アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の折伏活動は信教の自由逸脱・国際人権規約18条違反だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

憲法20条違反布教疑惑の日蓮正宗が松戸市秋山地区の新寺院落慶をいよいよ強行か(?)

□日蓮正宗寺院反対の方々は日蓮正宗寺院建設強行に負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”

 

さて2016年から、日蓮正宗が地元住民の反対を押し切って、新寺院建設を進めている千葉県松戸市秋山地区において、いよいよ日蓮正宗が、新寺院落慶を強行するという情勢になっている。

日蓮正宗では、201610月に新寺院の起工式を強行。そして2017513日には、新寺院の新築上棟式を強行している。そして7月の大石寺総二坊御講では、秋山地区の新寺院に「移籍」が予定されている日蓮正宗大石寺総二坊信徒が参詣して、「最後の御講」が行われた、との情報が入ってきている。つまり秋山新寺院が落慶すれば、大石寺総二坊信徒が秋山新寺院に移籍して、秋山新寺院にて「御講」が営まれる、という手はずになっているというわけ。

「アンチ日蓮正宗」でも、数回、現地調査を行ってきているが、201610月のころには、松戸市秋山地区に林立していた「宗教施設建設反対」の「のぼり旗」の数が大きく減っていることが確認された。のぼり旗の数は減っているが、全くなくなっているわけではない。

実は、これにはウラがあり、日蓮正宗の松戸新寺院側(平野道益・日蓮正宗宗務院渉外部主任・大石寺総二坊住職)と住民側が「覚書」を取り交わしたという。これにより、「覚書」をかわした反対派住民が、「宗教施設建設反対」の「のぼり旗」を引っ込めてしまったものと思われる。ただし、この「覚書」は、松戸市秋山地区の全ての住民が取り交わしたわけではなく、「あくまでも日蓮正宗新寺院建設反対」の姿勢を貫いていらっしゃる住民の方々もおられる。

ではなぜ日蓮正宗側と新寺院建設反対派の話し合いがもたれ、「覚書」を取り交わすことに至ったのか、ということであるが、これは某政党・K党の千葉県議会議員、松戸市議会議員が仲介している。この「某政党・K党」とは、創価学会の傀儡政党のK党ではなく、1990年代のころから創価学会を脱会して日蓮正宗法華講員になった人たちが大量入党して党員になっている、あのK党である。まがりなりにも、宗教対立には「中立」の立場の議員が仲介するのなら、わからないでもないが、党員の中に、日蓮正宗法華講員が多くいるK党の県会議員・市会議員が「仲介」「介入」したとあっては、日蓮正宗・秋山新寺院建設反対派の意見が通るはずがない。かくして日蓮正宗の松戸市秋山地区の新寺院建設は、日蓮正宗に著しく有利が結果が生まれようとしているわけだが、しかしこういう事態になっても、あくまでも「新寺院反対」を貫いていらっしゃる住民の方々もおられるわけで、「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」は、これらの新寺院反対派の方々に、心から敬意を表する次第であります。

われわれ「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」は、日本国憲法20条違反、国際人権規約B規約18条違反の疑いがある布教活動を行っている日蓮正宗、創価学会、顕正会に、あくまでも反対の立場であり、これらのカルト宗教を新カルト対策立法によって、司法監視下に置くべきであるとする運動を行っている。今回の松戸市秋山地区の日蓮正宗新寺院も、「2021年の法華講員80万人達成」などという無理難題な布教ノルマを達成させるための日本国憲法20条違反、国際人権規約B規約18条違反の疑いがある布教活動を展開するための拠点にするためのものであることは明らか。これからも、日蓮正宗、創価学会、顕正会への反対活動をつづけて参りましょう。

 

松戸新寺院・大日蓮3
 

(2017513日の松戸市秋山地区新寺院の新築起工式を報じる「大日蓮」平成297月号)

 

秋山33


秋山40
 

(建設が進む松戸市秋山地区の日蓮正宗新寺院・20177月末現在)

 

秋山31


秋山37
 

(今も日蓮正宗新寺院周辺に立っている「宗教施設建設反対」の「のぼり旗」)

 

