アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 信仰破綻・借金地獄・経済破綻した創価学会員

■遊びに狂って借金地獄・経済破綻して失踪した創価学会員と逃げられた創価学会員   病的なソープランド遊びに狂っていた中本幸一(仮名)は、夫人との結婚生活も早々に破綻。自分で数千万円で買った東京都内の一軒家を夫人に明け渡して、ポンタツ(仮名)社員寮に転がり込 ...

■病的なソープランド遊びが祟って夫婦生活が破綻して一軒家を失った創価学会員   1980年代とは、日本が好景気・高成長の時代で、今とは比べものにならないほど、ハローワーク(当時は職業安定所・職安と言った)や求人情報誌には、求人情報があふれかえり、それこそ労働 ...

■「疫病神」の創価学会員の客で売り上げ激減・倒産した創価学会員経営の喫茶店   さて溝口工務店(仮名)社長である溝口達夫(仮名)創価学会地域本部長の長男夫婦が経営する喫茶店・コンパウンド(仮名)であるが、T大学の門前にあったため、立地の良さから、当初はT大学の ...

↑このページのトップヘ