アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺の他宗派「勅使門」「客殿」パクリ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(78)~大石寺9世日有が京都天奏の折に輸入した三麻耶戒壇の園城寺・勧学院客殿

■検証78・日蓮正宗大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した伽藍・客殿2

 

□大石寺9世日有が京都天奏の折に輸入した三麻耶戒壇の園城寺・勧学院客殿

 

さてもうひとつ、日蓮正宗大石寺9世法主日有が京都天奏の折に訪れて、大石寺に輸入したと考えられる天台寺門宗総本山・園城寺(三井寺)の勧学院客殿・光浄院客殿はどうだろうか。

日本天台宗の総本山・比叡山延暦寺と並ぶくらいのもうひとつの双璧・総本山が長等山園城寺(ながらざん おんじょうじ)。別名を三井寺という。これは「みいでら」と読む。天台寺門宗とは妙法蓮華経を根本経典とする天台宗のもうひとつの一派で、高祖は中国南北朝時代から隋の時代の天台大師智顗(538年~597年)、宗祖は日本平安時代の第5代天台座主の智証大師円珍(814年~891年)(弘法大師空海の姪の子)。総本山は園城寺で、天台宗寺門派とも呼ばれる。伝教大師最澄(767年~822年)が日本へ伝え、最澄が開祖になった日本天台宗の教えは、第3代天台座主円仁と第5代天台座主円珍の2人の巨人の登場により、日本天台宗本山の比叡山延暦寺で2つに分かれてしまう。比叡山延暦寺は円仁派が占め、円珍派は比叡山を去り園城寺へ入った。これ以来、比叡山延暦寺へ残った円仁派を山門派、園城寺へ入った円珍派を寺門派と呼ぶ。

園城寺という寺院は、天台寺門宗総本山で、866年に比叡山延暦寺の天台宗5世座主・円珍がここを伝法灌頂の道場とし、諸堂を整備して寺域を拡大。そして多くの高僧を輩出して、東大寺・興福寺・延暦寺とともに四箇大寺に数えられた。円珍の没後、天台宗は円珍門流(寺門派)と慈覚大師円仁門流(山門派)の対立が激化。993年に円珍門流1000人余りはついに延暦寺を下山して、園城寺に一大勢力を形成した。比叡山延暦寺の戒壇建立後、延暦寺、園城寺の諍論により、園城寺の宗徒は比叡山延暦寺の戒壇で受戒できなくなる。そこで永保元年(1081)に白河院の綸旨により園城寺に建壇されたのが三麻耶戒壇である。

しかし天台宗の山門・寺門の2派に分裂して抗争により、延暦寺は園城寺の建壇を認めず、1081(永保1)年には山門(延暦寺)宗徒が園城寺に乱入し、伽藍・堂宇のほとんどを焼き払ってしまう。以後、比叡山延暦寺宗徒の園城寺焼き討ちは中世末期までに大規模なものだけで10回、小規模なものまで含めると50回にも上るという。いわば比叡山延暦寺は、既得の特権を死守しようとしたわけで、園城寺の三麻耶戒壇の建壇に猛反対したのである。

又、政治的な抗争にも巻き込まれ、源平の戦では源氏に組して平家の攻撃を受け、南北朝の抗争でも足利氏に組して戦禍を受けた。1595(文禄4)年には、豊臣秀吉に堂宇を破却され、その死の直前に再興の許可が降りた。今の諸堂の多くは慶長以降の復興であるが、園城寺は焼き討ちや戦乱で焼失後も、そのたびに再建を繰り返している。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(77)~大石寺9世日有が京都天奏の折に輸入した法隆寺の本坊(貫首の居所)・西園院客殿

■検証77・日蓮正宗大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した伽藍・客殿1

 

□大石寺9世日有が京都天奏の折に輸入した法隆寺の本坊(貫首の居所)・西園院客殿

 

