アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会といかに闘って行くのか

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

在特会の失敗に学ぶ(2)~デモ行進は必ずしも適切な政治的手段とは言えないPART2

□「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」「どういう時にデモが起きるのか」

 

「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」ということを検証するには、「どういう時にデモが起きるのか」「どういう時に革命が起きるのか」という検証も必要なのではないだろうか。

それでは「どういう時にデモが起きるのか」「どういう時に革命が起きるのか」

 

□民主政治が行われていない独裁政治の国家・専政政治の国家でデモ・革命は起きる

 

民主政治が完全ではなかった13世紀から17世紀のイギリスでの革命。18世紀のフランス王政を打倒した革命。1911年の辛亥革命、1917年のロシア革命、ドイツ革命、1960年の韓国・学生革命、1987年の民主化革命、1989年のルーマニア革命、チェコのビロード革命、21世紀のアラブの春と呼ばれる民主化革命等々、これに該当する事例はそれこそ数多くある。また独裁国家、専政国家での民衆蜂起のデモが失敗に終わった事例もたくさんある。1976年の第一次天安門事件、1989年の第二次天安門事件は中国軍に鎮圧された。1956年のハンガリー暴動、1968年のチェコ・プラハの春はソ連軍に鎮圧された。

 

□選挙で意見が反映されにくい国民の少数派、少数意見集団、少数民族が起こすデモ・民衆蜂起

 

デモ、民衆蜂起が起きるのは民主政治が行われていない独裁国家・専政国家だけではない。複数政党、複数立候補、秘密投票が保障された自由・公平な選挙による国民の意思表示が可能な民主国家でも起きる。例えば195060年代のアメリカでは、黒人、有色人種への人種差別反対デモがせ起こり、公民権法が成立した。あるいはベトナム戦争に反対するベトナム反戦デモが沸き起こり、1973年のベトナム和平協定に繋がった。自由で公平な選挙が行われているアメリカで、なぜデモや民衆蜂起が起きたのか。1960年代のアメリカでは、総人口の約90%近くが白人ないしは白人系で、黒人が総人口に占める割合は10%足らずだった。アメリカで人種差別を行っていたのは、多数派の白人であり、選挙を行っても少数派の黒人の意見はなかなか政治に反映されることはなく、アメリカでは人種差別がつづいていた。つまり選挙を行っても、意見が反映されにくい少数派、少数民族が自分たちの要求・意見を通すためにデモ・集会といった民衆蜂起の行動に出る。196070年代にかけて、日本では「安保闘争」とよばれるデモ・集会・示威行為・民衆運動があった。この時代、国会で多数派だったのは日米同盟・日米安保を推進する自民党であり、安保反対派の社会党、共産党は国会では少数派だった。

 

続きを読む

在特会の失敗に学ぶ(1)~デモ行進は必ずしも適切な政治的手段とは言えないPART1

□デモ、集会、アジ演説等によって政府がかわり世の中がかわり時代が変革した20世紀の時代

 

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」に時折、「なぜデモ行進をやらないのか」との質問を寄せてくる人がいる。近代にはいってから、米欧先進国のみならず、日本でも19世紀から20世紀にかけて、政治的主張を行う手段として、デモ行進や集会といったことが行われてきたことは事実である。それによりさまざまな政治的成果があったこともまた事実である。しかし21世紀に入り、時代が移り変わったからなのか、デモ行進や集会が必ずしも政治的要求、主義主張を行う手段として、プラスに作用しないケースが発生することが判明した。その最大のものは、在特会が行っていたヘイトスピーチ、差別発言によるデモ、集会、アジテーション演説である。在特会のヘイトスピーチに対して、201412月、最高裁が判決を下し、在特会の人種や国籍で差別するヘイトスピーチの違法性を認めた判断により、半径200メートル以内での街宣活動の禁止と、約1200万円の損害賠償を命じた一、二審判決が確定した。それだけではない。これらの在特会のヘイトスピーチのデモ、集会、アジ演説等によって、数多くの在特会批判勢力が生まれ、在特会や在特会指導者たちがレイシスト(差別主義者)であるとの評価が多方面で下されている。在特会とは、「在日特権を許さない市民の会」の名称で、在日韓国人・朝鮮人の特別永住者制度の廃止をめざしている団体だと聞く。であるならば、在特会がヘイトスピーチを繰り返して最高裁からヘイトスピーチの違法性を認めた判断を下されたり、批判勢力から「レイシスト」だと評価を下されることは、在特会の運動にとってプラスになるはずがなく、大いにマイナスに作用しているはずだ。誤解のないように断っておくが、私はここで在特会そのものに対する賛否、在特会の政策に対する賛否を表明しているのではない。

