アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶり続ける正信会

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(219)~日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ4

■検証219・「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は顕正会・正信会も同罪である4

 

□日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ4

 

正信会の場合は、元々は創価学会の昭和52年路線で創価学会を脱会して日蓮正宗寺院の檀徒になった人たちであり、元々は創価学会員だった人たちである。

198081年にかけての日蓮正宗と正信会紛争でも、正信会は日蓮正宗大石寺66世細井日達法主から大石寺67世阿部日顕法主への血脈相承は否定しているが、「戒壇の大本尊」や「唯授一人血脈相承」そのものまでは否定していない。

 

正信会は日蓮正宗から破門された後も、日蓮正宗正信会と名乗り、顕正会と同様に「日蓮正宗」の名前を使い続けている。

さらに破門以降、正信会は何度か大石寺に「抗議登山」を行っており、大石寺三門前や外周道路から、正本堂の「戒壇の大本尊」に向かって遙拝勤行をするなど、「戒壇の大本尊」信仰を持続しつづけている。



よって大石寺の「戒壇の大本尊」偽作、日蓮本仏義や血脈相承偽作という真実を明らかにすることは、日蓮正宗と同様に、大石寺の「戒壇の大本尊」偽作・供養金搾取の欺瞞と同じ信仰を行い、信者を欺瞞し続けている顕正会や正信会の大きな責任が明確になるということでもある。

顕正会も正信会も、日蓮正宗とほとんど同じ教義で、同じ本尊を信仰し、ほとんど同じ宗教活動を行い、「日蓮正宗」や「大石寺」の名前を冠して使い続けている以上、日蓮正宗と全く同罪である。

 

そもそも正信会が日蓮正宗の内部で発生した起点が、1977(昭和52)年に創価学会の教義逸脱、創価学会による御本尊模刻問題が表面化したことをきっかけとして、それまで創価学会に組織面・教義面で多くを任せていた宗門(日蓮正宗)側が創価学会批判を始めたことに端を発する。

1973(昭和53)117日に池田大作会長以下、総勢5000名の創価学会全国幹部が大石寺に参詣し、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主と日蓮正宗末寺住職の前で教義逸脱の非を認めることで一時収束を見せるが、日蓮正宗宗門側の僧侶の一部には創価学会への批判が依然として存在し、創価学会に対抗する信徒組織(檀徒)も勢力を伸ばした。

1979(昭和54)722日に日蓮正宗大石寺66世法主・細井日達管長が死去し、創価学会に対して僧俗和合・協調の姿勢を見せていた大石寺67世阿部日顕法主が登座すると、創価学会との対立を控えたい日蓮正宗宗門首脳と創価学会を批判する一部僧侶・檀徒とが対立。

1980(昭和55)74日に、日蓮正宗内の反創価学会住職・僧侶たちが「正信会」を結成して、日蓮正宗宗務院が中止勧告を出すなか、東京・日本武道館で第5回日蓮正宗全国檀徒大会を開催、創価学会批判を強めた。

第5回全国檀徒大会1


続きを読む

日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している5

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実6

 

□日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している5

 

創価学会は、

「板御本尊の謹刻については、事前に日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の許可を得ていた。『知らなかった』という細井日達法主の言い分は、昭和49(1974)1月と9月の連絡会議で創価学会側からなされた板御本尊謹刻の申請を法主自ら事前に承諾したという事実に反し、板御本尊を彫った日蓮正宗御用達の仏師・赤澤朝陽社長・赤澤猛の証言にも反する」

と反論している。そして自ら許可したことを〝法主〟自らが明言しない状況では、創価学会側はそれが事実であったとしても、板本尊謹刻が法主によって事前に許可されたものだったと反論できなかった、と創価学会は言う。しかし、創価学会としては、事前に細井日達法主の許可を得ていた得ていないを言い争うことより、これらの板本尊模刻批判の矛先を納め、「創価学会から脱会して日蓮正宗檀徒になる」動きを制止することに苦慮していたと、言える。

 

1978(昭和53)9月、創価学会理事長・北條浩氏が大宣寺住職・菅野日龍(慈雲)氏に電話をかけた。

「謹刻した御本尊について、学会の宝物としてしまっておくように(細井日達法主の)御指南があったが、学会としても置く場所もないので、どうしたら良いものか」という話をもちかけた。

