アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史29・日顕vs池田大作不協和と宗創vs顕正会・正信会

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

池田大作から直伝されていた「信者の操縦法」を得意げに語っていた法華講支部講頭

□池田大作の信者操縦法と全く同じ信者操縦法を語っていた法華講大修寺支部の講頭

 

私も、けっこうあっちこっちの日蓮正宗寺院の寺跡調査に歩いたのだったが、そういう中でいろいろな場面に遭遇した。

1991年の日蓮正宗と創価学会の宗創戦争がはじまって間もない頃だったと思ったが、とある日蓮正宗寺院に行ったときのこと。寺院本堂には、大勢の法華講信者が集まって、何かしらの行事が行われていた様子。本堂入り口の外側には喫煙所が用意されていて、タバコを吸いながら輪を作って何事か喋っていた。

何気なく信者同士の会話に耳を傾けていたら、その中の一人の中年男性が、一生懸命に、「信者の操縦法」について熱く語っているのが聞こえてきた。よくよくその男性の顔を見てみると、いつぞや日蓮正宗の何かの資料で見た顔であり、その「法華講大修寺支部」の講頭・K氏であった。

そのK氏の話しを聞いて、私の耳に強く残ったのが

「信者に何か考えるゆとりを与えるな」

「常に組織として何か会合を行って、信者を動かせ」

「信者を組織活動で忙殺させよ」

「信者にあれこれ考えさせるヒマとゆとりを与えるな」

といったものであった。

こういう話を聞いていて、私はアレ?と思った。それは、この話しの内容は、ずいぶん前に創価学会の幹部筋から、池田大作が創価学会幹部に熱く語っていたという 「信者の操縦法」と、ほぼ同じ内容だからである。

 

大修寺という日蓮正宗寺院は東京・府中市にあり、創価学会の200ケ寺建立寄進によって建立された寺院。寺号の「大修寺」の「大」文字は、建立発願主である池田大作の「大」をとって付けられたものである。初代住職は、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の長男である阿部信彰氏。

この人は阿部日顕法主の代に早瀬義寛(日如)庶務部長(後の大石寺68世法主)の下で庶務部副部長に就任。大石寺68世早瀬日如法主が登座すると日蓮正宗宗務院庶務部長に就任。

ところが2008(平成20)年暮れに、北海道網走市の得成寺住職・里内信徳氏が信徒からの苦情で大石寺に召喚され、阿部信彰庶務部長らから暴行される事件が発生。

日蓮正宗宗務院の指導に随わない里内信徳氏は住職罷免・擯斥処分になる。

不祥事を起こした阿部信彰庶務部長は、数日の職務停止処分だけで、あとは何のお咎めもなし。

その後、東京・池袋の常在寺住職・細井珪道氏死去の後釜として常在寺住職に転任。宗務院に新しく布教部が設置されたことで、布教部長に転任している。

阿部信彰1 

続きを読む

酒付きの食事・夜の生活・右翼団体などの需要に対応していた大石寺周辺の民宿

□ただの一日たりともテレビや酒類を手放せず、夜の生活も我慢できない?大石寺登山信者

 

大石寺周辺には、何軒もの民宿が点在している。これらの民宿は、法華講員か創価学会員が経営している民宿で、1991年の宗創戦争が勃発した後は、元からの法華講員か、創価学会から法華講に移った信者が経営している民宿か、どちらかになっているようである。

この民宿に泊まる宿泊客の大半は、大石寺一泊登山の登山者。これは、今に始まったことではなく、創価学会の団体登山会が行われていた宗創和合時代からのことだという。

私は当初、創価学会員や法華講員から、「大石寺一泊登山者は大石寺塔中の宿坊に泊まる」と聞いていたので、てっきり大石寺登山信者は、大石寺に泊まるものだとばかり思っていた。

それが後で聞くと、かなり多くの登山信者が、宿坊に泊まらずに、民宿で宿泊しているのだという。

なぜ大石寺宿坊に宿泊せずに、わざわざ民宿に宿泊する信者がいるのか。理由は以下のようなことだという。

1 団体登山の場合の食事は弁当が出て、個人登山(添書登山)の時は自分で弁当を持参するか、大石寺売店街の食堂に入らなくてはならないが、団体登山の弁当や売店街の食堂の定食は美味しくない

2 大石寺宿坊では、酒、ビールなどのアルコール類は御法度

3 大石寺宿坊では、男女別に寝るので「夜の生活」は一切、御法度

4 大石寺宿坊は冷暖房が整っていないため、夏はメチャクチャ暑く、冬はメチャクチャ寒い

5 大石寺には完衣堂という風呂があることはあるが、風呂に入れないケースが多い

6 大石寺宿坊で宿泊すると、テレビも見れなければラジオも聴けない。一切の娯楽が御法度。

東之坊1 



だいたいこんな理由からだそうである。部外者の私が聞いても、思わず笑ってしまいそうな理由である。大石寺登山信者の中には、とてもグルメで、ただの一日たりともテレビや酒類を手放せず、夜の生活も我慢できない人が、たくさんいるようである。

