛は青年部長を務めていた。

しかし浅井父子は、法道院法華講でトラブルを引き起こし、東京都墨田区吾妻橋の妙縁寺に移籍。その後、妙縁寺を所属寺院、妙縁寺住職・松本日仁氏を指導教師として、日蓮正宗大石寺65世堀米日淳法主の認可のもと、新生妙信講を結成した。

しかし妙縁寺所属の妙信講になってからも、トラブルつづきであった。1962(昭和37)年、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の代になってから結成された日蓮正宗法華講全国連合会に加入を拒否する問題を起こし、日蓮正宗宗務院から大石寺登山停止処分を受けている。

1969(昭和44)年に大石寺登山停止は解除されたものの、創価学会の言論問題が噴出すると同時に、正本堂の意義、日蓮遺命の戒壇、広宣流布の定義等について日蓮正宗宗務院に「正本堂に就き宗務御当局を糾し訴う」と題する諫暁書を提出。妙信講はその後、創価学会の池田大作会長にも「正本堂に就き池田会長を糾し訴う」と題する諫暁書を創価学会本部に送っている。

これにより「日蓮遺命の戒壇は国立戒壇だから、正本堂は日蓮遺命の戒壇ではない」とする妙信講と、「国立戒壇は日蓮の教義ではない。正本堂は日蓮遺命の戒壇」とする創価学会がはげしく対立。

これに対して、日蓮正宗は「正本堂は現時における事の戒壇。広宣流布の暁は本門寺の戒壇たるべき大殿堂」とする訓諭を発表。さらに日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が創価学会本部総会で、「国立戒壇の名称不使用」を宣言。実質的に創価学会を支持する立場を打ち出したため、妙信講は折伏大行進の広宣流布、国立戒壇の教義解釈変更と、創価学会が中心となって寄進・建立した正本堂の教義上の位置づけをめぐり日蓮正宗、創価学会の両方と激しく対立した。

妙信講も、正本堂落慶法要の直前、創価学会が正本堂を実質的に日蓮遺命の戒壇ではないことを認める譲歩を引き出したものの、あくまでも国立戒壇に固執しつづけたため、再び大石寺登山停止処分になる。

妙信講はこれに街頭宣伝で反対する行動に出たため、1974812日に日蓮正宗から講中解散処分を受けた。なお、同年104日には、創価学会本部を標的とした襲撃事件を決行したため、同年114日、浅井甚兵衛講頭、浅井昭衛理事長(いずれも当時の役職名)らの旧・妙信講幹部は、日蓮正宗の信徒資格そのものを剥奪されている。

顕正会・浅井昭衛1 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(216)~「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は顕正会・正信会も同罪である

■検証216・「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は顕正会・正信会も同罪である1

 

□日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ

 

それでは創価学会と同じく、日蓮正宗の元信者団体で、日蓮正宗から破門になった顕正会の場合はどうなのか。

破門前はどうだったかというと、昭和40年代前半は約1万世帯と、今よりは信者数は少なかったものの、過激な言動で大石寺登山停止になったりはしたが、過激な「戒壇の大本尊」信仰は創価学会をも上回らんとするもので、昭和40(1965)10月の、正本堂建立供養における約360億円という莫大な供養金集めにも参加しているのである。

 

顕正会は、1974(昭和49)8月に日蓮正宗から破門された後も、大石寺に登山参詣は叶わない身になりながらも、大石寺の「戒壇の大本尊」を絶対の本尊として信奉をつづけている。そして今も日蓮正宗とほとんど同じ教義で、同じ御書全集を使い、大石寺法主が書写した本尊を崇敬している。そして破門直後も、日蓮正宗妙信講の名前を使い続けていたが、1975年に日蓮正宗顕正会に改名し、さらにその後、富士大石寺顕正会と改名している。破門された後も「日蓮正宗」「大石寺」の名前を使い続け、自分たちこそ、日蓮正宗の正統であるという立場をたもち続けている。

顕正会では本尊・教義について、規約の中で次のように謳っている。

 

「第三条 この法人は、日蓮大聖人を末法下種の本仏と崇敬し、大聖人出世の本懐たる弘安二年の「本門戒壇の大御本尊」を帰命依止の本尊とし、血脈付法の二祖日興上人を末法下種の僧宝と仰ぎ、日蓮大聖人の御遺命たる広宣流布・国立戒壇建立を成就して真の日本国安泰および世界平和を顕現することを目的とする。

