アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会の『裏選対』・溝口個人会館・溝口工務店(仮名)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(90)~日蓮正宗墓苑のバイトで不当解雇・給料未払事件のお茶を濁そうとした創価学会員

日蓮正宗墓苑のバイトで不当解雇・給料未払事件のお茶を濁そうとした創価学会員

 

溝口工務店(仮名)社長で創価学会地域本部長でもあった溝口達夫(仮名)が、不当解雇事件・給料未払事件の「代償」として、私に紹介したバイトが、K市にある日蓮正宗H寺の○△墓苑に、創価学会員をはじめとする信者がお盆の墓参りに来るために、墓苑に入ってくる大型観光バスの交通整理をするバイト。

日蓮正宗H寺とは、K市内にある日蓮正宗寺院であるが、創価学会員の間では、「東京のJ寺の分家」として、知られていた。 と言うのは、H寺は、先代のJ寺住職・SN氏が建てた寺。H寺住職SK氏もSN氏の息子であった。

東京のJ寺とは、江戸時代からある日蓮正宗でも有数の古刹寺院で、歴代三十七代の住職のうち十四人の住職が大石寺法主として晋山していることでも有名。J寺住職・SN氏は34代住職で、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の代は、日蓮正宗重役の職にあった。

東京のJ寺は、東京都心にある古刹寺院で、創価学会員の他に先祖代々の法華講や檀家がいたので、そういう人たちが大型バス何十台にも分乗してK市にある日蓮正宗H寺の○△墓苑に墓参りに来ていた、というわけである。

いろんな顛末の末に、H寺の墓苑のバイトをすることになったのだが、このバイトを私に紹介した溝口達夫(仮名)社長は、「息子に送って行かせるから」と言い、長男の喫茶店・コンパウンド(仮名)のマスターが、自家用車で墓苑まで送ってくれた。このマスターは、今までの暴力的な態度とはうって変わって、この日は柔和な感じだった。

H寺の墓苑は、K市のどこだったか、具体的な場所は覚えていない。その日は快晴で、とても日差しの強い日であったことを記憶している。 たしか、夏のお盆の墓参りシーズンだったと思う。

日蓮正宗H寺の○△墓苑には、次々と墓参の信者を乗せた大型バスが駐車場に入ってきた。H寺はJ寺の分家なので、J寺の所属信者の他、墓苑に墓を持っているH寺所属の信者も来る。

この日の交通整理には、他のバイトも来ていたが、よく見ると、あの福寿荘(仮名)の創価学会員、李達明(仮名)、岩本年光(仮名)、下山伸三(仮名)、飯島義博(仮名)も来ていた。彼らも私の顔を見て「あれえ」というような顔をしていた。福寿荘(仮名)の創価学会員も、溝口工務店(仮名)の溝口達夫(仮名)本部長の紹介で○△墓苑のバイトに来ていたのだという。

どうも話しを総合すると、元々は、日蓮正宗H寺のほうから、K市の創価学会幹部に、夏のお盆の墓参りで、大型観光バスを何十台もチャーターして信者が墓参りに来るので、墓苑の交通整理のバイトを照会。それで創価学会では、お盆期間中が平日であるため、平日でもバイトができる男子学生部に仕事を紹介。

さらに溝口達夫(仮名)本部長が不当解雇・給料未払事件・労働基準監督署問題の解決のために、私にもこの仕事を紹介してきたというわけである。これで事件をうやむやにして、お茶を濁そうとしたわけである。「なーんだ、そういうことだったのか」

ここで、ようやく仕事の全容が見えたというわけである。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(89)~ある日突然、理由も告げずにバイトを不当解雇してきた創価学会本部長が経営する工務店

■ある日突然、理由も告げずにバイトを不当解雇してきた創価学会本部長が経営する工務店

 

統一地方選挙騒動、「裏選対」騒動、ウグイス嬢騒動、キツネ目の公明党市議候補騒動、F・マルF集計騒動、選挙カー運転手騒動、喫茶店・コンパウンド(仮名)借金代払い騒動…。

