アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史11・日主・日賙・日昌・日就・大石寺要法寺通用

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(256)~「富士門流執着軍団」らの「戒壇の大本尊」大石寺14世日主偽作説は誤りである

■検証256「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺14世日主偽作説は誤りである1

 

□「富士門流執着軍団」らの「戒壇の大本尊」大石寺14世日主偽作説は誤りである

 

大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の研究者の中に、大石寺14世日主が「戒壇の大本尊」を偽作したという説を唱えている人もいて、戒壇の大本尊・大石寺17世日精偽作説が破綻した「富士門流執着軍団」の者が、最近、この大石寺14世日主偽作説に乗り換えようと謀っている。その戒壇の大本尊・大石寺14世日主偽作説の根拠になっているものは、次のようなものである。

(1) 「本門戒壇御本尊」と称する本尊が大石寺14世日主筆の雑録に出てくること

(2) 大石寺9世日有が死去した1482(文明14)年に行われた小泉久遠寺と大石寺の問答を記録した「大石寺久遠寺問答事」には大石寺本尊堂における問答を記すものの、「戒壇の大本尊」の存在には何も触れていないこと。このふたつのようである。

 (1)の大石寺14世日主筆の雑録とは、大石寺14世日主の著書「日興跡条条事示書」の中の

「大石寺は御本尊を以て遺状と成され候、是れ即ち別附嘱・唯授一人の意なり。大聖より本門戒壇御本尊、興師従り正応の御本尊法体御附嘱…」(大石寺66世細井日達監修・正本堂建立記念出版委員会編纂「歴代法主全書」1p459)

大石寺14世日主・日興跡条条事示
 

の文のようである。確かに「本門戒壇御本尊」という言葉自体は、大石寺14世日主の文献がはじめてかもしれないが、しかしその「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所を意味する「事の戒壇」の言葉がすでに大石寺9世日有の時代に出てきている。それは保田妙本寺・小泉久遠寺11代貫首・日要(14361514)が、大石寺9世日有から聞いた説法を、弟子に語った内容を日果が筆録した文書である「新池抄聞書」の文

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(大石寺59世堀日亨の著書『富士日興上人詳伝・下』p84)

新池抄聞書3
 

(大石寺59世堀日亨の著書『富士日興上人詳伝』p294295)

新池抄聞書1
 

の文である。この「事の戒壇」という単語は、「戒壇の大本尊の安置する所は事の戒壇」という意味の「事の戒壇」で、大石寺に「事の戒壇」という語が出てくると言うことは、その時にすでに「戒壇の大本尊」なる板本尊が大石寺に存在していたことを意味する。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(4)~「祖師伝付録」の文は大石寺15世日昌の代に「御肉牙」が大石寺に存在しなかった証拠

■検証4・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない4

 

□大石寺の「霊宝等残らず頂拝す」の記録に大石寺「御肉牙」の記載がない「祖師伝付録」

 

1617(元和3)424日、富士門流八本山のひとつである京都要法寺18祖貫首・日陽が日蓮正宗大石寺に参詣し、その時に京都要法寺18祖日陽が拝した大石寺の重宝?の類について、京都要法寺18祖日陽が記録した文書がある。「祖師伝付録」と呼ばれている文書がそれで、その中で京都要法寺18祖日陽は次のように記している。

「霊宝等残らず頂拝す、中にも日本第一の板御本尊、紫宸殿の大曼荼羅、病即消滅曼荼羅、其の外曼荼羅数幅、御書八幡抄一通関東紙三十九丁次御消息十行廿行五行十行或一紙二紙御判形の有る斗りも十五枚等、長さ一尺五寸余、横一尺余竪八寸斗りの御つゞらとて唐のつゞらの旧りたるなり、興師已来の入物となり、此の中に御正筆計り一盃あり、辰の刻より未の刻に至るまで拝覧し奉るに尽きず、後には巻目を開かず其の儘押し頂き押し頂き申して終り迄頂き奉る、高祖上人の眉間の骨舎利水精の瓶塔に入れて新たに拝見々々」

(京都要法寺18祖貫首・日陽の著書「祖師伝付録」---大石寺59世堀日亨が編纂した『富士宗学要集』第559ページ)

