アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「戒壇大本尊」は大石寺9世日有の偽作である16の証拠一覧表

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(229)~大石寺の「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有によって偽作されたことを証する16の証拠

■検証229・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠84

 

「戒壇の大本尊」「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」は大石寺9世日有の偽作である

 

大石寺9世日有の「本門事の戒壇」思想は「新池抄聞書」『日浄記』等の文書に出てくる。それは

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」

(「新池抄聞書」/「富士日興上人詳伝・下」p84)

新池抄聞書1

新池抄聞書3

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意なり。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊即ち本門戒壇の本尊と云々。』 …

是れ日浄上人は日有の時の人なり。已にそれ未聞未見の板本尊を彫刻すと云う。偽造たること白々たり。又、小泉久遠寺の日要、日我等、日有の真似をして重須は御影堂正意、久遠寺は本堂、能開所開、両寺一味などと云う」

(「日浄記」/「大石寺誑惑顕本書」p6p7)
日浄記1

これらの文に、はっきりと垣間見得るように、大石寺9世日有が言う「事の戒壇」とは「戒壇の大本尊」なる板本尊が祀られている堂宇・伽藍という意味である。「二箇相承」の「身延相承書」

「国主此の法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ」

(左京阿闍梨日教「百五十箇条」・大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p183184)

この「富士山本門寺の戒壇」が大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る堂宇である。「百六箇抄」の文「四十二、下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり」「又五人並に已外の諸僧等、日本乃至一閻浮提の外万国に之を流布せしむと雖も、日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」1p1821)

百六箇抄6(富士山本門寺本堂)

百六箇抄7(日興嫡嫡相承本堂正本尊)

この中の「日興嫡嫡相承の曼荼羅」とは、大石寺格蔵の「戒壇の大本尊」を指している。大石寺の「事の戒壇」とは、三大秘法の「戒壇」の根本として「戒壇の大本尊」を祀る場所という意味である。「日興跡条条事」の第二条の文「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」の中の「弘安二年の大御本尊」とは、大石寺格蔵の「戒壇の大本尊」である。すなわち、大石寺の「戒壇の大本尊」、「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」が同一人の手によって偽作されたということ。「戒壇の大本尊」「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」を偽作したのは大石寺9世日有である。では、「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠は何か。これは16の証拠があることを「大石寺の『戒壇大本尊』は大石寺9世日有の偽作だ」で論証している。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(228)~北山本門寺・日浄記の「戒壇大本尊」日有偽作の内容を史実と認めている大石寺59世堀日亨

■検証228・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠83

 

□北山本門寺・日浄記の「戒壇大本尊」日有偽作の内容を史実と認めている大石寺59世堀日亨

 

大石寺59世堀日亨は、「日浄記」の「戒壇の大本尊」偽作告発の記事について、かく言っている。

「福島県の、黒砂のこっちの海岸通りの方ですね。そういうのが間違えられて日有上人が板御本尊を偽造したなんていうことを言う。その日有上人の残された本尊がみな大きいのです。それから、今、天王堂の本尊というのが御本山(大石寺)にありますがね、あの御本尊様もかなり大きいですよ。そういう板本尊の古いのは、ほかの富士門流にはないです。ないですから、日有上人が紫宸殿の御本尊崇拝ですから、紫宸殿の御本尊をいくつも彫っておかれたのです。もっとも御自分で彫ったのじゃない。仏師が彫ったのです。なんていう名前の人かは書いていんいですね」

「それが大石寺と北山とはもほとんど例の二品読誦(方便品を勤行の時に読むか読まないかについての日代・日仙の問答)以来からの、あまり親しい仲じゃないのですから。ですから、何か、北山では、大石寺のアラを探そうという学匠が多かったのです。そんな人が日有上人が板本尊を偽造したなんていうことを言い始めている。自分たちが作ったことはないから…」「それから又、例の房州(安房国のことだが、ここでは保田妙本寺のこと)の記録によってみるというと日有上人の晩年にですね、文明十四年(1482)ですか、妙本寺の末寺の僧侶が大勢と、北山の貫首と連合してですね、大石寺に例の談判にやってきた。そのときですね。油野浄蓮がいたんです」「(『祖師伝』の日有癩病説は)そりゃ、日辰が書いたけれども、日辰の説じゃないんじゃ、北山で聞いたからと言って、『祖師伝』の中に書き加えてあるので、日辰の説じゃない」(「堀上人に富士宗門史を聞く(1)/『富士宗門史』p9098