20世紀の時代は、たしかにデモや集会、アジテーション演説等によって政府がかわり、世の中がかわり、時代が変革していった時代だったといえる。1911年の孫文が主導した中国・辛亥革命では、清朝が打倒されて中華民国が成立した。1917年のロシア革命では、反政府デモがきっかけになって皇帝政府が打倒され、レーニンのソビエト政権が樹立された。1956年のハンガリー暴動、1968年のチェコ・プラハの春はソ連軍の戦車によって鎮圧されてしまったが、ソ連・ゴルバチョフ政権のペレストロイカにより、1989年にベルリンの壁が崩壊。ルーマニアのチャウシェスク独裁政権が、民衆蜂起によるルーマニア革命で崩壊した。1986年のフィリピンでは、ピープルズパワー革命により、マルコス独裁政権が打倒され、コラソン・アキノ政権が誕生した。20世紀の韓国では、1960年の学生革命で李承晩政権が打倒された。1987年の民主化革命では、新憲法制定、大統領直接選挙が実現した。アメリカでも1960年代では、黒人差別反対、人種差別反対デモが沸き起こり、人種差別を禁止する公民権法が1964年に成立した。21世紀に入っても、チュニジア、エジプト、アルジェリア等々でアラブの春と言われる民衆蜂起による民主化の潮流が起きた。これらの革命は、デモや集会といった民衆蜂起が成功した事例と言えよう。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なる

□日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は「日蓮真作か偽作か」の一点に焦点が当たった研究である

 

「アンチ日蓮正宗」では、メインテーマ・基本政策として「日蓮正宗系に対抗・批判する教学『対抗学』の確立」「「戒壇の大本尊・二箇相承・日興跡条条事・百六箇抄・日蓮本仏・血脈相承等の偽作教学批判」ということを掲げている。日蓮正宗・大石寺の宗教的権威が、「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「産湯相承事」「御本尊七箇相承」「本尊三度相伝」「日蓮本仏義」「血脈相承」「御秘符」「丑寅勤行」「日蓮の遺骨」「日蓮の肉牙」等々といった、偽作本尊・偽作相伝・偽作教学によって形づくられているからであり、これらの日蓮正宗の偽作本尊・偽作相伝・偽作教学の検証・批判は、「アンチ日蓮正宗」の重要なメインテーマになるのである。

こう言うと「そんなことは日蓮宗あたりがやっているのでは?」と言う人がいる。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」をご高覧いただいた日蓮宗某高僧の方からも、こんなご意見をいただいた。

「戒壇本尊も二箇相承も百六箇抄も日蓮本仏義もみんな偽作であることが言われており、戒壇本尊も二箇相承も百六箇抄も日蓮本仏義も偽作であるという論文や著書もありますよね」

たしかに日蓮宗現代宗教研究所の教化学研究集会・教化学研究発表大会での発表論文がある他、日蓮宗僧侶・安永弁哲氏の著書「板本尊偽作論」は、創価学会「折伏大進撃」による急激な信徒拡大がはじまって以降、はじめて大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説を書いた本として、あまりにも有名である。この他にも宮崎英修氏も「戒壇の大本尊」偽作説の論文を書いている。

