アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 伝統仏教の仮面(戒壇本尊・血脈)をかぶるカルト・大石寺・日蓮正宗

■検証2・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない2   □戒壇大本尊・日蓮本仏・血脈相承を偽作したのに「御肉牙」は何も言っていない大石寺9世日有   「アンチ日蓮正宗」では、「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「日蓮本仏義」 ...

□池田大作が願主になり創価学会が寄進した六壺を取り壊して六壺を新築した阿部日顕   大石寺の六壺(むつぼ)という堂宇は、ちょうど客殿と大坊の間に建っている。 この堂宇は、日興の大石寺創建当時からあった堂宇で、もともとは六室にわかれていたことから「六壷」と ...

法主は、大客殿の大導師席に着座した後、五座の勤行が終了するまで、ずーっと横向きというか、東向きに座ったまま、読経・唱題している。 どうして法主だけは、勤行のときは、横向きで読経・唱題するのか。この理由は、日蓮正宗側の説明によると、法主の唱える題目で大衆 ...

最近、ある所で「日蓮正宗にはどういう名が最適か」という議題が出たようである。   創価学会、顕正会は「日顕宗」と言い、正信会は「阿部宗門」と言い、美濃周人氏は「日蓮詐欺宗」「詐欺正宗」と言い、日蓮正宗以外の仏教宗派は「大石寺派」「富士派」等と言う。   ...

日蓮正宗・創価学会の問題は、創価学会が「破門」になったからといって、日蓮正宗の全ての問題と責任が終結するわけでは絶対にない。 今、日蓮正宗宗門(大石寺)は、「創価学会はまちがっている。だから寺院直属の信者になれ」などと呼びかけているが、その創価学会を産み落と ...

↑このページのトップヘ