菅野日龍(慈雲)氏は「総本山(大石寺)にお納めするのが一番良いのではありませんか」と返答。

北條理事長は、「自分たちで本山にお運びすることは、事情が事情だけに、それはちょっとできかねるので大宣寺へお運びしますから、よろしくお願いします」

「謹刻した御本尊は、ヨーロッパやアメリカから返送させますので、日本に着き次第お運びします」ということで電話を切った。

菅野日龍(慈雲)氏は、これを日蓮正宗大石寺66世細井日達法主に報告。細井日達法主は

「学会でそうしたいと言うなら、そのようにしなさい」との投げやりな返事をする。

66世日達2


1978(昭和53)927日午前に、再度、創価学会北條理事長が菅野日龍(慈雲)氏に電話。

「先日お話した御本尊が全部揃いましたのでお届けします。人目につくとまずいので夜中の一時頃着くようになりますが、くれぐれもよろしくお願いします」と述べる。 

夜中の12時近くに創価学会中西治雄総務から菅野日龍(慈雲)氏に電話。

「これから本部を出ますのでよろしく」との連絡。

大宣寺住職・菅野日龍(慈雲)氏と執事・毛利博道氏の二人で、大宣寺駐車場に出て待機。

深夜、中西治雄総務と山崎正友顧問弁護士が乗った1台のワゴン車が大宣寺に到着。車から七体の板本尊を大宣寺の応接間に運ぶ。

 

続きを読む

日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している4

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実5

 

□日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している4

 

1978(昭和53)12日 細井日達法主が1981(昭和56)10月の日蓮第七百遠忌について

「池田大作を慶讃委員長に任じ…」と訓諭を発布する(『大日蓮』2月号『聖教新聞』14)

1978(昭和53)14日 大石寺に登山した池田大作会長、北条浩理事長、辻武寿副会長ら創価学会幹部が細井日達法主に目通り。細井日達法主は

「学会は会長本仏論を本にしている。改めなければ本宗の信者と認めない」

と発言。

66世日達10


1978(昭和53)16日 大石寺の全国末寺住職寺族初登山で、細井日達法主が早瀬日慈総監の「本従の師」発言を批判する説法を行い、法主と宗務総監の不協和が表面化。

これにより、宗務院の機能がマヒ状態に陥ってしまう。

こういう最中、創価学会御用達の仏師・赤沢朝陽が大石寺に登山して細井日達法主に目通りしたとき、

「創価学会の依頼で板本尊を数体模刻しましたが、罰が当たらないでしょうか」

と質問したため、「大法弘通慈折広宣流布大願成就」の本尊以外にも、板本尊模刻があることが細井日達法主に発覚。

親創価学会僧の早瀬日慈総監が仕切る宗務院を信用していなかった細井日達法主が、1978(昭和53)1月、娘婿の菅野日龍(慈雲)氏に直接電話をして、

「今、赤澤朝陽の社長が年始の挨拶にきて、学会からの依頼で多数の御本尊を板本尊に直したと聞いた。何体彫刻したのか、赤澤に行って調べて来るように」

と、調査を命じた。

その菅野日龍(慈雲)氏は、細井日達法主の命令のままに、創価学会御用達の仏師・赤澤朝陽へ行って調査。1977(昭和52)11月に細井日達法主が創価学会本部に下向して“開眼”した、創価学会本部常住本尊を模刻した板本尊の他に、7体の板本尊模刻が判明したことを細井日達法主に報告している。

 

1978(昭和53)年に入ってから、大石寺で何度も細井日達法主が臨席のもと、僧侶の時局懇談会が開かれ、1978(昭和53)2月の御講から、日蓮正宗内の反創価学会系僧侶・住職が、一斉に公の席で創価学会批判の説法を開始。

全国で創価学会を脱会して、日蓮正宗寺院の檀徒になる信者が続出するが、こういう日蓮正宗内の反創価学会運動、当時の呼び名で「正信覚醒運動」を推進したのは、日蓮正宗宗務院ではなく、宗務院を「親創価学会」として信用していなかった細井日達法主にけしかけられ、あおられて立ち上がった日蓮正宗寺院の住職たちである。

 

 

日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している3

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実4

 

□日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している3

 

1977(昭和52)119日 大石寺から細井日達法主、宗務院役員が創価学会本部に下向して創価学会創立四十七周年慶祝法要が行われる。創価学会による「大法弘通慈折広宣流布大願成就」の本尊の模刻板本尊を開眼して、実質的に板本尊模刻を追認。

細井日達法主「私は会長・池田先生を、またよく先生の信心を信じております。この先生あってこそ学会は万全である。また宗門も援助していただける。と深く信じておるのでございます」

池田大作会長「世間では宗門と学会が離反するのではないかと一部で言われておりますが、誠に迷惑至極、なお、僧俗の和合にあたり、短期間のうちに膨大な発展を成し遂げた宗門ならびに学会にとって事実、多少のトラブルはやむを得ないし、それが将来への大いなる結実への第一歩となれば幸いと思っております」(『聖教新聞』1110日付け)

