アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺正本堂・奉安殿での「戒壇大本尊」御開扉の様子

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(231)~直見よりも楠・漆・金箔・経済力・文献等の検証により日有偽作が証明される「戒壇大本尊」

■検証231・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか11

 

□直見よりも楠・漆・金箔・経済力・文献等の検証により日有偽作が証明される「戒壇大本尊」

 

1955(昭和30)年~1972(昭和47)10月の正本堂落慶までと、1998(平成10)4月の客殿落慶から2002(平成14)10月の奉安堂落慶までの通算21年間、「戒壇の大本尊」は奉安殿に格蔵されていた。

奉安殿での「御開扉」も、基本的に正本堂や奉安堂の御開扉と変わらない

ちがうのは、造りが和風になっているので、玄関から入って下足箱に靴を入れて2Fへ上がる。「戒壇の大本尊」なる板本尊が格蔵されているのは、奉安殿の2Fであった。

奉安殿は、1955(昭和30)11月に落慶した建物であるから、1998(平成10)年秋の時点で、すでに築43年が経過した建物であったが、1955(昭和30)11月に落慶した奉安殿をそのまま使用しているのではなく、前半分は新たに増築して、スペースを広げて使っている。

「御開扉」のパターンは、正本堂の時と全く同じ感じで進行して行く。「御開扉」開始5分くらいまえに、大石寺在勤僧侶がマイクをもって「御開扉」に関する注意事項を読み上げる。

午後1時半ちょうどに、僧侶席のドアが開かれて、大石寺塔中坊の住職などの僧侶たちがぞくぞくと入場。マイクの副導師の唱題がはじまると、法主が仲居僧一人を連れて、向かって左側の僧侶入場口から奉安殿に入場。法主が奉安殿の大導師席に着席すると、奉安殿の須弥壇の扉が左右に開きはじめる。

この奉安殿の須弥壇の扉も、規模こそちがうが、正本堂の須弥壇とほぼ同じパターンに造られている。 最初に、扉が左右に開き、次に出てきた赤い模様が入った緞帳が、下から上に開いていく。すると中から、ド派手な巨大仏壇が出現。ただし奉安殿の須弥壇は、正本堂のような黄金に輝く金色というわけではなく、漆黒がメインの須弥壇だ。

するとまた正本堂の時と同じように、一人の僧侶がしずしずと須弥壇に上がっていき、仏壇の錠前を開ける。仏壇の外側の扉を開けると、中にもう一つの扉があり、最後の扉が開いた瞬間、「戒壇の大本尊」なる板本尊が、その黒漆塗りに金文字の姿を見せる。そして法主により磬が鳴らされて唱題がストップ。ここから法主の大導師で、読経がはじまる。

 

奉安殿の信徒席で「戒壇の大本尊」は、正本堂の時よりかは、間近に見ることができる。しかし「戒壇の大本尊」の「南無妙法蓮華経」「日蓮」「花押」と「四天王」、梵字ははっきりとよく見えたが、十界列座や仏滅讃文、脇書きなどの、細かい文字は、はっきり読み取ることは不可能である。

それと、奉安殿で間近に見ても、「立正安国会」発行の日蓮真筆本尊の全てに見られる「書の芸術性」が、この「戒壇の大本尊」なる板本尊には全然見えないのは同じ。日蓮の真筆本尊が醸しだしている「書の芸術性」が、この「戒壇の大本尊」なる板本尊には全くない。ただし、「書の芸術性」が、「戒壇の大本尊」なる板本尊には全くない、とは言っても、それは状況証拠ではあるが、物的証拠とは言えない。たとえ間近で「戒壇の大本尊」なる板本尊を直見したとしても、それが直ちに学問的に「戒壇の大本尊」なる板本尊の真相・正体を解明していくということには、つながらないということである。

奉安殿2


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(230)~大石寺法主自ら「戒壇の大本尊」の金文字を奉書で拭く霊宝虫払い大法会の御開扉

■検証230・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか10

 

□大石寺法主自ら「戒壇の大本尊」の金文字を奉書で拭く霊宝虫払い大法会の御開扉

 