現代宗教研究所の研究発表大会でも大石寺「戒壇の大本尊」や二箇相承の偽作説を取り上げた論者が数人おり、東佑介氏も「戒壇の大本尊」や大石寺・相伝書の偽作説についての発表を行っている。では「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と、日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は一体どこが違うのか。「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なるのである。日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は、「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「産湯相承事」「御本尊七箇相承」「本尊三度相伝」「日蓮本仏義」が日蓮真造なのか、それとも後世の偽作なのか、「日蓮真作か偽作か」の一点に焦点が当たった研究であり、「誰が偽作したのか」「何の目的で、どういう動機、どういう謀略を企んで偽作したのか」までは踏み込んでいない。それは、現代宗教研究所や研究発表大会とは日蓮宗の機関であり、日蓮宗の活動の一環としての「学問研究」のためのものだからだと思われる。日蓮宗はあくまでも宗教団体であり、全ての活動を日蓮正宗系批判活動に費やしているわけではない。日蓮宗・現代宗教研究所の「日蓮真作か偽作か」の研究そのものは、日蓮宗の活動として当然必要な活動であろうと思われるし、今後とも研究を続行して行かれることを期待している一人である。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」はヘイトスピーチ・差別発言を繰り返す自称「アンチ」とは全くの無関係である

□ヘイトスピーチ・レイシスト的差別言動・乱暴・野蛮なバトルトークは大衆の支持を得られない

 

20141020日、大阪市庁舎で橋下徹・大阪市長と桜井誠・在日特権を許さない市民の会(在特会)会長の「意見交換会」が行われ、両者はげしい火花を散らしたバトルトークを繰り広げ、「意見交換会」そのものは、約10分足らずで終了した。この「意見交換会」は、ニュースでも取り上げられて報道されたに止まらず、ユーチューブで「意見交換会」の完全ノーカット版がアップされていて、一部始終を見ることができる。それにしても、この「意見交換会」の内容の凄まじさに驚いたのは、おそらく私一人ではないと思う。そもそもこの「意見交換会」が行われたのは、在特会のヘイトスピーチスピーチや差別的発言・活動に批判的な橋下市長が、定例記者会見等で在特会を批判。ここから話しが発展して、「意見交換会」が行われたもよう。私は、「意見交換会」そのものは、別に悪いことでも何でもないし、在特会や橋下市長に限らず、いろいろな団体、政党、政治家は「意見交換会」をどんどんやったほうがいいと思う。がしかし、問題は、その内容である。

大阪の「意見交換会」は、はじまる前から桜井会長が、マスコミ・報道陣を前にして延々と、マスコミ批判。時には報道陣を面罵し、罵倒する場面が出てくる。その後、橋下市長が入室、登場。二人のトークがはじまるが、最初から「オマエ」「オマエじゃねえーだろ」「何だオマエ」と罵倒の連続。あげくのはては、二人でつかみ合い寸前まで発展。ボディーガードが間に入って、事なきを得る場面まで出てくる。最初からマスコミに大々的に取り上げられることを狙ったパフォーマンスか(?)というように見えなくもないが、二人とも本気でやっているのか、芝居でやっているのか、よくわからない部分もある。市長がケンカ腰になって、つかみ合い寸前まで行ったのは、私もはじめて見た。そういえば昭和の時代、国会の法案審議をめぐって、はげしく自民党と野党・社会党、共産党、民社党が対立。国会で多数を握る自民党が強行採決を謀ろうとすると、これを阻止しようとする野党議員が議長席におしかけ、議長席周辺で、与党議員と野党議員がつかみ合い、殴り合いのケンカになった「乱闘国会」というのがあった。国会議員同士のケンカに衛視が止めに入ったが、乱闘はおさまらなかったようである。大阪の「意見交換会」のあと、「橋下市長の口の利き方が悪い」と市長を批判する電話が市庁舎に殺到。一方の桜井会長は、大阪の「意見交換会」のあとに行われた在特会の会長選挙に不出馬を表明。八木康洋氏が新しい会長に選出された。八木会長は、「橋下市長の意見のとおり」と、橋下市長の批判を受け容れる意向を表明している。

この大阪の「意見交換会」のもようを見て、さまざまな意見を言う人がいるが、乱闘やつかみ合いのケンカは全く論外であることは言うまでもない。乱闘やつかみ合いのケンカを除いたとしても、お互いがお互いをただ罵倒するだけの罵倒合戦や乱暴・野蛮なバトルを繰り広げても、どんなにいい意見を言ったとしても、それは大衆の支持を得ることにはつながらない。大衆の支持を得るどころか、どちらも支持者が離反していったのではないだろうか。大衆の支持が離れていってしまっては、何のために意見交換会を行ったのか。全く意味がないではないか。

