アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会会長・池田大作の事件簿

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(154)~内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」創価学会女子部長・佐野由美子氏

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」創価学会女子部長・佐野由美子氏

 

ジャーナリスト・内藤国夫氏は、創価学会全国女子部長だった佐野由美子氏について、著書「スキャンダルウオッチング」の中で次のように報じているので、ここに引用してみたい。

「笠貫(佐野)由美子  池田に尽くしに尽くす哀れな女

旧姓を佐野という。佐野女子部長といった方が、学会内ではわかりやすい。現在は結婚し、姓が変わった。学会活動の方は相変わらずで、世田谷区の総合婦人部長をしている。凡人の佐野が女子部長になれたのは、本人に力量があったからではなく、池田の寵愛を受けた女だったからにすぎない。池田はよく「由美子はバカだ、バカだ」と周囲に喋った。

笠貫(佐野)は、女子部時代、第一庶務室に長く務めていた。いつも池田のそばにいて、池田がいる部屋の隣で、手を前に付き、半かがみになって待機する。池田が「オイ」と呼んだり、手を叩くだけで、直ちに池田の許に飛んでいく。その素早さが、池田に評価された。バカといわれても女子部長になれた所以である。笠貫(佐野)は、池田が目を真っ赤にしながら『目がいたい、目がいたい』というと、傍らに坐って本を読み聞かせたりした。読むのをつっかえると、ここでもまた『バカ』とどやされた。それでも、池田先生のそばにいることをこよなく好んだ笠貫(佐野)は、自分を罵る池田の態度など一向に気にしなかった。

笠貫(佐野)の女子部での活動歴は浅い。それが、たちまちにして全国女子部長になった。抜擢の背景には、池田に対する笠貫(佐野)の思い入れがあるのは、もちろんだが、池田から見れば、笠貫(佐野)の『尽くしに尽くすタイプ』を側に置いておきたかったのである。

やがて笠貫(佐野)は池田の子を身ごもった。その子の中絶を手配したのが、横浜日赤で外科部長をしている、学会ドクター部幹部の森田修平だった。このことについては、藤原行正が『何代か前の女子部長』という匿名の表現で、中絶の件を暴露した。

池田は、それに対し過剰反応を示した。池田夫人・香峯子をして、笠貫(佐野)の妊娠を否定するアリバイ作りに加担させたのである。池田夫人から婦人部の最高幹部が直接指導を受ける記事が『聖教新聞』紙上に掲載された。このようなことは、普通ではまずありえない珍事である。今年(1989)211日の『聖教新聞』7面には、次のような笠貫(佐野)の記事が載った。

『優しい妻に、強い母に、力ある婦人に---これは婦人部進出にあたり、先生の奥様からいただいた指針です』

池田は、女性スキャンダルのカムフラージュに夫人まで使って恥じるところがない」

(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p9192)

 

笠貫(佐野)由美子氏は、池田大作の子を身ごもったが、創価学会ドクター部幹部・森田修平氏の手配によって中絶したと、内藤国夫氏は「月刊ペン」の池田スキャンダル以上の記事を著書「スキャンダルウオッチング」の中で書いている。

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(153)~内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」平塚貞子氏・松岡資夫妻

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」平塚貞子氏・松岡資夫妻

 

ジャーナリスト・内藤国夫氏は、創価学会全国副婦人部長だった平塚貞子氏について、著書「スキャンダルウオッチング」の中で次のように報じているので、ここに引用してみたい。

「平塚貞子  池田に大抜擢された異例中の異例の女

自分の手の付いた女性を他の男に分け与える。考えただけでもおぞましい行為が、今なお信仰指導の名の下に行われる。かつて原島嵩、山崎正友らによって証言・暴露された池田と取り巻きの側近女性の異常な関係。それらの女性の男性幹部へのお下げ渡し事実。平塚貞子という一学会婦人部幹部の二回目の結婚にまつわる騒動は、それらの事実をまた一つ裏付けることになった。

平塚は昭和31(1956)の入信。(昭和)43年に34才で本部職員となった。婦人部から学会本部に採用されるのは、異例中の異例。池田の大抜擢があったのは確かだ。

平塚には二回の結婚歴がある。その二回目の結婚で平塚は、新婚旅行から帰った翌日に早くも離縁された。一体、何が起きたのか。

平塚と夫のAの結婚は(昭和)55年。A57才、平塚が50才の時だった。Aが後に週刊誌で告白したところによれば、結婚披露宴で挨拶をした多田省吾の祝辞が実に珍妙だったという。

『池田先生が誰それと関係があるとか、いろいろ書かれていますが、相手の女性にはそれぞれ主人がいる。そんなことはあり得ませんよ。いいかげんな週刊誌が多いんです』。Aは結婚披露宴りめでたい席でどうしてそんなはしたないことを言うのかと、疑問に思った。騒ぎが起こったのは、一週間ほどの新婚旅行を済ませた翌日だった。妻が『池田先生に挨拶に行こう』と言い出したのだ。かつて第一庶務室に勤務した経験のある平塚は、池田が自宅にいることをしっかり確認し『今行けば、会って下さるかもしれない』と池田家に夫を連れて行った。が、玄関口に現れた池田夫人は

『主人は寝巻姿なので出られない』と冷たく言い放ってドアを閉ざした。

そのまま自宅に戻ったAが『家にいるのに出てこないなんて、おかしいじゃないか』と言うと、平塚はいきなり怒り出した。『池田先生のことを悪く言うなんて許せない』と叫びながら、手当たり次第に物を投げつける、ヒステリー状態に陥った。Aはこれにびっくり。こんな女とでは、とても一緒に暮らせないと、すぐに離婚を決意。実行に移した。

これだけなら、確かに異常ではあるが、どこにでもある、単なる夫婦げんかに過ぎないかもしれない。問題は、平塚が出ていった後、しばらくしてからAに届いた一枚の手紙だ。中身は便箋一枚の簡単なもの。週刊誌の切り抜きのような文字が貼られてあった。

(池田大作と関係のあった)78人の中に、あなたの奥さんもいます。5月号の週刊新潮に、貞子と名入りで載っていました。大作の使い古しを、いただいたのですか』

(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p7173)

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