アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:反日蓮正宗系活動はカルトの専横に抵抗する現代の自由民権運動だ > 日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会といかに闘って行くのか

□刑事事件・宗教法人責任認定判決があるのに何のお咎めもない日蓮正宗・創価学会員・顕正会   「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」に「かぜカルト宗教規制立法が必要なのか」との質問が寄せられているが、まず第一に、もはやカルト宗教の ...

□日蓮宗内部の教学研究は評価されるが一般世間や脱退者のニーズには合致していない   「「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なる」ことを論じたところ、大きな反響があった。端的に言うと、日蓮宗の「日蓮正宗系」「創 ...

□大平内閣の発案・提唱から竹下内閣の導入・実現まで10年の歳月がかかった「消費税」   2015年5月17日、橋下徹・大阪市長が率いる大阪維新の会が5年前から提唱してきていた、大阪市を廃止して5つの特別区を設置する「大阪都構想」が、大阪市民の住民投票に付され、反対 ...

□小学生のころの私が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいたブリタニカ百科事典   私も仕事の関係、父親の介護の関係、実家の近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのかを知る貴重な機会でもある ...

□デモ行進・集会は必ずしも新立法制定を働きかける為の適切な政治的手段とは言えない   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」は、基本政策・メインテーマとして、日本国内のカルト宗教対策として、カルト宗教取り ...

□「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」「どういう時にデモが起きるのか」   「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」ということを検証するには、「どういう時にデモが起きるのか」「どういう時に革命が起きるのか」という検証も必要な ...

□デモ、集会、アジ演説等によって政府がかわり世の中がかわり時代が変革した20世紀の時代   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」に時折、「なぜデモ行進をやらないのか」との質問を寄せてくる人がいる。近代には ...

□日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は「日蓮真作か偽作か」の一点に焦点が当たった研究である   「アンチ日蓮正宗」では、メインテーマ・基本政策として「日蓮正宗系に対抗・批判する教学『対抗学』の確立」「「戒壇の大本尊・二箇相承・日興跡条条事・百六箇抄・日蓮本仏・ ...

□ヘイトスピーチ・レイシスト的差別言動・乱暴・野蛮なバトルトークは大衆の支持を得られない   2014年10月20日、大阪市庁舎で橋下徹・大阪市長と桜井誠・在日特権を許さない市民の会(在特会)会長の「意見交換会」が行われ、両者はげしい火花を散らしたバトルトークを ...

□世間の「宗教無関心主義」につけ込んだ日蓮正宗系カルト宗教の勢力拡大を阻止すべきだ   世間にはいわゆる「宗教無関心主義」という風潮があり、これがよく「無宗教」と混同されることがある。「宗教無関心主義」とては、「カルト宗教やカルト宗教信者には、関わらな ...

□「日蓮正宗系」を生き長らえさせ布教拡大させてしまう口実を与えるべきではありません   創価学会を脱会された方々、日蓮正宗を離檀・離宗された方々、顕正会を脱会された方々、正信会寺院を離檀・脱会された方々、富士門流執着軍団を脱会された方々、無宗教になられ ...

□ヘイトスピーチ合戦・謀略策略合戦の騒乱で萎んでしまった「mixi」の創価学会批判   最近、世間巷では「ヘイトスピーチ」という言葉が流行している。ヘイトスピーチとは 「『憎悪表現』と訳される概念で、特にそうした種類の言論が”地域の平穏を乱すことをもって規 ...

□インターネット以外の場の妨害行為・アラシ行為も「特定カルト(重要)危険人物リスト」掲載対象とします   「アンチ日蓮正宗」の活動も、設立当初は「mixi」「GREE」等のSNSの活動だけでしたが、年々、活動の範囲が拡大し、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏 ...

□複雑化・歪曲した日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判の構図を今こそ正常化すべきだ   日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判の活動は、よく他のカルト宗教批判---オウム真理教・統一教会・エホバの証人・ライフスペース・人民寺院・太陽寺院等のカルト批判---- ...

