アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史1・日蓮の生誕・布教・立正安国論・法難・ウソと真実

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(23)~「佐渡の冬は北極のように寒い」は日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会のウソである

■検証23・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない23

 

□「佐渡の冬は北極のように寒い」は日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会のウソである

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」団体が唱える日蓮本仏義と小氷期、身延山での日蓮の極貧・極寒生活には、もうひとつ面白い矛盾がある。日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体では、「日蓮大聖人様は、極寒の佐渡島へ流罪になり、奇跡的に生きて鎌倉へ帰った」「極寒の厳しい寒さと雪の佐渡島の生活に耐えられたのは、奇跡だ。日蓮大聖人様は末法の御本仏の証拠」「佐渡島の冬は、北極のような寒さだった」…等々と、日蓮が身延山に入る前の佐渡島での生活が極寒・極貧生活で、身延山の生活は信徒からの供養で百人以上の弟子を養う生活をしていたなどと言っている。20075月、日蓮正宗は佐渡で「佐渡塚原跡碑建立法要」なる法要を、大石寺68世早瀬日如法主の臨席のもとで営んでいるが、この席で早瀬日如はこんなことを言っている。

「佐渡在島中の大聖人様の御苦難というものは、それこそ筆舌に尽くせぬものがあったと拝する次第でございます。」

日蓮が佐渡流罪中の「筆舌に尽くせぬ苦難」というのは、まず佐渡が「北極のような厳寒の地」であったと言いたいようである。ところが、実際はこれが全く逆。こんな日蓮正宗の宣伝は真っ赤なウソ。実際は佐渡島は比較的温暖な島で、むしろ身延山の日蓮の生活が極寒地獄、餓死寸前の極貧生活だったのである。佐渡というのは、新潟県沖の日本海上にぽっかり浮かんでいる島。当然、「アンチ日蓮正宗」管理人も、佐渡島に行って現地調査をしてきている。実際は佐渡島というところは、佐渡沖を対馬海流が流れている影響から、新潟県の本土側に比べ積雪は少ない。冬に数メートルの積雪がある豪雪地帯は、新潟県・本土側の山岳地帯の話しであって、佐渡島の話しではない。また、佐渡の冬は、北極のような寒さ・厳寒の冬どころか、気温が新潟県本土側にくらべて12度程度高く、わりと温暖で、とても過ごしやすい地域である。

私は佐渡に行ったとき、何人もの地元の人たちから話しを伺ったのだが、異口同音に、佐渡の寄稿については、「冬はほとんど雪が降らない」「とても温暖で、すごしやすい所」と言っていた。また佐渡沖の日本海は、暖流と寒流の接点にあるめ、植生にきわめて富んでおり、佐渡島内で北海道・沖縄両地方特有の植物が同居する、非常に珍しい地域であるというのである。というわけで、佐渡はわりと自然の食べ物も豊富。日蓮が好きだった酒造りも、上古の昔から行われている。

ところで、流罪(るざい)とは刑罰の一つで、罪人を辺境や離島に送る追放刑であるが、日本の国土は中国のような広大ではなかった為に、畿内からの距離によって「近流」・「中流」・「遠流」の3等級が存在した。基準としては近流300里・中流560里・遠流1500里であったと言われている。

つまり京都・鎌倉から遠隔地に追放するのが主眼の刑罰だったのであって、「北極のような厳寒の地」に幽閉することが主眼だったわけではない。ちなみに流罪者の妻妾は連座して強制的に同行させられるが、他の家族は希望者のみが送られた。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(22)~身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている「日蓮大聖人正伝」

■検証22・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない22

 

身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている「日蓮大聖人正伝」

 

日蓮正宗は、1981(昭和56)年の「日蓮七百遠忌」を記念して大石寺67世阿部日顕法主の監修のもと、日蓮の生涯を解説した本「日蓮大聖人正伝」を記念出版している。その「日蓮大聖人正伝」の中で、日蓮正宗は身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている。「日蓮大聖人正伝」の該当箇所はp287からp293にかけてだが、ポイントの箇所をここに引用してみ.る。

