アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺正本堂・奉安堂・客殿・六壺等の堂宇の他宗派からのパクリ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

またまたそっくり!日本に戒を伝えた鑑真開祖の奈良・唐招提寺金堂の外観にそっくりの大石寺六壺

□大石寺六壺によく似ている仏教寺院堂宇は他にもあるが唐招提寺金堂が最も古くからある堂宇

 

大石寺のそっくり堂宇は、まだある。1988(昭和63)10月、大石寺開創七百年記念事業として再建された大石寺六壺が、日本に戒を伝えた鑑真開祖の奈良・唐招提寺金堂の外観にそっくりなのである。これも二つの写真を掲載するので、よく見比べていただきたい。

奈良・唐招提寺金堂とは国宝。奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のもの。2000年から解体修理(「平成の大修理」)が行われ、2009111日-3日に落慶行事が行われた。

大石寺六壺によく似ている仏教寺院堂宇は、他にもあるが、この唐招提寺金堂がもっとも古くからある堂宇である。

 

金堂2
 

 

(奈良・唐招提寺金堂・「アンチ日蓮正宗」管理人撮影)

 

六壺11
 

(1988(昭和63)10月再建の大石寺六壺・Wikipedia・フリー百科事典より引用)

 

これもそっくり!浄土宗総本山・京都知恩院の三門の外観にそっくりの日蓮正宗大石寺の三門

□知恩院三門も大石寺三門も江戸幕府将軍建立の堂宇だから外観がそっくりになるのも当然か

 

そっくり伽藍・堂宇は、まだまだある。大石寺の表玄関にそびえ立つ「三門」が、浄土宗総本山・京都知恩院の三門にそっくりなのである。二つの写真を掲載するので、よく見比べていただきたい。

知恩院の三門は、1621(元和7)年、江戸幕府二代将軍・徳川秀忠の命により建立された堂宇。高さ24メートル、横幅50メートル、屋根瓦約7万枚。その構造・規模において、日本現存の木造建築の門として世界最大級の門である。2002(平成14)年に国宝に指定されている。

大石寺の三門は、1712(正徳2)年、江戸幕府六代将軍・徳川家宣が富士山の巨木70本、御台所・天英院が黄金1200粒を寄進。6年の歳月をかけて1717(享保2)年に完成した門。間口24メートル、奥行11メートル、高さ22メートルで、高さは知恩院三門と大差がないが、間口、奥行きは知恩院三門と比べるとかなり小型である。

知恩院三門も、大石寺三門も、どちらも江戸幕府将軍の命により建立された堂宇だから、外観がそっくりになるのも、当然と言えば当然なのかも。

 

三門2
 

 

(「アンチ日蓮正宗」管理人撮影の知恩院三門)

 

三門6(知恩院)
 

 

(知恩院刊行の小冊子「知恩院」に載っている知恩院三門)

 

 

三門7(1993大石寺案内)
 

(大石寺刊行の1993年版小冊子「大石寺案内」に載っている大石寺三門の写真)

 

 

浄土宗総本山・京都知恩院御影堂の外観にそっくりの1998年3月25日落慶の大石寺客殿

□東大寺大仏殿、東本願寺・西本願寺御影堂への対抗意識のもとに建築された大石寺客殿

 

1998(平成10)325日に落慶した大石寺客殿の外観が、浄土宗総本山・京都知恩院の御影堂(みえいどう)の外観にそっくりである。

知恩院御影堂(みえいどう)は、大殿(だいでん)とも呼ばれ、江戸時代初期から浄土宗開祖・法然の御影(木像)を祀っている堂である。大きさは、奥行35メートル、間口45メートル。周囲に幅3メートルの大外縁をめぐらすという知恩院最大の堂宇で、平面積では日本で5番目に大きい寺院建築である。寛永10(1633)の火災により焼失しましたが、寛永16年(1639)に徳川家光によって再建され、平成14年には国宝に指定されている。

知恩院では平成23(2011)に開祖・法然800年大遠忌を迎えるのにあたり、この国宝・御影堂の半解体をともなう大修理を発願。平成31(2019)竣工をめざして、「平成の大修理」中である。

ここに載せている知恩院御影堂の写真は、「平成の大修理」以前のもの、知恩院刊行の小冊子「知恩院」に載っている写真である。

大石寺客殿のデータは、間口・奥行とも約50m(2500m2)、高さは36m。内部の基本構造は鉄骨造りで、外装や堂内の仕上げは木材を使用。2階に1,112畳の大広間がある。よって間口、奥行きとも、大石寺客殿のほうが大きい。堂宇そのものの造りは、大石寺客殿と知恩院御影堂は、そっくりである。

東大寺大仏殿と比較して見ると、現在の東大寺大仏殿は高さ46.8m、間口57m(2667m2)、奥行50.5メートル。真宗本廟・東本願寺は御影堂(ごえいどう)が、北76m、東西58m(4408m2)、高さ38m、堂内927畳の御影堂(ごえいどう)。そして阿弥陀堂が南北52m、東西47m、高さ29m。西本願寺御影堂は、東西48m、南北62m(2976m2)、高さ29m

こうしたデータを比較して見ると、大石寺客殿は、外観が知恩院御影堂とそっくりであることもさめことながら、明らかに東大寺大仏殿、東本願寺御影堂、西本願寺御影堂といった堂宇を明らかに意識し、対抗意識のものに建築された堂宇であることがわかる。

 

知恩院御影堂1
 

 