「折伏しない者は無間地獄行きだ」の法主説法は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反だ

■日蓮正宗は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反の折伏・布教を即時中止せよPART4

 

□また折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きだと説法した大石寺68世早瀬日如法主

 

2021(平成33)年の日蓮生誕八百年に法華講員(日蓮正宗信徒)80万人にしろ」と、日蓮正宗の全末寺住職・僧侶・法華講員(日蓮正宗信徒)に命令を下し、毎年毎年、過酷な「折伏誓願目標」という名目の布教ノルマを押しつける日蓮正宗管長・代表役員・大石寺68世早瀬日如法主。そして「折伏誓願目標」が達成できなかった末寺住職を、大石寺の「折伏推進指導会」という場に呼びつけ、「なぜオマエの寺院は達成できないんだ」とばかりに、過酷な吊し上げ的「指導」を行わせている。これだけ過酷な指導をしても、こんな強引な折伏に消極的だったり、嫌悪する日蓮正宗の寺院住職や法華講員がかなりたくさんいるようである。2016年は、150を超える寺院・法華講が「折伏誓願目標」と称する布教ノルマが未達成で終わった。「そんな折伏に消極的な住職や法華講員がいるから、折伏誓願目標が達成できないのだ」とでも言いたいのだろうか。

大石寺68世早瀬日如法主が、2017年の新年早々、「大日蓮」20191月号の「新年の辞」で、日蓮の『阿仏房尼御前御返事』の文「いふといはざるとの重罪免れ難し、云つて罪のまぬがるべきを見ながら聞きながら置いていましめざる事眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲なり、章安の云く「慈無くして詐り親むは即ち是れ彼が怨なり」等云々」(御書906ページ)を引いて、「折伏・育成をしない者は眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲」と説法したのだが、それでも飽き足らないのか、201725日、大石寺客殿で行われた「20172月度広布唱題会」ではこんな説法をしている。

「御本仏日蓮大聖人様の一切衆生救済の願業を正しく承継して一天四海本因妙広宣流布を達成し、異体同心して破邪顕正の折伏を行じていくところに、今日、我ら本宗僧俗の最も大事な使命が存しているのであります。故に(日蓮遺文(御書))『曽谷殿御返事』には

『法華経の敵(かたき)を見ながら置いて責めずんば、師檀ともに無間地獄は疑ひなかるべし』(大石寺版御書全集p1040)(日蓮は)仰せられ、謗法の者を見ておいて、そのままにして折伏をしない者は、『師檀ともに無間地獄は疑ひなかるべし』と厳しく御制誡あそばされているのであります。よって一人一人がいかなる困難や障魔が競い起きようとも

『末法に於いて今日蓮等の類の修行は、妙法蓮華経を修行するに難来たるを以て安楽と意得べきなり』』(大石寺版御書全集p1762)

との(日蓮の)御金言を胸に、今こそ敢然として折伏を行じ、誓願達成へ向かって僧俗一致・異体同心して前進することが肝要であります」(20173月号「大日蓮」p52)

 

3)
 

つまり日蓮の遺文(御書)を引用して、「折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きになるのだ」と、大石寺68世早瀬日如法主は言いたいようである。自分たちの意に沿わない人、自分の言うことを聞かない人、自分に随おうとしない人に、「オマエは無間地獄行きだぞ」と言うのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教の得意技である。

 

続きを読む

折伏誓願目標未達成が原因?で大石寺68世日如法主に隠居させられた、これだけの住職たち

20152016年の2年間で何と23人もの住職を隠居させた大石寺68世早瀬日如法主

 

現在、日蓮正宗管長・大石寺68世早瀬日如法主・宗務院は、2021(平成33)の日蓮生誕八百年の年の「法華講員80万人達成」などという「折伏誓願目標」という名の過酷な布教ノルマを寺院住職・法華講員に押しつけている。さらに、「折伏誓願目標」が達成できない寺院住職など、次々と隠居に追い込んでいる。20152016年の2年間に「隠居」に追い込まれた住職は下記の通り。日付は辞令が発令された日で、出典は日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」である。

2015127日 白井浄道氏(仏心寺住職→隠居)

2015210日 岸本恭済氏(法勤寺住職→隠居)

2015225日 後藤史道氏(信盛寺住職→隠居)

2015410日 小久保原道氏(音教寺住職→隠居)

2015916日 長谷川章道氏(妙清寺住職→隠居)

2015115日 片山信英氏(正教寺住職→隠居)

20151112日 今野道好氏(法宣寺住職→隠居?)