「身延の生活  その間における生活は、決して豊かではなかった。各地の信徒たちから送られてくる御供養の品々も、衣類、食料、調味料等と種々にわたり、かなりの量にのぼるようであるが、それでも弟子たちを養うにはとても十分ではなく、実に質素きわまる生活であった。因みに当時御供養のあった食料品をみると、米・麦・粟などの穀物のほか、芋・大根・ごぼう・豆・こんにゃく・たけのこ等の野菜類、他に餅や酒、そして油・塩・みそなどの調味料などが挙げられる。大聖人は、これら食料品に限らず、すべての御供養に対して、その多少にかかわらず、一つ一つ丁寧に返事を書かれ、それぞれの信心の深化と向上のために指南をされている。弘安元年(1278)9月の『上野殿御返事』には「富人なくして五穀乏し、商人なくして人集まることなし。七月なんどは、塩一升を銭百、塩五合を麦一斗にかへ候しが、今は全体、塩なし。何を以てか買うべき。味噌も絶えぬ」(御書p1272)とあり、当時一般世間においてさえ深刻な食料不足であり、まして身延の厳しい山中に在っては、当然食料は乏しく、米や麦はもちろんのこと、野菜や塩、味噌などの生活必需品すら手に入れることは困難であった。また雪も深く、冬の長い身延では、衣服敷物に至るまで、こと欠くありさまであった。『単衣抄』に「蘇武が如く雪を食として命を継ぎ、李陵が如く蓑をきて世をすごす…鹿の皮破ぬれば裸にして三四月に及べり」(御書904)と記され、『莚三枚御書』には

「此の身延の山の石は多けれども餅なし、苔多けれどもうちしく物候はず。木の皮を剥いでしき物とす」(御書1592)とあるように、衣服にしても敷物にしても常に乏しく、身延の厳寒に難儀された。衣類等の御供養も袈裟、衣、小袖、帷子、布など多く記されてあるが、これとて大聖人お一人で使用されたわけではなく、当然弟子達にも分け与えられているであろうから、寒さをしのぐまでには至らなかった。また、身延の山中では油などもなかなか手に入らず、明かりをともすことも意のままにはならず、暖を取るにしても、少しばかりの薪のたくわえでは、身延の長い冬を過ごすことは不可能なことであった。大聖人の身延での九ヶ年間は、常にこの飢えと寒さとの壮絶な戦いであった」(日蓮正宗発刊『日蓮大聖人正伝』p290292)

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(21)~日蓮が身延山中の草庵・身延山久遠寺で一百余人の弟子を養っていた史実は存在しない2

■検証21・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない21

 

□日蓮遺文を見れば身延山中の日蓮の生活は食うや食わずの極貧生活だったことは明らか

 

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

また、もう一言付け加えておくが、誹謗者(※アンチ日蓮正宗のこと)は現存する御書のみからの資金額を求めているが、紛失した数多(あまた)の御書を含めて考えれば、実際は、さらに多くの御供養(資金)があった、と見るのが当然であろう。したがって、“漆加工や金箔加工を行う経済力は絶無”などという疑難がまったくの邪推にすぎぬことは明らかである。

(平成25(2013)516日付け『慧妙』/「第17回ネットに蔓延る邪義を破す」)

--------------------------------------------------------------------------

「紛失した数多(あまた)の御書を含めて考えれば、実際は、さらに多くの御供養(資金)があった」などと言うに至っては、「慧妙」が完全に論理破綻をきたしていることが明らかであろう。すでに「アンチ日蓮正宗」では、現存する日蓮遺文(御書)から、日蓮が九年間の身延山での生活で、どれくらいの銭の供養を受けていたかを計算している。

 

文永11619

阿仏尼御前

300

 

p739

文永11726

南条後家尼

我目10貫文

 

p741

文永11926

四条金吾

2貫文

 

p743

文永11

南条後家尼

1貫文

 

p751

文永12

富木尼御前

我目1貫文

 

p796

建治1722

四条金吾

我目5貫文

 

p892

建治11123

富木常忍

我目1貫文

 

p914

建治2327

富木尼御前

我目1貫文

 

p955

建治2年閏35

妙密上人

5貫文

 

p964

建治2412

四条金吾

1500

 

p974

建治2129

松野殿

我目1貫文

 

p1045

建治21213

?

我目5貫文

 

p1052

建治2

西山殿

5貫文

 

p1072

建治34

?

1貫文

 

p1111

建治3412

乗明聖人

2貫文

 

p1116

建治3618

池上兄弟

5貫文

 

p1126

建治3821

池上兄弟

2貫文

 

p1166

建治3823

富木常忍

1貫文

 

p1169

建治399

松野殿

1貫文

 

p1169

建治3911

四条金吾

1貫文

 

p1170

建治31128

曽谷入道

我目10貫文

 

p1186

建治3

?