 

さて私も大石寺周辺の民宿には関心があったので、大石寺に寺跡調査に行ったとき、民宿に宿泊したことがある。もちろん宿泊は、大石寺登山信者に限定されているわけではなく、誰でも宿泊することができる。ちょうど1989年ころから90年代前半ぐらいのころだったと思う。

私が宿泊した民宿は、大石寺近隣のH山荘とC旅館。今でもインターネットで検索すると大石寺周辺の民宿としてH山荘、C旅館、W旅館の名前がヒットする。この三つの民宿は、昔からあった民宿である。

大石寺関係者の話だと、登山信者の間ではC旅館は割と好評だが、H山荘の評判はいまひとつ芳しくない。なぜかというと、H山荘は宿泊者によって料金が違っていて、宿泊料金が不明瞭だからだとのこと。そういえばインターネットにも、はっきり宿泊代が書いてありません。

続きを読む

『そんなものまで付き合っていられない』とばかりに客殿から自坊に帰っていった塔中坊の住職たち

大石寺では、毎月3回、法主の大導師のもとに御講が行われている。それは毎月7日の日興の御講、毎月13日の日蓮の御講、毎月15日の日目の御講である。

末寺の御講は住職の献膳・読経・唱題ののち、住職の説法があるが、大石寺の御講は、御影堂で法主の献膳・読経ののち、引き題目を唱えてお終い。唱題も説法もない。

 

この大石寺の御講も、特別な行事と重ならない限り、誰でも入れる。私も大石寺の御講とは、どんなものだろうかと思い、行ったことが何度かある。私が大石寺の御講に行ってみたのは、宗創戦争が最盛期だった1992(平成4)1995(平成7)年ごろのことである。

意外と知られていないのだが、大石寺の御講というのは、午前230分の大客殿の「丑寅勤行」からはじまる。


大客殿の開門時間は、午前2時すぎごろで、普段の「丑寅勤行」とはかわらないのだが、大石寺御影堂で御講がある日は、大石寺塔中坊の全住職が「丑寅勤行」に出仕する。

大客殿1(連合会写真集)
 

午前2時ごろ、大客殿前の広場で開門を待っていると、塔中坊の方面から、薄墨色の衣に白袈裟を身にまとった住職たちが、ゾロゾロと大石寺内事部の玄関口に入っていくのが見えた。普段の日は塔中坊の住職は「丑寅勤行」に出てこないが、大石寺で大法要や御講などの行事がある日は、別のようである。

大客殿での「丑寅勤行」がはじまると、大客殿に出仕する法主を先頭にした僧侶たちの行列が、実に長い。阿部日顕法主、所化小僧につづいて、その後に塔中坊の住職たちが大客殿に入場してきたのだったが、ゾロゾロゾロゾロと、後から後から住職たちが入場してくる。そのために、大客殿の内陣・僧侶席は、たくさんの僧侶たちで埋まっていた。

 

五座の勤行と戒壇大本尊遥拝の読経・唱題が終了して、阿部日顕法主が参詣の信者に「おはようございます」と一礼したあと、法主を先頭に所化小僧、そして塔中坊の住職たちが大客殿をゾロゾロゾロゾロと退出していった。

私はここで一旦、大客殿の外に出たのだが、見ていると、大客殿の「丑寅勤行」の後の六壺での法主の読経が行われている最中、塔中坊の住職たちが、ゾロゾロと内事部玄関口から自分の宿坊に帰っていく姿が見えた。

「アレ、住職連中は六壺の読経には、付き合わないのか」と思った私。

スタスタと足早に自分の宿坊に帰っていく住職連中たちを見ていると「六壺の読経はオレには関係ない」「そんなものまで付き合っていられるかよ」と言わんばかり。

とても印象に残りました。

丑寅勤行3
 

続きを読む

日蓮正宗が産み出す不幸の根源・大石寺の『権威』と創価学会の『権力』

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、法主に登座した当初は、創価学会員を積極的に脱会させて日蓮正宗寺院の信者にするという正信覚醒運動(正信会)の路線を、固く禁止していた。

ところが、1991年の宗創戦争の開戦によって、今度は阿部日顕は、逆に創価学会員を積極的に脱会させて日蓮正宗寺院の信者にせよなどと号令している。

67世日顕7


又、阿部日顕は、「正本堂の意義の改訂」「国主立戒壇」と、これまた日蓮正宗大石寺がかつて破門にした顕正会(妙信講)と、ほぼ同じことを言い出し、しかも顕正会が強力に要求していた「正本堂の取り壊し」「『戒壇の大本尊』なる板本尊の正本堂から奉安殿への遷座」を本当に実現させてしまった。

