アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史8・大石寺9世日有・戒壇本尊・日蓮本仏義・血脈相承偽作

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(176)~大石寺9世日有の偽作「戒壇大本尊」・偽作教義のお追従をしていた保田妙本寺歴代貫首

■検証176・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠31

 

保田妙本寺歴代貫首で『万年救護本尊・日蓮出世の本懐説』を唱えた人物は一人もいない

 

「戒壇の大本尊」大石寺9世日有偽作を証するもうひとつのポイントは保田妙本寺である。大石寺9世日有の代に、はじめて大石寺門流に「戒壇の大本尊」を格蔵する堂宇を「事の戒壇」と定義する教義が出てきたことを証明する文献が「新池抄聞書」で、これは保田妙本寺・小泉久遠寺11代貫首・日要(14361514)が、大石寺9世日有から聞いた説法を弟子に語っていた内容を日果という僧侶が筆録した文書である。保田妙本寺とは富士門流八本山のひとつで、ここは1957(昭和32)4月、50代貫首・富士日照氏のときに旧末寺4ケ寺とともに、日蓮宗を離れ、日蓮正宗に合同した。その後、51代貫首・鎌倉日桜氏の代になり、松本勝弥氏の正本堂供養金返還訴訟、万年講問題を経て1995(平成7)年に再び日蓮正宗から離脱・独立し、単立の大本山を名乗っている。保田妙本寺という寺院は、開創660年になる日郷門流の古刹寺院ということもあるが、1970(昭和45)1972(昭和47)年にかけて、松本勝弥氏・万年講事件の舞台になった。この松本勝弥氏の事件とは、1970(昭和45)年ころ、ちょうど創価学会が言論出版妨害事件で世間から批判の集中砲火を浴びていたころ、民音職員で創価学会幹部であった松本勝弥氏夫妻が、突如として池田大作・創価学会に造反。松本勝弥氏は「大石寺の『戒壇の大本尊』はニセ物であり、保田妙本寺に格蔵されている『万年救護本尊』が日蓮の出世の本懐であるから、正本堂の供養金を返還せよ」と主張し、正本堂供養金返還訴訟を裁判所に提起した。鎌倉日桜氏は、万年講事件の時は日蓮正宗からの独立をあきらめたが、その後も独立を企図していたようで、大石寺と創価学会が離反した後、1995(平成7)年、保田妙本寺、遠本寺、顕徳寺の三ケ寺を日蓮正宗から離脱・独立させた。

まずポイントの第一は、松本勝弥氏が打ち立てた「大石寺の『戒壇の大本尊』はニセ物であり、保田妙本寺に格蔵されている『万年救護本尊』が日蓮の出世の本懐である」という「万年救護の大本尊・日蓮本懐説」である。大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、日蓮真造ではなく大石寺9世日有が偽作した板本尊であるが、こんなふうに松本勝弥氏がかつて唱えた法義を書くと、「万年救護の大本尊・日蓮本懐説」は保田妙本寺の歴代貫首が唱えてきた680年来の伝統法義であるかのように聞こえてしまうのだが、これが全く違う。保田妙本寺の歴代貫首で『万年救護本尊・日蓮出世の本懐説』を唱えた人物は一人もいないのである。だから「大石寺の『戒壇の大本尊』はニセ物であり、保田妙本寺に格蔵されている『万年救護本尊』が日蓮の出世の本懐である」という「万年救護の大本尊・日蓮本懐説」は、保田妙本寺の伝統法義でも何でもない、松本勝弥氏のグループが大石寺・創価学会に対抗するために“発明”した新義である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(136)~日蓮正宗大石寺9世法主日有はいたって頑健・壮健な人物だった

■検証136・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治3

 

□日蓮正宗大石寺9世法主日有はいたって頑健・壮健な人物だった

 