それこそ、短期間の間にいろんなことがあった溝口工務店(仮名)でのバイトであったが、統一地方選挙が終わって間もなくのころ、突然、ある日、溝口工務店(仮名)からバイトを解雇されてしまったのである。

これは、ある日突然の、事前通告も何もない解雇で、しかも解雇理由もはっきり言わない、全く不当なもの。 別に私が遅刻とか欠勤を重ねたわけでもなく、何か重大な失態をやらかして溝口工務店(仮名)に大きな損害を出させたわけでもなく、横領とか不正をしたわけでもない。

それなのに、社長夫人の溝口妙子(仮名)婦人部本部長から、「明日っから、来なくてもいいよ」との通告。ひどいですねえ。

「どうして、明日から来なくてもいいのですか」と抗議しても、社長夫人の答えは「社長に聞いてみないと、わからない。社長は今、東北に出張中です。いつ帰ってくるのか、わからない」と言って、全然ラチがあかない。さらにこれに「おまけ」がついて、溝口妙子(仮名)社長夫人は、「明日っから、来なくてもいいよ」と言って、今まで私が働いた分の給料の支払いまで停止してしまった。

それで「社長が帰ってこないと、全然わかりません」と言って、とぼけたまま。

この当時、給料を銀行振り込みにしている会社は、まだ珍しかったほうで、工務店あたりで、給料の銀行振り込みをしている所なんていうのは、ほとんど皆無。 溝口工務店(仮名)もあの当時は、直接手渡しで、給料の支払いをしていた。

だから「社長がいないから、給料の支払いは停止します」なんて言われてしまったら、これで私の手元に給料は入ってこない。これでは生活に困窮してしまうので、毎日のように溝口工務店(仮名)に電話をかけて「社長は帰ってきましたか」と問い合わせたが、溝口妙子(仮名)社長夫人は、

「まだ社長は帰ってきていません」「今、社長はいません」「いつ帰ってくるのか、わかりません」

などと、全く、つっけんどんな返事を繰り返すのみ。

困り果てた私は、大学の友人・知人や親戚等に相談したところ、ある人が

「労働基準監督署に相談してみたら」と言ってくれた。

そこで所轄の労働基準監督署を調べて電話相談。応対に出た監督官は、割と懇切丁寧に私の話を聞いてくれて、「じゃあ、その工務店に監督署のほうから電話をしてみましょう」と言ってくれた。

労働基準監督署では、その言葉通りに、溝口工務店(仮名)に“お叱り”の電話を入れてくれたらしいのである。

すると、今までトント連絡がとれなかったはずの溝口工務店(仮名)社長・溝口達夫(仮名)から、私の自宅に電話がかかってきて「オマエ、労働基準監督署に電話しただろう」 などと言って電話口で激怒し、 「カネなら払ってやるから、○月○日に事務所に来い、このヤロー」 などと、かなりの怒鳴り声で、脅迫同然の言い方で、一方的に電話を切った。

学会本部別館3

続きを読む

隣の学会員・法華講員(82)~ウソ八百の「F」「マルF」の集計から公明党候補者の票読みをしていた創価学会幹部

■ウソ八百の「F」「マルF」の集計から公明党候補者の票読みをしていた創価学会幹部

 

溝口工務店(仮名)の「裏選対」では、統一地方選挙の公示後、公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)をまじえて、溝口達夫(仮名)本部長、相沢智人(仮名) 男子部本部長らが「F」「マルF」の集計を見ながら、しょっちゅう「票よみ」をしていた。それにしてもウソ八百の「F」「マルF」の集計から、どうやって票よみをするのか。

まず、創価学会員の名簿は、Aランク、Bランク、Cランクの三段階に分けられていた。

Aランクの創価学会員は、自分も公明党に投票するし、F取りもやっている創価学会員。

Bランクの創価学会員は、自分だけは公明党に投票するが、F取りはやらない創価学会員。

Cランクの創価学会員は、公明党にも投票しないし、F取りもやらない創価学会員。

こと。

さらに問題の「F」なのだが、「F」と「マルF」に分けられていて、「マルF」というのは、確実に公明党に投票する創価学会員以外の票ということだった。

私がまず驚いたのは、Cランクの創価学会員の数が、意外と多かったということ。

K市の公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)Fの合計は、なんとK市の総人口を上回っていた。K市の公明党市議会議員候補は7人いて、7人の創価学会員の割り当て「選挙区」は、きちんと地域割になっていたいたが、中原浩司(仮名)だけで、K市の総人口を上回っていたということは、7人のFを合計すると、Fの合計は人口の7倍になっているという推測が成り立つ。

