アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「日蓮正宗系」の信仰は大衆文化として定着しない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

地域に定着していない大石寺御難会と毎年の地域祭礼として定着している日蓮宗龍口寺御難会

□近隣地域の一大祭礼として数百年前から定着している大規模な行事である龍口寺・御難会

 

毎年912日の午後6時、大石寺御影堂では、大石寺法主の大導師のもと、「御難会」(ごなんえ)が行われる。2014年の御難会は、「平成の大改修」を終えた御影堂で行われ、大石寺68世早瀬日如法主が大導師を勤め、隠居している大石寺67世阿部日顕が出仕。僧侶は、佐藤慈暢大石寺主任理事、大石寺塔中坊住職、大石寺大坊在勤教師らが出席、信徒は渡辺定元大石寺総代、大石寺近隣の信徒、寺族が参列した。日蓮正宗末寺寺院でも、912日は御難会が行われ、御難会終了後、参詣信徒には「ぼたもち」がふるまわれる。これは日蓮が龍口法難で、日蓮が逮捕されて刑場に引き回された時、老女が日蓮に“ぼたもち”を供養したことに由来するといい、日蓮正宗のカルト信者たちは、御難会や「ぼたもち」がふるまわれる儀式が日蓮正宗の寺院だけで行われているかのように錯覚しているようだが、これはとんでもない間違い。

912日に御難会を行い、参詣者に“ぼたもち”をふるまうのは何も日蓮正宗だけではない。日蓮宗、法華宗をはじめとする日蓮を宗祖とする宗派ほぼ全てが行っているものである。もちろん日蓮宗の身延山久遠寺、池上本門寺等の大寺院でも大規模な御難会を行っており、日蓮宗信徒のみならず、多くの人が参詣する。中でも有名なのが、神奈川県藤沢市片瀬にある日蓮宗本山・寂光山龍口寺(りゅうこうじ)の御難会。この龍口寺とは、かつて日蓮が頸の座に座った「龍口法難」の霊跡・龍口刑場跡に建つ日蓮宗霊跡本山で、通称「片瀬龍口寺」とよばれている寺院である。この片瀬龍口寺の「龍口法難会」(御難会)は、近隣地域の一大祭礼として数百年前から定着している、まことに大規模な行事である。龍口寺には912日夜と913日未明に「龍口法難」の大法要が修され、地元藤沢市のみならず関東一円から数万人の参詣者が訪れる。歩道が狭くて歩けなくなるくらいの大勢の参詣者が来ている。912日の夕刻から夜にかけ近在の日蓮宗寺院講中の人たちによる万灯練り行列が行われ、龍口寺門前から周辺道路には、それこそ無数のテキ屋の露店が建ち並び、これは大変な賑わいである。龍口寺の「龍口法難会」で、これだけの的屋の屋台・露店が立ち並んでいるということは、龍口寺の「龍口法難会」が、ここ江ノ島地域における地域密着の祭礼になっているということに他ならない。露店が立ち並ぶ沿道には、どこから来たのか、龍口寺の「龍口法難会」に来た参拝客・観光客がわんさと押しかけてきており、道路には、たくさんの警察官、祭りのはっぴ姿・はちまき姿の人、御輿?をかつぐ衣装を着た人やら、とにかくものすごい人出。さらにそのたくさんの人をかきわけるように車がのろのろ運転で走り、さらにその人と車をかき分けるように、江ノ島電鉄の2両編成の電車が横切っていく。とにかく、その派手な祭りの賑やかさには、私も驚いてしまいました。

地域密着の祭礼になっている日蓮宗の法要としては、身延山久遠寺や池上本門寺の御会式が有名。片瀬龍口寺の龍口法難会も、規模としては池上本門寺の御会式よりも小さいものの、こちらも池上本門寺の御会式に負けず劣らずの地域密着の祭礼になっている。これは数百年の間、龍口寺の信仰が、近隣の人々や一般大衆に根づいて定着してきた証と言えよう。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(5)~30~40代の独身信者が「日蓮正宗系」の信仰を棄てる

□「信心の功徳で彼女ができる」自慰妄想に気づいて「日蓮正宗系」信仰を棄てる独身男性信者

 

「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースがあることは、すでに記してきたことだが、これとよく似たケースとして、30代~40代の創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の独身信者で、結婚ないで独身のまま、「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、信仰を捨て去るというパターンがある。