□法華講員や創価学会員のアラシ・スパムとの戦いの連続だった「アンチ日蓮正宗」の歴史   創価学会員らによる謀略スパムによって、おびただしい数のアンチユーザーがmixiから追放され、創価学会員から不当な圧力を加えられてmixiを退会したり、創価学会員によってアン ...

□創価学会員らによるアラシ・スパム・謀略等の多大な被害に遭ったアンチ系コミュニティ   2013年7月26日付け読売新聞に「ネット選挙の良識」と題して、ネット選挙の効果を危ぶむ論が載っている。これによると某政党党首がfacebookページを開設したところ、ここに寄せら ...

2013年の参議院選挙からインターネットの選挙での活用が合法化され、選挙におけるインターネットの効果がどれくらいあるかが議論されている。各全国新聞やニュースネットワークの世論調査によれば、インターネット情報を選挙の投票の参考にしたかとの問いに対して「参考に ...

「アンチ日蓮正宗」には、設立以来、今までいろいろな方々から、強引・執拗な勧誘などの宗教被害に関する御相談等をいただきました。 今まで寄せられた御相談の大まかな内容としては □入信勧誘が強引・執拗で困っている □勧誘を断り切れずに不本意ながら入信してしま ...

 日蓮正宗・創価学会・顕正会の強引な折伏・執拗な勧誘、宗教被害に対して、一般市民ができること。日蓮正宗・創価学会・顕正会の被害に遭った際、どういう対応が可能なのか、ご覧の皆さんの参考になることを願い2、3のケースを書きます。   ◇1 警察に通報する   ...

その日蓮正宗・大石寺の宗教的権威の中核は「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「産湯相承事」「御本尊七箇相承」「本尊三度相伝」「日蓮本仏義」「血脈相承」「御秘符」「丑寅勤行」「日蓮の遺骨」「日蓮の肉牙」等々といった、日蓮・ ...

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会…は、日蓮相伝を自称する「戒壇の大本尊」や「相伝書」「血脈」なるものを楯にとって、毎年のように数千億円もの莫大なカネを信者から集めている。 しかし「戒壇の大本尊」や「相伝書」「血脈」なるものは、日蓮真筆の本物である証拠 ...

日蓮正宗、創価学会、顕正会ないしその他の関係者に共通する独善的な体質、極端な排他的日蓮原理主義、独裁的指導者個人崇拝の強制、自由や民主主義を否定する体質は、数十年も前から問題視されている。 日蓮正宗も創価学会も顕正会もその他の分派も「自分たちは絶対に正 ...

かつて日蓮正宗は、創価学会の強引・執拗な折伏大進撃の活動により、創価学会、法華講の他に妙信講(顕正会)、檀徒(正信会)があり1800万信徒を擁していた。 しかしこれらの日蓮正宗系団体は、破門・内紛・分裂抗争を繰り返し、信者の家族の絆・肉親の絆が引き裂かれ、日蓮 ...

「対抗学」などという全然聞き慣れない言葉を使ってしまいましたが、適当な言葉が見当たらないため、「対抗学」という言葉を使いました。つまり日蓮正宗・日蓮正宗系を批判していくために必要な学問・教学・宗学ということで「対抗学」と書いたのです。 現在、具体的に取 ...

これは先に挙げた、創価学会員が素性を隠して顕正会の被害者を支援することを偽装するサイトないしは団体、日蓮正宗の信者が素性を隠して顕正会や創価学会の被害者を支援することを偽装するサイト、ないしは団体と、「アンチ日蓮正宗」が明確に一線を画すという目的があり ...

かつてGREE「アンチ日蓮正宗」では、アンチVS信者の議論が行われてきたことがありましたが、これは単に日蓮正宗の現役信者がこのコミュニティを荒らすために乱入してきて、結果的にそうなっただけの話しで、こういったところから、一時、コミュニティの方向性が、大きく歪 ...

日蓮正宗(法華講・妙観講なども含む)、創価学会、SGI、富士大石寺顕正会、日蓮正宗正信会などの日蓮正宗系の各教団は、日蓮正宗の内紛・分裂によって勢力を弱めるどころか、逆にそれぞれが勢力を拡大してきている。現在の日蓮正宗の内紛の発端は1970年の創価学会VS妙信講(現 ...

↑このページのトップヘ