我目1貫文

 

p1190

弘安1423

太田左衛門

我目10貫文

 

p1221

弘安1625

日女御前

7貫文

 

p1230

弘安110

四条金吾

我目1貫文

 

p1286

弘安11019

千日尼御前

我目1貫文

 

p1289

弘安11022

四条金吾

3貫文

 

p1291

弘安11129

池上兄弟

6貫文

雪堅くなること金剛のごとし。いまに消ゆることなし。

p1294

弘安2517

富木常忍

我目1貫文

 

p1368

弘安288

南条時光

我目1貫文

 

p1379

弘安2823

日女御前

我目5貫文

 

p1387

弘安2915

四条金吾

1貫文

 

p1390

弘安21130

中興入道

我目1貫文

 

p1430

弘安3127

太田入道

我目3貫文

 

p1454

弘安3410

富木常忍

我目1貫文

 

p1465

弘安372

千日尼

我目1500

 

p1474

弘安3814

内房女房

10貫文

 

p1489

弘安31024

南条母尼

我目2貫文

 

p1507

弘安31129

日厳尼

1貫文

 

p1519

弘安31218

智妙房

我目1貫文

 

p1526

弘安31227

南条時光

我目1貫文

 

p1528

弘安3

王日殿

200

 

p1545

弘安41129

富木常忍

我目1貫文

 

p1578

 

 

121500

 

 


供養統計1


供養統計2


供養統計3
 

日蓮正宗発刊の「御書全集」から供養金を拾っていくと、日蓮が身延山にいた9年間で信者から受けた供養金は合計で121500文。これは「御書全集」に載っているだけの分だが、日蓮正宗の信者は、散逸した分があるだの何だのと160貫あると言い続けるだろう。そこで、仮に日蓮が身延山にいた9年間で信者から受けた供養金の合計を160貫と仮定して話しを進める。それではこの160貫が現代価値にしていくらになるかと言うことだが、鎌倉時代と現代の共通するもので比較しなくてはならないが、最も一般的な共通品目と言えば、それは「米」である。よって、米を基準に算定することにする。日本における米の単位とは、昔から1石と決まっている。1石とは、1年間に一人が消費する米の量 のことで、単位別に見ると、10合が1升(しょう)、10升が1斗(と)、10斗が1石(こく)で、すなわち1石は2.5俵に相当する。

1石=1,000合 (1年に一人が消費する米の量)で、1合は約150グラムであるので、1年では150キログラムとなる。1俵とは60キログラムのことであり、約4斗に相当する。

ではその米価であるが、日本銀行金融研究所貨幣博物館の説によれば、米価は凶作の時は激しく変動することがあったが、江戸時代を通じて1石=1(小判一枚)で安定していた。

足尾銅山博物館の説によれば、平安時代の米価は米1石=3000文であったという。

その1両とは、日本銀行金融研究所貨幣博物館の説によれば、江戸時代の16001800年ころまでは1両=4000文=4貫文。これが幕府の財政悪化により寛政の改革、天保の改革を経た1842年には1両=6500文、江戸幕府が崩壊した1869年には1両=10000文にまでなったという。

すると鎌倉時代の米価はいくらぐらいだったのかということになる。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(20)~日蓮が身延山中の草庵・身延山久遠寺で一百余人の弟子を養っていた史実は存在しない

■検証20・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない20

 

□日蓮が身延山中の草庵・身延山久遠寺で一百余人の弟子を養っていた史実は存在しない

 

これらの日蓮遺文(御書)を読めば、身延山中で暮らす日蓮の生活ぶりは、まさに極寒・極貧の生活だったことが明らかで、小氷期の極寒の中で極貧生活をする日蓮の窮状をそのまま書いている文をそのまま読めば、本当に日蓮が「末法の本仏」ならば、身延山中でこれほどまで悲惨な極寒地獄・極貧地獄の生活を送るはずがない、という結論に行き着く。ところがこれでは都合が悪いため、日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、必死になって、日蓮の文意を歪曲して、「切り文」引用で、ごまかそうとしている。『慧妙』が持ち出そうとするのが、日蓮が弘安二年八月に執筆したとされる『曽谷殿御返事』の「「抑も(そもそも)貴辺の去ぬる三月の御仏事に鵞目(がもく)其の数有りしかば、今年一百余人の人を山中にやしなひて、十二時の法華経をよましめ談義して候ぞ」(御書1386)の文である。『慧妙』はこんな欺瞞的な文を書いている。

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

これが翌・弘安二年八月の『曽谷殿御返事』になると「抑も(そもそも)貴辺の去ぬる三月の御仏事に鵞目(がもく)其の数有りしかば、今年一百余人の人を山中にやしなひて、十二時の法華経をよましめ談義して候ぞ」(御書1386)とあるように、増員して百人を超える大人数を身延に居住させていたことが分かる。その大人数を養うための資力があったのであれば、大御本尊を漆加工・金箔加工する程度の資力がない、などと言うはずがないではないか。

 (平成25(2013)516日付け『慧妙』/「第17回ネットに蔓延る邪義を破す」)

--------------------------------------------------------------------------

問題の「曽谷殿御返事」の文は

「抑も(そもそも)貴辺の去ぬる三月の御仏事に鵞目(がもく)其の数有りしかば、今年一百余人の人を山中にやしなひて、十二時の法華経をよましめ談義して候ぞ」(御書1386ページ)

