アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史19・日正・日蓮正宗公称・『戒壇大本尊』写真

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(250)~由井一乗本の写真に登場する「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有偽作板本尊のレプリカ本尊か

■検証250由井一乗本の写真に登場する「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有偽作板本尊のレプリカ本尊か

 

□現奉安堂の「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有偽作の半丸太本尊か、レプリカ板本尊か

 

1632(寛永9)11月から1679(延宝7)2月までの47年間、大石寺御影堂に祀られていたのは「戒壇の大本尊」なる板本尊。さらにその後、大石寺御影堂の御開扉で日蓮正宗の信者の前に姿を現した「戒壇の大本尊」は、1445(文安2)年ころに大石寺9世日有が偽作した板本尊(半丸太本尊)ではなく、その後の大石寺17世日精が造立したレプリカ本尊の可能性が極めて高い、ということになる。御影堂御開扉の「戒壇の大本尊」がレプリカ本尊である可能性について、かつて「日有偽作論」で書いたが、ここでもう一度、おさらいしたい。

 

1 「戒壇の大本尊」なる板本尊が格蔵されていた大石寺宝蔵は土蔵造り(蔵造り)なので、火災に遭っても焼失する可能性はゼロに等しいが、御影堂は木造建築なので、火災が発生すれば焼失してしまう危険性がある。しかし総重量約二百キロになんなんとする半丸太状の板本尊は、持ち運びに極めて不便であるので、御影堂が火災で焼失してしまうと、そこに祀られている「戒壇の大本尊」なる板本尊も同時に焼失してしまう危険性が極めて高くなる。

2日有が偽作した板本尊(半丸太本尊)の「戒壇の大本尊」は、総重量二百キロにもならんとする半丸太状の板本尊であり、ただでさえ持ち運びに不便な板本尊でも、最も移動に不便な板本尊ということになる。宝蔵と御影堂の移動をしやすくするという目的があるのではないか。

したがって江戸時代から明治、大正、昭和の初期において、御影堂で「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉が行われていた時期があったが、この時の御開扉に現れた板本尊は、「戒壇の大本尊」なる板本尊のレプリカ本尊を使っていた可能性が極めて高いと言える。

 

では現在、大石寺奉安堂に祀られているのは、日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊の本体なのか、それとも日精が造立したレプリカ本尊なのか、という問題が出てくる。

 

1 1955(昭和30)年の大石寺宝蔵から奉安殿への「戒壇の大本尊」遷座。1972(昭和47)年の奉安殿から正本堂への「戒壇の大本尊」遷座。1998(平成10)年の正本堂から奉安殿への「戒壇の大本尊」遷座。2002(平成14)年の奉安殿から奉安堂への「戒壇の大本尊」遷座。

このいずれもが、僧侶、創価学会、法華講の衆目の面前で行われ、途中で大石寺9世日有が偽作した板本尊とレプリカ本尊をすり替えることは、物理的に不可能であること。

2 1955(昭和30)年の大石寺宝蔵から奉安殿への「戒壇の大本尊」遷座当時は、戸田城聖の創価学会折伏大進撃の時代で、「広宣流布達成の日は近い」と日蓮正宗大石寺の法主も僧侶も本気で信じ込んでいた。

戒壇大本尊1大正4年由井本1


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(247)~国立国会図書館から消えた「戒壇の大本尊」写真が載っている熊田葦城の著書

■検証247・国立国会図書館から消えた「戒壇の大本尊」写真が載っている熊田葦城の著書

 

□一般閲覧者が国立国会図書館から所蔵本を外に持ち出すことは実質的に不可能である

 

日蓮正宗大石寺公認の「戒壇の大本尊」の写真が載っていることで有名な熊田葦城の著書「日蓮上人」が、国立国会図書館から消えています。

熊田本・明治44年日蓮上人1


これは明治44(1911)年に熊田葦城氏が出版した「日蓮上人」のみならず、昭和3(1928)年に熊田葦城氏が出版した「日蓮上人」改訂版、昭和5(1930)年に熊田葦城氏が出版した「日蓮大聖人」という本も、ことごとく国立国会図書館から消えています。

「消えている」と書くと、なんとなくきな臭く聞こえるのですが、インターネットで検索すると、熊田葦城氏の「日蓮大聖人」は、国立国会図書館に所蔵されているかのようにヒットしてくるのですが、実際に図書館に行ってみると、これは所蔵されていません。「利用不可能」と回答されます。

なぜ、利用不可能なのか。

これを国立国会図書館の係員に問い合わせると、かなり前から所蔵不明になっているとのこと。

どういうことかというと、係員が書庫に収納する時に、収納場所を間違えて収納してしまい、書庫から出せなくなっているか、あるいは誰かが図書館の外に持ち出したか、いずれかであるという。