これは創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体に共通しているが、このケースの大半は独身の男性信者である。では、具体的に、どういうケースなのか。まず若かりし頃、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」に折伏されて入信した信者、あるいは両親が「日蓮正宗系」の信者で、子どもの頃から教化されてカルト信者に成長したケース、あるいは子どもの頃は全く信仰しておらず、何らかの理由で20才前後くらいに発心してカルト信者になったケース、あるいは創価学会、顕正会で「日蓮正宗系」に折伏されて入信した後、法華講に入ってカルト信者になったケース等々、さまざまである。それで20才代のころは、ほとんど自分の仕事も省みないほど、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の信仰活動に没頭する。創価学会では創価班、牙城会をやり、顕正会では手当たり次第に知人・友人をファミレスに連れ込んで折伏。法華講では輸送班をやり、駅前や寺院の門前で街頭折伏をやったり、創価学会員宅を訪ね歩いて折伏をする。

これらの活動のために仕事を犠牲にするばかりではない。男性信者の場合、彼女の「か」の字もないほど、「日蓮正宗系」団体の信仰活動に没頭する。

この先が特徴的なのだが、この独身男性カルト信者の場合、「信心の功徳で彼女ができる」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができる」と頭から信じ込んでいることだ。なぜこんなことを信じ込んでいるのだろうか。というのは、釈迦如来が説いたとされる仏典・経典、インド、中国、日本の、いわゆる「人師・論師」の教説、日蓮の遺文、大石寺歴代法主の遺文等々に、「信心の功徳で彼女ができる」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができる」などという教説など、全く聞いたことがない。創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体では、幹部の仲介で独身男性信者と独身女性信者を「お見合い結婚」させているが、創価学会、法華講、顕正会等のいずれの「日蓮正宗系」団体でも、幹部の仲介による「お見合い結婚」を、「信心の功徳だ」とは宣伝していない。

創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の機関紙では、信徒の体験発表なるものを賑々しく掲載しているが、それらの体験発表の中に、「信心の功徳で彼女ができた」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができた」といった内容は皆無である。

誤解のないように一言附言しておくが、「アンチ日蓮正宗」では、創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」の信仰の功徳そのものを否定している。そして「日蓮正宗系」の信仰は大衆文化として定着していないが故に、「日蓮正宗系」の独身信者同士の恋愛結婚は、世間の恋愛結婚に比べて極めて少ない、という見解である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(176)~自由恋愛で創価学会未入信の男性と結婚して創価学会の信仰を捨てる創価学会女子部信徒

■自由恋愛で創価学会未入信の男性と結婚して創価学会の信仰を捨てる創価学会女子部信徒

 

東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の長谷山陽一(仮名)の義妹の女子部地区リーダー・星野知子(仮名)、田元支部(仮名)女子部部長の田室美智子(仮名)、さらに溝口個人会館(仮名)で公明党支援活動を行っていた女子部信徒など、確かに創価学会には、独身女子の信徒がおり、女子部の組織があって、女子部本部長、部長、地区リーダーという役職者もいることはいる。しかし信仰が定着して根ざしているかどうかとなると、全く話しは別である。

創価学会では女子部→結婚→婦人部が定番のコースだと言うが、創価学会の主戦力と言われる婦人部には、女子部出身者が大勢いて不思議はないはず。しかし婦人部の一般信徒は、そうなっていない。例えば座談会に来ている婦人部信徒の半分以上は、結婚した後に婦人部信徒の折伏で創価学会に入信した人たち。こう言うと「婦人部幹部は女子部出身者が多い」と創価学会員は反論してくるが、しかし末端の婦人部信徒はそうではない。女子部出身者の婦人部幹部の家庭は、夫も子どもも創価学会員だが、結婚した後に婦人部信徒の折伏で創価学会に入信した婦人部信徒の家庭は、創価学会に入っているのは、婦人部信徒だけというケースが大半。子どもは創価学会に入っていても、夫は創価学会未入信。中には、夫が創価学会活動に猛反対して、深刻な家庭分裂状態になっている家庭がゴロゴロたくさんある。一家の主婦の創価学会入信が、家庭分裂の大きな原因になっている。

