アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺「戒壇の大本尊」・大石寺9世日有による偽作の真実 > 「戒壇大本尊は大石寺9世日有の偽作」論争に敗北した日蓮正宗

■論破93・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である7   □「戒壇大本尊」を祀る「事の戒壇」中心の三大秘法は大石寺9世日有が発明した教義 ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神 ...

■論破1・「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である1   □「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に造立」文は「戒壇の大本尊」と無関係である証拠   日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)年12月に身延山久遠寺で「 ...

■論破6・「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である3   □身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である2 -------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日 ...

■論破3・「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である5   □大きさ・脇書文が同じ板本尊を二つ造ることは出来ないという法華講員の言い訳は詭弁である ----------------------------------------------------------------------- (法華講 ...

■論破5・「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である2   □身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である1   日蓮正宗では、日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)年12月に身延山久 ...

■論破4・「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である1   □日向造立板本尊の造立の目的は「戒壇の大本尊」の代わりではない   日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)年12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したことが ...

■論破11・日蓮正宗の正式見解と矛盾する漆・金箔加工の法華講員の言い訳3   □大石寺の歴代法主自らが否定している「紙墨の戒壇大本尊・後代彫刻・漆金箔加工説」   日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」や洗脳法華講員・ブルーシールが「最初にしたためたのは大聖人で、後の ...

■論破10・日蓮正宗の正式見解と矛盾する漆・金箔加工の法華講員の言い訳2   □日蓮真筆曼荼羅本尊を日蓮に無断で彫刻加工した板本尊は全日蓮宗で一つも存在しない   「最初にしたためたのは大聖人で、後の時代に金箔加工されたということだって十分ありえるじゃない ...

↑このページのトップヘ