第四条 この法人は、二祖日興上人・三祖日目上人以来富士大石寺に相伝された正統教義に基づいて信行する。」

(宗教法人顕正会規則)

「第三条 本会は、国立戒壇建立の御遺命を放棄する以前の 日蓮正宗の伝統教義に基づき信行する。

第四条 本会は、日蓮大聖人を末法下種の本仏と崇敬し、大聖人出世の本懐たる 本門戒壇の大御本尊を帰命依止の本尊とし、血脈付法の第二祖日興上人を僧宝 と仰ぎ、国立戒壇建立の御遺命を堅く奉持する。

第五条 本会は、日蓮正宗の国立戒壇放棄に伴ってなされた、本門戒壇の大御本尊が誑惑不浄の正本堂に居えられ奉った不敬を解消すると共に、日蓮大聖人の御遺命たる広宣流布・国立戒壇建立を実現し、以て真の日本国安泰および世界平和を顕現することを目的とする。」

(日蓮正宗顕正会規約)

顕正会・浅井昭衛1 

続きを読む

冨士大石寺顕正会「国立戒壇」建立論の元祖・本家本元は日蓮正宗大石寺である1

冨士大石寺顕正会会長・浅井昭衛が売り物にしている「国立戒壇」建立論。

その国立戒壇」建立論とは何か?と言うと、顕正会の出版物から要約すれば、日本の天皇も大臣も全国民が日蓮の信者になった時(つまり顕正会に入信したとき)、日本国の国家の意志として、国会の議決・内閣の決定によって日蓮正宗・顕正会を国教にし、国立戒壇を建立して、現在、日蓮正宗総本山大石寺の奉安堂にある「戒壇の大本尊」をその国立戒壇に安置する・・と言うものだそうである。そして、これを宗祖日蓮が未来の弟子檀那に遺命したのだ、と言っている。

浅井昭衛氏は青年時代、妙信講時代から今日に至るまで、この主張は曲げていない。

しかし「日蓮正宗(顕正会)を国教にする」とか、「国家の意志で戒壇を建てる」などは、明らかな日本国憲法の信教の自由を保障した条文、政教分離を規定した条文に違反している。

「憲法違反だ」と指摘されると、浅井氏は「全国民が顕正会の信者になった暁には、憲法を改正するのだから、違反ではない」(要旨)と言っている。ということは、国立戒壇を建立する時には、新憲法を制定して、政教分離や信教の自由を保障した条文を削除してしまうということだ。

しかもほぼ全員が顕正会会員になってしまった日本の国会が国立戒壇」建立を議決するなどは、旧ソ連・東欧において、共産党一党独裁のもとに、ほぼ全員が共産党員だった国会が、共産党の決定のいいなりになっていた姿を彷彿とさせる。

こうなってくると、現在の日本の議会制民主主義の否定に他ならない。端的に言うと、顕正会の主張は、現在の日本の信教の自由・政教分離や議会制民主主義を否定しているといえる。

 

かつて世界一、民主的な憲法といわれた「ワイマール憲法」のもとにあったドイツで、民主的な選挙によって、ヒトラー率いるナチ党が政権を握り、ワイマール憲法を握りつぶして、ヒトラー独裁の国家にしてしまった。これと同じようなことが、未来の日本において再現されてはならない。

 

浅井昭衛氏は、日蓮の遺命と言って、その根拠として日蓮の御書(遺文)の「三大秘法抄」と「日蓮一期弘法抄」(身延相承書)のふたつを挙げているが、近年の科学的研究によって「三大秘法抄」は、ほぼ日蓮真書であろうと結論付けられているが、「日蓮一期弘法抄」は、後世の偽作である。

又、国立戒壇に安置すると言っている、大石寺の「戒壇の大本尊」も、後世の偽作である。

 

今は顕正会の看板教義となっている「国立戒壇」建立論だが、これは顕正会(妙信講)・浅井昭衛氏らの専売特許ではない。もちろん元々の本家本元は、日蓮正宗総本山大石寺。大石寺の歴代法主が、古くから「国立戒壇」建立論を唱えていた。その中のいくつかをひろってみたい。

顕正会・浅井昭衛1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