大石寺9世日有の京都天奏により、京都の仏教寺院の影響もしくは京都仏教寺院から輸入したもの、パクリと思われるものが、寺位牌や秘仏、勅使門、六万坊以外にも存在している。大石寺の伽藍・建築物を見ると、京都の仏教寺院の影響もしくは京都仏教寺院から採り入れたもの・輸入したものと思われるものがいくつかある。これらのものも、甲州・湯之奥金山の金による大石寺9世日有の莫大な経済力と京都天奏の産物として特筆すべきものであるが、大石寺を代表する伽藍・堂宇である客殿もそのひとつである。大石寺の客殿は、1465(寛正6)3月、日蓮正宗大石寺9世日有がはじめて建立・創建した伽藍である。大石寺9世日有が大石寺客殿を創建したとする見解は、日蓮正宗・大石寺の公式見解である。

この客殿という伽藍は、京都・貴族の屋敷や寺院などで、客を応対するために造った殿舎で、いわば京都・奈良の貴族文化を象徴するもの。寺院では、世界最古の木像建築・法隆寺の塔頭・西園院に客殿という名前の堂宇が存在する。大石寺9世日有が京都・奈良の仏教寺院から輸入したと思われる客殿は天台寺門宗総本山・三井寺(勧学院客殿・光浄院客殿)、法隆寺西園院(貫首の住居)客殿、教王護国寺(東寺)客殿、東寺観智院客殿、真言宗大覚寺派・西明寺客殿、…である。

この中で、まず真っ先に挙げなくてはならないのが、奈良の法隆寺西園院客殿である。

西園院は法隆寺の本坊(住職の居所)であり、南大門を入って左側、築地塀の内側にある。

園城寺勧学院客殿は、慶長5(1600)の建立。桃山時代の書院造建築の代表作とされる。

光浄院客殿は、勧学院客殿より1年後の慶長6(1601)建立で、規模、意匠など勧学院客殿と似ている。妙心寺霊雲院客殿は、1688-04年の元禄期とされている。教王護国寺の観智院客殿 は、慶長11年(1606年)の建立。西明寺客殿は、本堂より古く、江戸時代前期に移築された。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用された。臨川寺 客殿は、1620(元和5年)の建立。大覚寺客殿は、1596-15年の慶長期のこととされている。

これに対して、日蓮正宗大石寺の客殿は、1465(寛正6)3月に大石寺9世日有が建立したわけだから、大石寺の客殿のほうが、京都仏教寺院の客殿より先に建立されたことになる。この中で、法隆寺の西園院客殿に注目したのは、

1 法隆寺がこれらの寺院の中でもっとも創建が古いこと。

2 その法隆寺の塔頭院の中に「客殿」という名前の堂宇があること

である。そこで法隆寺の西園院客殿がいつ創建されたかをしろうと思い、法隆寺の案内役員に聞いたところ、「聖徳宗の宗務院へ行って聞いてくれ」と言われたので、早速、法隆寺境内にある宗務院へと足を運んだ。宗務院は、その西園院のとなりにある。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(74)~大石寺勅使門は建仁寺等の臨済宗大本山の勅使門のパクリである3

■検証74大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した化儀・勅使門3

 

□日本の臨済宗では栄西禅師によって創建された最も古い臨済宗の大本山寺院・建仁寺

 

建仁寺とは、臨済宗建仁寺派大本山で、境内は京都有数の繁華街・祇園に最も近い所にある。京都・祇園に近い所にあるせいか、何度か建仁寺に行ったとき、いずれも参拝客がかなりたくさんいた。建仁寺とは、京都五山の第三位。開基は鎌倉幕府二代将軍・源頼家。開山は栄西禅師。

鎌倉時代の建仁二年(1202)に、日本臨済宗開祖・栄西禅師により創建され、年号をとって建仁寺と名付けられた。当初は天台宗、真言宗、禅宗の三宗兼学であったが、十世の円爾弁円、十一世の蘭渓道隆を経て禅宗寺院として確立し、室町時代に禅寺の格付け制度である五山の制の下で、京都五山の第三位になった。方丈(重要文化財)は、慶長4(1599)に安芸国(広島県)の安国寺から移築された室町時代後期の禅宗方丈建築。鎌倉時代後期の遺構を伝える勅使門(重要文化財)は、扉にある矢の痕跡から「矢根門」とも呼ばれている。

