アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

伝統仏教の仮面(戒壇本尊・血脈)をかぶるカルト・大石寺・日蓮正宗

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺「御肉牙」は17世日精の偽作だ(2)~大石寺の「御肉牙」について全く言及していない大石寺9世日有

■検証2・日蓮正宗大石寺に「日蓮の御肉牙・歯骨」は存在しない2

 

□戒壇大本尊・日蓮本仏・血脈相承を偽作したのに「御肉牙」は何も言っていない大石寺9世日有

 

「アンチ日蓮正宗」では、「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「日蓮本仏義」「唯授一人血脈相承」「日蓮遺骨」「日蓮墓所」が、すでにことごとく大石寺9世日有の偽作であることを論証してきている。それに加えて「大石寺の『御肉牙』は偽作だ」と言うと、「大石寺の『御肉牙』も大石寺9世日有の偽作だと言うのだろう」なとらと、下らない勘ぐりをする者が出るであろう。ところが大石寺の「御肉牙」は、大石寺9世日有の代にはまだ存在しておらず、影も形もなかった。大石寺の「御肉牙」は、大石寺9世日有の偽作ではなく、大石寺17世日精の偽作であることをここでは論証していくのだが、その前にここでは、大石寺の「御肉牙」は、大石寺9世日有の代にはまだ存在していなかったことを論証するものである。

日蓮正宗大石寺48世法主・日量は著書「富士大石寺明細誌」の中で、

「御生骨と称す。蓮祖の在日、生歯を抜き血脈相承の証明と為て、之を日興に賜ひ、事の広布の時に至らば光明を放つべきなり云々」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が編纂した「富士宗学要集」第5335ページ)

と書いており、「御肉牙」は大石寺歴代法主に相伝される「血脈相承の証明」だと言っている。

ところがその「血脈相承」の他「戒壇の大本尊」や「日蓮本仏義」を偽作した日蓮正宗大石寺9世法主日有が、「御肉牙」について、ただの一言も言及していないのである。これもまた御肉牙にまつわる大きな矛盾である。大石寺9世日有は、「化儀抄」をはじめ、随所で「血脈」の重要性を説いている。たとえばその代表的な説法としては、下記のようなものがある。

「手続(てつぎ)の師匠の所は三世の諸仏、高祖以来、代々上人のもぬけられたる故に、師匠の所を能く能く取り定めて信を取るべし。又、我が弟子も此の如く我に信を取るべし。此の時は、何れも妙法蓮華経の色心にして全く一仏なり、是れを即身成仏と云うなり」(日蓮正宗59世法主・堀日亨が編纂した『富士宗学要集』161ページ収録の「化儀抄」より)

--------「手続(いつぎ)の師匠」とは、自ら弟子をもって薫育している師匠のことで、大石寺法主や末寺の住職のこと。その「手続の師匠」の所には過去・現在・未来の三世の総ての仏や高祖日蓮以来、歴代の大石寺の法主の心がぬけられて師匠の所に来ているのだから、その師匠をよくよく信じて信仰に励むべきである。私(日有)の弟子たちも、このように私(日有)を信じて信仰に励むべきである。-------

 

続きを読む

新築落慶から5年しか経っていないのに大きな裂け目が入っていた大石寺六壺の柱

□池田大作が願主になり創価学会が寄進した六壺を取り壊して六壺を新築した阿部日顕

 

大石寺の六壺(むつぼ)という堂宇は、ちょうど客殿と大坊の間に建っている。

この堂宇は、日興の大石寺創建当時からあった堂宇で、もともとは六室にわかれていたことから「六壷」と呼ばれるようになったとも言われるが、これは寺伝であって、定かではない。

六壺6


大石寺では、六室のうちの一室を日興が持仏堂にしたと言っている。

昭和59(1984)3月発行の「大石寺案内」によれば、明治22(1889)、大石寺52世鈴木日霑法主の代に、独立した堂宇として建立されて近代に至った、と書いてあるので、それ以前は、独立した堂宇ではなかったということである。