20151113日 畑山法俊氏(大歓寺住職→隠居)

20151117日 水野顕道氏(本山妙蓮寺塔中蓮二坊住職→隠居)

20151212日 斎藤栄順氏(宗務院庶務部長→辞職・妙国寺住職→隠居)

20151217日 三門雄善氏(本善寺住職→隠居)

2016225日 志村道彦氏(若法寺住職→隠居)

2016426日 宇都宮広伝氏(大栄寺住職→隠居)

2016523日 渡辺寧道氏(正伝寺住職→隠居)

201664日 前田積道氏(能持寺住職→隠居)

201688日 菅原信宰氏(仏徳寺住職→隠居)

2016829日 高橋信興氏(大石寺塔中雪山坊住職→隠居)

2016831日 小河雄純氏(法海寺住職→隠居)

2016914日 高橋思道氏(法妙寺住職→隠居)

2016917日 岩切寿英氏(経説寺住職→隠居)

20161124日 藤本信恭氏(埼玉・妙本寺住職→隠居)

20161128日 山田容済氏(慈光寺住職→隠居)

20161221日 長野良宏氏(法敬院主管→隠居?)

201729日 蜂谷道慈氏(得行寺住職→隠居)

 

続きを読む

大石寺68世日如法主、八木日照総監の説法は憲法20条違反、国際人権B規約18条違反だ

■日蓮正宗は「信教の自由」逸脱・憲法違反・国際条約違反の布教活動を即時中止せよPART2

 

□大石寺68世日如法主、八木日照総監が折伏・育成をしない者は無間地獄行きだと説法

 

日蓮正宗では、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の毎年の1月号に、大石寺法主(日蓮正宗管長)、隠居法主、宗務総監、重役、宗会議長、宗務院の庶務部、教学部、布教部、渉外部、海外部、財務部の各部長が、新年の挨拶をすることが慣例になっている。さて平成291月号「大日蓮」の新年の辞で、大石寺68世早瀬日如法主は、こんなことを書いている。

「抑も、折伏と育成は一体であります。随って、折伏した人びとを(法華講員として)育成していかなければ、(2021年の法華講員)80万人体勢の構築も、広宣流布の達成も実体のない、単に数字だけのものになってしまいます。そればかりでなく、(法華講員の)育成を欠くことは無慈悲の極みであり、宗祖日蓮大聖人の一切衆生救済の御意に反することに成りかねないのであります。されば(法華講員の)育成について、(法華講の)講中が真剣に取り組んでいかなければならない、極めて大事な課題であることを銘記すべきであります。(日蓮)大聖人は『阿仏房尼御前御返事』に

「いふといはざるとの重罪免れ難し、云つて罪のまぬがるべきを見ながら聞きながら置いていましめざる事眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲なり、章安の云く「慈無くして詐り親むは即ち是れ彼が怨なり」等云々」(御書906ページ)

と仰せであります。この御文は、折伏にあたっての心得であると同時に、(法華講員の)育成についても極めて大事な訓戒であります」

(平成291月号「大日蓮」p5/大石寺68世早瀬日如法主の新年の辞)

 

1大日蓮・日如新年の辞
 

さらにつづいて大石寺法主に次ぐ日蓮正宗のナンバー2である八木日照総監が、同じく平成291月号「大日蓮」の新年の挨拶で、こんなことを書いている。

(日蓮)大聖人様は『南部六郎殿御書』に「眠れる師子に手を付けざれば瞋らず流にさをを立てざれば浪立たず謗法を呵嘖せざれば留難なし、若善比丘見壊法者置不呵嘖の置の字ををそれずんば今は吉し後を御らんぜよ無間地獄疑無し」(御書463ページ)

と仰せであります。どんなに反対され嫌がられても、(日蓮正宗の)正しい教えを伝え、(日蓮正宗の)正しいことを話し、(日蓮正宗以外の)邪義邪宗を破折してきたが故に、我が日蓮正宗は、(日蓮)大聖人様の時代から、世に大灯明として存在してきました」

