アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カルト宗教「日蓮正宗系」の危険性・社会的害悪・弊害

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

対日蓮正宗、対創価学会、対顕正会の言論戦こそ必要だ!!

日蓮正宗(法華講・妙観講なども含む)、創価学会、SGI、富士大石寺顕正会、日蓮正宗正信会などの日蓮正宗系の各教団は、日蓮正宗の内紛・分裂によって勢力を弱めるどころか、逆にそれぞれが勢力を拡大してきている。
1980山口法興住職罷免1
現在の日蓮正宗の内紛の発端は1970年の創価学会VS妙信講(現在の顕正会)の紛争ですが、この当時、創価学会・公明党は全国で600万票前後くらい、妙信講(顕正会)は約5000名くらいの規模でした。
それから日蓮正宗の内紛は40年以上もつづいていますが、そういう中で創価学会・公明党は、今や約900万票弱の集票マシーンと化し、連立与党の一角を占めるまでになっています。
顕正会は今は公称100万人、実質的な会員数約50万人といわれるくらいにまで膨張しています。

日蓮正宗総本山大石寺直系の信者団体・法華講(法華講連合会)は、1970年当時は1万人にも満たなかった勢力だったのが、今や30万人を越え、50万人にもなんなんとする信者団体に成長しています。
そして2012年までに、法華講員を80万人の勢力にしようと、創価学会や顕正会に勝るとも劣らない、強引・執拗な折伏・入信勧誘を展開している有様です。

その法華講連合会の中で最大の講中が「妙観講」(正式な名は日蓮正宗法華講理境坊妙観講支部で、講頭の大草一男氏は日蓮正宗信者のナンバー2の地位 である日蓮正宗法華講大講頭)ですが、これは発足当時はそれこそ何十人でしかない規模でしたが、今や全国に5万人以上いるといわれています。
妙観講は、現在の日蓮正宗(大石寺)の信者団体の実質的中核・先兵隊を成しています。
活動内容は、強引な折伏・勧誘、過激な罰論・無間地獄論…といったように、まさに「第二の創価学会」「第二の顕正会」そのものです。

このように日蓮正宗系のカルト教団は、日蓮正宗内紛によってそれぞれが衰えるどころか、逆に勢力を拡大してきています。
つまり各教団は、日蓮正宗の本尊・教義・宗教活動・信仰内容をそのまま用いて、日蓮正宗の内紛・分裂をエネルギーにして、教線を拡大し、信者を獲得しつづけてきているということ。
こういったことが、日蓮正宗系各教団の特色といえるのではないだろうか。

だいたい万単位の信者をもつ宗教団体が、内紛や分裂によって自然消滅したものなど、歴史上、前例がありません。宗教団体というものは、自身の内紛や分裂によって、絶対に潰れたり消滅したりしないものだと定義づけられると考えられます。

こういう日蓮正宗系各教団の特色・歴史的経過からしても、反創価学会側、反日蓮正宗側、アンチ側からの厳しい創価学会批判、日蓮正宗批判、顕正会批判活動が必要と思われます。
歴史的にみても、例えば創価学会の暴走?にブレーキをかけてきたのは、反創価学会・アンチ創価学会側からの厳しい批判活動でした。
山崎正友6
1970年の言論問題における反創価学会キャンペーンでは、池田大作会長(当時)は、公式の席で行き過ぎを認め、形ながらも創価学会と公明党の政教分離を約束。国立戒壇論を白紙撤回し、戦後からずっとつづいていた創価学会の折伏大進撃にストップがかかりました。
池田大作7
1977〜80年にかけての創価学会の「昭和五十二年路線」問題においては、池田大作氏が創価学会の会長と日蓮正宗法華講総講頭を辞任、一時的ながらも創価学会の第一線から退き、雲隠れ?に追い込まれました。
そして山崎正友裁判や月刊ペン事件裁判で、池田大作氏は3回にわたって、裁判所に証人出廷を余儀なくされました。

1990年代の世間・マスコミの創価学会批判キャンペーンでは、政権奪取を狙っていた創価学会の傀儡政党・新進党が最終的に解党となり、不充分ながらも宗教法人法の改正が実現しました。


日蓮正宗大石寺の専政法主の野望を食い止めるには、創価学会、池田大作氏の野望を食い止めるには、日蓮正宗や創価学会、顕正会といったカルト宗教団体の勢力拡張を阻止していくには、こういう幅広い、自由な言論による批判活動こそが必要ではないかと考える次第です。

日蓮正宗の強引・執拗な折伏は日本を死滅させるものだ

日蓮正宗は2009(平成21)年に、日蓮の「立正安国論750年」のあと、平成33年(2021年)の日蓮生誕800年)までの法華講員80万人達成に むけて、かつての昭和三十年代、四十年代の折伏大進撃のころの創価学会や顕正会もびっくりするような、強引かつ執拗な折伏、入信勧誘の運動を繰り広げてい る。
大石寺黒門3
何度も言うようだが、この日蓮正宗、創価学会、顕正会あたりが行っている強引かつ執拗な折伏、入信勧誘そのものは、世間一般市民の信教の自由、不 信教の自由を侵害するものであり、さらに過激な罰論や無間地獄論などで脅迫するに至っては、人権侵害も甚だしいものであることは言うまでもない。

日蓮正宗は2002(平成14)年に30万人登山を、2009年の日蓮の「立正安国論750年」では50万人登山を行ったと発表しているが、今度はそれを2021年までの12年間で80万人にするととぶち上げているのである。

この信者数を50万人から80万人に増やす計画の中には、世間一般から勧誘して入信する人のほかに、1990年末以来の、いわゆる「宗創戦争」(日蓮正宗と創価学会の戦争)で創価学会から日蓮正宗へ移る人をあてこんでの数字らしい。
わずか12年で信者数を80万人にするほど過激な勧誘などしてもらってはたまったものではないが、それにしてもホントにこれくらいにまで日蓮正宗の信者数が増えるということになると、なかなか危機的な状況が生れることになると憂慮せざるをえなくなる。

日蓮正宗は1998年に10万人、2002年に30万人、2009年には50万人になったと言われている。
その2009年の12年後に80万人にするということは、20年後は100万、30年後は200万、30年後は300万、40年後は400万、50年後は500万、60年後は600万、70年後は700万…
どうやら日蓮正宗は、2040年ころまでに、机上の計画では、対立・敵対する創価学会も顕正会も正信会も消滅させ、今世紀中には、日本中の人々を全員、日蓮正宗の信者にしてしまおうという計画をもろくんでいるようなのだ。

こういうことを言うと、なんか突拍子もない、奇抜な話しに聞こえるかもしれないが、日蓮正宗では、ずいぶん昔の、創価学会との和合時代から、「広宣流布」「不開門を開く」「本門戒壇の建立」ということが叫ばれていて、それは、今日でも、変わることがない。
「広宣流布」(こうせんるふ)とは、日本中、ないし世界中に日蓮正宗の教えを広めて、日蓮正宗に入信させることであり、それが達成されれば、大石 寺境内に日蓮が遺命した(?)「本門戒壇」を建立して、客殿の前の「不開門」(あかずのもん)を開く、というのが、日蓮正宗の究極の目標として、法主が先 頭になって檄を飛ばしているのである。

冗談じゃない。こんな日蓮正宗の計画どおりにやられてしまっては、たまったものではない。
これらの動きに対して、日蓮正宗・創価学会・顕正会などを批判しているアンチもだまっているわけにはいかない。
創価学会、顕正会を発生させ、今またカルト教団・妙観講など育て上げて強引な折伏を展開している、カルト宗教の本家本元・日蓮正宗を批判する声は、幸いなことに年々高まってきている。

有力SNS・mixi「アンチ日蓮正宗」は運営期間が2280日、参加者が207人を越え、GREEの「アンチ日蓮正宗」も参加者が200人を越えるところまでようやく来た。
他のサイト関係でも、日蓮正宗を批判する内容のものが今やいくつもあるようである。日蓮正宗を批判する声は、次第に高まりつつあるものと思う。
当面、日蓮正宗が2021(平成33)年までに、信者数を80万人にするというのは、暗雲が垂れ込めてきているらしいが、そんなことでへこたれるような日蓮正宗ではないと思われる。

日蓮正宗、創価学会、顕正会ないしその他の関係者に共通する最大の問題点は、その独善的な体質、極端な排他的日蓮原理主義、独裁的指導者個人崇拝の強制、自由や民主主義を否定する体質であり、これらは、すでに数十年も前から大きく問題視されているものだ。
例えば彼らは、「自分たちは絶対に正しい」という狂信のもと、返す刀で相手に「あなたは絶対に間違っている」「邪宗だ、邪教だ、地獄行きだ」など と徹底的な誹謗中傷をして相手を貶める。日蓮正宗法主、創価学会歴代会長、顕正会会長に対する個人崇拝は、常軌を逸した異常極まりないものだ。
日蓮正宗のような、自由社会とか個人の自由や民主主義を否定し、慈悲や寛容な心に欠ける宗教が「広宣流布」の看板を出して強引な折伏・勧誘を展開し、日本に広く流布してしまうと、今日の日本の平和で自由な社会、日本の民主主義は、確実に死滅してしまう。
日蓮正宗が繰り広げている強引・執拗な折伏は、平和で自由な日本を死滅させてしまうものだ。
こんなとんでもないカルト宗教が、日本に広まってしまったら、大変なことになると危惧し、深く憂慮するものです。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