こういったケースについて、創価学会は日蓮の檀那であった池上兄弟の父親が日蓮に反対していたが、後に入信したケースを例に挙げて「ずーっと折伏していれば、一家全員が入信する」「家族が反対していても創価学会活動をつづけることが幸せ」と説いている。しかし夫が創価学会活動に反対している婦人部信徒の表情を見ていても、とても幸せそうには見えない。どちらかというと、永年の家庭分裂に疲れ果てているように見える。しかもこれらの婦人部信徒の中には、夫が創価学会活動に反対であるため、夫にウソをついて大石寺の登山会に参加している人、夫にウソをついて創価学会の活動に参加している人がたくさんいると聞いた。ここまでやらなくてはならないものなのか。もちろんこういう婦人部信徒にも、子どもさんがいるわけだが、まだあの当時、若かった私ですら「こんなことをして、子どもの教育に悪影響が出ないのだろうか」と疑問に思ったものだった。

さて一方の女子部のほうであるが、溝口個人会館(仮名)に来て公明党支援活動をしていた女子部信徒、座談会に来ていた女子部信徒、長谷山陽一(仮名)の義妹の女子部地区リーダー・星野知子(仮名)、田元支部(仮名)女子部部長の田室美智子(仮名)等々、これらの人たちの口から、どうして創価学会活動を行っているのかということについて、自ら積極的に活動している具体的な理由、動機について、一度も耳にしたことがない。溝口個人会館(仮名)での公明党支援活動の会合で、女子部本部長や部長が、女子部大B長を前にして、ギャンギャン金切り声を上げながら絶叫して喋っていたが、その内容はまことに説得力のないものであった。

 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(100)~池上本門寺節分会の繁栄を知らず閑古鳥が鳴く日蓮正宗寺院の節分会を励賛する龍神ひろし

■論破100・池上本門寺節分会の繁栄を知らずして大恥をかいた龍神ひろし1

 

□閑古鳥が鳴く日蓮正宗寺院の節分会を励賛するカルト法華講員・龍神ひろし

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

こよみの上で立春の前日を節分といい、一般世間では豆まきをする習慣があります。世間でも行われる行事であります。大聖人様は、正法へ導く一方便として「厄」という社会一般の慣習を利用され、「三十三のやく(厄)は転じて三十三のさいは(幸)ひとならせ給ふべし。七難即滅七福即生とは是なり。年はわか(若)うなり、福はかさ(重)なり候べし」(四条金吾殿女房御返事・七五六)

と述べられております。他の宗派は、厄災は他から来るものとしています。しかし、厄災や不幸は、どこからか来るものではなく、自分にその原因・宿習があります。そして、厄災の原因それ自体を幸いに変えるのが日蓮正宗の信心です。一番大事なことは、御本尊様の功徳・力用を根本に、自分の信心を強盛にし、変毒為薬の法門を実生活に顕していくことです。その一つの機縁が節分会です。日蓮正宗の節分会と世間での違いは「福は内、福は内」といい「鬼は外、鬼は外」といわないことです。 「鬼は外」といわない意味は、法華経守護において誓っている鬼子母神という鬼の神と十羅刹女という鬼の神がいるからです。これら餓鬼界の鬼子母神と十羅刹女は法華経に説かれる鬼であり世間でいう鬼とは違います。法華経を信仰し御本尊様を信じる人々を守る善い鬼です。善い鬼を家の外に出しては、諸天善神の守護がなくなるため日蓮正宗では「福は内」とだけいい「鬼は外」はいいません。このような意味が日蓮正宗の節分会にあります。

 節分会の目的はそれぞれ人生の節目において様々な厄があるため、厄年にあたっての厄払いを行う意味があります。世間でいう厄年の節目には、経験しやすくなる災いを幸いに変えていくため日蓮正宗では節分会を行います。節分会では厄払いの御祈念の他に、当病平癒の病気が治るようお願いする御祈念や高校進学と大学受験、就職祈願などの御祈念をお願いすることができます。 信徒教化の一環として日蓮正宗では節分会があり、自らの厄と過去遠々劫の罪障を消滅するために大切な行事です。 (20130215日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

つまり龍神ひろしは、日蓮正宗寺院で行われている節分会を励賛しようとして、「日蓮正宗正林寺 掲示板」に載っていた日蓮正宗節分会励賛の文を丸写しして載せているというわけである。