「マルF」の合計もこれと同じだ。

K市の現在の人口は約34万人で、有権者数は26万人。有権者は全人口の約76.4%。

1983(昭和58)年当時のK市の人口は約28万人だから、有権者比率が同じだと仮定して、当時の有権者は約214000人くらいだったと推計できる。

K市の公明党議員候補の得票数は7人とも約3000票前後ぐらい。これは昔も今もかわっていない様子。

一人の候補者のFの合計が、K市の総人口を上回っている上に、さらに「マルF」の合計が、K市の総人口と同じくらいであるのに、実際の得票が3000票ということは、いかにFや「マルF」の数字がデタラメか、ということになるのだが、この数字から実は、創価学会・公明党幹部は、票を割り出す計算をしているのである。

まず「マルF」で0.1%、Fだと実に0.01%で計算する。

0.1%だと1000人に1人の計算。0.01%だと10000人に1人の計算と言うことになる。

これで割り出すと、「マルF」で実際にK市の公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)に投票した票は何と280票。Fに至っては実に34票でしかない。Fと、「マルF」の票を合計しても314票。

N氏の実際の獲得票は3000票くらいなので、Fと、「マルF」の票は全体の10%ぐらいしかないという計算になる。そうすると中原浩司(仮名)の獲得票のうち、90%は創価学会員が投票した票ということになる。

創価学会本部1


続きを読む

隣の学会員・法華講員(81)~ウソとデタラメで塗り固められていた創価学会の「F」「マルF」集計の数字

■ウソとデタラメで塗り固められていた創価学会の「F」「マルF」集計の数字

 

統一地方選挙の公示期間中、公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)と溝口達夫(仮名)本部長をはじめとする創価学会幹部が、溝口工務店(仮名)事務所にある「裏選対」に集結。ごくたまにであったが、溝口工務店(仮名)社長でもあった溝口達夫(仮名)本部長が私に「名簿整理を手伝え」と命じられて、渋々、彼らの名簿整理を手伝ったことがあった。今だったらパソコンがあるので、こんな人手はいらないのだろうが、昭和58(1983)といえば、パソコンもワープロもワード・エクセルも、ipadも何もなかった時代である。全ての作業が、昔ながらの「アナログ」作業であった。

そんな中、私が興味深いと思ったことがあった。夜遅い時刻、「裏選対」に創価学会幹部が集結していたとき、創価学会員が報告してきた「F」や「マルF」の数を集計して、「票読み」をしていたのを見たことがある。

創価学会では、選挙期間中、連日連夜、会合を開いて、創価学会員がいくつ「F」や「マルF」をとってきたのかを集計し、これが支部に上がって集計され、その数字が「裏選対」に上がってくる。「裏選対」では、中原浩司(仮名)の創価学会員の「選挙区」に割り振られた地域の「F」や「マルF」の集計をとる。これは前にも書いたが、「F」の総数はすでにK市の総人口を上回っている。

「マルF」の総数もK市の総人口に迫っている。まさにデタラメな数字もいいところ。なんでこうなるのか。

選挙期間中、創価学会では末端の会員に、かなりハードな「F取り」の締め付けを行う。「Fを取ってこい」「Fがまだ少ないぞ」とばかりに檄を飛ばす。そして信者一人一人に「F取り」の状況を問いただす。数が少ないと、厳しい「総括」が待っている。

信者はこれを嫌って、うそでも何でもいいから「Fを取ってきました」と報告する。溝口達夫(仮名)本部長や相沢智人(仮名) 男子部本部長ら創価学会幹部から聞いた話だが、創価学会の会合で

「私の会社の社員が全員、公明党に投票すると約束してくれました」とか、「ウチの会社の組合が公明党を支援してくれると言っていました」というような報告をする創価学会員までいるという。