(知恩院刊行の小冊子「知恩院」に載っている知恩院御影堂)

 

客殿8(大石寺案内)
 

(大石寺刊行の小冊子「大石寺案内」に載っている大石寺客殿の写真)

 

御影堂1
 

(「アンチ日蓮正宗」管理人が撮影した写真・「平成の大修理」中の知恩院御影堂)

 

ピカソが1968年に発表した絵画「首飾りをした裸婦」によく似ている正本堂大前机の全裸彫刻

□東洋仏教文化の例外的に存在した全裸彫刻・かつて大石寺にあった正本堂大前机の全裸彫刻

 

さて、2018128日、東京・上野・国立西洋美術館に行って、もうひとつ気がついたことがある。それは全裸像のことである。ミケランジェロの全裸男性彫刻像の他、「弓を引くヘラクレス」「説教するヨハネ」など、マッチョ男の全裸彫刻が常設展示されているのだが、全回、東洋美術と西洋美術を比較して、「全裸美術、全裸彫刻は、日本の仏教文化には皆無である。」と書いた。

「ふと思ったこと(6)~国立西洋美術館の展示を鑑賞して思った東洋仏教美術と西洋キリスト教美術の相違」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/37624111.html

しかしながら、よくよく考えてみると、極めて「例外的な」存在であるが、東洋文化にも、全裸彫刻ではないか、と思われるものがあったのである。それは、1972年~1998年に大石寺に存在した正本堂の大前机にあった「全裸彫刻」である。

 

2


23
 

(1972-1998に大石寺に存在した正本堂)

 

23大前机


24大前机
 

 

(正本堂の大前机・写真集「正本堂」より)

大前机と言っても、聞き慣れない方がいると思うので、少し解説しておきたい。

「前机」(まえづくえ)とは、読書や物書きなどに使う文机(ふづくえ),仏前に置き香炉など載せる前机,経を読むときに使う経机,飲食物を載せて食事するのに使う食卓など。ここで言う前机とは、香炉を載せて仏前に置く前机で、正本堂の大前机とは、ちょうど正本堂の大導師席(法主が着座する席)の前にあり、「戒壇の大本尊」に供える香炉が置いてあった巨大な前机のことである。

この大前机に、「衆生所遊楽」と題する彫刻が彫ってあるのだが、ここに全裸像と思われる彫刻があった。実は、この彫刻、1970年代から1990年代のころ、マスコミによく取り上げられ、「正本堂の大前机の全裸像の顔が、池田大作によく似ている」「あれは、池田大作の全裸像なのではないか」「正本堂の建立発願主は池田大作だから、池田大作は自分の全裸像を大導師席の前に備えつけて、大石寺の法主に、自分の全裸像を拝ませようとしていたのではないか」等々…と、マスコミが集中砲火的批判を浴びせていた。

池田大作が、はたして自分の全裸像を、大石寺の法主をはじめ、大石寺僧侶、参詣信徒に拝ませようとしていたのかどうかは、これだけでは断定することはできない。しかしながら、大前机の全裸彫刻の顔が、どこをどう見ても池田大作に似ているというのは、異論があるまい。

 

正本堂大前机1


正本堂大前机2
 

(正本堂の大前机・全裸彫刻)

 

池田大作17
 

(池田大作の写真・インターネットのサイトより)

 

 

続きを読む

1972-1998に大石寺に存在した正本堂と代々木第一体育館(現存)の設計者は全く別人である

□代々木競技場第一体育館の設計者は丹下健三氏、正本堂の設計者は横山公男氏(法華講員)

 

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」では、2016327日、「1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか」と題して、かつて大石寺に存在した巨大な堂宇・正本堂の設計・デザインが、今も東京・代々木公園に現存している代々木競技場第一体育館の設計・デザインのパクリなのではないか、という問題を取り上げて論究した。

1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/47192178.html

これに対して、日蓮正宗信者(法華講員)が、奇妙な反論を口にしているという情報が、「アンチ日蓮正宗」にもたらされている。日蓮正宗信者(法華講員)が口にする、奇妙な反論とはこうである。

--------------------------------------------------------------

正本堂と代々木競技場第一体育館の設計者は同一人物である。だから、デザインがそっくりでも、パクリにならない。

----------------------------------------------------------------

 

これはまた笑止千万な反論である。1972-1998に大石寺に存在した正本堂と代々木第一体育館(現存)の設計者は全くの別人であり、同一人物ではない。

正本堂の設計者は、横山公男氏(法華講員)であることは、日蓮正宗や大石寺が発行した、数多の正式文献に載っている。

 

正本堂12


正本堂13(設計・横山公男)


大石寺案内1
 

(1984(昭和59)年・大石寺が発行した「大石寺案内」。この中に正本堂の設計は横山公男氏によるものと書いてある)

それでは、代々木競技場第一体育館の設計者は一体誰なのか。それは、日本の建築家、都市計画家。一級建築士である丹下健三氏である。

「丹下健三氏」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E4%B8%8B%E5%81%A5%E4%B8%89

丹下健三氏が設計を手がけた建造物の一覧を、フリー百科事典・Wikipediaから引用してみる。

 

丹下健三1


丹下健三2


丹下健三3


丹下健三4


丹下健三5


丹下健三6
 

(丹下健三氏が設計を手がけた建造物一覧)

このように、1972-1998に大石寺に存在した正本堂と代々木第一体育館(現存)の設計者は全くの別人である。したがって、設計・デザインが酷似していれば、パクリ疑惑が沸騰して当然ではないか。()

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