昭和40(1965)46日、創価学会会長・法華講総講頭・池田大作の発願・建立寄進により、七間四面、瓦葺き・総欅造り、四壁が蔀造り、72畳敷の六壺が再建新築された。

丑寅勤行4(旧六壺)


現在の六壺は昭和63年(1988年)10月、大石寺67世阿部日顕法主の代に、大石寺開創700年を記念して再建された。十間四面の総欅作りで、内部は170畳敷。建物は大坊と渡り廊下でつながっている。

72畳敷の六壺が170畳敷になったわけだから、かなり堂宇が広がったことになる。

大石寺の深夜の「丑寅勤行」では、客殿の五座勤行と客殿「戒壇の大本尊」遙拝所の読経・唱題が終わった後、法主は六壺に来て読経唱題し、大坊に引き上げていく。この六壺の読経・唱題は、僧侶しか中に入ることができないが、六壺で毎日行われている夕の勤行の時間帯は、六壺は開門されていて、中に誰でも入っていけるのである。具体的に、六壺の開門時間が何時から何時までだったかは忘れてしまったが、この六壺の夕の勤行の時間帯に、一度、入ったことがある。

 

大石寺では、六壺に祀っている板本尊は日興書写の曼荼羅を模刻した本尊で、脇書には

「乾元二年(嘉元元年)八月十三日書写之。富士大石寺持仏堂安置本尊也」

の文字が入っているとしている。

これに対して、犀角独歩氏は、この六壺の板本尊は、ニセ本尊であると非難している。

□日興作を騙る「大石寺持仏堂安置本尊」偽造については(犀角独歩氏のブログ)

http://blog.livedoor.jp/saikakudoppo/archives/50865483.html

ただし、これはあくまでも犀角独歩氏個人の見解であって、「アンチ日蓮正宗」と犀角独歩氏の見解は全くの無関係である。又、「アンチ日蓮正宗」は、犀角独歩氏の見解を支持していないことを附言しておく。

 

続きを読む

客殿・大過去帳の戒名記載は慈悲ではなく明らかなカネ目的だ

法主は、大客殿の大導師席に着座した後、五座の勤行が終了するまで、ずーっと横向きというか、東向きに座ったまま、読経・唱題している。

丑寅勤行3


どうして法主だけは、勤行のときは、横向きで読経・唱題するのか。この理由は、日蓮正宗側の説明によると、法主の唱える題目で大衆を救う姿を表わしているのだという。

そうすると、日蓮正宗の信者が成仏するのも、信者の回向で成仏する人も、すべてが大石寺法主のおかげ?ということになってしまうではないか。大石寺の法主という人物は、そこまで偉そうな人物なのか、と思ってしまう。

 

大石寺の「丑寅勤行」の化儀は、末寺の朝の五座の勤行と違う点があることが、部外者の私にも、わかった。

それは、法主が大導師席に着座すると、まず須弥壇中央に祀られている板本尊に向かって、「南無妙法蓮華経」を三遍唱える。その後、法主は東向き(横向き)になって再び「南無妙法蓮華経」を三遍唱える。その後、読経に入るのだが、最初の板本尊に向かっての題目三遍、東に向いての題目三遍は、法主一人だけが唱えて、参詣の信者は、黙って合掌し、下をうつむいている。

ここのところは、すべて信者が導師の住職といっしょに「南無妙法蓮華経」を唱和する末寺の勤行とはちがっている。

なぜそうなっているかについては、日蓮正宗の信者でも、わからないということであった。ところが、参詣の信者は少数ながら、法主、僧侶、信者の読経・唱題の息がピタリとあっているのには、いささか驚いた。もっとも、副導師がマイクで読経をリードしているわけだから、当然と言えば当然なのかもしれないが、末寺の勤行と違う点があることからして、慣れていない信者は、うっかり間違えそうなものだが、誰一人、間違える信者がいない。ということは、団体登山のない日でも、大石寺の「丑寅勤行」に参詣している大石寺近隣の信者は、そ毎日のように参詣していると思われる。

 

