アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史23・創価学会「折伏大進撃」と64世日昇・65世日淳・66世日達

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

宗創「同じ穴の狢」の真実(22)~創価学会批判を全面禁止する訓諭を日蓮正宗僧侶・法華講員に発令した大石寺66世細井日達

□訓諭を発令した大石寺66世細井日達が第1次宗創紛争を引き起こしたとは“お笑いぐさ”だ

 

創価学会の「折伏大進撃」の時代、1963(昭和38)715日付けで大石寺66世細井日達法主が、日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて、何と創価学会批判を全面禁止する訓諭を発令した。その訓諭は、1963(昭和38)725日付け聖教新聞、日達全集第1輯第1巻に載っている。

15訓諭1


15訓諭2


15訓諭3
 

(日達全集第1輯第1巻に載っている1963(昭和38)715日付けで大石寺66世細井日達が日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて発令した創価学会批判を全面禁止する訓諭)

15訓諭5
 

(1963(昭和38)725日付け聖教新聞に載っている1963(昭和38)715日付けで大石寺66世細井日達が日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて発令した創価学会批判を全面禁止する訓諭)

この訓諭の核心部分には、こんなことが書いてある。

「倩々惟みるに下種本仏の利生漸く閻浮を光被せん機運の洋塧する方今を迎へ得しは、是れ後五百歳中広宣流布の金言を体し、地湧の眷属たる自覚のもと打って一丸、克く折伏逆化に邁進する創価学会の出現に依るところと謂うべきなり。夫れ創価学会会員捨身弘法の熱誠たるや、宗門の古今に全くその類を絶せる熾烈さにして、・・・・その行業は正しく大聖人の御嘉納遊ばされるところにして、宗門緇素の等しく満腔の敬意を表さずんばあるべからずところなり。若し些か也とも、此の清浄無比にして護借建立の赤誠に燃ゆる一大和合僧団創価学会に対し、実にもあれ不実にもあれ謬見を懐き謗言を恣にする者ありとせば、其籍、宗の内外に在るを問わず、全て是れ広布の浄業を阻礙する大僻見の人、罪を無間に開く者と謂うべし」…

(1963(昭和38)715日付けで大石寺66世細井日達が日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて発令した創価学会批判を全面禁止する訓諭)

なぜ大石寺66世細井日達が日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて創価学会批判を全面禁止する訓諭を発令したのか。それは創価学会の「折伏大進撃」の時代から、日蓮正宗内部に、創価学会を批判する僧侶、法華講員が居たからである。だから大石寺66世細井日達が日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて創価学会批判を全面禁止する訓諭を発令したのである。それにしても日蓮正宗大石寺法主の発令する訓諭とは、日蓮正宗内部では最高権威だと言うが、創価学会批判を全面禁止する訓諭を発令した大石寺66世細井日達自身が1974(昭和49)年以降、創価学会批判の説法をはじめ、第1次宗創紛争を引き起こし、そらに1990(平成2)12月の池田大作総講頭罷免にはじまった「宗創戦争」で、日蓮正宗と創価学会は全面戦争に突入。今、この訓諭を見ると、まさにお笑いぐさだ。所詮、訓諭とは言っても、こんなもの。

この訓諭も、日蓮正宗と創価学会が「同じ穴の狢」である証拠と言えよう。

日達全集2輯6巻
 

(大石寺66世細井日達)

 

 

宗創「同じ穴の狢」の真実(21)~増改築も修繕もリフォームもしないままに大石寺に残る戸田城聖・創価学会寄進の大講堂

□大講堂の耐用年数を過ぎているのに改築魔も大規模修繕もしないまま使用するのは危険だ

 

1958(昭和33)3月、創価学会二代会長・法華講大講頭(当時)・戸田城聖が発願主になり、創価学会が寄進した大講堂という名の堂宇が、今も大石寺境内に残っている。現在の大石寺境内にそびえ立つ大講堂は、1958(昭和33)3月に創価学会が寄進した大講堂が、ただの一度も増築も改築もリフォームも、大規模修繕も何もしないままの状態で残っている。まずは「法華本門大講堂落慶法要」を報道する昭和33(1958)37日付け聖教新聞から。

