アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺の東大寺・法隆寺・善光寺の堂宇・化儀パクリ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

またまたそっくり!日本に戒を伝えた鑑真開祖の奈良・唐招提寺金堂の外観にそっくりの大石寺六壺

□大石寺六壺によく似ている仏教寺院堂宇は他にもあるが唐招提寺金堂が最も古くからある堂宇

 

大石寺のそっくり堂宇は、まだある。1988(昭和63)10月、大石寺開創七百年記念事業として再建された大石寺六壺が、日本に戒を伝えた鑑真開祖の奈良・唐招提寺金堂の外観にそっくりなのである。これも二つの写真を掲載するので、よく見比べていただきたい。

奈良・唐招提寺金堂とは国宝。奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のもの。2000年から解体修理(「平成の大修理」)が行われ、2009111日-3日に落慶行事が行われた。

大石寺六壺によく似ている仏教寺院堂宇は、他にもあるが、この唐招提寺金堂がもっとも古くからある堂宇である。

 

金堂2
 

 

(奈良・唐招提寺金堂・「アンチ日蓮正宗」管理人撮影)

 

六壺11
 

(1988(昭和63)10月再建の大石寺六壺・Wikipedia・フリー百科事典より引用)

 

大石寺正本堂の緞帳(どんちょう)は長野・善光寺本堂内々陣須弥壇の緞帳のパクリか

□実によく似ている善光寺本堂の瑠璃壇(須弥壇)の緞帳(どんちょう)と大石寺正本堂の緞帳

 

長野善光寺本堂内々陣の朝事や修正会等の法要とき、内々陣の須弥壇の金襴の緞帳(どんちょう)が上がる。普段は、内々陣の緞帳は降りていて、朝時や法要が行われる時のみに、緞帳が上げられる。しかしながら緞帳が上がっても、拝観できるのは善光寺如来が蔵されているとされる宮殿(くでん)だけ。善光寺如来は、絶対秘仏であるため、拝することはできない。

ところで善光寺本堂の瑠璃壇(須弥壇)の緞帳(どんちょう)は、かつて1972年~1998年に大石寺に存在した正本堂の緞帳に実によく似ていると思う。どちらがまねたのかと言えば、それは当然、昭和40年代に建立された正本堂のほうであろう。よって正本堂の緞帳は、長野善光寺本堂の緞帳のパクリではないかと思うが、どうだろうか。そこでここに両者の写真を掲載するので、比較して見てください。善光寺本堂は写真撮影が一切禁止されている。ここに載せた善光寺本堂の内々陣・瑠璃壇(須弥壇)の緞帳の写真は、善光寺内陣参拝券を買うと、もらえる「善光寺ご参拝のしおり」に載っているものである。



善光寺本堂内々陣2緞帳
 

(善光寺内陣参拝券を買うと、もらえる「善光寺ご参拝のしおり」に載っている善光寺本堂の内々陣・瑠璃壇(須弥壇)の緞帳の写真)


正本堂須弥壇3
 

(正本堂写真集に載っている正本堂須弥壇の緞帳)

 

 

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(94)~大石寺客殿の東向きの大導師席は奈良・唐招提寺の化儀のパクリである

■検証94大石寺9世法主日有が他宗仏教寺院から輸入した化儀・東向き大導師席

 

□仏教寺院の東向きになっている堂宇・伽藍・導師席はインド「君子東面」の慣習に由来する

 

大石寺の客殿については、大石寺9世日有が京都・奈良の仏教寺院から輸入したと思われる奈良の法隆寺西園院客殿、天台寺門宗総本山・三井寺(勧学院客殿・光浄院客殿)、法隆寺西園院(貫首の住居)客殿、教王護国寺(東寺)客殿、…というものがあること。そして大石寺9世日有は、客殿と勅使門の配置を京都妙顕寺のものをパクった可能性が高いこと。そして今の大石寺客殿が浄土真宗の本山・東西本願寺の御影堂、阿弥陀堂とそっくりの堂宇であり、現在の大石寺客殿とは浄土真宗東西本願寺御影堂に対抗して建てたパクリ建築であるということを論究してきた。大石寺客殿については、もうひとつ、正面の須弥壇に向かって横向き、方向で言えば東向きに設置されている法主が着座する大導師席について、論究しなければならない。大石寺客殿の東向きの大導師席について、大石寺66世細井日達法主は、こんなことを書いている。

