アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史7・日道・日郷・日時・蓮蔵坊紛争・大石寺疲弊

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(9)~本当に「御肉牙」が存在していたら今は小泉久遠寺・保田妙本寺に存在しているはずだ2

■検証9・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない9

 

□本当に「御肉牙」が存在していたら今は小泉久遠寺・保田妙本寺に存在しているはずだ2

 

1366(貞治5)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状「興津法西より日伝への返付状」の内容は、実に注目に値するものである。

「興津法西より日伝への返付状」

「駿河国富士上方上野郷大石寺御堂坊地

先例に任せ地頭時綱寄進状、並に師匠日郷置文以下証文などにより、宮内郷阿闍梨日行の競望を止め、元の如く中納言阿闍梨日賢に返付申し候了んぬ。

仍て先例を守り勤行せらるべきの状件の如し。

貞治五年九月十七日   沙弥法西 判

大石寺別当中納言阿闍梨の所」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』9p39)

中納言阿闍梨日賢というのは、日郷一門の貫首・日伝の改名前の名前である。この文書の中で、上野郷の地頭・興津法西が日伝ことを「大石寺別当」と呼んでいることは、まことに注目すべきことである。日蓮正宗が発行している「日蓮正宗・富士年表」によれば、当時の大石寺法主(別当)は、日伝ではなく、5世法主の宮内卿阿闍梨日行になっている。日行から日伝に大石寺法主が代替したとは書いていない。日伝は、大石寺の歴代法主の中に名前はない。日伝とは、当時、大石寺と対立・紛争をしていた日郷一門の小泉久遠寺・保田妙本寺5代貫首であって、歴代大石寺法主の中に名前はない。しかし、この当時の文献では、大石寺のある上野郷の地頭・興津法西は、大石寺の日行ではなく、日郷一門の日伝を「大石寺別当」と呼んでいるのである。ということは、この当時、日蓮正宗が「法主」と認めていない人物が、「大石寺別当」(法主)職にあったということになる。

つまりこれは、平たく言えば、当時の大石寺は、日郷一門の貫首・日伝らによって占拠されていたということに他ならない。

日郷一門の日伝が「大石寺別当」職にあったというのに、日行一門が「戒壇の大本尊」なる板本尊や「日蓮御肉牙」をどこかに隠し通したという言い訳は、どう考えても矛盾である。

仮に「戒壇の大本尊」なる板本尊や「日蓮御肉牙」が本当に当時の大石寺に実在していたとすれば、日行一門がどんなにひた隠しにしても、「大石寺別当」日伝の権限で、それは蓮蔵坊か東御堂に移され、その時点で、日郷一門・日伝の所有になってしまっていただろう。そして、日伝一門が蓮蔵坊を放棄した時に、他の重宝類とともに「戒壇の大本尊」なる板本尊や日蓮の真骨、「日蓮御肉牙」といったものを、大石寺から日郷一門の本山寺院である小泉久遠寺か保田妙本寺に移したはずである。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(8)~本当に「御肉牙」が存在していたら今は小泉久遠寺・保田妙本寺に存在しているはずだ

■検証8・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない8

 

□本当に「御肉牙」が存在していたら今は小泉久遠寺・保田妙本寺に存在しているはずだ

 