このように堀日亨は、北山本門寺日浄が日有の「戒壇の大本尊」彫刻を告発した記が捏造ではなく、実際に日浄が言ったものとして実質的に認めている。以上、さまざまな観点から、北山本門寺の「日浄記」を検証してきたが、これはまさに北山本門寺6代貫首・日浄の時代から存在した記と認められるものである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(227)~「新池抄聞書」と北山本門寺「日浄記」の共通性は両者が同時代の文献である証明

■検証227・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠82

 

□「新池抄聞書」と北山本門寺「日浄記」の共通性は両者が同時代の文献である証明

 

「新池抄聞書」と「大石寺誑惑顕本書」の文を比較してみると、日蓮正宗大石寺9世法主日有の発言・思想を伝える部分について、共通している箇所が多々見られる。

■「新池抄聞書」の文

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」

新池抄聞書1


新池抄聞書3

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p294295/「富士日興上人詳伝・下」p84)

■「大石寺誑惑顕本書」の文

「大石寺の板本尊は日有(彼山中興)の偽造なり。往昔より兎角に北山本門寺の本堂を蔑如して富士門徒にて争う中に於て、殊に大石寺の邪徒、重須(北山)の本堂を嫉妬し板本尊を偽造して、戒壇の本尊と名付け、且は偽書を造り開山の付属と云い、無窮の妄語を吐き、世間の道俗を誑惑し、無慙無魂を招かるる事也」

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意なり。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊即ち本門戒壇の本尊と云々。』 …

是れ日浄上人は日有の時の人なり。已にそれ未聞未見の板本尊を彫刻すと云う。偽造たること白々たり。又、小泉久遠寺の日要、日我等、日有の真似をして重須は御影堂正意、久遠寺は本堂、能開所開、両寺一味などと云う」(「大石寺誑惑顕本書」p6p7)
両者の文を比較してみると、「新池抄聞書」の

「父の大石は本尊堂、重須は御影堂」「彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生」

「即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」

「大石寺誑惑顕本書」の

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意なり。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊即ち本門戒壇の本尊と云々。』」

「小泉久遠寺の日要、日我等、日有の真似をして重須は御影堂正意、久遠寺は本堂、能開所開、両寺一味などと云う」

この部分に、明らかな共通性が見て取れる。特に注目されるべきは、

「新池抄聞書」の「日有云く、また云く…即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」と、

「日浄記」の「大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意なり。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊即ち本門戒壇の本尊と云々。」

の共通性である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(226)~1493(明応2)年・北山本門寺六代貫首・日浄「富士山本門寺文書集日浄記」の文

■検証226・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠81

 

1493(明応2)年・北山本門寺六代貫首・日浄「富士山本門寺文書集日浄記」の文

 

大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したとする証拠として、最後の第16に挙げなくてはならないのは、「富士山本門寺文書集日浄記」である。大石寺9世日有が、「戒壇の大本尊」なる板本尊を、日蓮真筆の本懐の本尊であるなどと言って偽作したことを、公然と告発して文献に書きとどめた人物がいる。それは大石寺と同じ日興門流・富士門流の本山寺院である、北山本門寺の第6代貫首・日浄(?1493)で、この日浄という人物は、大石寺9世日有とほぼ同じ時代を生きた人物である。「富士山本門寺文書集日浄記」の文とは下記の文である。

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意也。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊則ち本門戒壇の本尊と云々』

「日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊を彫刻し、猶己義荘厳の偽書を造る。…もし、日有の誑惑世間に流布せば、興門の道俗共に無間に堕ち、将来悲しむべし云々」

(「大石寺誑惑顕本書」p6p7

日浄記1


----日有は、開山・日興上人の本懐の精神に背き、今までに見たことも、聞いたこともない、板本尊を彫刻した。その上に、大石寺一門と自分の身を粉飾し、飾りたてるために、「日興跡条条事」という偽書と、「日目譲り状」という偽書を作製した。もしこの日有の誑惑(たぶらかし)が、一般世間に広まってしまうようなことになってしまったら、日興門流の僧侶や信者は、無間地獄に堕ちてしまい、将来、悲しむべきことになってしまうだろう。------