「法事の時は、必ず定まった座にて御本尊に向かわないで御経を読んで、追善供養をするのであります。それは仏界(御本尊---能化)から、九界に(精霊---所化)利益を施すものであります。これも十界互具を表したのであります。…これらの儀式は、現在の本山(大石寺)の儀式を拝すればわかります。御堂においては、法主は御本尊様に向かって読経唱題しますが、客殿は檀信徒の法要回向等の法事を行う場合でありますから、法主は横向きで直接九界に向かって読経唱題するのであります」(日有化儀抄略解p43)

大石寺66世細井日達法主によれば、東向きになっている大石寺客殿の大導師席は、いかにも仏界から九界を利益する姿であり、いかにも歴代の大石寺法主のみに秘伝されてきた特別な化儀であるかのような言い方だが、これが全くのウソ、細井日達の単なるこじつけ教学に過ぎない。

まずは仏教寺院の向きだが、基本的に南面して建てられており、これは大石寺の堂宇、奉安堂、奉安殿、御影堂、客殿、塔中坊等も同じで、全て南面して建てられている。これは中国の慣習である「君子南面」によるものであるとする説が有力である。これに対して、一部の仏教寺院では、地形等の問題でどうしても南面して堂宇を建てられない場合、東面して建てられている寺院・堂宇がある。例えば京都・天龍寺は寺院・堂宇は東面して建てられている。これは天龍寺が嵐山の山肌に面していることが理由ではないかと考えられる。浄土真宗仏光寺派本山・仏光寺は、京都洛中の平地にあるが、堂宇は東面して建てられている。中山法華経寺は、鬼子母神堂は南面しているが、祖師堂は東面して建てられている。堂宇を「東面」して建てる意義は、インドの慣習である「君子東面」によるものとする説が有力である。又、東面でも南面でもない仏教寺院・堂宇も存在しており、京都・南禅寺、京都・妙伝寺、京都・本能寺、二条寺町時代の京都・要法寺祖師堂がこれに該当する。大石寺の堂宇でも、例外的に五重塔が西面して建てられている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(60)~世界最大級の木造建築・東大寺大仏殿をパクった奉安堂を建てた日蓮正宗大石寺

■検証60・日蓮正宗大石寺奉安堂の外観・設計は東大寺大仏殿のパクリである2

 

□世界最大級の木造建築・東大寺大仏殿をパクった奉安堂を建てた日蓮正宗大石寺

 

日蓮正宗大石寺が奉安堂を建立するにあたって、外観・設計をパクった東大寺大仏殿とは、いかなる建造物・堂宇なのか。

2010年の10月に東大寺に行ったときは、「光明皇后千二百五十年遠忌法要」の準備のため、正面から大仏殿には入れず、回廊を歩いて正面左側から入っていった。資料に依れば、大仏殿は高さ46.8メートル、間口57メートル、奥行50.5メートルで、2,850平方メートル(約862坪)。

それに対し、奈良、鎌倉時代の大仏殿は、高さは約50メートルと同じですが、広さは間口約86メートル×奥行約50メートル=4,300平方メートル(約1,300坪)はあったという。

現在の大仏殿は、高さと奥行は創建時とほぼ変わりないが、東西の幅は奈良・鎌倉時代の大仏殿の約3分の2に縮小されているということになる。この巨大な大仏殿の中に、巨大な大仏が座っている。奈良・鎌倉時代の大仏殿の約3分の2に縮小されていても、今の東大寺大仏殿が世界最大級の木造建築であることに変わりはない。

東大寺大仏の国宝指定名称は「銅造盧舎那仏坐像(金堂安置)1躯」。像高は14.7メートル。大仏は『華厳経』に説く盧舎那仏という名の仏という意味らしい。

もちろん、この大仏は、東大寺の本堂である「金堂」すなわち大仏殿の中心本尊であることは言うまでもないが、面白いことに、この大仏殿の中は写真撮影が禁止されておらず、参拝客・観光客のほぼ全員と言っていいくらい、大仏の写真をパチパチと撮りまくっている。