その後は、朗々と五座の勤行がつづき、この五座の勤行が終了したとき、時計を見たら、320分くらいになっていた。まあ延々と50分になんなんとする勤行だったわけだが、読経がゆっくりということもあったけども、長かったのは、大導師席に唱え付けてある大過去帳のページを、法主が一枚一枚めくりながら鐘を叩く回向である。これがまた延々と続いたのである。

私が見ていたら、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、大過去帳をそれこそ何ページもめくりながら、鐘を叩いていた。

日蓮正宗側の説明によると、この大客殿の大導師席に設置されている大過去帳の中には、日蓮正宗大石寺法主、塔中坊や末寺の住職、僧侶、信者のみならず、大石寺の開祖・日興と敵対した五老僧、分派した僧侶、信者、大石寺から擯斥・除名(破門)された僧侶、信者の名前などが、ことごとく記載されていて、毎朝の「丑寅勤行」の時に、法主が回向しているというのである。

 

続きを読む

日蓮正宗に最もふさわしい最適な名前は「日有宗」である

最近、ある所で「日蓮正宗にはどういう名が最適か」という議題が出たようである。

 

創価学会、顕正会は「日顕宗」と言い、正信会は「阿部宗門」と言い、美濃周人氏は「日蓮詐欺宗」「詐欺正宗」と言い、日蓮正宗以外の仏教宗派は「大石寺派」「富士派」等と言う。

 

しかしこれらは、いずれも正鵠を得ているとは言えない。

 

最近、mixiで売り出し中の某人云く法華誹謗宗、御本尊誹謗宗、御金言違背宗、人師基準宗、依人不依法宗…この中では、御本尊誹謗宗が良いのでは、と言っている。()

 

この人、あんまりデリカシーとか感性がないね。

 

日蓮正宗とは戒壇大本尊や日興跡条条事、百六箇抄、産湯相承事など数々の相伝書を偽作し、日蓮本仏義、唯授一人血脈相承などのニセ教義や、日蓮のニセ骨、日蓮のニセ墓を偽作した大石寺9世日有を実質的な宗祖とする宗派である。

9世日有1

 

よって「日有宗」が最もふさわしい名前だ。

 

 

日蓮正宗と創価学会の問題の淵源

日蓮正宗・創価学会の問題は、創価学会が「破門」になったからといって、日蓮正宗の全ての問題と責任が終結するわけでは絶対にない。
今、日蓮正宗宗門(大石寺)は、「創価学会はまちがっている。だから寺院直属の信者になれ」などと呼びかけているが、その創価学会を産み落とし、育ててきたのは、日蓮正宗ではないか。
いまさら、何を言っているのか、と言いたい。
創価学会の「根」「親元」「本家本元」は、日蓮正宗である。
1991年に日蓮正宗は創価学会を破門にはしたが、それまでといえば、日蓮正宗は創価学会と一心同体、二人三脚となって、日本の宗教界に君臨し、親子か兄弟のように、和合していた。
66世日達・池田大作1
特に1950年代から1972年の正本堂落慶のころくらいまでは、日蓮正宗と創価学会は、まさしく「同体異名」のようなものだった。
年一回開かれていた当時の創価学会の最大の行事であった創価学会本部総会には、日蓮正宗大石寺法主が、大勢の日蓮正宗末寺住職を引き連れて臨席し、「特別御講演」と名うって、法主自ら登壇して、出席の創価学会大幹部たちの前で説法していた。

このころは、創価学会の会館といえば、信濃町の創価学会本部と大阪の創価学会関西本部のほか、ほんの数箇所くらいしかなく、日蓮正宗末寺寺院でも創価学会の会合や座談会が開かれていた。

又、創価学会の地域単位の大会などにも、日蓮正宗の末寺住職が臨席していた。

戸田城聖氏が会長のころは、戸田氏が日蓮正宗常在寺所属の信者だったこともあって、当時の常在寺住職だった日蓮正宗宗務院庶務部長・細井精道(のちの66世法主日達)が、戸田氏の主宰する創価学会会合・折伏座談会や地方出張に同行・出席していた。

聖教新聞の論調は、今の「創価学会は絶対正しい」というものではなく、今の法華講機関紙「大白法」以上に、「日蓮正宗は絶対正しい」という論調で貫かれている。
創価学会の機関紙「聖教新聞」「大白蓮華」には、毎月、連日のように、日蓮正宗法主や日蓮正宗末寺住職たちの寄稿文が掲載されているのである。