寺宝として俵屋宗達の代表作である「風神雷神図屏風」(国宝)、海北友松の「竹林七賢図」「花鳥図」「雲龍図」など、桃山時代の貴重な屏風図、水墨画、障壁画などの貴重な文化財を所蔵していることで有名。豊臣秀吉を祀る高台寺や八坂の塔のある法観寺は、建仁寺の末寺である。

臨済宗とは、中国禅宗五家(臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼)のひとつで、唐の臨済義玄(? - 867年)を宗祖とする。臨済宗は、宋時代の中国に渡り学んだ栄西禅師らによって、鎌倉時代に日本に伝えられている。同じ禅宗の曹洞宗が地方豪族や一般民衆に広まったのに対し、臨済宗は時の武家政権に支持され、とくに室町幕府により保護されて、五山十刹が生まれた。

日本の臨済宗は、建仁寺派、東福寺派、建長寺派、円覚寺派、南禅寺派、国泰寺派、大徳寺派、向嶽寺派、妙心寺派、天龍寺派、永源寺派、方広寺派、相国寺派、佛通寺派、興聖寺派があるが、建仁寺派は1202年(建仁2年)、中国・宋に渡って帰国した栄西により始まり、栄西は最初に禅の伝統を日本に伝えたということで、日本の臨済宗の中では最も古い。

栄西は、中国から茶を持ち帰り、喫茶を普及した茶祖としても知られ、毎年4月に方丈で行われる「四頭茶礼」は、禅院茶礼の古式を今に伝えている。

臨済宗の大寺院は、伽藍が勅使門、三門、法堂、方丈と一直線に並んでいて、勅使門が表門になっている。しかし勅使門とは、朝廷からの勅使しか通ることが許されない門であり、普段は堅く閉じられている。そうすると参拝客は、表門から入ることができなくなってしまうが、勅使門にむかって左側に、通用口が設けられていて、一般参詣人はここから出入りする。建仁寺の境内は、全て塀で覆われているため、門からしか出入りすることができない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(73)~大石寺勅使門は建仁寺等の臨済宗大本山の勅使門のパクリである2

■検証73大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した化儀・勅使門2

 

□京都天奏の旅ではじめて「勅使門」を知った日蓮正宗大石寺9世法主日有

 

日蓮正宗大石寺は、広宣流布・天皇帰依の時に天皇からの使者を迎え入れる「勅使門」と、固く門の扉が閉ざされている門「不開門」(あかずのもん)を全く同じものであると言っているが、本来、「勅使門」と「不開門」とは、全く意味がちがった、別のものである。「不開門」がある建物としては、熊本城、静岡県掛川市の撰要寺、岐阜県の岩村城()、長野県立科町の光徳寺、といったものがある。熊本城の「不開門」は、碑文によると次のように書かれている。

「古くから丑寅(東北)の方角は、鬼門と呼ばれ、不浄の気の出入りするところと考えられてきた。築城にあたっても、この方角は塞いでも開け放ってもいけないとされ、門は造るが通常は閉鎖されていた。そこから不開門と呼ばれ、死人や不浄物の搬出時だけに用いられたという」(熊本城不開門の碑文より)

撰要寺の山門が、旧「不開門」と呼ばれているが、これはもともとは横須賀城が廃城になったことで移築されたものだが、城内の死者や罪人を外へ出す時に使った門であるから、不開門と呼ばれたという。

熱田神宮の末社楠御前社の清雪門(せいせつもん)が、俗に不開門(あかずのもん)といわれ何百年来かたく閉ざされている。これは天智天皇7668)年、新羅の僧が神剣を盗み出しこの門を通ったといわれ、以来不吉の門として忌まれたとも、神剣還座の際門を閉ざして再び皇居へ遷ることのないようにしたことから「不開門」と呼ばれるという。

東寺(教王護国寺)の「不開門」は建久9年(1198年)文覚の大観進によって再建したもので、本来の名前は「東大門」という名前である。それが「不開門」とも呼ばれるようになったのは、建武3年(1336年)630日、新田義貞が決死の覚悟で東寺の足利尊氏を攻め、危機に迫った尊氏は門を閉めて、危うく難を逃れることができた故事により「不開門」とも呼ばれているという。

