アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有が京都から輸入した土蔵のパクリ・宝蔵

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(89)~大石寺9世日有が京都から輸入した堂宇・土蔵(宝蔵)2

■検証89・大石寺9世日有が京都から輸入した堂宇・土蔵(宝蔵)2

 

□大石寺9世日有が京都の土蔵造りを大石寺に輸入して完成させた堂宇・大石寺宝蔵2

 

蔵造り・土蔵造り・土蔵・蔵という建物自体が「火災から貴重な穀物や家財を守る耐火建築物」「耐火構造の建物」(世田谷区教育委員会編・世田谷の土蔵)「室町時代に入ると防火、防犯の観点から畿内の豪商が土蔵を作りはじめ…」(富山県教育委員会・富山の土蔵)と書いてあるように、防火・防犯のための耐火建築物・耐火構造の建物だったということだが、これは実際にどれくらいの耐火能力を持っていたのか。土蔵造り(蔵造り)の建物は、耐火性能に実に優れていて、古くは江戸時代の大火、近代では空襲による大火でも、内部に火が回らない事例が多く、耐火性に関しては高い定評がある建物なのである。具体的な例を挙げてみると

鎌倉時代初期の延慶2(1309)に描かれた『春日権現験記絵巻』の第14巻には、火災後の京都市中の風景を描写したものがあり、白漆喰で仕上げられた土蔵が焼け残った姿で描かれている。既に切妻造りの塗り屋根形式を持ち、置屋根が載っていたと思われることから、ほぼ現在の土蔵造りに近い形式が成立していたことが推定できる。土蔵の歴史は、上図から推定されるように、まさに火災から貴重な穀物や家財を守る耐火建築物として変遷してきている。

1893年(明治26年)3月、埼玉県川越市は市街地を巻き込む大火で市街地が全焼。しかしこの川越大火で焼け残ったのが、「土蔵造り」の倉庫構造の建築であったので、川越市の各戸が競って蔵造りにし、耐火建築である「蔵造り」の建物が多く建てられ、それが現在にまで残る川越一番街の趣のある街並みを形成している。土蔵造りの建築は、川越の明治の大火にも、耐えて生き残ったのである。

富山県高岡市山町脇にも、土蔵造りや真壁造りの町屋が多く立ち並んでいる。

高岡に土蔵造りの町屋が造られたのは、市街地の約6割を焼き尽くした明治33(1900)627日の高岡の大火がきっかけで、高岡市土蔵造りのまち資料館の係員の説明によると、火災が土蔵造りの家で止まったとのこと。高岡の土蔵造りの家は、大火に堪え忍んだのみならず、大火の広がりを、土蔵造りの建築が食い止めていたのである。

これにより、大火の前年に施行された「富山県・建物制限規則」では、繁華街での建物の新築の際には防火構造のものにすることが義務づけられていたことと相まって、山町筋の復興には、防火建築である土蔵造りが建てられたのである。埼玉県川越市の蔵造りの町並みも、富山県高岡市山町脇の土蔵造りの町並みも、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(88)~大石寺9世日有が京都から輸入した堂宇・土蔵(宝蔵)

■検証88・大石寺9世日有が京都から輸入した堂宇・土蔵(宝蔵)

 

□大石寺9世日有が京都の土蔵造りを大石寺に輸入して完成させた堂宇・大石寺宝蔵1

 

大石寺の客殿の後方の杉木立に囲まれた小高い丘の上に、御宝蔵と呼ばれる土蔵造りの堂宇がある。宝蔵とは、辞書(デジタル大辞泉)によれば

「1 貴重な物品として大切に納めておくこと。2 宝物を納めておく蔵。宝庫。

3 経典を納めておく建物。経蔵。4 仏語。仏の教え。」

となっている。元々は経典の仏語ということだが、これから転じて、貴重な物品、宝物を納めておく蔵という意味で使われるようになったものである。

大石寺の宝蔵は、日蓮、日興、日目をはじめとする歴代法主の大漫荼羅本尊、日蓮の遺文(御書)である諫暁八幡抄、南条殿御返事といった古文書等々の大石寺の重宝類が納められており、これらの重宝は、毎年4月に行われている霊宝虫払い大法会で虫損を防ぐ風入れが行われ、代表登山(特別登山)で大石寺に参詣した信者の前で披露される。

又、現在、奉安堂に祀られている「戒壇の大本尊」なる板本尊は、日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作から1955(昭和30)年の奉安殿落慶まで、この宝蔵の暗がりの中に格蔵されていたことでも有名だ。この大石寺宝蔵は、日蓮正宗の公式見解でも大石寺9世日有の創建であるとしている。

この後の検証で詳しく述べるが、宝蔵とは大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作し、これを末代まで長期格蔵するために造立した堂宇である。この宝蔵の原型は土蔵だが、この土蔵も大石寺9世日有が京都から輸入したものである。日本の土蔵の発祥もやはり京都であり、これは土蔵の歴史を紐解いていくと、解明されることである。

「世田谷の土蔵・旧秋山家土蔵保存の記録」(19933月・世田谷区教育委員会編)によれば

「土蔵を記録する資料としては、鎌倉時代初期の延慶2(1309)に描かれた『春日権現験記絵巻』がある。そのうち第14巻には火災後の京都市中の風景を描写したものがあり、白漆喰で仕上げられた土蔵が焼け残った姿で描かれている。既に切妻造りの塗り屋根形式を持ち、置屋根が載っていたと思われることから、ほぼ現在の土蔵造りに近い形式が成立していたことが推定できる。

土蔵の歴史は、上図から推定されるように火災から貴重な穀物や家財を守る耐火建築物として変遷してきた。土蔵造りと他の倉の最も大きな違いは、構造である柱・梁を不燃材である土で覆ってしまう塗屋造りと、柱を外部に出す真壁造りの違いにある。しかし本報告からも理解頂けるように、土蔵造りは工事日数が必要であり、財政的負担が非常に大きな欠点となる。そのため、どの家にも土蔵を建てることができたわけではない。また、土蔵の外部を仕上げる漆喰は、高価品として幕府から使用の制限なども加えられたため、特定の階層のみの建物として定着した。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