アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・創価学会教学の教義的矛盾・誤謬・欺瞞

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(198)~池田大作が日蓮の再誕だの四条金吾の再誕だのと本気で議論していた創価学会員

□池田大作が日蓮の再誕だの四条金吾の再誕だのと本気で議論していた創価学会員

 

小矢木隆(仮名)、井畑徳三(仮名)、高畑美枝子(仮名)らがいる創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の地区リーダーの一人、谷本憲司(仮名)は子どもの頃から、両親が創価学会員の家庭で育った、いわゆる「創価学会二世」で、中学校を卒業後、就職。その後、さまざまな職を転々としたあげく、トラック運転手をしていた。本人は中学時代はワルだったと言うが、社会人になって結婚し、家庭をもっているせいか、話し方はおっとりとしている。しかし谷本憲司(仮名)は、物静かな喋り方だが、こと信仰のことに関する話になると、かなり熱くなる一面を持っていた。

私が印象に残っているのは、何でもかんでも強引に「功徳」に結びつけようとすること。こういうタイプの創価学会員は、どちらかというと婦人部信徒に多いタイプだ。

もうひとつは、私の目の前で露骨に「池田大作本仏義」「池田大作・日蓮再誕論」を説いていたこと。これがものすごく印象に残っている。しかし谷本憲司(仮名)は、いつも「池田大作本仏義」「池田大作・日蓮再誕論」を説いていたわけではない。かつて「昭和五十二年路線」で、創価学会本部幹部が「池田本仏論」を説いたことが、第1次宗創紛争で問題化。その後、「六・三○」「十一・七」で是正され、表向きは創価学会から「池田本仏論」が消滅したことになっていた。しかし実態はそうではない。少なくとも末端の創価学会員で、「池田大作本仏義」「池田大作・日蓮再誕論」を説く信者が複数いた。その一人が谷本憲司(仮名)であったわけだが、谷本憲司(仮名)も「昭和五十二年路線」や第1次宗創紛争のことは承知していた様子。谷本憲司(仮名)の場合は、「オレは池田本仏論だ。それで何が悪いのだ」と、開き直っている感じ。というより、創価学会本部の最高幹部の誰かの猿まねをしているように見えた。

谷本憲司(仮名)が私の前で説いていた「池田本仏論」の内容は、概ね次のような内容であった。

創価学会は昭和3040年代にかけて「折伏大進撃」で創価学会員を増加させ、大石寺に奉安殿、大講堂、大客殿、正本堂を建立供養し、数百ヶ寺の末寺を寄進した。昭和3040年代の創価学会員はそれこそ夜も寝ないで、深夜まで折伏に歩き回っていた。谷本憲司(仮名)も両親もそういう生活をしていたらしい。その折伏大進撃や大石寺への供養の指揮を執っていたのが池田大作だと言う谷本憲司(仮名)。谷本憲司(仮名)は言う。

「池田先生は正本堂を供養した。正本堂は三大秘法抄の本門戒壇である。本門戒壇を建てることができるのは御本仏・日蓮大聖人だけなんだ。だから池田先生は日蓮大聖人の生まれ変わりなんだ」と、こんなことを言う。さらに谷本憲司(仮名)は、日蓮が32才で立宗宣言をしたこと。池田大作が32才で創価学会の会長に就任したこと。日蓮が43才で小松原法難に、51才で龍ノ口法難に遭遇したこと。池田大作が43才で言論問題で批判の雨アラシが吹き荒れたこと、池田大作が51才で池田批判の雨アラシの中、創価学会会長を辞任したことまで、こじつけて池田大作が日蓮の再誕だと強弁する創価学会員。谷本憲司(仮名)。私は「太陽作戦」で「あー、そうですか」と聞いていたが、私にしてみれば、池田大作が日蓮の再誕だと信じ込んでいる人物が、地球上に存在していること自体、呆れて言葉も出なかった、というのが本当のところだった。

 