もっと言うと、阿部日顕が1992年に行った「池田大作の宗門追放」は、かつて正信会も顕正会が、阿部日顕に要求していたことだった。

 

さらに阿部日顕は、創価学会・池田大作を破門にしておきながら、その一方で池田大作・創価学会が長年行ってきた強引・執拗な折伏活動・罰論・堕地獄論・組織信仰活動・団体宗教活動・指導性といったものを、そっくりそのまま模倣して、「法華講」にやらせている。

池田大作が描いてきた「信心の功徳」「誹謗の罰」「信心の組織」なる絵空事・虚構を、池田大作と敵対する阿部日顕・日蓮正宗がそっくりそのまま模倣しつづけているという異常な光景。

しかもこれだけ、かつて自らが破門にした団体のやり方をそっくり模倣し、そっくり同じことを言い、そっくり同じことをしておきながら、破門にした理由や意義がほとんど失われているにもかかわらず、『破門』そのものは今でも有効だと言い続けている日蓮正宗。

こういうふうに、とことんまで突き詰めていくと、日蓮正宗が言うところの『破門』とか『擯斥』とか『除名』なるものは、一体、何なのかということになる。

 

さらにオマケがついていて、日蓮正宗が破門にした顕正会、正信会、創価学会が強力に要求していた「阿部日顕の法主退座」だけは、阿部日顕はことごとく拒否して27年もの間、法主の座に居すわりつづけた。

2004年になって日蓮正宗宗規に「法主は遷化(死去)又は自らの意思による以外はその地位を退くことはない」との一文を入れさせ、2005年になってようやく大石寺法主を退職した。

あたかも「私は法主を退職するが、辞めろと言われたから辞めるのではない。自分の意思で辞めるのだ」と言わんばかりである。2006年の法主退職時に、阿部日顕は84才になっていた。満80才を超えて現職法主にあったのは、大石寺の開祖・日興、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した日有、阿部日顕の三人だけである。

 

続きを読む

矍鑠とした老人だった大石寺筆頭根檀家の当主・大石寺総代・井出潔氏

1991(平成3)11月ころから1992(平成4)年夏ころにかけて、大石寺周辺に右翼団体の街宣車が多数出没して、大声で日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主を非難する街宣活動を繰り返すという事件が起こった。

夜は、右翼団体の街宣活動はなかったが、大石寺の塔中坊の住職や在勤僧侶、大石寺周辺に住んでいる信者たちが、連日連夜、大石寺周辺を警備活動をやっていた。

この警備活動に連動して、関東近県の僧侶、寺族や信者の中に大石寺の警備に参加する人たちも、時折、大石寺の自警団の警備の手伝いをしていた。

そういう中私も宗創戦争の成り行きに関心があったこともあり、時折、自家用車に乗って大石寺周辺に行って、様子を見ていた。

当時は、991(平成3)年暮れから1992(平成4)年初頭のまさに真冬。大石寺の1月~2月ころというのは、とても冷える。

大石寺の自警団は、富士山の方向から吹き下ろして来る寒風の中、深夜の大石寺境内地をテクテクと歩きながら懐中電灯を手にしながら警備

正本堂や大坊の周辺から、塔中、三門周辺、売店街周辺、大客殿周辺、奉安殿周辺、御影堂周辺、正本堂の外周、五重塔周辺、大名墓地、三師塔・歴代法主墓地、信者墓地、総一坊・総二坊周辺、総門周辺など、ありとあらゆる所を懐中電灯を持ちながら廻っていた。

ただし右翼団体は昼間は派手に大石寺の外周道路を街宣活動をしていたが、深夜には右翼団体は全く影も形もなく、正本堂の北側にあった創価学会員が経営する民宿「こくさい」で、ぐっすり寝ていた。右翼の人たちが民宿で寝ている深夜に、どうして警備に廻っているのか、ちょっと不思議に思ったものだったが…。

 

そんな折り、偶然、ひょんなことから、日蓮正宗では、ちょっと有名な人に遭遇した。それは、大石寺の古参信者で、代々の家の当主が大石寺総代を務めてきたという、当時の井出家の当主・井出潔氏である。

井出潔1


井出家とは、先祖代々から当主が大石寺総代を務めてきた名家として、大石寺周辺では特に有名な家で、大石寺観行坊住職・能勢順道氏が編纂した「諸記録」という文書には、井出家本家に所蔵されている「御本尊目録」が収録されていて、それには

開祖・日興、9世法主日有、13世日院、15世日昌、16世日就、17世日精、19世日舜、22世日俊、23世日啓、24世日永、28世日詳、29世日東、31世日因、32世日教…といった大石寺歴代法主の本尊が数多く収蔵されているという。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