法主が、正本堂の須弥壇中央の巨大黄金仏壇の前に立ち、「戒壇の大本尊」なる板本尊の前で正座。法主が本尊に対して伏せ拝をした後、総監の介添えで、白い紙か、ないしは布巾のようなものを手にとって、「戒壇の大本尊」なる板本尊の金文字を、ひとつひとつ、拭き始める。

まず最初に中央の「南無妙法蓮華経」「日蓮」「花押」の文字をひとつひとつ拭いていく。

次に板本尊の四隅の「大持国天王」「大廣目天王」「大毘沙門天王」「大増長天王」そして「愛染」「不動」の梵字をひとつずつ拭き、次に「十界列座」の小さな金文字をひとつひとつ布巾のようなもので拭いていく。

法主が「戒壇の大本尊」なる板本尊の前で、本尊に伏せ拝をするというのも、注目すべき事だ。

普段、大石寺で法主は、信者はおろか、住職、僧侶、所化僧らに自分に対して、伏せ拝をさせている光景を目にする。その法主が伏せ拝をする相手は、「戒壇の大本尊」なる板本尊のみというわけである。まあ、法主が正本堂の須弥壇に自ら登って「戒壇の大本尊」なる板本尊の前で伏せ拝をするのも、自らの権威付けのためだろうが。

 

「戒壇の大本尊」なる板本尊の金文字が拭き終わると、今度は法主は、黒漆の表面を拭きはじめる。これが終わると、次は、法主は、手に持ってた団扇か、扇子のようなもので、板本尊の表面を、パタパタと煽り始める。なんで黒漆の表面をパタパタと煽っているのか、意味がさっぱりわからない。ホコリやチリ、ゴミを払っているのか?

ひととおり、「戒壇の大本尊」なる板本尊を拭く作業が終わると、法主と総監が、正本堂の須弥壇の階段をシズシズと降り始める。法主と総監の二人が正本堂の須弥壇の階段を降りる時に、転んだり、つまづいたりしたら、それだけで法主の権威は丸潰れになってしまうだろう。おそらく「こんなところで転んでなるものか」とばかりに、二人とも階段を一段一段、踏みしめるように降りていったにちがいない。

しかしそれにしても、正本堂の須弥壇の階段は、ものすごい急な階段である上に、手すりすらない。こんなにも急勾配で手すりもない階段を70代の老人が、重たそうな僧衣を身にまとって上り下りするというのは、相当きついのではないだろうか。階段を登るときはまだしも、降りるときは大変である。しかも手すりがない上に、法主も総監も合掌したまま、急な階段を下りてきている。

ちょっとでも足を踏み外そうものなら、真っ逆さまに転落し、それこそ骨折どころではすまないくらいの大けがをむしてしまうのではないだろうか。

よくこんな危険な設計にしたものだと、あきれ果ててしまう。

66世日達8


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(229)~全国から宗務院・内事部役員や末寺住職が大石寺に登山する霊宝虫払大法会の御開扉

■検証229・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか9

 

□全国から宗務院・内事部役員や末寺住職が大石寺に登山する霊宝虫払大法会の御開扉

 

宗門三大法要の中でも、毎年4月の霊宝虫払い大法会の御開扉は特筆ものである。

大石寺の「霊宝虫払い大法会」(れいほうむしばらいだいほうえ)とは、「御大会」(ごたいえ)と並んで大石寺の二大法要と呼ばれている法要である。日蓮正宗の信者の間では、二大法要に参拝できるのは「選ばれた信者」のみが参拝することができる「特別登山会」ないしは「代表登山会」といわれており、日蓮正宗の信者でもそう簡単に参加できない行事とされる。

大石寺の「霊宝虫払い大法会」は、毎年46日・7日の両日に行われるというふうに決まっている。なぜ46日・7日になっているのかというと、日蓮が生誕した1222216日という日が、現在の太陽暦に換算した47日に該当することから。「霊宝虫払い大法会」は日蓮生誕の日を太陽暦に換算した日に、「御大会」は日蓮入滅の日を太陽暦に換算した日に行っている。