1333(正慶2)年から1403(応永10)年にいたる70年の長い間、大石寺4世日道の一門と、保田妙本寺・小泉久遠寺の開祖・日郷の一門の間で、大石寺塔中にある蓮蔵坊の帰属を巡って、ものすごい紛争が起こった。1333(正慶2)年とは、日蓮正宗大石寺3祖日目が美濃国(岐阜県)垂井で死去して随行の僧侶・日郷が大石寺に帰ってからのこと。1403(応永10)年にこの紛争が決着した時は、大石寺の法主は大石寺6世日時になっていた。 この紛争の影響で大石寺一門は大きく疲弊し、経済的にも困窮を窮めることになる。この紛争は、日郷一門が蓮蔵坊を占拠したり、日道一門が占拠したり、そうかと思うと、日郷一門が大石寺の境内地の中に東御堂を建てて、日道一門に対抗したり、両者による壮絶な紛争になっていた。大石寺三祖・日目の死後、約70年間つづいた大石寺蓮蔵坊の所有権紛争(蓮蔵坊紛争)は、大石寺日道一門の手に下ったり、あるいは日郷一門の手に下ったり、二転三転したあげく、1403(応永10)年、日蓮正宗大石寺蓮蔵坊は、時の法主・6世日時の代に、日道・日行・日時一門、いわゆる今の大石寺一門のものとして最終決着している。蓮蔵坊は、1338(建武5)年、上野郷の地頭・南条時綱が日郷に寄進状を発行して日郷一門に帰したが、それでも日道一門と日郷一門の紛争は止まず、南条時綱の子・時長が地頭になって後、再び時長が日郷一門に証状を出した。時長証状により蓮蔵坊を安堵(土地所有を公認されること)された日郷は、1345(康永4)年、上洛して京都守護職の案内を得て、念願の天奏を果たし、1353(正平8)年、61歳で死去した。日郷の後継貫首は、南条時綱の子・日伝である。日伝は幼名を牛王丸、出家して日賢と名乗り、後に日伝と改名した。

1359(正平14)年、日郷一門の日叡が中心になって大石寺に東御堂を建てた。

1363(正平18)年、日郷一門を支えてきた上野郷の地頭・南条時長が死去し、上野郷の地頭は、河東の代官・興津法西が兼務するようになった。

1365(正平20)年、かつての日興の坊舎であった白蓮坊(西大坊)を修復して住んでいた日道の後継法主・5世日行が、日郷一門の後継貫首・日伝が安房国(千葉県)にいることを幸いに、地頭・興津法西に取り入り、日郷一門の僧侶たちは、蓮蔵坊から追放されて、大石寺5世日行一門が占拠するところとなった。この事態に驚いた日郷一門の貫首・日伝は、駿河国の領主・今川家に訴えた。今川家は、さっそく真偽のほどを正せと興津法西に厳命。これに驚いた興津法西が厳密に調査したところ、日伝側には確かに南条時綱、南条時長の寄進状や日郷の置き文などの証状があるが、日行側には何の証状もない。そこでこれは明らかに日行側の我欲による陰謀と断定して、興津法西は日行を叱責するとともに、彼に与えた証状をとり上げて、日伝に詫び、蓮蔵坊は再び、日伝側に戻ることになった。この時に、興津法西が日伝に与えた書状「興津法西より日伝への返付状」の内容は、注目に値する。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(133)~小泉久遠寺・保田妙本寺開祖・日郷の申状は京都の天皇の元には伝奏されていない

■検証133・大石寺9世日有が大石寺門流ではじめて行った京都天奏10

 

□小泉久遠寺・保田妙本寺開祖・日郷の申状は京都の天皇の元には伝奏されていない

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有の申状は、朝廷への伝奏を司る比叡山延暦寺をはじめ南都六宗・八宗の京都・奈良の大寺院から宜面なく門前払いにされてしまうという屈辱を味わったということを書いたが、申状が天皇の元に届けられないのは、日郷とて同じである。

当時の日本では僧の地位は国家資格であり、国家公認の僧となるための儀式を行う官寺の「戒壇」で授戒されない僧侶は、僧侶としてすら認められなかった。日郷も申状の中で日蓮の遺弟を名乗っているものの、朝廷や朝廷公認の南都六宗・八宗の僧侶からすれば、朝廷公認の官寺での修行経験の全くない日郷は所詮、駿河国の私度僧にすぎないということになる。

日郷の国諫の場合は、上杉管領を伝奏したと「富士年表」に書いてあるが、この上杉管領とは、京都・室町幕府の管領ではなく、鎌倉の関東管領・上杉憲顕のことと思われる。

関東管領(かんとうかんれい)は、南北朝時代から室町時代に、室町幕府が設置した鎌倉府の長官である鎌倉公方を補佐するために設置した役職名である。当初は関東執事(かんとうしつじ)と呼ばれていた。鎌倉公方の下部組織でありながら、任命権等は将軍にあった。