66世日達・池田大作1


1977(昭和52)1117日 池田大作会長が創価学会本部幹部会で会長本仏論を否定

「牧口先生も戸田先生も、また私たちも、全部凡夫であります故に、南無=帰命すべきその根本は、唯一、御本尊であるということを忘れてはならない。すなわち御本仏は日蓮大聖人御一人であるということであります。したがって私どもは、三宝を敬うことは当然」(『聖教新聞』1119日付け)

1977(昭和52)1118日 創価学会が宗務院に「僧俗一致の五原則」を提示。その高圧的な内容が、末寺住職が一斉に反発の色を示す。

1977(昭和52)124日 池田大作会長が九州・日向定善寺本堂新築落慶法要に出席して

「私は愚鈍の身であり、日達猊下にも、わがままを申し上げながらも、いかなる波風にも微動だにしない僧俗和合の妙法の万里の長城をさらに深く広く築いていきたい。どうか御尊師の方々には、私ども信者の、今までのわがままを、ここに謹んでご寛恕くださるよう、お願いしたい」(『聖教新聞』125日付け)と、細井日達法主の面前で、ご寛恕発言。

1977(昭和52)126日 池田大作会長が創価学会全国県長会議で宗門への低姿勢を指示する(『聖教新聞』127日付け)

1977(昭和52)1212日 池田大作会長が大石寺に登山して細井日達法主に目通り

細井日達法主は池田大作会長に「若い僧侶の連中が、創価学会と手を切るとまで言っておるのを私が抑えているんだ。いよいよ手を切るならば、宗会も開いてはっきりしなければならんと思っている」と発言。

1977(昭和52)1212日 第二回日蓮七百遠忌慶讃委員会で、日蓮正宗と創価学会の僧俗協議会の設置を法主の認可で正式決定(『聖教新聞』1213日付け)

1977(昭和52)1228日 法道院信徒209名が離檀する

続きを読む

日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している2

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実3

 

□日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している2

 

1978(昭和53)1月、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主は、なぜ娘婿の菅野日龍(慈雲)・大宣寺住職に直接電話をして、赤沢朝陽に行って創価学会の板本尊模刻を調査するように命じたのか。通常であれば、細井日達法主は宗務院役員に調査を命じるところである。それが宗務院でなくて、なぜ菅野日龍(慈雲)氏だったのか。

菅野日龍1


1978(昭和53)年当時、宗務院のトップであり、法主に次ぐナンバー2である親創価学会僧侶の早瀬日慈総監は、細井日達法主の信任をほとんど失いかけていて、創価学会問題に関しては、佐々木秀明、渡辺広済、山口法興、荻原昭謙、丸岡文乗、菅野憲道といった日蓮正宗内の反創価学会活動をしている住職をけしかけたり、大宣寺住職・菅野日龍(慈雲)氏を、実質的に総監の“代行”として、動かしていた。こういった状態になったことから、日蓮正宗宗務院の機能はマヒ状態になっていた。

細井日達法主の娘婿の菅野日龍氏は、宗創関係が板本尊模刻問題や教義問題を巡って混乱状態になっていた1978(昭和53)年当時、宗務院のマヒ状態という異常事態の中、なし崩し的に実質的な総監代理を務めていたのである。

 

この情勢を見極めるためには、創価学会・昭和五十二年路線以降の日蓮正宗・創価学会の関係の推移をよく検証する必要がある。まず時系列的に書き出してみる。

 

1977(昭和52)115日 池田大作会長「仏教史観を語る」講演。「出家も在家も同格」「在家も供養を受けられる」等と発言。

1977(昭和52)612日 日蓮正宗無辺寺住職・児玉大光氏、池田大作会長「仏教史観を語る」を批判する論文「池上相承を拝す」を発表

1977(昭和52)721日 「週刊新潮」が日蓮正宗と創価学会の離反をはじめて特集

1977(昭和52)722日 創価学会機関紙「聖教新聞」が「週刊新潮」に反論

1977(昭和52)81日 創価学会教授・浜田憲司氏が児玉大光論文を批判して「大聖人が寺を建てよと言われた御書がひとつでもあるか」と反論する論文を創価学会幹部専門誌「前進」8月号に掲載。

1977(昭和52)85日 雑誌「宝石」が、妙信講・浅井甚兵衛講頭の論文「池田大作仏法のの破壊者を裁く」を掲載。

1977(昭和52)813日 創価学会弁護士・桐ヶ谷章氏らが、光文社宝石編集部に、掲載記事の取り消しと謝罪を要求

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