1991年初頭に日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」が勃発して、創価学会が大石寺に登山しなくなり、日蓮正宗の僧侶・寺族・法華講のみが大石寺参拝をするようになってから、少し「霊宝虫払い大法会」の参拝枠が広がったようだが、創価学会と日蓮正宗が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」においては、大石寺の「霊宝虫払い大法会」に参拝するなどというのは、信者にとっては、まさに高嶺の花。つまり秋の御大会と並んで春の「霊宝虫払い大法会」の参拝券も、信者の間ではプラチナチケットだった。

もちろん、この大法要が行われている間は、一般見学者は大石寺境内地に入ることはできないし、普段は誰でも入れる堂宇でも、「霊宝虫払い大法会」の登山会の参加者以外は立入禁止となる。

 

大石寺の「霊宝虫払大法会」も午後1時半の正本堂での「御開扉」からはじまる。「霊宝虫払い大法会」の御開扉も、信者席は全く空席が見当たらないくらいに黒い礼服を着た信者で埋る。

御開扉のほうは、午後1時半の開始と同時に、いつもながら正本堂の両側の扉から僧侶がゾロゾロと入場。僧侶の入場が完了すると副導師の唱題が始まり、唱題の声が和すなか、法主が、さも偉そうに左側の入口から入場してくるというのは同じ。

ところがこの日は、大石寺の「大法要」ということで、この日は全国から信者のみならず、法主から出仕を命じられた末寺住職、寺族らが登山してきているので、出仕した僧侶の人数がやけに多く、正本堂の僧侶席がほぼ満席。正本堂の僧侶席は約600人ほど座れるスペースがあるということだが、満席になっているところを見ると600名余りの僧侶が「御開扉」に出仕しているということか。

僧侶席の一番後ろの列には、総監、教学部長、庶務部長、海外部長、渉外部長、財務部長、大石寺主任理事といった宗務院・内事部の役僧が列席。

大石寺奉安堂21


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(228)~「戒壇大本尊」両隣の最初仏・灰骨も開扉し戒壇説法が行われる宗門三大法要の御開扉

■検証228・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか8

 

□「戒壇大本尊」両隣の最初仏・灰骨も開扉し戒壇説法が行われる宗門三大法要の御開扉

 

これまで紹介したパターンは、法華講連合会の総登山会、月例登山会、支部総登山会、添書登山における通常の御開扉のパターンである。

この他に宗門三大法要である4月の霊宝虫払い大法会、9月の寛師会、11月の御大会の代表登山がある。さらに50年に1度の日蓮の遠忌、生誕、立宗、立正安国論上奏、龍口法難等の法要、法主の代替法要、客殿、奉安堂などの落慶慶讃法要などの特別法要登山がある。中でも50年に1度の日蓮の遠忌法要は、各日蓮宗本山でも盛大な法要が営まれるが、日蓮正宗大石寺でもそれこそ盛大な法要が営まれる。

ここでは宗門三大法要の御開扉を紹介する。まずは、御大会と寛師会の御開扉から。

 

御開扉の基本的なパターンは、通常とかわらないのだが、いくつか異なることがある。

宗門の法要に登山した信者は、ほぼ全員が黒の喪服を着ており、正本堂内を見渡すと、全体的に黒っぽく見える。信徒席の最前列には、法華講連合会の役員が座る。

午後13:30ちょうどに、正本堂の僧侶席の両側の扉が開き、ぞくぞくと僧侶たちが入場。御大会と寛師会といった大きな法要になると、大石寺塔中坊の住職のみならず、全国の末寺から住職たちが大石寺に登山しているので、正本堂の僧侶席はほぼ満席。

僧侶の最後列の真ん中から左側に、総監、教学部長、庶務部長、海外部長、渉外部長、財務部長、大石寺主任理事といった日蓮正宗宗務院役員が正座。

真ん中から左側には、大石寺塔中坊の長老住職が並んで正座。そして前列にいくにしたがって若手住職たちが正座。正本堂に出仕した住職・僧侶たちも、鶴のマークが入った礼装用の僧衣を着用している。