(平成291月号「大日蓮」p8/八木日照総監の新年の挨拶)

 

1大日蓮・八木日照新年挨拶
 

 

続きを読む

日蓮正宗は「信教の自由」から大きく逸脱した折伏・布教活動を即時中止せよPART1

□折伏誓願目標未達成の住職が呼びつけられネチネチと「つるし上げ」られる「折伏推進指導会」

 

201715日、日蓮正宗総本山大石寺の境内にある日蓮正宗宗務院庁舎の大会議室にて、大石寺68世早瀬日如法主が臨席して、「折伏推進指導会」が開催された。平成292月号「大日蓮」の報道によれば、「折伏推進指導会」は15日の午前1030分と午後130分の二回、行われたという。大石寺では全日の14日、全国の日蓮正宗末寺の僧侶・寺族が登山して「末寺僧侶・寺族初登山会」が行われ、午前中は大石寺68世早瀬日如、大石寺67世阿部日顕への目通り(面会)と新年の挨拶、奉安堂での「戒壇の大本尊」内拝、午後は大講堂にて法主以下、日蓮正宗の僧侶と寺族が一堂に会しての新年祝賀会、つまり酒盛りの大宴会が行われた。

そしてその翌日に行われた「折伏推進指導会」とは、2016年度の末寺寺院・法華講支部の折伏誓願目標が達成できなかった法華講支部指導教師(末寺住職)を集めて、「具体的な指導」を行うというもの。つまり前年の折伏誓願目標が達成できなかった住職は、酒盛りの大宴会の終了後も、大石寺に留め置かれ、「折伏推進指導会」に出席させられたというわけである。

ではどれだけの住職が「折伏推進指導会」に出席させられたのか。平成292月号「大日蓮」p50に載っている写真を分析してみると、2人掛けの机がタテ6列、ヨコ8列並んでいる。そうすると出席僧侶は2人×6列×8列×2日で192人。そうすると日蓮正宗は、日本全国・海外で619ヶ寺あるので、全体の約3割以上の寺院が、前年の折伏誓願目標が未達成だったことになる。

そういう寺院の住職たちを集合させて、「オマエの寺院は、どうして折伏誓願目標が達成できなかったのか」と、ネチネチと指導される。それだけではない。

日蓮正宗では、前年2016916日、大石寺境内の宗務院庁舎にて、2016年度の折伏誓願目標達成に大幅な遅れが見られる法華講支部指導教師(住職)を集めて「折伏推進指導会」を行っている。これを報道する平成2811月号「大日蓮」によれば、これには大石寺68世早瀬日如法主、阿部信彰布教部長、新井契道副布教部長、3人の折伏推進委員からネチネチと指導された他、さらに加えて「折伏推進指導会」終了後、折伏誓願目標達成に大幅な遅れが見られる住職一人一人を呼びつけて、ネチネチと個別指導までが行われている。ここまで来たら、これは「指導」というより、折伏誓願目標未達成の住職に対する懲罰的な「つるし上げ」、全国末寺住職に対して、「折伏誓願目標が未達成だったら、こうなるんだぞ」という「見せしめ」的懲罰に等しい。

さらに2016年度では、112日から日蓮正宗の全国48布教区別に「法華講員80万人体勢構築推進僧俗指導会」を、510日には大石寺の宗務院庁舎で「布教研修会」を、62日~10日まで、同じく大石寺の宗務院庁舎にて「所属信徒別指導会」を行っている。

これらいずれの「指導会」も、各法華講支部に割り振られた折伏誓願目標を達成させるため。目標が達成されれば何事もないが、その年の折伏誓願目標達成に大幅な遅れが見られるとなれば、9月の「折伏推進指導会」に住職が呼びつけられて、ネチネチと指導される。そしてさらに未達成確定となれば、さらに翌年1月の「折伏推進指導会」に住職が呼びつけられて、実質的な「つるし上げ」を喰らってしまうというわけである。

 

2大日蓮)
 

(平成292月号「大日蓮」が報道じる201715日の「折伏推進指導会」)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