続きを読む

はからずしも山本太郎・天皇直訴事件で証明された1432(永享4)年3月・大石寺9世日有「申状」の「門前払い」

□一連の事件で白日のもとに証明された日蓮正宗が信徒に教える教学・宗史のデタラメさ

 

201311月に東京・赤坂御苑で行われた園遊会で、山本太郎参議院議員が、天皇陛下に手紙を『直訴』する事件を起こし、各方面に波紋を呼んでいる。大方の新聞、テレビ、週刊誌などのマスコミ報道は、山本太郎議員の『直訴』を批判。山本太郎議員が天皇陛下に手紙を直接手渡す場面は、テレビニュースの他、インターネット、ユーチューブでもひっきりなしに流された。過去にも、自称民族団体構成員や自称諫言者が皇居周辺に現れて、天皇陛下に直訴状を出そうとして未遂に終わり、逮捕された事件があった。東日本大震災直後、自称タクシー運転手が、政府の震災対策を批判して、天皇陛下に直訴状を出そうと謀り、皇居に侵入しようとして逮捕される事件が発生。

自称民族団体が、政府の東日本大震災の対応に抗議して首相官邸、国会周辺に突入を試みて未遂に終わる事件も起きている。

「アンチ日蓮正宗」では、「大石寺の『戒壇の大本尊』は大石寺9世日有の偽作だ」の中で、1432(永享4)3月の京都伝奏で、日有の「申状」が門前払いになった説を展開中。しかしはからずしも、山本太郎参議院議員が、天皇陛下に手紙を『直訴』する事件や自称タクシー運転手が天皇陛下に直訴状を出そうと謀り、皇居に侵入しようとして逮捕される事件、自称民族団体が、政府の東日本大震災の対応に抗議して首相官邸、国会周辺に突入を試みて未遂に終わる事件等は、「アンチ日蓮正宗」が展開する「申状・門前払い説」が的中していることを証明した結果になったと言えよう。よりによって、まさに時が符合して起こったものだと思った。

日蓮正宗側の史料・文献を読むと、そのいずれもが大石寺9世日有が1432(永享4)3月に京都伝奏に行って、天皇に申状を提出した、あるいは室町幕府の将軍に申状を出したとなっており、申状提出について、何ら時代的検証・歴史的検証を行っていない。

そこでもう一度、「アンチ日蓮正宗」が展開する「申状・門前払い説」の要点・ポイントと山本太郎氏ら他の「直訴状」事件との関連を整理してみたい。

 

(1)「無位無官の者は天皇に直接、拝謁できない」は上古の昔からの朝廷の慣習だった

 

大石寺9世日有は、天皇・朝廷・公家とは何の縁もなく、南都六宗、天台宗、真言宗などの官寺、八宗とも全く縁もゆかりもない無位無官の僧侶。「無位無官の者は天皇に直接、拝謁できない」は上古の昔からの朝廷の慣習だったのである。無位無官の者で歴史上はじめて天皇に直接拝謁した人物は、寛永6年(1629年)1010日に後水尾天皇に拝謁した春日局である。春日局以前には、一人もいない。その春日局のケースも当初は、「無位無官の者が天皇に拝謁した前例はない」として朝廷に拒否された。では春日局以降は、「無位無官の者が天皇に拝謁できるようになったのかというと、そうではない。これはあくまでも、当時の江戸幕府三代将軍・徳川家光の権力で無理やり実現せしめた例外。その後も無位無官の者が天皇に拝謁できないケースは変わっていない。

 

続きを読む

冨士大石寺顕正会「国立戒壇」建立論の元祖・本家本元は日蓮正宗大石寺である2

しかしこれだけ熱く広宣流布や国立戒壇を語っていた日蓮正宗が、昭和40年代の中頃、いよいよ正本堂落慶をむ迎えんかというときに、急旋回をした。

1960年代、創価学会の折伏大進撃(強引な折伏・勧誘)によって日蓮正宗の信者が激増していくにつれて、日蓮正宗の「国立戒壇」建立論が、マスコミや世間の評論家から批判の集中砲火を浴びた。それが創価学会の言論出版妨害事件をきっかけに激化し、「日蓮正宗の国立戒壇建立論は憲法違反なのではないか」ということが、国会でも取り上げられる事態となった。