北山本門寺六代日浄は死の直前になって「日有は未聞未見の板本尊を彫刻・造立した」「日有は偽作した板本尊が国主が本門の正法に帰依したときの『本門戒壇の本尊』だと言っている」と厳しく非難する文書を書き残した。開祖日興の時代以来、大石寺と北山本門寺は「刎頸の友」の蜜月関係だったのだが、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作、北山本門寺六代日浄日浄の日有非難以来、大石寺と北山本門寺の関係は決裂し、敵対関係になっている。北山本門寺6代貫首・日浄が大石寺9世日有を非難する文を載せている「大石寺誑惑顕本書」という文献は、明治維新直前の幕末のころ、北山本門寺33代貫首・日信が著わした著書とされている。

日蓮正宗・創価学会の二重スパイ疑惑で有名な自称・宗教ジャーナリスト・大木道惠氏は、この「大石寺誑惑顕本書」の正筆・写本共に北山本門寺に現存せず、転写本が日蓮正宗大石寺、京都要法寺等に現存していることから、この文献の存在そのものに疑義を呈している。

古文書において、正筆が存在せず転写本のみが存在する古文書は、特に珍しいことではなく、日蓮遺文関係では、「開目抄」「如説修行抄」「顕仏未来記」「頼基陳状」「三沢抄」「窪尼御前御返事」「伯耆殿御返事」等、みなそうなっている。これらの書状が「正筆が存在せず転写本のみが存在する」という理由だけで、日蓮遺文としての存在そのものに疑義を唱える学者は皆無であり、上記の遺文は、立正大学日蓮教学研究所編纂「日蓮聖人遺文」全集にも、大石寺編纂の「日蓮大聖人御書全集」にも、掲載されている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(217)~大石寺九世日有が書写した本尊の日付には概ね干支が記載されていない

■検証217・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠72

 

□大石寺九世日有が書写した本尊の日付には概ね干支が記載されていない

 

大石寺の「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠の第13は「日蓮正宗大石寺九世法主日有が書写した本尊の日付には概ね干支が記載されていない」ということである。

日蓮真筆の本尊は、その図顕年月日が記載されている本尊については、その全てに干支が記載されている。ところが大石寺の「戒壇の大本尊」の「弘安二年十月十二日」の日付には、弘安二年の「太歳己卯」の干支が記載されておらず、干支の記載がない「戒壇の大本尊」は日蓮真筆の本尊ではない証拠である、と論証した。

干支の記載がない「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有の偽作であるならば、大石寺9世日有が書写した大漫荼羅本尊の書写年月日に干支の記載がないということでなければ、おかしいということになる。結論から言うと、日蓮正宗大石寺九世法主・日有が書写した大漫荼羅本尊に記されている日付には、概ね、干支が記載されていない。このことは日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が編纂した『富士宗学要集』8巻の「漫荼羅脇書き」を調べればわかることだ。念のため、大石寺9世日有が書写した大漫荼羅本尊の日付を列記してみる。

「永享四年卯月十三日」(富士大石寺長穏日章に授与の本尊)

「永享七年五月十四日」(大石寺住侶弁公日能に授与の本尊)

「文安四年九月二日」(富士大石寺門徒園部刑部阿闍梨日勢に授与の本尊)

「文安四年九月二十二日」

「文安六年八月二十四日」

「享徳四年閏四月二十六日」(富士大石寺門徒・山峯太左衛門に授与の本尊)

「長禄四年七月十八日」(奥州二迫住人・加藤日源に授与の本尊)

「長禄四年八月二十五日」

「寛正二年三月二十二日」(下野国薗部日安に授与の本尊)

「寛正四年閏六月二日」(富士大石寺門徒金井僧侶伊勢阿闍梨日量に授与の本尊)

「文明五年三月二十九日」(大畠九郎兵衛に授与の本尊)

「文明五年十二月十二日」

「文明五年十二月二十九日」

「文明六年甲午正月五日」(甲州下山大村六郎左衛門に授与の本尊)

「文明六年三月二日」

「文明六年五月二十六日」(河口十郎左衛門に授与の本尊)

「文明六年閏五月二十六日」(奥州一迫柳目三位阿闍梨日為母儀妙了日宗に授与の本尊)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