大石寺9世日有は、1402(応永9)416日、富士上野(現在の大石寺近郊)の南条家に出生。1419(応永26)8月、8世法主日影の死去によって、満17歳で大石寺9世法主に登座。1482(文明14)929日、80才で死去するまでの間、10世日乗、11世日底の時代も含めて63年間にわたって、大石寺法主として大石寺一門を統率した人物である。その間、大石寺9世日有は甲州・湯之奥金山の金による経済基盤を確立せしめて、「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作の他に、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模刻した五体の板本尊の造立、大石寺境内地内に客殿、御宝蔵、勅使門を創建した。1432(永享4)3月の京都天奏をはじめ、越後、北関東、奥州に巡教に出て、本広寺、要行寺、有明寺を創建している。

ハンセン病(らい病)という病気は、封建時代においては、仏罰・神罰の現れと考えられており、ハンセン病患者は、見た目により歴史的に差別・偏見の対象となり、発症した者は非人であるという不文律があった室町時代において、本当に大石寺9世日有がハンセン病にかかっていたとしたら、大石寺一門の僧侶と信者を統率する法主の座に63年も、絶対にいられるはずがない。

否、むしろ大石寺9世日有という人物は、ハンセン病どころか、いたって健康で頭脳明晰、体力的にも頑健で、実に壮健な人物だったのではないかと考えられるのである。そうでなければ、大石寺9世日有の一連の事跡や足跡、長寿を全うしたことなどについて、説明がつかない。大石寺9世日有は、頑健・壮健な人物だったからこそ、「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作、客殿、御宝蔵、勅使門を創建、「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」等々の相伝書と称する文書の偽作が可能だったのではないか。又、大石寺9世日有は、頑健・壮健な人物だったからこそ、63年もの間、大石寺一門を統率して80才という長寿を全うしたのではないか。頑健・壮健な人物でないと、これらの事跡を残すということは、到底、不可能なことで、大石寺9世日有がハンセン病(らい病・癩病)に冒されていたならば、絶対にできなかっただろう。したがって、日蓮正宗大石寺9世法主日有という人物は、いたって頑健・壮健な人物だったと結論付けられるのである。

 

□日有癩病説のルーツ・要法寺日辰の「祖師伝」に出てくる東光寺の僧の日有癩病説

 

それではそもそも大石寺9世日有が癩病(らい病・ハンセン病)だったとする説は、一体、どこから出てきたのだろうか??それは富士門流八本山のひとつ、京都要法寺19世法主広蔵院日辰の著書「祖師伝」の中に次のようなことが書いてあることを根拠にしているようである。

 

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(135)~大石寺9世日有の癩病(らい病)説と下部の湯治の謎を追う2

■検証135大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治2

 

大石寺9世日有の癩病(らい病)説・癩病 (らい病・ハンセン病)とは一体何か2

 

さて国立ハンセン病資料館では、国立ハンセン病資料館に常駐される学芸員の方と、ハンセン病(らい病)や大石寺9世日有癩病(らい病)説等に関する質疑応答をさせていただいた。

-----大石寺9世日有という人物が本当にハンセン病(らい病)だったのかどうかという謎を研究しています。大石寺9世日有は、戦乱が続き、医学や医療が未発達だった室町時代に80才まで生存していたことが確認されています。68人の大石寺の歴代法主の中で80才まで生存した法主は、まだ3人しかいません。ハンセン病(らい病)にかかった人でも、7080才まで長寿を全うされた方は、中世の昔でもいたのでしょうか。

「ハンセン病(らい病)にかかった患者さんでも、長寿の人はたくさんいます。人の寿命はハンセン病(らい病)であるなしに関係在りません。ハンセン病(らい病)の患者さんでも、7080才まで長寿を全うされた方は、いらっしゃいますね。

-----大石寺9世日有という人物は、1432(永享4)3月に駿河国(静岡県)の大石寺から京都を往還する京都天奏の旅に出ています。その他にも大石寺9世日有は、越後国(新潟県       )、関東地方、東北地方へ布教・巡教の旅に出ていたことが、古文書に記されています。大石寺17世日精が著した「家中抄・日有伝」によれば、晩年の大石寺9世日有は、大石寺と甲斐国(山梨県)の下部温泉や有明寺を月3回は必ず往還していたと記されています。大石寺と甲斐国(山梨県)の有明寺は、片道40kmぐらいあります。ハンセン病(らい病)にかかった人物が、ここまで全国巡教の旅に出たり、京都へ旅立ったり、70才を過ぎてから、大石寺と有明寺の片道40kmもの徒歩旅を行うということが、あり得るのでしょうか。