これは大変なことですね。誰かが図書館の外に持ち出した、ということになると、ドロボウが図書館から本を盗んでいった、ということになる。

これが原因で、利用不可能になっているとしたら、大問題ではないか。

 

もうひとつの熊田葦城の著書「日蓮上人」は、インターネットで検索しても、国立国会図書館の所蔵にはヒットしません。これはどう考えてもおかしい。

熊田葦城という人は、明治、大正、昭和初期のころの、かなりの著述家で、国立国会図書館には、熊田宗次郎名の本も含めて熊田葦城の著書が36冊も収蔵されています。

それなのに、熊田葦城の著書「日蓮上人」は、インターネットで検索してもヒットせず、熊田葦城の「日蓮大聖人」は、国立国会図書館に所蔵されているかのようにヒットしてくるのですが、実際には所蔵されておらず「利用不可能」と回答。不審ですね、これは。

熊田葦城の著書「日蓮上人」に日蓮正宗大石寺公認の「戒壇の大本尊」の写真が載っていることは、ずいぶん前から知られており、昔から日蓮正宗・創価学会批判の本や雑誌でも、このことを取り上げているものがいくつもある。

熊田本・日蓮大聖人4 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(246)~荒木清勇本「戒壇の大本尊」写真は由井一乗本「戒壇の大本尊」写真のトリミング・引き延ばし写真である

■検証246・荒木清勇本「戒壇の大本尊」写真は由井一乗本「戒壇の大本尊」写真のトリミング・引き延ばし写真である

 

□大正4年当時、すでに写真のトリミング・引き延ばし・修復が実際に行われていた

 

私が、明治・大正・昭和初期に日蓮正宗の信者が出版した本に載っている「戒壇の大本尊」の写真は、明治44(1911)11月に熊田葦城氏が出版した著書「日蓮上人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真以外は、全て同一の写真を使っているのではないか、ということである。

そのポイントは、日蓮正宗大講頭・由井一乗氏が、大正4(1915)11月に本名・由井幸吉の名前で出版した「日蓮大聖人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真。

戒壇大本尊2大正4年由井本2

 

それとほぼ同時期の大正4(1915)1111日に大阪・蓮華寺信徒・荒木清勇氏が出版した「大日本国所立・聖教乃正義」という本に載っている「戒壇の大本尊」の写真である。


戒壇大本尊10大正4年荒木本3

 

昭和3(1928)4月に熊田葦城氏が出版した「日蓮上人」改訂版に載っている「戒壇の大本尊」の写真は、荒木清勇氏の「大日本国所立・聖教乃正義」に載っている「戒壇の大本尊」の写真の複写であることは間違いない。

 

ということは、由井一乗氏の「日蓮大聖人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真と荒木清勇氏の「大日本国所立・聖教乃正義」に載っている「戒壇の大本尊」の写真が同一のものかどうかに尽きる。つまり、荒木清勇本の「戒壇の大本尊」の写真は、由井一乗本の「戒壇の大本尊」の写真をトリミング・引き延ばした写真ではないかということである。

この疑問・謎を検証し解き明かすためには、やはりどうしても写真の専門家の意見を聞かなくてはならない。

そこで東京・麹町の日本カメラ博物館の専門家に、熊田葦城本、由井一乗本、荒木清勇本に載っている「戒壇の大本尊」の写真を見せて鑑定を依頼するとともに、意見を聞いた。

日本カメラ博物館の専門家の意見は、だいたいこうであった。


カメラ博物館2 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(245)~いかにして由井一乗氏は大石寺御影堂で「戒壇の大本尊」を写真撮影したのか

■検証245・いかにして由井一乗氏は大石寺御影堂で「戒壇の大本尊」を写真撮影したのか

 

□写真館のプロ写真家の出張撮影で撮影された可能性が高い御影堂「戒壇大本尊」御開扉写真

 

熊田葦城氏は、明治44年刊行の著書「日蓮上人」の中で、「戒壇の大本尊」の写真を入手した経緯について

「これ日蓮上人より日興上人に伝えられたる本門戒壇の大本尊なり。丈四尺六寸余、幅二尺一寸余の楠材にして日蓮上人の真筆に係り日法上人之を彫刻す。今、冨士大石寺に宝蔵す。由井一乗居士、特に寄贈せらる」(日蓮上人p375)

と書いていて、自身の折伏親である由井一乗氏から寄贈されたとしている。

由井一乗氏は、大正元年(1912)10月、東京独一本門講が出版した『総本山大石寺真景』という写真集に、「御堂の寶殿・戒壇の大御本尊御開扉の霊況」と題する御影堂の「戒壇の大本尊」御開扉の写真を載せており、自ら大正4(1915)11月に本名・由井幸吉の名前で「日蓮大聖人」という本を出版していて、その中に戒壇の大本尊」の写真を載せているのである。