ところが豈図らんや、「日蓮正宗正林寺掲示板」や龍神ひろしが励賛する大石寺の節分会をはじめ、日蓮正宗寺院の節分会は、ろくに日蓮正宗信徒も参詣せず、閑古鳥が鳴いている有様。特に酷いのが日蓮正宗末寺寺院で行われている節分会で、誰も参詣していない本堂の畳の上に、僧侶が「福は内」と言って豆をまいているのである。畳の上にばらまかれて散乱する豆。この畳の上に散乱した豆を、誰が拾うんだよ、という感じである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(121)~週五日のバイトをしていた間、全く勤行をしていなかった某大学の創価学会学内委員長

■週五日のバイトをしていた間、全く勤行をしていなかった某大学の創価学会学内委員長

 

私がバイトをしていた同期電設(仮名)に、同じくバイトに来ていた池本淳(仮名)は、某大学の創価学会学内組織委員長を務めるほどの創価学会学生部幹部。しかし幹部とはいっても、この男も、日々の勤行からして、実にチャランポラン。私はかつて福寿荘(仮名)で、夕陽ブロイラー(仮名)のバイトをしていたとき、創価学会男子学生部員たちが、幹部から一般会員まで、勤行が総崩れになったのを、まざまざと見てきた。勤行総崩れは、この池本淳(仮名)も同じ。

同期電設(仮名)の経営陣である出刃亀四兄弟(仮名)の富男社長から、四男・時男副社長、五男・克男専務、六男・哲男常務は、全員が酒好き。東京都内や埼玉県などの関東近県で仕事をした後、毎日のように東京都内にある事務所か、埼玉県N市にある富男社長宅で、経営陣から社員、アルバイトを集めて酒宴を行っていた。

酒好きの富男社長は、学生のバイトたちにも、「おーい。今日はみんなで一杯やるから、呑んで行けよ」と言う。社長をはじめ経営陣の出刃亀四兄弟(仮名)から「呑んで行けよ」と言われれば、呑まざるを得ない。しかも「宴会が遅くなっても、ウチで泊まっていけばいいから」と言う。

富男社長宅に隣接して寮があり、寮に寝泊まりしている社員・バイトもいたが、他に、ここに数人がごろ寝できるスペースがあった。だから、夜遅くまで富男社長宅で宴会をして、帰宅できなくなった日は、全員が寮で寝泊まりしていた。そうなると、創価学会員のバイトは、当然、勤行ができなくなる。つまり勤行崩壊というわけである。

あの当時、私も池本淳(仮名)も大学四年生の同じ歳。大学一年生の時から、順調に単位を履修・取得していって、大学四年生のときの履修科目は、週一回のゼミと卒業論文のみ。卒業論文は、卒業の数ヶ月前に集中して書き上げてゼミの教授に提出すればいいものだから、普段の履修科目は週一回のゼミのみ。だから週一回しか大学に行かなくてもよかった。

それなので、同期電設(仮名)のバイトは、定休日の日曜日とゼミに行く日以外の週五日できた。あの当時はまだ、週休二日制が一般に定着しておらず、週六日勤務が当たり前の時代。大企業では週休二日制の会社もあったが、中小企業ではまだまだ少なかった。「そんな週休二日制にしちゃったら、平日に仕事が溜まっちゃって、どうしようもないよ」というのが大きな理由で、同期電設(仮名)の富男社長もそんなことを言っていた。

あの当時の同期電設(仮名)の学生バイトの日給は1万円から12000円。20日働いたら20万円くらいの収入になる。当時の学生バイトのギャラの相場としては、高いほうである。

しかも仕事から帰ってきたら、寮に風呂があって風呂には入れるし、夕食付きの酒付きとなったら、こんないいバイトはないという話になる。私も池本淳(仮名)も、週五日ペースで同期電設(仮名)でバイトをしていた。

私は、家賃が月1万円の福寿荘(仮名)を退出した後、東京・練馬で家賃が月38000円のアパートを借りて暮らしていたが、高額な収入があったので、ずいぶん楽な生活をしていた。

池本淳(仮名)は、親元の実家で生活していたため、家賃を支払わなくても済むため、もっと生活は楽だったはずだ。

学会本部別館3 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