一連の「不開門」の由来として共通しているのは、「不浄」「鬼門」「神剣盗難」「戦争」といった不吉なものから身を守るために扉を閉ざしている門という由来のようである。したがって、大石寺「不開門」は、不開門の意義として建立されたものではなく、最初から「勅使門」という意義で建立され、門の扉が閉ざされていることから、後から「不開門」と呼ばれるようになったと考えられる。

したがって大石寺「勅使門」の原型は、やはり臨済宗建仁寺派大本山・建仁寺、京都市右京区嵯峨野の天台宗寺院・二尊院、臨済宗天龍寺派大本山・天龍寺、真言宗御室派総本山・仁和寺…など、京都で大伽藍を構えている仏教寺院の「勅使門」ということになる。

日蓮正宗大石寺9世法主日有が、「勅使門」という伽藍の存在を知ることになったのは、1432 (永享4)3月、京都天奏のために上洛した時に他ならない。まさに大石寺「勅使門」とは、京都仏教寺院の臨済宗建仁寺派大本山・建仁寺、臨済宗天龍寺派大本山・天龍寺、臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺等にある勅使門を、大石寺9世日有が模倣して大石寺に建立したものである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(72)~大石寺勅使門は建仁寺等の臨済宗大本山の勅使門のパクリである

■検証72大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した化儀・勅使門1

 

日蓮正宗大石寺挙げての大行事「京都天奏」の答えとして用意した大石寺・勅使門

 

大石寺の伽藍・建築物の中で、大石寺9世日有の京都天奏により、京都の仏教寺院の影響もしくは京都仏教寺院から輸入したもの、パクリと思われるものが、寺位牌や秘仏以外にも、いくつか存在している。これらのものも、甲州・湯之奥金山の金による大石寺9世日有の莫大な経済力と京都天奏の産物として特筆すべきものである。その第一が勅使門(不開門)である。

勅使門という門は、天皇からの使者である勅使を迎え入れる門のことで、大石寺の場合は「不開門」と同じになっているが、他宗の多くの寺院の場合は、勅使門と不開門は別のものである。

この勅使門という伽藍も、平安・鎌倉時代からある京都や京都周辺の仏教大寺院でよく見かける伽藍である。その主なものを挙げてみると、

臨済宗建仁寺派大本山・建仁寺勅使門、京都市右京区嵯峨野の天台宗寺院・二尊院勅使門、臨済宗天龍寺派大本山・天龍寺勅使門、真言宗御室派総本山・仁和寺勅使門、臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺勅使門、臨済宗妙心寺派本山・妙心寺勅使門、臨済宗東福寺派大本山・東福寺勅使門、日蓮宗大本山・妙顕寺勅使門…などである。

この中でも建仁寺勅使門は有名で、これは鎌倉時代に建てられた門であり、銅板葺切妻造の四脚門で鎌倉時代後期の遺構を今に伝えている。柱や扉に戦乱の矢の痕があることから「矢の根門」または「矢立門」と呼ばれている。元来、平重盛の六波羅邸の門、あるいは平教盛の館門を移建したものといわれている。

この他にも、臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺をはじめ、京都にある多くの仏教寺院が安土桃山・江戸時代以降において、勅使門という名前の門を創建している。ただし京都は、室町・戦国時代に何度も戦乱で焼失しており、創建が明らかでない伽藍が多々ある。

勅使門という門を、寺院の境内地内に設けておくことで、「天皇からの勅使の来訪を待っている」などという意義付けをして、自らの寺院の権威付けに利用していることが明らかである。

しかも「勅使門」という仏教寺院の伽藍を、日蓮正宗大石寺がそのまま輸入して、自分の寺の権威付けに利用しているのだから、これまたもっと笑えてしまう。

日蓮正宗大石寺が発行する「大石寺案内」という小冊子を見ると、この勅使門(不開門)については「創建は明らかでない」などとシラを切ったことを書いているが、大石寺としては、そういうふうに書かざるを得ないであろう。この勅使門なるものは、日蓮、日興、日目とは何の関係もないものであり、明らかに京都仏教寺院の化儀を輸入したものであるからだ。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