こうして創価学会が、国立戒壇」建立論を否定して、当時、大石寺に建設中だった正本堂が本門事戒壇だとスタンスを変更。これに日蓮正宗が同調していった。

1970(昭和45)53日、創価学会第33回本部総会で講演した日蓮正宗大石寺66世細井日達法主は、詰めかけたマスコミ・報道陣の前で次のように発言した。

 

「わが日蓮正宗においては、広宣流布の暁に完成する戒壇に対して、かつて『国立戒壇』という名称を使っていたこともありました。しかし日蓮大聖人は・・・・決して大聖人の仏法を日本の国教にするなどとは仰せられてはおりません。日本の国教でない仏法に『国立戒壇』などということはあり得ないし、そういう名称は不適当であったのであります。・・・・・・今日では、『国立戒壇』という名称は世間の誤解を招くし、かえって布教の邪魔にもなるため、今後、本宗ではそういう名称を使用しないことにいたします」・・・・・・・

 

この時、細井日達法主は、日蓮正宗の国教化を否定し、「国立戒壇」という名称を不使用にする、という宣言をした。しかしこれは、名称は今後は使わないだけで、言葉の意味や義理(日本国民全員を日蓮正宗の信者にした暁に、戒壇を建立するなど)は、今日でも日蓮正宗では生きているものと考えられる。

又、妙信講(顕正会)は、この細井日達法主の宣言に反発して、日蓮正宗大石寺との対立を深めていった。現顕正会・浅井昭衛氏らは国教化も国立戒壇も棄てておらず、現在においても、行事や出版物、機関紙などで強硬に主張している。

 

あまり知られていないことだが、1970(昭和45)53日以前は、創価学会も公式に「国立戒壇」建立論を唱えていたのである。学会員でも、こういうことは知らない人のほうが多いという。

「国立戒壇」建立論を唱えていた戸田城聖会長・池田大作会長の語のいくつかをひろってみたい。

戸田城聖2 

続きを読む

「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪6・「王舎城事」

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪6「王舎城事」

 

□「両火房と申す謗法の聖人・鎌倉中の上下の師なり、一火は身に留りて極楽寺焼て地獄寺となりぬ」

 

日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗」系団体の信者たちが、自分たちの非常識な折伏・布教活動を批判されたときに、必ずといっていいほど、反論のために出してくる日蓮の遺文がある。それが「王舎城事」という遺文(御書)だが、その該当する箇所はここである。

 

「されば大果報の人をば大火はやかざるなり。これは国王已にやけぬ知んぬ日本国の果報のつくるしるしなり、然に此の国は大謗法の僧等が強盛にいのりをなして日蓮を降伏せんとする故に弥弥わざはひ来るにや、其の上名と申す事は体を顕し候に両火房と申す謗法の聖人・鎌倉中の上下の師なり、一火は身に留りて極楽寺焼て地獄寺となりぬ、又一火は鎌倉にはなちて御所やけ候ぬ、又一火は現世の国をやきぬる上に日本国の師弟ともに無間地獄に堕ちて阿鼻の炎にもえ候べき先表なり、愚癡の法師等が智慧ある者の申す事を用い候はぬは是体に候なり、不便不便、先先御文まいらせ候しなり。」

(1276(建治2)412日、日蓮55才の著書「王舎城事)

.---- ところが今度の火災では王の御所だけが焼けた。これは日本国の果報が尽きる前兆である。国の福運が尽きようとしているのに、日本国においては大謗法の僧等が日蓮を降伏させようと強盛に祈るが故に、ますます災いが起こるのであろう。そのうえ、名というものは本体を顕すものであるが、良観という謗法の聖人が鎌倉中の上下万人の師である。両火のうち一火は自身に留って極楽寺が焼けて地獄寺となった。また一火は鎌倉に飛んで御所を焼いた。また別の見方をすれは、一火は現世の国を焼くうえに、未来には日本国の師弟ともに無間地獄に堕ちて、阿鼻の炎にもえる先表である。愚癡の法師たちが智慧ある者の言を用いない結果は、このようなありさまである。まことに不便なことでる、不便まことである。このことについては先々お手紙を差し上げてあります------