戒壇大本尊2大正4年由井本2


そうすると、歴史上はじめて大石寺の「戒壇の大本尊」を写真撮影したのは、熊田葦城氏ではなく、大正元年(1912)10月には日蓮正宗大講頭の地位にあった由井一乗氏であったと考えられるのである。

それではいかにして、由井一乗氏は御影堂の中で「戒壇の大本尊」を写真撮影したのか。これを検証するには、明治・大正・昭和初期のころの写真・カメラ情勢を知る必要があり、私は東京・麹町にある日本カメラ博物館を訪ねて、専門家の話を聞いた。

それによると…

 

日本にカメラ・写真が伝来した慶応年間のころから「写真場」という所があった。これは、いわば屋外における小さな仮設の写真屋さんのような所で、大きな寺院の境内にも「写真場」があった。

これに対して大正年間のころから「写真館」ができはじめた。これは屋外の「写真場」とはちがって、家屋やスタジオを構えていた所で、これが今の写真屋に該当する。

この「写真館」は、出張撮影を請け負っていた。これは、「写真館」から撮影場所に出張して、写真撮影するもので、カメラの他、照明器具も撮影場所まで持参し、カメラ撮影する人の他に、照明器具につく人員も、「写真館」から出張していた。

よって一回の出張撮影で、3人から4人が撮影現場に出張していた。

大正年間には、アマチュアの写真家もすでにいた。が、数は今ほどは多くはない。

が、大正4(1915)11月に由井幸吉の名前で出版した「日蓮大聖人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真は、「写真館」のプロが撮影した可能性が高いという。

カメラ博物館2


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(244)~昭和3年4月の熊田葦城氏本「日蓮上人」に載る「戒壇の大本尊」の写真

■検証244・昭和34月の熊田葦城氏本「日蓮上人」に載る「戒壇の大本尊」の写真

 

□荒木清勇本の「戒壇の大本尊」写真の複写を載せた熊田葦城氏本「日蓮上人」改訂版

 

熊田葦城氏は、明治44(1911)に初版を出した「日蓮上人」の改訂版を何度か出版しているが、初版出版から17年後の昭和3(1928)4月に「日蓮上人」改訂版を中和書院から出版している。

その本の中に載っている「戒壇の大本尊」の写真がこれである。

戒壇大本尊13昭和3年熊田本3

 

これは、大正4(1915)1111日に大阪・蓮華寺信徒・荒木清勇氏が出版した「大日本国所立・聖教乃正義」という本に載っている「戒壇の大本尊」の写真の複写だと思われます。

 

熊田葦城氏は明治44(1911)に初版を出した「日蓮上人」にも「戒壇の大本尊」の写真を載せていますが、昭和3(1928)4月の「日蓮上人」改訂版に載せた「戒壇の大本尊」の写真は、これとは別個の写真になっている。

 

こうしてみると、明治・大正・昭和初期における日蓮正宗の大物信者である熊田葦城(宗次郎)、由井一乗(幸吉)、荒木清勇(英一)が、いずれも大石寺公認のもとに教学本を出版して、そのいずれにも「戒壇の大本尊」の写真が載っているという事実である。

 

日蓮正宗大石寺66世細井日達は、著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の中で

「安永君は熊田葦城氏の『日蓮上人』の初版に掲載されているというが、此は某信徒が葦城氏と相談して写真を出したならば世間に知らしめて非常に効果があると考えて大石寺に願ってやったことである」(悪書『板本尊偽作論』を粉砕すp11)

 

と言っているが、「本当にそうなのか」という疑念が芽生えてくる。

信徒が願っただけで、熊田葦城、由井一乗、荒木清勇の著書に「戒壇の大本尊」の写真が大石寺公認で載るだろうか。仮に熊田葦城氏の本に「戒壇の大本尊」の写真が載ったのは、細井日達の言う理由だったとしても、大物信者である由井一乗、荒木清勇の著書に「戒壇の大本尊」の写真を載せたのは、いかなる理由からなのか。

しかもこれらの本には、法主、大学頭の揮毫までが載っている。

現在の大石寺は、明治末期から大正のころに、日蓮正宗の信者が出版した著書に「戒壇の大本尊」の写真を載せた事実を隠そうとしているが、この明治末期から大正のころは、むしろ大石寺が「戒壇の大本尊」の写真を積極的に出版物に載せて布教しようとしていたのではないかとすら思えてくる。

昭和3年熊田本・表紙1 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