読むからにわかりにくい文章だが、要するに京都要法寺18祖日陽は大石寺に参詣の折りに「霊宝等残らず頂拝す」---その当時、大石寺が所蔵していた重宝?なるものをひとつ残らず拝観したとして、拝観した重宝?なるものを書き綴っている。

この京都要法寺18祖日陽の記述の中に、「日蓮の御肉牙」なるものを拝観したという記載がない。京都要法寺18祖貫首・日陽が日蓮正宗大石寺に参詣した折りには、「日蓮の御肉牙」なるものを拝観したという事実はなかった。したがってこの京都要法寺18祖日陽が記載した「祖師伝付録」の文は、1617(元和3)424日の時点において、日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙」なるものが存在していなかった証拠となる。つまり今の日蓮正宗大石寺が「日蓮の御肉牙」と自称しているものは、これ以降の時代において、誰かが偽作した、真っ赤なニセものということになる。

こういうことを言うと、日蓮正宗の偏狭なカルト信仰に凝り固まっている人たちは、その偏狭で閉鎖的な宗教の世界に閉じこもって、史料を偏向的に解釈しようとし、「御肉牙は大石寺に在ったのだが、日昌上人が日陽に拝観を許さなかったのだ」などと反論してくるかもしれない。

しかしこの類いの反論は、全く間違いである。もし仮に、当時の大石寺が「日蓮の御肉牙」なるものを所蔵していたとしたら、京都要法寺24祖日陽が参詣した折りに、当時の大石寺15世日昌が拝観を許さなかったなどということは絶対にあり得ない。

それは、1617(元和3)年当時の日蓮正宗大石寺は大石寺15世日昌の代だったのだが、この大石寺15世日昌という人物は、もともとが京都要法寺で出家得度し、要法寺13祖貫首・広蔵院日辰のもとで修行して、要法寺において、今で言う教師僧侶になっている。

 

続きを読む

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(3)~大石寺14世日主の霊宝虫払い記録は御肉牙が大石寺に存在していない証拠

■検証3・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない3

 

□御肉牙が大石寺に存在していれば中世の霊宝虫払い法要で開封しないはずは絶対にない

 

1573(元亀4)819日、大石寺法主として登座間もない大石寺14世日主が、当時の日蓮正宗大石寺が所蔵していた重宝?なるものを、虫干し・風通しした、いわゆる「霊宝虫払い」をした記録が残っている。大石寺14世日主は、当時、今の満年齢で18才。数え年の19才の青年法主で、前法主で大石寺13世日院(46)が隠居として、控えていた。当時の現職法主・大石寺14世日主と前法主の隠居・大石寺13世日院の連名の署名が入っている「霊宝虫払い記録」には、次のように記している。

「御筆(大聖人)数十二通、御筆の大本尊一包同く三包。」

(1573819日の「霊宝虫払い記録」---日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が編纂した「富士宗学要集」第843ページ)

この中に日蓮の本尊や遺文(御書)を「虫払い」したという記載はあるが、「日蓮の御肉牙」を「虫払い」したという記載はない。この記録は、当時の日蓮正宗大石寺が「日蓮の御肉牙」なるものを所蔵していなかったという証拠であり、つまり現在の日蓮正宗大石寺が所蔵していると自称している「日蓮の御肉牙」なるものは、この時代以降に何者かが偽作した真っ赤なニセものということである。日蓮正宗大石寺の「お虫払い法要」について、公式に次のように述べている。

「このお虫払会は、遠く第二祖日興上人の法宝伝持のご精神に起源を求めることができましょうが、残念ながら文献としては残されていません。折々お弟子方を督励しては虫払をされたことと思います。記録にとどめられているものとしては、第十四世日主上人の時代(十六世紀)に、七月あるいは八月におこなったようすを記した正文書がありますが、これらが古い方といえましょう。そののち江戸時代以降は大体六月におこなわれてきたようです。しかし、当時は三年おき、または一年おきでした。現在のように、毎年四月に奉修するようになったのは大正時代になってからのことです」