「上古の昔は、ハンセン病(らい病)にかかった人は、乗り物に乗ることを拒否されてしまっていました。そのため、どこかに移動する場合は、全て徒歩で移動するケースが多かったのです。だからハンセン病(らい病)にかかった人は、普通の人よりも、余計に歩いていたと考えられます」

------大石寺9世日有という人物は、甲斐国(山梨県)の下部温泉の湯治(とうじ)に行っていたことが、大石寺17世日精が著した「家中抄・日有伝」に記されています。国立ハンセン病資料館の図書室には、「湯治の文化」という本があり、その本の中に、ハンセン病(らい病)にかかった人が温泉の湯治をしていたことが記されていました。その本の中に、ハンセン病(らい病)の湯治にむいている湯、むいていない湯が載っていますが、下部温泉の名前は、そのいずれにも、ありませんでした。下部温泉は、甲斐国の戦国大名・武田信玄の隠し湯といわれ、ケガや傷・負傷の治療のために、武士たちが下部温泉で湯治をしていました。下部温泉の湯治は、ハンセン病(らい病)にかかった人の温泉の湯治とは関係ないと思われるのですが、どうでしょうか。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(134)~大石寺9世日有の癩病(らい病)説と下部の湯治の謎を追う1

■検証134大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治1

 

大石寺9世日有の癩病(らい病)説・癩病 (らい病・ハンセン病)とは一体何か

 

日蓮正宗大石寺に格蔵されている「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した人物・大石寺9世日有とは、いったいいかなる人物で、どういう人物像だったのだろうか??ということを知ることと、もうひとつ大石寺9世日有という人物がいかに莫大な経済力を持っていたかを証明する傍証として、面白い事例がある。その傍証とは大石寺9世日有の「下部の湯治」なのだが、しかしこの大石寺9世日有の「下部の湯治」を詳しく検証していく前に、ひとつだけ、日蓮正宗以外の富士門流各本山や日蓮宗などでよく囁かれている「大石寺9世日有は癩病(らい病・ハンセン病)であった」という説との関連を検証する必要がある。らい病(ハンセン病)とは、抗酸菌の一種であるらい菌 の末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症で、病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーのアルマウェル・ハンセン の姓に由来するものである。日本の古い呼称としては、奈良時代に成立した「日本書紀」、「令義解」には、それぞれ「白癩(びゃくらい・しらはたけ)」という言葉が出ており、鎌倉時代になると、漢語由来の「癩」(らい)・「癩病」・「らい病」が使われるようになった。この病気に感染して発症しても、現在の医学では適切な治療を行えば根治が可能であり、重篤な後遺症を残すことも、自らが感染源になることもない。しかし大石寺9世日有の時代においては、らい病(ハンセン病)は不治の病であり、ハンセン病は見た目により歴史的に差別・偏見の対象となった病気である。外見上の特徴から、伝統的な穢れ思想を背景に持つ中世以来からの宗教観により神仏により断罪された、あるいは前世の罪業の因果を受けた者のかかる病と思われていた。特に、鎌倉時代、室町時代などの中世の日本においては、このハンセン病(らい病)という病気は仏罰・神罰の現れと考えられており、発症した者は非人であるという不文律があった。

鎌倉時代の文献によると、患者と家族が相談し、相当の金品を添えて非人宿にひきとられ、非人長吏の統率下におかれた、とある。(横井清著「中世民衆の生活文化」より)

これにより、都市では重病者が悲田院や北山十八間戸、極楽寺などに収容された例もある。

江戸時代には、このハンセン病(らい病)になった人を、家族が四国八十八ヶ所や熊本の加藤清正公祠などの霊場へ巡礼に旅立たせた。このためこれらの場所に患者が多く物乞をして定住することになった。(山本成之助著『川柳医療風俗史』より)

