アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会・公明党・外郭団体の専従本部職員・公明党議員による支配

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(262)~なぜ副会長を乱造し専従職員の大量採用をするのかとの質問に答えられなかった創価学会員

□なぜ副会長を乱造し専従職員の大量採用をするのかとの質問に答えられなかった創価学会員

 

創価学会の地域組織の幹部は、昼間はサラリーマン、自営業者、あるいは会社役員で、夕方から夜は創価学会幹部として創価学会活動に明け暮れている人が多い。が、創価学会の中核は彼らではない。創価学会の中核で屋台骨を支えているのは、創価学会は最高指導者・池田大作、会長を頂点にした創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」で仕事をして、創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」から給与をもらって生計を成り立たせている人、創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」である。創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」とは、創価学会本部職員や公明党議員だけではない。創価学会員のみならず、創価学会から仕事をもらい、創価学会員を相手に商売して創価学会でメシを食べて生活している創価学会員以外の人も含まれている。彼らは創価学会がつぶれてしまったら生活が成り立たなくなってしまう。だから彼らはほぼ間違いなく創価学会シンパ、公明党シンパであり、創価学会・公明党を宣揚・擁護し、創価学会・公明党を拡大させようとする。創価学会も「これだけ創価学会でメシを食っている人がいるのだから、もう創価学会はつぶせない」などという論理を引っ張り出してくる。彼ら「創価学会メシ軍団」に属する創価学会員は、地域幹部にとどまらず、分県・分区幹部、総県・総区幹部、総合本部幹部、全国幹部クラスの役職を持っているケースが多いようで、ブロック、地区、支部等の地域幹部からすれば、半ば「雲の上の幹部」の様子。創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事・小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会にもさすがに来たことはない。これには、創価学会では表向きの「建て前」では、創価学会員同士の酒席・宴席、創価学会幹部が主催する酒席・宴席が禁止されているという事情があると思われる。しかし創価学会は、創価学会員同士の酒席・宴席、創価学会幹部が主催する酒席・宴席を禁止していながら、池田大作が主宰して創価学会幹部を集めての酒席・宴席を平然と創価学会会館で行っていた。

鍋宴会に来ていた創価学会員は、一様に創価学会本部職員をはじめとする創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」で仕事をして、創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」から給与をもらって創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」の人を、あたかも有髪の僧侶のように崇拝していた。「副会長の○○さんや総区幹部の××さんは、創価学会本部職員なんだ」というふうに、あたかも「特別な人」であるかのように言う。東京・信濃町の創価学会本部関連の会館・施設が密集する「創価学会村」には、専従職員がいるのは、あの当時から知っていたが、それにしても専従職員をはじめとする「創価学会メシ軍団」の人の数が多すぎはしないかとの疑問を持っていた。1980年代のころから、創価学会は大量の副会長を任命していて、あの当時において、すでに副会長の人数が百人を優に突破していた。創価学会員のほうは、「今は全国どこへ行っても副会長がいる時代になったなあ」などと言っていたが、マスコミ・週刊誌は「副会長インフレ」「役職インフレ」などと揶揄していた。ちなみに創価学会の序列は、池田大作がNO1で、会長がNO2。理事長がNO3で、NO4は副理事長。副会長はさらにその下のNO5である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(261)~創価学会員支配の池田大作独裁権力の中核・創価学会本部職員・「創価学会メシ軍団」

□創価学会員支配の池田大作独裁権力の中核・創価学会本部職員・「創価学会メシ軍団」

 

創価学会という団体は、単なる宗教団体ではなく、伝統仏教の仮面、大石寺の仮面、宗教団体の仮面をかぶった実質的な政治団体である。したがって創価学会を宗教団体としての側面だほけで検証しても、間違った検証結果が出てくるだけである。創価学会は最高指導者・池田大作、会長を頂点にして、創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」が中核にいて、創価学会の屋台骨を支えている。創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」とは、創価学会本部職員や公明党議員だけではない。創価学会機関紙・聖教新聞や教学理論誌・大白蓮華等を取り扱う聖教新聞社には、編集・取材・発行・販売等の部署の他、聖教新聞の印刷を依頼している「外部」の新聞社・印刷所がある。そして創価学会員が経営する聖教新聞販売店があり、さらに個別配達を担当する配達員がいる。聖教新聞販売店が取り扱うのは、聖教新聞、大白蓮華のみならず、創価新報、公明新聞、月刊公明、潮、パンプキン、第三文明、グラフSGIといった、公明党や外郭団体の出版物も取り扱う。まさに複合企業型新聞販売店である。

創価学会から給与をもらって生活する専従職員がいるのは何も創価学会本部だけではない。創価学会本部周辺の「創価学会村」タウンの創価学会会館から全国各地の創価学会会館、公明党本部にも専従職員がいる。公明新聞の編集・取材・発行・販売を担当する職員から新聞記者がいて、それらは全て創価学会員。公明党前代表・太田昭宏氏は、公明党衆議院議員になる以前は、創価学会男子部長、青年部長、総合青年部長として創価学会中枢幹部だったが、同時に公明新聞記者であった。さらに潮出版社、第三文明社、報恩社、栄光建設、シナノ企画、創価大学、墓苑等の外郭団体・外郭企業にもそれぞれに専従職員がいて、それらは全て創価学会員であり、創価学会幹部である。これら創価学会の屋台骨を支える「創価学会メシ軍団」を支える財源は、創価学会の財務の募金であり、広布基金であり、聖教新聞や大白蓮華、御書講義等の出版収入であり、墓苑収入。これらは全て創価学会員の懐から搾取されているカネである。

創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」には、創価学会員ではない人もいる。例えば、聖教新聞の印刷は、「外部」の新聞社・印刷工場で行われており、有料の仕事として請け負っている。月刊公明や潮、第三文明等の雑誌には、創価学会員ではない学者や評論家が登場して論文を発表しているが、この人たちも原稿料等をもらって有料で執筆している。聖教新聞の配達員は、聖教新聞の専従職員ではないが、労働報酬をもらって個別配達をしている。したがって、専従職員ではない創価学会員、創価学会、公明党、外郭団体から報酬を受け取って仕事をしている学者、評論家、新聞印刷工場、聖教新聞配達員も、池田大作・創価学会最高指導者を頂点とする創価学会の権力構造の中に、組み込まれていることは言うまでもない。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(219)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証4(本部職員・堕地獄論)

□池田大作が会長になった後、ガン細胞のように繁殖していった創価学会本部・外郭団体職員

 

池田大作が創価学会で絶対的権力を握るべく日蓮正宗信徒ナンバーワンの権威付けに止まらず、居士衣、賞与本尊、委嘱状などの大石寺史において最大級の権威ある『大功労者』としての宗教的権威を池田大作に与えたのは日蓮正宗であり、なかんずく大石寺66世細井日達法主である。

しかし池田大作の独裁的権力は、法華講総講頭、居士衣、賞与本尊、委嘱状などの宗教的権威だけで築かれたのではない。大石寺66世細井日達法主が池田大作に与えた“宗教的権威”は外部的要因であり、創価学会組織内部の内部的要因を検証してみたい。

かつて戸田城聖が創価学会会長だった時代、「創価学会は『(戒壇の)大御本尊』への車引き」と例えて言っていたという。つまり創価学会の会長が「『(戒壇の)大御本尊』への車引き」であり、創価学会員は車に乗る人ということに例えたようだが、車引きが車に乗る人に対して絶対的権力を握るということはあり得ない。池田大作が創価学会内部で握る独裁的権力は「『(戒壇の)大御本尊』への車引き」という意味のものとは全く違うものである。それは、法華講も日蓮正宗の信徒団体という意味で言うならば、「『(戒壇の)大御本尊』への車引き」という言い方ができるが、法華講連合会委員長は、日蓮正宗の中で池田大作のような絶対的権力を握る権力者ではない。「『(戒壇の)大御本尊』への車引き」云々と、池田大作の独裁的権力には関連性がない。

池田大作の独裁的権力構築の創価学会組織内部の内部的要因の第一は、池田大作を頂点とした創価学会本部から給与をもらって生活する創価学会本部職員である。この本部職員の制度を最初につくったのは池田大作ではなく、創価学会二代会長の戸田城聖である。しかし戸田城聖が会長だった時代の創価学会本部職員といえば、聖教新聞や大白蓮華の編集・発行等に携わる僅かの人数しかいなかった。ところが池田大作が会長になった後、本部職員はどんどん拡充し、それこそガン細胞が無限大に繁殖するように急膨張し繁殖していった。聖教新聞はあれよあれよという間に月刊から各週刊に、各週刊から週刊に、週刊から隔日刊に、そして日刊新聞になった。刊行物も聖教グラフ、SGIグラフ、大学新報、創価新報等々とどんどん増え続け、池田大作の著書・人間革命、若き日の日記、忘れ得ぬ同志、私の履歴書、御書と四条金吾等々を取り扱った他、出版関係の外郭企業、東日印刷、潮出版社、第三文明社等々ができた。さらに外郭団体として公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々がどんどん繁殖・増殖してそれぞれの外郭団体、外郭企業に、給与もらって生活する本部職員が増殖していった。その創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員は、全員が創価学会組織の中では上級幹部である。こうして池田大作を頂点として、これら創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員といった、いわゆる「創価学会でメシを食う」幹部集団ができあがり、その幹部集団の下に一般の創価学会員がいるという、創価学会独自の二重権力構造ができあがったのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(105)~どんなに間違っていても「今さら創価学会はつぶせない」と開き直った創価学会員

■どんなに間違っていても「今さら創価学会はつぶせない」と開き直った創価学会員

 

深夜の「鑑賞会」注意事件で、少し、福寿荘の風向きが私に有利になった。と言うか、岩本年光(仮名)、早川洋一(仮名)、新井健(仮名)、川端哲也(仮名)は、私と顔をあわせるたびに、バツが悪そうだった。

私の自宅の真下に住んでいた岩本年光(仮名)が、私を懐柔しようと 「メシでも、一緒に食べよう」 などと、誘ってきた。 私は、創価学会への入信は絶対に拒否していたが、岩本は

「勧誘とローソク攻めは絶対にしないから、一緒に食事をしよう」 と言うのである。

要するに彼らは、自分たちのイヤな部分を見られたと思っていたようで、福寿荘(仮名)に来ている他の創価学会員たちにバレるのを恐れているという感じで、いわば私を「口止め」にしようと、懐柔してきたというわけである。それにしても今まで、さんざん嫌がらせをやって来ておいて、ここへ来て急に、ベタベタと懐柔とは、ずいぶん身勝手極まりない話しである。

岩本宅に行ってみると、創価学会員の岩本年光(仮名)と早川洋一(仮名)がいて、テーブルいっぱいの料理と酒を用意していた。岩本年光(仮名)は、おとなしい性格だったが、いろいろ話してみると、福寿荘(仮名)の創価学会員の活動を、必ずしも全面支持しているわけではないようであった。

それと1982(昭和57)年当時、当時の創価学会員の関心事は、日蓮正宗内の「反創価学会運動」である「正信覚醒運動」の行く末がどうなるか、だった。すでに、正信会僧侶数名が、日蓮正宗大石寺から破門になったころだったが、創価学会員たちは、ずいぶんとこの問題の成り行きを注目していた。

というのは、1972(昭和47)の正本堂落慶以降、「正本堂の意義付け問題」や「宗門・創価学会・妙信講紛争」に関連して、徐々に日蓮正宗と創価学会の間に軋轢・不協和音が起こり始めた。そしてこれが創価学会の「昭和五十二年路線」によって大石寺66世細井日達法主が先頭になって創価学会批判を展開。これに追随する末寺住職が「正信覚醒運動」と称する池田大作批判・創価学会批判を繰り広げ、末寺の御講・御会式・法要等の席で、満堂に参詣の創価学会員の面前で、創価学会批判の説法を行い、数十万人単位の創価学会員が脱会していた。

創価学会のカルト信者たちは、このことを何年経っても深々と根に持っていた。

その後、六・三○、十一・七等があり、表向きは日蓮正宗と創価学会は再和合。これに不満を持つ「正信覚醒運動」を行っていた末寺住職が「正信会」を結成して、大石寺67世阿部日顕法主を公然と批判。これがエスカレートして、阿部日顕の血脈を否定して、阿部日顕の日蓮正宗管長・代表役員の地位の正統性を争って裁判に訴えるところまで行き着いてしまった。これで「正信会」寺院住職が徐々に日蓮正宗から擯斥・破門になっていった。

創価学会は、昭和54(1979)ころまでは、「正信覚醒運動」の宗門寺院から批判されても忍従していたが、いよいよ「正信会」寺院住職が擯斥・破門されはじめると

「あんな創価学会批判ばかりしている住職は早く破門になってしまえばいい」とばかりに、「正信会」寺院住職を擯斥・破門する大石寺67世阿部日顕法主を全面支持。「いつ正信会住職は破門になるのか」と、創価学会員も首を長くして情勢の推移を見守っていた、というわけである。

67世日顕4 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