御虫払い法要

http://homepage2.nifty.com/honshoji/activities/omushibarai/omushibarai.htm

つまり1573(元亀4)819日の日主の虫払い記録は、日蓮正宗の「虫払い法要」の記録としては、現在の日蓮正宗大石寺に残る最古のものであると述べている。さらに注目すべき点は、この1573(元亀4)819日の大石寺14世日主の虫払いは、大石寺14世日主が富士大石寺の法主に登座した直後の虫払い法要の記録であるということ。現在の日蓮正宗大石寺の法主の代替の直後の虫払い法要では、「日蓮の御肉牙」なるものを参詣した信者の前で開封し、内拝させている。これは長年の大石寺の伝統行事として定着しているものである。これは現代での大石寺65世堀米日淳法主、大石寺66世細井日達法主、大石寺67世阿部日顕法主、大石寺68世早瀬日如法主のいずれの法主の代替わり法要でも、「日蓮の御肉牙」なるものを参詣した信者の前で開封し、内拝させている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(150)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺14世日主ではない

■検証150・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺14世日主ではない

 

大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の研究者の中に、日蓮正宗大石寺14世法主・日主が「戒壇の大本尊」を偽作したという説を唱えている人もいて、戒壇の大本尊・大石寺17世日精偽作説が破綻した犀角独歩氏が、最近、この大石寺14世日主偽作説に乗り換えようと謀っている。

その戒壇の大本尊・大石寺14世日主偽作説の根拠になっているものは、次のようなものである。

(1) 「本門戒壇御本尊」なる本尊が大石寺14世日主筆の雑録に出てくること

(2) 大石寺9世日有が死去した1482(文明14)年に行われた小泉久遠寺と大石寺の問答を記録した「大石寺久遠寺問答事」には大石寺本尊堂における問答を記すものの、「戒壇の大本尊」の存在には何も触れていないこと

このふたつのようである。

 

□犀角独歩氏らの「戒壇の大本尊」大石寺14世日主偽作説は誤りである

 

(1)の大石寺14世日主筆の雑録とは、大石寺14世日主の著書「日興跡条条事示書」の中の

「大石寺は御本尊を以て遺状と成され候、是れ即ち別附嘱・唯授一人の意なり。大聖より本門戒壇御本尊、興師従り正応の御本尊法体御附嘱…」

の文のようである。確かに「本門戒壇御本尊」という言葉自体は、大石寺14世日主の文献がはじめてかもしれないが、しかしその「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所を意味する「事の戒壇」の言葉がすでに日蓮正宗大石寺9世法主日有の時代に出てきている。それは

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂…此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(日蓮正宗59世法主・堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」p84に掲載している「新池抄聞書」)

の文である。この「事の戒壇」という単語は、「戒壇の大本尊の安置する所は事の戒壇」という意味の「事の戒壇」で、大石寺に「事の戒壇」という語が出てくると言うことは、その時にすでに「戒壇の大本尊」なる板本尊が大石寺に存在していたことを意味する。

戒壇本尊1


そもそも、こういう内容の「戒壇の大本尊・大石寺14世日主偽作説」を唱える人たちは、文章の表面しか読んでおらず、仏教の法義・教義の内容に全く暗いことがわかる。

又、これは大石寺の「三大秘法」「三箇の秘法」についても同様で、大石寺が説いている「三大秘法」とは、日蓮が説いた「三大秘法」とは全く別個の「三大秘法」である。

日蓮が説き明かした仏法とは、南無妙法蓮華経と唱えれば、貴賤男女の差別なく一切衆生が成仏できる、というものであり、三大秘法の題目、本尊、戒壇の中では、題目が中心である。

ところが日蓮正宗では、題目よりも日蓮正宗大石寺の法主が書写した曼荼羅本尊を拝まなければダメだと言い、本尊が根本だと言う。さらに日蓮正宗では、「戒壇の大本尊」なる板本尊が祀られている「事の戒壇」に参詣しなければ成仏できない、と言っている。

これは題目よりも本尊、本尊よりも戒壇を中心・根本におく三大秘法であり、こういう教説は、大石寺9世日有が独自に発明し、左京阿闍梨日教が宣揚した三大秘法である。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