一百余人を山中に養ひ十二時の法華経を読ましめ談義して候
 

との一文であるが、日蓮正宗では、1980(昭和56)年の日蓮七百遠忌記念出版の「日蓮大聖人正伝」という本をはじめ、あちらこちらで「今年一百余人の人を山中にやしなひて、十二時の法華経をよましめ談義して候ぞ」の箇所だけを引用して、弘安二年八月当時、日蓮が身延山中で百人以上の弟子僧を養っていたかのように書いているが、これは甚だしい文意の歪曲であり、読む人を騙す欺瞞である。日蓮が身延山中において一百余人の弟子を養っていたなどという史実はない。

まず客観的な史実として考えていただきたいのだが、日蓮在世当時の身延山は、すでに小氷期であり、「富木殿御書」「乙御前御消息」「兵衛志殿御返事」「上野殿御返事」…これらの日蓮の遺文(御書)に綴られる文によれば、米一合もない。餓死するかもしれない。僧たちも養うことができないので、皆、里に送り返した。 食は乏しく信者から供養もない。下痢が起こっている。小袖がなかったら、凍死していたかもしれない。・・・まさに日蓮は飢え死寸前の状態で、日蓮は小氷期の極寒の中で極貧生活をする窮状をそのまま書いている。

飢餓・米一合も売らず

五尺の雪・命終2


雪・金剛・紅蓮


 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(19)~「上野殿の信心の篤さ、尊さを褒めるため」とは「慧妙」の苦し紛れのごまかし弁解である

■検証19・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない19

 

身延山中の草庵で極貧の凄惨な生活をしていたことを遺文に書き綴っている日蓮3

 

「アンチ日蓮正宗」では、日蓮は身延山中で極貧の生活をしており、その証拠として日蓮自身が執筆した遺文(御書)の文を挙げた。すなわち文永11年、鎌倉から身延山に入山した日蓮は

「飢渇申すばかりなし。米一合も売らず。餓死しぬべし。此の御房たちもみなかへして、ただ一人候べし」(富木殿御書・御書全集p730・日蓮53才・文永11517)と述べている。

つまり「飢餓状態はひどいものだ。米一合も売ってもらえない。餓死するかもしれない。ここにいる僧たちも養うことができないので、皆、里へ帰した。今はただ一人この山にいる」と言っている。

日蓮54才の時の「乙御前御消息」(御書全集p898899・建治元年84)では

「日蓮を不便(ふびん)と申しぬる弟子どもをも、たすけがたからん事こそ、なげかしくは覚え候へ」

日蓮55才の時の「南条殿御返事」(御書全集p974・建治2年閏324)では

「各々も不便(ふびん)とは思へども、助けがたくやあらんずらん」----「それぞれの僧にはかわいそうだとは思うが、(貧困の極致にいる今は)助けることもできない」という意味のことだ。

さらに日蓮57才の時に書いた「兵衛志殿御返事」(弘安元年1129)では

「雪かたくなる事金剛のごとし。今に消ゆる事なし。昼も夜も寒く冷たく候事、法にすぎて候。酒は凍りて石のごとし。油は金に似たり。鍋・釜に小水あれば凍りて割れ、寒いよいよ重なり候へば、着物うすく、食乏しくして、さしいづるものもなし」・・・・ (御書全集p1294)----「薄い着物しかなく、食べるものも乏しい。信者からの差し入れもないような状態だ」と言っている。

「坊は半作にて、風、雪たまらず、敷物はなし。木はさしいづるものもなければ火もたかず。古き垢づきなんどして候、小袖一つ着たるものは、其の身の色、紅蓮・大紅蓮のごとし。声は波々大波々地獄にことならず。手足寒じて切れさけ人死ぬことかぎりなし」 (御書全集p1295)

「去年の十二月の三十日より、はらのけ(下痢)の候ひしが、春夏やむことなし。秋すぎて十月のころ大事になりて候ひしが、少しく平癒つかまつりて候へども、ややもすれば起こり候に・・・」

「此の二つの小袖なくば、今年は凍死に候ひなん」・・・・  (御書全集p1295)

さらに日蓮58才の時には「上野殿御返事」(弘安21227)の中で次のように述べている。

「・・・五尺の雪ふりて本よりも通わぬ山道ふさがり、訪いくる人もなし。衣も薄くて寒ふせぎがたし。食たへて命すでに終はりなんとす・・・」 (御書全集p1437)

「富木殿御書」「乙御前御消息」「兵衛志殿御返事」「上野殿御返事」…これらの日蓮の遺文(御書)によれば、米一合もない。餓死するかもしれない。僧たちも養うことができないので、皆、里に送り返した。 食は乏しく信者から供養もない。下痢が起こっている。小袖がなかったら、凍死していたかもしれない。・・・まさに日蓮は飢え死寸前の状態だったということがわかる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