旅費が無い場合は、集団から追放され、死ぬまで乞食をしながら付近の霊場巡礼をしたり、患者のみで集落を成して勧進などで生活した。勧進とは、衆庶を教化救済することを目的とする宗教活動の意と,社寺や橋梁などの造営・修復のために衆庶より広く資財を集めることを目的とする募資活動の意がある。狭義には後者を指す。(世界大百科事典 第2版より)。貧民の間に住むこともあり、その場合は差別は少なかった。横浜の乞食谷戸(こじきやと)はその一例である。ただし日本古来からの呼び名である「癩」(らい)・「癩病」・「らい病」には、ハンセン病以外の皮膚病を含んでいる可能性もあると指摘されている。

 

続きを読む

2015年は日興生誕770年慶祝の年ではなく大石寺「戒壇の大本尊」偽作570周年の年だ

□こんな「ウソっぱちの法華講員50%増」をやってどこが公益法人の目的に適うのか

 

日蓮正宗では、すでに20153月に大石寺で行う「日興生誕770年記念法要」ならびに「法華講員50%増『偽りの達成宣言』大会」の計画を発表。2014610日に日蓮正宗宗務院が全国住職・主管宛てに発した「九者別報告書の提出について」と題する通達の中で、何と

「一、檀信徒名簿に登録した法華講員が、転居先不明となった場合、宗規第223条の除籍規定によらない限り、住職・主管の判断で檀信徒名簿から削除することはできない。…

二、宗規第220条のとおり、日蓮正宗の檀信徒は全員が法華講員である。したがって通称『墓檀家』『檀徒』も法華講員であり、当然所属檀信徒の世帯数・人数に含まれる。住職・主管の判断で、墓檀家の世帯数・人数を法華講員から除外することのないよう注意すること。但し、墓地使用者の中で、他寺院所属の信徒、及び本宗信徒以外の者は、所属檀信徒には含めない。」

と記し、実質的に日蓮正宗の信仰を放棄した人、日蓮正宗から離檀した人から日蓮正宗宗門寺院を去って正信会寺院に行った「檀徒」まで含めて、法華講員50%増達成を宣言しようという、驚くべき「裏技」を使う方針を打ち出している。「転居先不明者」などと言えば聞こえはいいが、この中に日蓮正宗の信仰を放棄して、寺院に行き先を告げずにどこかに行ってしまった人が入っているのは明らか。なぜならば、通常、法華講員が転居した場合は、所属寺院に届け出る。転居によって一時的に住所がわからなくなった場合でも、寺院に参詣している人であれば、その人が寺院に来たときに転居先を聞くので、住所が判明する。他の日蓮正宗寺院に移籍した場合は、移籍した先の寺院が、信徒の住所等を把握している。だから普通に法華講員として信仰活動をしている人で、転居先不明になるなどということはあり得ない。したがって、寺院の信徒名簿に名前が残っていながら、転居先不明になっている人とは、日蓮正宗の信仰を事実上放棄した人以外にあり得ない。日蓮正宗宝浄寺の元信徒で、現在、滋賀県琵琶湖畔の某寺に住む某僧も、2009年に

「正確に言えば、わたしは法華講をやめていませんよ。 末寺の役職を辞退しただけで、脱講届も出していません。 また、大石寺から信徒除名にもなっていません。 あしからず。 」と、インターネット上での書き込みが発覚。離檀手続きも何もせずに、日蓮正宗信徒としての籍が残っていることが発覚した。この僧の場合も、宝浄寺からすれば「転居先不明者」ということになり、20153月の「法華講員50%増」のカウントでは、法華講員としてカウントされることになるようだ。

さらに「檀徒」までも法華講員としてカウントするというのも全く驚きという以外にない。檀徒とは、197080年代にかけて、創価学会を脱会して日蓮正宗寺院信徒になった人たちのことだが、1970年代は、今の正信会寺院も日蓮正宗寺院として機能しており、又、日蓮正宗宗門寺院にも、多数の檀徒が所属していて、「檀徒会」という団体を組織していた。これが正信会の創価学会批判や大石寺67世阿部日顕の血脈問題による混乱で、正信会寺院から宗門寺院へ、宗門寺院から正信会寺院へ移る信徒が続出。この当時は、今のように日蓮正宗「宗規」の中で、檀信徒の条項が整備されておらず、日蓮正宗寺院信徒=法華講員でもなかった時代のこと。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