そして日蓮正宗法主も日蓮正宗末寺住職たちも、それこそ日蓮正宗信者を強引で執拗な折伏勧誘で増やしている創価学会の活動を、褒めちぎり、最大級の絶賛をしていた。
こういったことは、当時の「大日蓮」「聖教新聞」「大白蓮華」といった資料を読めば、出ていることだ。

率直な印象として、当時の日蓮正宗と創価学会の関係は、現在の日蓮正宗と法華講の関係以上に親密で、なおかつ密接に和合していたと感じ取れるし、明らかに創価学会は日蓮正宗が育て上げたと言えるのである。
創価学会系やそれらのシンパの論調に、「創価学会はたまたま一時期、日蓮正宗の信徒団体だったことがあるだけだ」などと言っているものがあるが、これらは全くの間違いである。

こういった日蓮正宗と創価学会の和合から、公明党なる政党が生まれ、この創価学会という日本最大の宗教団体は、今や日本の政権の中枢部にまで巣くっているのである。
堂々と自民党と連立内閣を組んで、政権の中枢部に居すわって私たちの生活の中にまで入り込んできているのである。
こういう問題は、「破門にしたから」ということで、全てが免罪符になるわけがない。否、免罪符にしてはいけないと思うのである。

その日蓮正宗と創価学会が、いかに「虚構」の世界の上に成り立っているかを解明していくには、日蓮正宗の本尊の問題、日有の戒壇大本尊偽作問題、根本教義偽作の問題、相伝書偽造の問題を避けて通ることは、絶対にできない。


さらにこの問題を解明していくと、なぜこんなに怪しげな宗教団体が、それに乗っかった創価学会が、戦後日本の最大の宗教団体になってしまったのか、という疑問にぶち当たる。
最終的に、この日蓮正宗と創価学会の問題の淵源には、人間がもっている、というか日本人が本来的にもっている「弱さ」のようなもの、あるいはその「弱さ」というか「心のエアポケット」みたいなものをカバーするための「安心感」を求めすぎるものがあるのではないかという説がある。
私としては、ある意味、的を得ているのではないかと思っている。

本当にごくふつうの、ありふれた人が、ある日とつぜん、その虚構の信仰の世界に入ってしまい、愚にもつかないような教義に染まり、本尊崇拝にのめり込み、自分というものを見失っていく。
「日蓮正宗をやめたら、創価学会をやめたら、バチが当たらないか」と本気で相談してくる人がいる。
「ご法主サマの悪口をいっただけで地獄に堕ちる」「池田センセイの悪口をいっただけで地獄に堕ちる」などということを本気で信じ込んでいる信者は、実際、多い。
この信仰の外側にいる人には、信じられないような笑い話でも、信仰の中にいる人には、深刻な問題ととらえている人が多い。
こういった中に、人がもっている「弱さ」「心のエアーポケット」を指摘する説がある。

そしてもうひとつ、大きな問題があるとするならば、そういった「弱さ」「心のエアーポケット」みたいなものが、一人のカリスマ的教祖に利用され、今後、日本が思わぬ方向に進んでしまう危険性があるということも付け加えておかねばならない。
残念ながら、創価学会に、そしてその創価学会が率いる公明党に、その影をみるのだ。
いつか気がついてみたら、池田大作氏や創価学会、公明党に反対、批判する人たちが容赦なく弾圧・粛清されたりとか…
実際、その兆候が少しでもあるかもしれない。

私が今日まで見聞した部分においても、日蓮正宗や創価学会の中にいる善良な人たちが、日蓮正宗法主や池田大作氏の意のままに動かされている。
動かされているという意識がないまま、動かされているのだから、始末が悪い。
カルト宗教の洗脳教育によって、人間が人間としての普通の理性や常識がなくなってしまうのだから、恐ろしいと思う。
こういうことをしている宗教団体に、宗教団体としての正当な資格があるのかと、批判し、問題提起をしているのである。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