僧侶の入場が完了すると、副導師のマイクの唱題がはじまり、法主が、仲居僧を従えて、偉そうに正本堂に入場。法主も、礼装用の僧衣を着用する。

法主が正本堂の大導師席に着座すると、正本堂の外扉が開きはじめ、次いで内扉が開き、僧侶が須弥壇に登って行って、巨大黄金仏壇の錠前が開けられ、さらに仏壇の内扉が開けられて「戒壇の大本尊」なる板本尊が、衆目の前に登場。

宗門三大法要では「戒壇の大本尊」が格蔵されている巨大黄金仏壇の両隣の黄金厨子の扉が開けられる。どちらかが「最初仏」と呼ばれている日蓮の木像であり、どちらかが「御灰骨」と日蓮正宗が自称している「日蓮の骨」なるものである。この二つの厨子の扉は、普段の御開扉では、開けられることがない

しかし開扉されたとは言っても、最初仏も御灰骨も、信徒席からは、ほとんど何も見えない。

それともうひとつ。「戒壇の大本尊」も「最初仏」も「灰骨」も全て後世の偽作である。

大石寺奉安堂3 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(227)~読経時の木魚・木証も唱題時の太鼓も一切叩かない大石寺「戒壇の大本尊」御開扉

■検証227・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか7

 

□読経時の木魚・木証も唱題時の太鼓も一切叩かない大石寺「戒壇の大本尊」御開扉

 

ではなぜ、何度も御開扉を受けている日蓮正宗の信者は、「戒壇の大本尊」に疑問を抱かないのか。やはりこれについては、日蓮正宗の信者は、大石寺が都合のいいところだけを見せられ、都合がいいように見せられているだけだからではないかと考える。

 第一、日蓮正宗の信者は、「立正安国会」発行の「日蓮御本尊集」に収録されている123体の日蓮真筆本尊を見たことがあるのだろうか。日蓮正宗では、そういったものが存在することすら信者に教えていないではないか。

そうしておいて、信者の心を「戒壇の大本尊」という、謎めいたスポットに押し込めて、一方的に日蓮正宗に都合がいいように洗脳しようとしているだけなのではないかと思う。

 

巨大黄金仏壇の扉が開いても、「戒壇の大本尊」の前には、しきみの華、水を入れる金椀、ご飯等の御膳、供物等は一切あがっていない。ただ一つだけ、三重ぐらいに重なった巨大な餅らしきものが供物としてあがっていただけ。

さて須弥壇の中の黄金仏壇の二重扉が僧侶の手によって開けられて「戒壇の大本尊」が衆目の面前に出現すると同時に、正本堂大導師席の法主が鐘を鳴らし、堂内の唱題が止まる。

法主がゆっくりとした口調で「妙法蓮華経(みょーほーれんげーきょー)方便品第二(ぼうべんぽんだいにいー)」と言うと、つづけてマイクの副導師の読経の声にあわせて、堂内の僧侶・信者が法華経方便品の長行・十如是の読経をはじめる。

ここでは法主、僧侶の他、信徒席に座っている大勢の信者も経本を手に読経をしている。が、他宗派の法要のように木魚・木証等は叩かない。副導師のマイクの読経の声が、場内の読経をリードしている。

読経の時に木魚・木証等は一切叩かないというのは、「戒壇の大本尊」御開扉の時のみならず、客殿、御影堂、六壺等における法要、丑寅勤行や末寺寺院の勤行、法要でも同じ。日蓮正宗の特色の一つでもある。

では日蓮正宗では、マイクやスピーカーが発明、流通する以前は、どうやって読経の声を合わせていたのか。日蓮宗や富士門流でも勤行・法要の時に木魚・木証等を叩くのに、なぜ大石寺門流では、木魚・木証を叩かないのか。不思議と言えば不思議である。

昭和期に創価学会等の折伏によって信者数が大幅に増える以前は、大石寺門流の勤行や法要で読経する人の数はそんなにいなかったということか。つまり木魚・木証等を叩かなくても、読経の声を合わせることが出来た、ということに他ならないのではないか。

正本堂須弥壇3


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