当初は2人指導体制で、上杉憲顕、斯波家長、次いで高師冬、畠山国清らが任じられる。関東執事は初期においては斯波氏、畠山氏が就任していたが次第に上杉氏に独占されていき、最終的には上杉氏が世襲していくことになる。また、上杉氏は上野、伊豆の守護も担っていた。

関東管領は、室町幕府の将軍への伝奏はするが、京都朝廷の伝奏まで行う権限は持ち合わせていない。よって日郷の申状が関東管領・上杉氏によって伝奏されたとしても、室町幕府の足利将軍止まりであり、とても天皇の元にまでは伝奏されないということになる。

保田妙本寺の古文書を研究している千葉大学大学院人文社会科学研究科教授の佐藤博信氏の著書「安房妙本寺日我一代記」の中で、日郷が康永4(1345)2月、貞和5(1349)12月と二度、宗義天奏のために上洛したことは史実として書いているが、光明天皇の詔勅の件については一言も書いておらず、佐藤博信氏はこれを史実と認めていないものと考えられる。

ちなみに佐藤博信氏は、宗義天奏の言葉の意味について

「諫暁=宗義天奏(天皇や将軍に日蓮宗の教義を信仰するように奏上すること)(『安房妙本寺日我一代記』p15)

と書いており、京都の足利将軍に諫暁することも天奏に含めている。

日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、「天奏」と云う言葉を使わずに「国諫」(国主諫暁)という言葉を使っているところが面白い。「国諫」と言うと、天皇に奏上するのみならず、将軍に奏上することも含まれる。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(132)~日郷の京都上洛と実際に天奏をしたかどうかは別問題である

■検証132・大石寺9世日有が大石寺門流ではじめて行った京都天奏9

 

□小泉久遠寺・保田妙本寺開祖・日郷の京都上洛と実際に天奏をしたかどうかは別問題である

----------------------------------------------------------------

(日蓮正宗信者の妄説)

小泉久遠寺・保田妙本寺の開祖・日郷が康永4(1345)2月、貞和5(1349)12月と二度も京都天奏に旅立っており、しかも康永4(1345)2月の天奏は、上杉管領を伝奏して、光明天皇から綸旨・嵯峨天皇宸翰の法華経十巻を拝領したと『富士年表』に載っている。したがって、日道上人、日行上人が天奏に行っていないというのは、おかしい。

--------------------------------------------------------------------

日郷が、康永4(1345)2月と貞和5(1349)12月に京都に上洛しているのは史実であり、当時は大石寺一門と日郷門流の蓮蔵坊七十年紛争の真っ直中だったが、1338(建武5)年、上野郷の地頭・南条時綱が日郷に蓮蔵坊の寄進状を発行し、さらに南条時綱の子・時長が再び日郷一門に証状を出すなど、南条家が日郷門流に味方していたので、日郷は京都上洛に行くだけの経済力は有していたと考えられる。日蓮正宗では、「日郷が京都に上洛した」=「天奏をした」と極めて短絡的な決めつけ方をしているが、日郷が京都に上洛したことと、実際に天奏をしたかどうかは、別問題である。日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、自らが編纂した「富士宗学要集」第8巻に、日郷の京都申状を収録しているが、次のような解説文を載せている。

「日郷の国諫 郷師(日郷)は目上(日目)の意を体して期年ならずして二回の国諫を為した、現存の分は第一回のである。第二回の分は不明である。但し日眷の助力たるや論なし。祖滅六十四年、古写本妙本寺に在り」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』第8p371)

日郷は康永4(1345)2月と貞和5(1349)12月に京都に上洛して国諫(国主諫暁)を行っているが、「富士宗学要集」第8巻に堀日亨が収録したのは、第一回の康永4(1345)2月の国諫の時の申状であり、第二回目については不明であると言っている。