かく言う私も、大仏の写真を何枚も撮影してきている。

だいたいどこの宗派の寺院の本堂も、中では撮影禁止というのが一般的で、本堂の中の本尊を撮影するなど、もってのほか。参拝者による本尊の写真撮影など厳禁というのが仏教界の常識みたいなものになっている。実際、あっちこっちの大伽藍・大寺院を訪れると、「撮影禁止」の看板・立て札をよく目にする。しかし東大寺大仏殿は、写真撮影が禁止されていない。

もっとも、元々はここも撮影禁止だったのかもしれないが、大仏殿に入った途端、大仏の威容に圧倒されて参拝客が写真を撮り始めてしまうため、大仏殿の中を撮影禁止にしても有名無実であり、意味がないのかも知れない。ただ、大仏殿には行っていきなり撮影するのではなく、「大仏に手を合わせて参拝してから撮影して欲しい」旨の東大寺のコメントを見たが。

東大寺26大仏殿
 

(東大寺大仏殿)

東大寺25大仏
 

(東大寺大仏殿の盧舎那大仏)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(59)~東大寺大仏殿の外観がそっくりにできている日蓮正宗大石寺奉安堂

■検証59・日蓮正宗大石寺奉安堂の外観・設計は東大寺大仏殿のパクリである1

 

□東大寺大仏殿の外観がそっくりにできている日蓮正宗大石寺奉安堂

 

東大寺南大門をくぐって、大仏殿に向かって一路歩いて行くと、中門に突き当たる。

これは東大寺金堂(大仏殿)の手前にある入母屋造の2階建ての門。これも江戸時代、享保元年(1716年)頃の再建という。

中門の正面からは中には入れず、向かって左側に歩いて行くと、入り口があり、そこから大仏殿に入っていくことになる。もちろん、中門から入ると拝観料を取られる。中門の両脇から「コ」の字形に回廊が伸び、大仏殿の左右に至るという構造になっている。

私が今年10月に行ったときは、「光明皇后 千二百五十年御遠忌法要」の準備のため、大仏殿正面からは入れず、回廊を通って大仏殿の脇から入って行かなくてはならなかった。

ところでちょうど中門から大仏殿を見ると、「あれえ、やっぱりそっくりだな」と思うことがある。

そう。東大寺大仏殿は、外観が日蓮正宗大石寺の奉安堂とそっくりなのである。

もちろん先にできたのは東大寺大仏殿だから、大石寺の奉安堂のほうが大仏殿を模して建立されたと言うことになる。早い話、大石寺の奉安堂の外観・設計は、東大寺大仏殿のパクリということになる。大石寺奉安堂が、東大寺大仏殿を模して設計されたことは、奉安堂の設計を担当した建築研究所アーキヴィジョンの広谷純弘氏自身が認めていることである。

「奉安堂の規模とそれを支える技術・工法」

http://www2s.biglobe.ne.jp/~shibuken/ETC/Hoando/rep3.html

設計を担当したのは、建築研究所アーキヴィジョンかもしれないが、こういった東大寺大仏殿を模した外観にすることなど、一切は日蓮正宗の承認の元で行われていることである。設計事務所が、勝手に設計したわけではない。

つまりは、東大寺大仏殿を模した奉安堂の外観は、日蓮正宗の承認の元で設計されたのは当然のことと言うより、むしろ日蓮正宗の指示で、東大寺大仏殿を模した設計が為されたと見るべきではないか。いくらなんでも、設計事務所側から日蓮正宗に対して、東大寺大仏殿をそっくり模した設計図を提案するなど、考えにくいことだからだ。

こういうことからして、日蓮正宗の法主や住職たちは、東大寺をはじめとする奈良・平安時代からの伝統仏教に対して、奇妙な劣等感を持っているのではないかと考える。劣等感も何も持っていなければ、わざわざ東大寺大仏殿を模した設計にして「現在の大仏殿がすっぽりと納まってしまう大きさであり、奈良、鎌倉時代の大仏殿と比較しても2倍以上の大きさとなります」(建築研究所アーキヴィジョンの広谷純弘氏・奉安堂の規模とそれを支える技術・工法)

などと自慢するはずがない。特に東大寺の場合は、鑑真和上を招いて日本最初の戒壇が建立された日本三大戒壇のひとつであり、総国分寺だった寺院である。「大石寺のほうが東大寺よりも上なのだ」ということを言いたいんでしょうね。日蓮正宗大石寺としては。

大石寺奉安堂4
 

(大石寺奉安殿)

東大寺26大仏殿
 

(東大寺大仏殿)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