 

続きを読む

「カルト宗教には関わるな」「宗教はわからない」無関心主義はカルト宗教勢力拡張を招来する

□世間の「宗教無関心主義」につけ込んだ日蓮正宗系カルト宗教の勢力拡大を阻止すべきだ

 

世間にはいわゆる「宗教無関心主義」という風潮があり、これがよく「無宗教」と混同されることがある。「宗教無関心主義」とては、「カルト宗教やカルト宗教信者には、関わらないほうがいい」とか「カルト宗教に関わるのは面倒だ」とか「カルト宗教は放置しておいたほうがいい」といった類のものである。「アンチ日蓮正宗」がかつて「mixi」をメインに活動していたころのことだが、「アンチ日蓮正宗」管理人の元に、「あんなカルト宗教なんて、かかわらないほうがいいですよ」「あんまり深入りすると、ろくなことがありませんよ」という内容のメールを送ったきた人がいた。あるいは創価学会、顕正会、法華講等「日蓮正宗系」のカルト信者による宗教被害を受けた人の中からも、「こんな人たち(カルト信者)は、まともに相手しないほうがいいでしょうかねえ」とのメールを送信してきた人がいた。「日蓮正宗系カルト宗教は全て嫌いだ」「創価学会も顕正会も正信会も法華講も妙観講も全部嫌いだ」「日蓮正宗系カルト教団には大反対」「日蓮正宗系のカルト信者も大嫌いだ」「日蓮正宗系カルト教団の勢力拡大は大反対だ」という人は、大勢いる。

しかしその一方で、「日蓮正宗系カルト宗教はもうこりごり」「日蓮ももうこりごり」「日蓮正宗系カルト教団や日蓮正宗系カルト信者には、二度とかかわりたくはない」「日蓮正宗系カルト信者たちの顔も二度と見たくない」「日蓮正宗系カルト信者と一切関わりなく平和に暮らしていきたい」…

こういった方々も大勢いらっしゃることも事実である。こういった方々のご心情は、ごもっともなことだと思いますし、この私も、できることなら「日蓮正宗系」カルト信者たちとは、全く別世界で平和に暮らしていきたいと思っています。それではなぜ「アンチ日蓮正宗」の活動を行っているのか。

創価学会、顕正会、法華講、妙観講等「日蓮正宗系」カルト宗教の得意技のひとつに、世間一般の宗教への無関心、宗教への嫌悪感等につけ込んで、巧みに勢力を拡大するという作戦がある。これに類似する得意技に、世間一般の宗教に関する浅学につけ込んで、勢力拡大を謀るという作戦もある。なぜ彼ら日蓮正宗系カルト宗教は、こんな謀略布教を得意技にしているのか。

創価学会、顕正会、法華講、妙観講等「日蓮正宗系」カルト宗教の強引・執拗な布教活動を検証して行くと、宗教無関心主義の人、宗教について浅学な人たちを狙い撃ちにし、主要むターゲットにしているのがわかる。そして彼らは、「この宗教(日蓮正宗系のこと)も、実際にやってみないと、いいものなのか、ダメなものなのか、わかりませんよ。リンゴだって、実際に食べてみないと、おいしいかどうかは、わかりません。それと同じです」などと囁いて、巧みに「入信決意書」にサインさせる。そしてこんなウソまで言う。「途中でイヤになったら、やめてもいいんですよ。いつでも、やめることができますから」。こんなことを言って、巧みに入信させておいて、「騙された」と気づいた新入心者が「信仰をやめたい」「離宗・脱会したい」と申し出ると、新入心者宅に信徒幹部をはじめ、大勢のカルト信者たちが押しかけてきて、「やめたら、あなたが不幸になる。仏罰があたる。地獄に堕ちる」などと脅迫する。彼ら日蓮正宗系カルト宗教は、まことに悪質極まりない詐欺的な布教活動で、勢力を拡大しているののである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