それから、康永4(1345)2月の天奏で、日郷が上杉管領を伝奏して、光明天皇から綸旨・嵯峨天皇宸翰の法華経十巻を拝領したとする『富士年表』の記事だが、根拠としている「富士宗学要集」第8巻の古文書には、次のように書いてある。

(端裏書)九十八代光明院の詔勅、康永四乙酉貞和元と改む 三月十五日 日郷へ

教法流布の次第を檢へ捨劣得勝の諫牒を録して万機照々の上聞に備へらる、盍ぞ一心冥々の下情を恤まざらんや、然れば則ち仏法の為め弥よ積功累徳の修行を励み須く緇素貴賤の帰依を期すべきの由、天気候ふ所なり仍って執達件の如し。

康永四年乙酉三月十五日  頭の左中弁宗光奉る」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』第8p371)

 

続きを読む

大石寺御影堂で行われた御講で直見した大石寺6世日時造立の日蓮御影像

大石寺の御影堂では、毎月7日、13日、15日の3回、法主と大石寺塔中坊住職・在勤教師・在勤所化僧が出仕して午前7時から御講が営まれる。この御講は、基本的に誰でも御影堂の中に入って参詣することができる。事前申し込み等も一切ない。

ただし47日の日興御講だけは、大石寺三大行事である「霊宝虫払い大法会」と重なるため、この日だけは一般人は大石寺に入れず、この法要登山会参加者のみしか参詣できない。

あと、時折、大石寺御影堂の御講と、法華講連合会の月例登山会や夏季講習会登山が重なることがある。この時は、一般人立ち入り禁止ではないが、登山会に来ている法華講員が大挙して御影堂に参詣するため、御影堂内は法華講員で超満員になってしまう。

 

御影堂の御講は、午前7時開始だが、開始30分くらい前から、大石寺の半被を着た大石寺従業員が、御影堂前の参道を掃き掃除する。大石寺従業員の話では、「御前様(法主)が通られるから」ということだが、法主の行列が通るからということで、ここまでやらなくてはならないのかなと、私からすれば思ってしまった。

開始時間が迫ってくると、出仕鐘やら出仕太鼓の音が聞こえてくる。参道に目をやると、法主を先頭にして、塔中住職や所化僧の行列が御影堂に向かって、しずしずと歩いてくるのが見える。

参道では、御影堂の中に入らない信者や、さっきまで掃除をしていた大石寺従業員たちは、法主が通る参道に向かって頭を垂れて合掌礼をしている。法主の前では、僧侶も寺族も信者も全員が合掌礼をしている。

しかし信者がやっているように、深々と頭を垂れてしまっては、法主の行列を見ることは出来ない。そこで私は、この行列が御影堂の中に入るまでの間は、頭は垂れずにずっと行事の成り行きを見ていた。

私は、この御影堂の御講に何度か行っていて、ずっと御影堂の外にいたこともあれば、御影堂の中に入ったこともあった。御影堂の外にいれば、御影堂の中の御講を見ることはできない。

逆に御影堂の中に入ってしまうと、御影堂の外の様子が見えない。

法主は、霊宝虫払い大法会や御大会の御影堂行事の時は、御影堂の裏口から中に入っていくが、御講の時は、表玄関から中に入っていく。

 

さて御影堂の中は、普段の御講の時は、大石寺近隣の信者や関東・東海・中部地方の少々、血の気の多い信者が参詣に来ているだけで、御影堂の中はそんなに満員ではない。

一度、ちょうど内陣の法主の大導師席の後ろ側あたり、信者の列の三列目ぐらいに座ったことがある。

かなり参詣信者が多いこともあったが、法主が御影堂の表玄関から入ってくるため、信者は法主の行列が通る「通り道」の分だけ、開けて座らされる。御影堂の中に入っている信者も、全員が頭を垂れて合掌礼をしている。

御影堂1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