こんな話を聞いて、当時、まだ学生だった私ですら失笑してしまった。

創価学会員でも何でもない会社の社員全員が、どうして公明党議員に投票するのか。そんな会社がどこにあるのか。さらに「創価学会員でも何でもない労働組合の組合員全員が公明党議員を支援する」などという、バカげた話しを聞いたときには、私も笑ってしまった。

1980年代といえば、労働組合の組織率も今よりはるかに高く、組合運動が盛んだった時代。総評系は社会党支持。同盟系は民社党支持と、支持政党が決まっていた、一党支持の時代。

これに随おうとしなかったのが、共産党系の組合員である。そんな時代に、一体、どこの労働組合が、組合ぐるみで公明党を支援するのか。全くお笑いぐさなウソ話である。

溝口個人会館(仮名)の創価学会の会合で、こんなウソ話しをして自慢していた創価学会員を見た記憶もある。

創価学会本部1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(80)~「Fが少ないぞ」と創価学会員の前でキツネ目の男状態になった公明党市議会議員候補

■「Fが少ないぞ」と創価学会員の前でキツネ目の男状態になった公明党市議会議員候補

 

昭和58(1983)統一地方選挙の公明党K市議会議員候補・中原浩司(仮名)は、選挙期間中は表向きの選挙事務所にいることが多かったようだが、「裏選対」がある溝口工務店(仮名)にも、時折、顔を見せていた。私もバイトで、朝の出勤、昼休みの昼食、夕方の仕事上がりの風呂で13回は、溝口工務店(仮名)に行っていたので、この時期、中原浩司(仮名)とは何度か鉢合わせになった記憶がある。あの当時、中原浩司(仮名)の年齢は40才前後ぐらいだと聞いた。

あるとき、中原浩司(仮名)が選挙カー街宣の昼休みで溝口工務店(仮名)で食事をした後、曼荼羅本尊が祀られている溝口個人会館(仮名)の大広間に入ってゴロンと横になっていたのを見たことがある。私が端で様子を見ていると、ウグイス嬢の創価学会女子部員の前で

「オレもまだ創価学会男子部に籍が残っているんだよ」と、ニタニタ笑いながら喋っている。

すると女子部員が「えーっ。議員も男子部なんですかあ」と言って驚いた様子。

すると中原浩司(仮名)は、「そうなんだよ。オレも男子部で活動していたときは、闘ったんだよ」などと言っている。この時、中原浩司(仮名)28年市議会議員を務めて3期目に挑戦ということだったはず。ということは32才くらいのころから市議会議員をやっている、ということになるわけで、「男子部として闘った」というのは、32才くらいまでのころのことのようである。

いずれにしろ、中原浩司(仮名)は創価学会男子部での活動実績を元にして公明党市議会議員になったということのようである。

1983年当時で40才前後だったということは、1943年前後ぐらいの生まれということになり、20才になるのは1963年ころ。それから中原浩司(仮名)32才になるころといったら、まさに創価学会の「折伏大進撃」で、創価学会が会員数を激増させていた時代。

そんな一般大衆の基本的人権を侵害する強引・執拗な折伏・入信勧誘の実績で、公明党市会議員になったのだから、私からすれば、全く呆れ果てた話しである。

中原浩司(仮名)は、時折、溝口個人会館(仮名)の「○○総決起大会」という名目の創価学会の中原浩司(仮名)支援会合に出てきて、大勢の創価学会員の前であいさつしていたのを見聞したが、中原浩司(仮名)は、「あれをやりました」「これをやりました」の政治実績の自慢話をするだけで、自分がどうして公明党議員になったのか、については一言も言及しなかった。

時折、リップサービスで創価学会の活動や池田大作をヨイショする話しはしていたが、公明党議員になった経緯や動機については、大衆の面前では全く言及なし。

私からすれば、全く不思議な話である。というか、私には、中原浩司(仮名)という人物が「私がやりました。全部やりました」式の自慢話ばっかりしている人物としか映らない。

「こんなことばかり言って、票が伸びると思っているんだろうか」と、あの当時、20才をすぎたばかりの私にすら、こう思えたくらい。

創価学会本部1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