大講堂落慶1


大講堂落慶2


大講堂落慶3
 

(「法華本門大講堂落慶法要」を報道する昭和33(1958)37日付け聖教新聞)

次の資料は1984(昭和59)年発行「大石寺案内」に載っている大石寺大講堂。

大講堂2(1984)
 

「大石寺案内」の中に、これが1958(昭和33)3月、創価学会二代会長・法華講大講頭(当時)・戸田城聖が発願主になり、創価学会が寄進した大講堂であると載っている。

次の資料は1990(平成2)7月発行「日蓮正宗法華講連合会第27回総会」と題する写真集に載っている大石寺大講堂である。

大講堂3(1990)


大講堂4(1990)
 

この写真集の中に、1958(昭和33)3月、創価学会二代会長・法華講大講頭(当時)・戸田城聖が発願主になり、創価学会が寄進した大講堂であると載っている。

次の資料は、1993(平成5)年発行「大石寺案内」に載っている大坊である。

大講堂5(1993)


大講堂6(1993)
 

この中に、1958(昭和33)3月、創価学会二代会長・法華講大講頭(当時)・戸田城聖が発願主になり、創価学会が寄進した大講堂であると載っている。

大講堂1
 

そしてこれが現在の大石寺大講堂である。1958(昭和33)3月当時の大講堂と全く同じである。

ところで、「鉄筋コンクリート建築・耐用50年説」ないしは「60年説」というものがあるのをご存知だろうか。東京都心の大手町・丸の内・京橋・銀座界隈では、195060年代に造成された鉄筋コンクリート造りのビル建築が、どんどん建て替えられて、新しいビルに様変わりしている。主なところでは、読売新聞社、サンケイ新聞本社、経団連ビル、丸ビル、新丸ビル、大丸ビル、フジテレビ本社、TBS本社、テレビ朝日本社、マルハ本社、銀座松坂屋等、どんどん建て替えられて、新築されている。同じく高度成長期に造成された首都高速道路も立て替えの必要性が指摘されているところである。「鉄筋コンクリート建築・耐用50年説」「60年説」というものからすれば、1958(昭和33)3月落成の大講堂は、建て替え時期に来ていると考えられる。1990(平成2)・大石寺開創七百年のとき、当時の法華講総講頭・大石寺開創七百年慶讃委員長の池田大作が、大講堂の建て替えを阿部日顕に進言したが、阿部日顕が拒否したという情報も入ってきている。それだけこの大講堂は、日蓮正宗大石寺法主の“お気に入り”の堂宇であるようだ。しかし大講堂が“お気に入り”であるのは、法主の勝手だが、大講堂の建物としての耐用年数を過ぎているのに、増築も改築もリフォームも、大規模修繕も何もしないままの状態で使用するのは、いささか危険ではないだろうか。

 

続きを読む

宗創「同じ穴の狢」の真実(20)~今も1962(昭和37)年に池田大作・創価学会寄進の大坊が残る大石寺大坊・内事部・大奥

□頻繁に増改築を繰り返しているが基本的に創価学会寄進の大坊が残る今の大石寺大坊

 

1962(昭和37)2月、大石寺に池田大作が発願主になり創価学会が寄進した大坊が落成。翌33日、大石寺66世細井日達法主が臨席して完成式が行われた。大坊とは、大石寺法主が居住する大奥、大石寺法主が僧侶や信徒と面会する対面所、大石寺の総合寺務を取り扱う内事部、大石寺在勤所化僧が居住する学衆寮、法主や在勤僧侶の食事を作る厨房、大石寺在勤所化僧が食事をする食堂をはじめ宗務院役員室、会議室、諸設備を完備した建物群の総称。この大坊完成式の席上、創価学会三代会長・池田大作は、大石寺66世細井日達から法華講大講頭に任命されている。この時、池田大作は若干34才。34才での大講頭任命は、前例がない。しかもさらにそのわずか2年後の1964(昭和39)41日、大客殿落慶慶讃法要の席上で、池田大作は大石寺66世細井日達から法華講大講頭に任命されている。池田大作は若干36才。大講頭任命から2年後の総講頭任命も、若干36才の総講頭任命も、全く前例がない。

さて現在の大石寺大坊が、1962(昭和37)2月、池田大作が発願主になり創価学会が寄進した大坊なのかどうかという問題がある。大石寺大坊は、昭和から平成にかけて何度も、頻繁に増改築を繰り返してきた堂宇である。大石寺側の諸資料やインターネット情報を見ると、今の大坊は「平成13年(2001年)新築」となっているが、本当にそうなのか。写真資料から検証してみたい。

まずは大坊完成を報道する聖教新聞から。この写真は完成当時の大坊である。

大坊完成1
 

(1962(昭和37)222日付け聖教新聞)

大坊完成2
 

(1962(昭和37)36日付け聖教新聞)

次の資料は1984(昭和59)年発行「大石寺案内」に載っている大石寺大坊。

大坊2(1984)
 

一見すると1962(昭和37)2月完成当時の大坊とは、別の堂宇に見えなくもないが、「大石寺案内」の中に、これが1962(昭和37)2月、大石寺に池田大作が発願主になり創価学会が寄進した大坊であると載っている。

大坊3(1984)
 

次の資料は1990(平成2)7月発行「日蓮正宗法華講連合会第27回総会」と題する写真集に載っている大坊である。

大坊4(1990)
 

これも一見すると1962(昭和37)2月完成当時の大坊とは、別の堂宇に見えなくもないが、「日蓮正宗法華講連合会第27回総会」と題する写真集の中に、これが1962(昭和37)2月、大石寺に池田大作が発願主になり創価学会が寄進した大坊であると載っている。

大坊5(1990)
 

 

続きを読む

宗創「同じ穴の狢」の真実(19)~池田大作・創価学会の寄進・供養で建てられた法華講連合会拠点・「法華講富士会館」

□創価学会と法華講は「目くそ鼻くそ・同じ穴の狢」で「法華講は創価学会とは違う」は全くのウソ

 

1990(平成2)12月の池田大作総講頭罷免に端を発した日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」が炎上し、創価学会が破門、池田大作が信徒除名に付されて以降、法華講員たちは口々に、「オレたちは創価学会とは違う」を連発しているが、これは全く事実に反している。

創価学会と法華講が「目くそ鼻くそ」「同じ穴の狢」である象徴的な事例がある。それは日蓮正宗法華講連合会が日常的に活動拠点として使用している「法華講富士会館」は、実は1966(昭和41)9月に、実は創価学会三代会長・法華講総講頭・池田大作が発願主となり創価学会が建立・寄進した建物だということである。

1966(昭和41)95日付け「大白法」(日蓮正宗法華講連合会機関紙・当時は月1回の発行だった)に、「法華講富士会館落成入仏法要」の様子が報道されている。これによれば、落成法要には、大石寺66世細井日達法主と創価学会三代会長・法華講総講頭・池田大作が列席。池田大作が細井日達に、富士会館を供養する旨の目録奉呈があり、これに対して細井日達から池田大作に受書が授与されている。これは富士会館が、池田大作が発願主となり創価学会が建立・寄進した建物である証拠である。そして富士会館の仏間には「願主 創価学会会長 法華講総講頭 池田大作」の文字が入った大石寺66世細井日達の常住曼荼羅本尊が祀られたのである。

「富士会館スナップ」と題するスナップ写真を見ると、「法華講富士会館落成入仏法要」には、大石寺66世細井日達法主を創価学会三代会長・法華講総講頭・池田大作が先導して案内。その池田大作に、平沢益吉・法華講全国連合会会長(今の法華講連合会委員長。当時は会長と呼んでいた)が深々と頭を下げている。この平沢益吉という人物は、先祖代々、東京向島・常泉寺の檀家の家の人である。日蓮正宗信徒としての格から言えば、先祖代々、東京向島・常泉寺の檀家である平沢益吉氏のほうが、1947(昭和22)年入信の池田大作よりも、はるかに格上のはずなのだが、何と言っても池田大作は、飛ぶ鳥も落とす勢いの創価学会三代会長であり、日蓮正宗信徒のトップである法華講総講頭。そして正本堂建立発願主であり、法華講富士会館の発願主。平沢益吉氏のほうが、池田大作の前で小さくなっているのが印象的だ。

又、富士会館の中で、池田大作ら創価学会幹部と、平沢益吉氏ら法華講幹部が懇談している写真が載っているが、その中に柳沢喜惣次・法華講連合会総務部長(後の法華講連合会四代委員長)の姿が見える。

富士会館落成入仏法要1


富士会館落成入仏法要2
 

(「法華講富士会館落成入仏法要」の様子を報道する1966(昭和41)95日付け「大白法」)

 

 

宗創「同じ穴の狢」の真実(15)~創価学会三代会長・池田大作を日蓮正宗法華講総講頭に任命した大石寺66世細井日達法主

□若干36才で大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗全信徒のトップに任命された池田大作

 

日蓮正宗と創価学会が「同じ穴の狢」「目くそ鼻くそ」のカルト宗教である証拠として、大石寺法主自ら、創価学会最高指導者・池田大作を日蓮正宗法華講総講頭に任命したという、動かしがたい史実がある。池田大作は大石寺法主から日蓮正宗全信徒のトップの職である日蓮正宗法華講総講頭に、二度、任命されている。

一度目は1964(昭和39)41日、大石寺大客殿落慶慶讃法要の時、大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命された。下記の写真は、大石寺大客殿落慶慶讃法要の席上で、池田大作が大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命されたことを報道する聖教新聞である。この時、池田大作は1960(昭和35)年の創価学会三代会長就任から5年後。若干36才であった。

日達・総講頭1


日達・総講頭2


日達・総講頭3


日達・総講頭4


日達・総講頭5
 

(大石寺大客殿落慶慶讃法要の席上で、池田大作が大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命されたことを報道する聖教新聞)

近年、この史実を隠蔽しようとして、カルト法華講員の中に、「日蓮正宗全信徒のトップの職は法華講総講頭ではなく、大石寺総代だ」という詭弁を弄する者がいる。が、これは全くのウソ。

大石寺総代とは、宗教法人・日蓮正宗の被包括法人「宗教法人・大石寺」の責任役員のこと。

日蓮正宗法華講総講頭とは、日蓮正宗宗規に、次のように決められている。

「第百六十四条 日蓮正宗法華講(以下「法華講」という。)は、本宗の寺院及び教会の檀信徒を総括したものをいう。

2 法華講は、総本山内に本部を置き、各寺院及び教会に支部を置く。

第百六十五条 本部及び支部に、次に掲げる役員を置き、講務及び会計を掌理する。

 本部   総講頭 一人   大講頭 若干人   幹事 若干人   会計 二人

 支部   講頭 一人   副講頭 一人若しくは二人   幹事 若干人   会計 若干人

第百六十六条 本部の役員は、本宗の檀信徒のうちから総監の意見を徴して管長が任免する。

2 総講頭は、法華講を代表し、講務を掌理する。」

これを見れば明らかである。日蓮正宗の寺院及び教会の檀信徒を総括したものが「日蓮正宗法華講」。そして「総講頭は、法華講を代表し、講務を掌理する」とあるわけだから、総講頭が、日蓮正宗全信徒のトップの職であること、明らかである。

日達全集2輯6巻
 

(池田大作を法華講総講頭に任命した大石寺66世細井日達)

池田大作20
 

(池田大作)

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