 

日蓮原理主義者たちは、この日蓮の遺文(御書)のどこを持ち出すのかというと、日蓮が鎌倉・極楽寺に住んでいた良寛房忍性を「両火房」と揶揄し、「極楽寺焼て地獄寺となりぬ」と口を極めて非難していること。つまり彼らは、自分たちの非常識な折伏・布教活動を批判されると、この日蓮遺文を持ち出してきて、「かつて宗祖もこのように激しく極楽寺良寛を非難されたのだ」と言う。

かつて日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』も、自分たちの非常識な論調を批判されると、この日蓮遺文を引っ張り出してきて、社説で反論しようと試みたことがあった。

慧妙4 


続きを読む

「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪5・「撰時抄」

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪5「撰時抄」

 

□「建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をば焼きはらいて、彼等が頸を由比の浜にて切らずば…」

 

1275(建治元)610日、日蓮54才の時の著書である「撰時抄」にも、驚くべき日蓮自身の筆がある。日蓮は撰時抄の中で、自身が鎌倉幕府の権力者に諫暁したときのことを回想し、次のように述べている。

 

「余に三度の高名あり。一つには去にし文応元年太歳庚申七月十六日に立正安国論を最明寺殿に奏したてまつりし時、宿谷の入道に向かって云く、禅宗と念仏宗を失ひ給ふべしと申させ給へ。此の事を御用ひなきならば、此の一門より事をこりて他国にせめられさせ給ふべし。

二つには去にし文永八年九月十二日申の時に平左衛門尉に向かって云く、日蓮は日本国の棟梁なり。予を失ふは日本国の柱橦を倒すなり。只今に自界反逆難とて同士討ちして、他国侵逼難とて此の国の人々他国に打ち殺さるるのみならず、多くいけどりにせらるべし。建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をば焼きはらいて、彼等が頸を由比の浜にて切らずば、日本国必ずほろぶべしと申し候ひ了んぬ」

------日蓮は今日まで三度、国主を諫暁した。一回目は文応元年七月十六日、立正安国論を鎌倉幕府の最高権力者・前執権、北条時頼に提出した時。このとき、立正安国論を北条時頼に取り次いでくれた宿谷入道に、日蓮はこう言った。『禅宗と念仏宗を滅亡させるべきと、北条時頼殿に言上してほしい。この日蓮の進言を用いないならば、北条一門より内乱・内戦が起こり、他国からの侵略軍に日本国が攻められるであろう』と。

二回目は、文永八年九月十二日午後四時頃、鎌倉幕府の重臣・平左衛門尉頼綱に面談した時。この時、日蓮は平左衛門尉頼綱に対して『日蓮は日本国の棟梁なのである。その日蓮を殺すということは、日本国の柱橦(はしら)を倒すということである。こういうことをすれば、そのうちに自界反逆難と云って、北条一門より内乱・内戦が起こり、他国侵逼難と云って、この日本国の人々が日本国に攻め込んできた他国の軍に大勢の人々が殺され、又、多くの人が生捕りになるであろう。建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の全ての念仏を信仰する者や禅宗の僧侶等が住んでいる寺院や塔を全て焼き払い、念仏者や禅宗の僧侶たち全員を由比の浜で頸を切ってしまわなければ、日本国は必ず滅亡するであろう』と、こう言ったのである。------------

 

古語辞典によれば、古語の「失ふ」「失う」とは「殺す」「死なせる」意味とあります。

日蓮は、北条時頼への諫暁の時や平左衛門尉頼綱に諫暁の時、自ら念仏者・禅僧を全員頸を切れとか、念仏宗と禅宗を滅亡させよ、と進言したと言っている。

池上大堂・日蓮1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