アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「戒壇大本尊は大石寺9世日有の偽作」論争に敗北した日蓮正宗

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(93)~「戒壇大本尊」を祀る「事の戒壇」中心の三大秘法は大石寺9世日有が発明した教義

■論破93・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である7

 

「戒壇大本尊」を祀る「事の戒壇」中心の三大秘法は大石寺9世日有が発明した教義

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

自称俳優で、徳川家光公が日光山輪王寺であるのに、東照宮と言ってる歴史認識がズレているのが、mixiで悪あがきをしている。あまりにも、無理矢理に否定してるので、長文を書けば良いというものでない。よっぽど暇なのであろう。

大聖人御一代中に顕(あら)わされた多数の御本尊には、それぞれ建立意義と目的に異なりがあり、御本尊図顕(ずけん)における大聖人の御化導を相伝仏法の上から正しく拝さなければ、本義を見失うこととなる。ゆえに、正法不信の者がいくら邪智(じゃち)浅見をもって御本尊の深義を理解しようとしても、けっして大聖人の御聖意に辿(たど)り着けることはない。当宗僧俗はすでに周知のことであるが、大御本尊が何たるかを知らない者どもに、簡略に説明しておこう。

元来、大聖人所顕(しょけん)の御本尊は、大きく2種類に分けることができる。

1には、弟子や檀那への個人に与えられた御本尊である。これは、主に授与者の信行の対象として安置すべき御本尊であり、ほとんどの御本尊に授与者の名前が認(したた)められている。

2には、特別な意義と目的のもとに顕わされる御本尊で、その時々の境地より御図顕され、授与者が示されていないものもある。戒壇の大御本尊が、このうちの後者に当たることは言うまでもない。当宗においては、戒壇の大御本尊をもって信仰の主体としている。その理由は、大聖人の宗旨が戒壇の大御本尊に極まるからであり、法義的に三大秘法のすべてを惣在(そうざい)する上から「三大秘法惣在の本尊」と称し、また末法万年の衆生を救済するために万人を対象として御図顕され、一閻浮提(全世界)すべての人々が信受すべき御本尊である意味から「一閻浮提総与の本尊」とも称するのである。否定したがる者の特徴として、言える事は、言葉や文字を理解しない事と自分自身が正しいという思い込みである。私は、仕事で営業とサービス業をしてきて、また折伏して何万という人間を見てきて、言える事でもある。どんなプロの営業マンでも、こういう人間は難しいものである。

 (20130308日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

龍神ひろしは、「三大秘法惣在の本尊」などと得意げに書いているが、「アンチ日蓮正宗」では、日蓮が説いた三大秘法と、日蓮正宗が説いている三大秘法は、全く別個のものであると論破している。龍神ひろしの妄言は、「アンチ日蓮正宗」の論破に対する反論になっていない。

 

続きを読む

まぬけ猫を斬る(7)~大石寺の「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有の偽作である15の証拠

■論破7・大石寺の「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有の偽作である1

 

□大石寺の「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有の偽作である15の証拠

 

-----------------------------------------------------------------------

(法華講員・まぬけ猫(仮名)の妄説)

 ではhideさんがのたまっている日有が作った…それを証明出来ますか?

(『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板、まぬけ猫(仮名)なる者の妄説)

----------------------------------------------------------------------

もうとっくに証明しているんですがね。同じ事を何度も言わせるなよ。

大石寺の「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有の偽作である証拠は12あり、傍証が3ある。

(1) 保田妙本寺・小泉久遠寺第11代貫首・日要(14361514)が、かつて大石寺9世日有から聞いていた説法を、弟子たちに語っていた内容を、日果という僧侶が筆録した文書である「新池抄聞書」の文

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」84ページ)

ここに歴史上はじめて「事の戒壇」が出てくる。ここにある「事の戒壇」とは、日蓮が「三大秘法抄」で言っている事の戒壇ではなく、大石寺9世日有が独自に発明した「事の戒壇」。すなわち大石寺9世日有が偽作した「『戒壇の大本尊』を祀る処が事の戒壇」という意味の事の戒壇である。

 

(2) 1493(明応2)年に北山本門寺六代住職・日浄(?1493)が書いた「富士山本門寺文書集日浄記」の文

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意也。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊則ち本門戒壇の本尊と云々』

「日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊を彫刻し、猶己義荘厳の偽書を造る。…もし、日有の誑惑世間に流布せば、興門の道俗共に無間に堕ち、将来悲しむべし云々」

(「大石寺誑惑顕本書」p6p7

(3) 古来から大石寺では、大石寺9世日有が彫刻造立したのは「戒壇の大本尊」なる板本尊ではなく、紫宸殿本尊を模刻した板本尊であると言い訳していたこと

(4) 大石寺9世日有は、1400年代前半に発見されて開発された、大石寺からほど近い所である甲州(甲斐国・山梨県)湯之奥金山の「金」を入手して、莫大な経済力を保持していたこと。つまり日有は、楠木を入手し、黒漆、金箔加工を施す経済的基盤を充分に兼ね備えていたこと。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

黒川和雄を斬る(1)~「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である1

■論破1「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である1

 

「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に造立」文は「戒壇の大本尊」と無関係である証拠

 

日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したことが、「戒壇の大本尊」なる板本尊が日蓮在世の時代から存在していた証明だ、などという妄説を日蓮正宗が言っているが、毎度お決まりのデタラメ極まりない妄説。

しかもその板本尊造立の目的について「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」と記載されていることからも、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊とは何ら関係のない本尊であることは明らかだ。 大石寺の「戒壇の大本尊」の脇書は

「右現当二世の為に造立件の如し、本門戒壇の願主弥四郎国重、法華講衆等敬白、 弘安二年十月十二日」 となっているのに対して、「日向造立板本尊」の脇書は

「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」

となっている。民部日向造立の板本尊も「戒壇の大本尊」なる板本尊も授与書の内容が全く食い違っており、両者は全く無関係なものであることは明白である

もし日向が、「戒壇の大本尊」なる板本尊の代わりにその板本尊を造立したのならば、その脇書き(授与書)も、「戒壇の大本尊」の脇書きと同じ文を書くはずではないか。そもそも「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」との脇書文の意味は、日蓮宗僧侶の見解では

「身延山久遠寺で日向上人が日蓮聖人の幽霊を見られ、これに驚かれて造立された。『日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立』とはそういう意味である」

ということである。この日蓮宗僧侶の見解は、まことに筋の通った見解である。

そもそも「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」との脇書文がある「板本尊」は、「戒壇の大本尊」の代わりに造立されたとする日蓮正宗の見解こそ、全く矛盾に満ちている。又、こんな矛盾だらけの日蓮正宗の見解を喜んでいる日蓮正宗の信者・黒川和雄の態度は、もっと矛盾に満ちていると言えよう。

 

□身延山久遠寺の日向板本尊のモデルは禅宗が日本に伝来させた本位牌・寺位牌である

 

日蓮正宗では民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したなどと盛んに言っているが、日向が造立したのは、板「本尊」ではなく、板「位牌」である。

板位牌は、「寺位牌」「本位牌」と呼ばれるもので、鎌倉時代の当時、禅宗とともに中国から日本に伝来した「位牌」の一種である。

その証拠が、これに書かれている脇書きである。脇書きには、

「右、日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立す」

となっていて、この「幽霊成仏得道」「乃至衆生平等利益の為」という文字が、まさに亡者菩提のためであるということ、則ち「寺位牌」「本位牌」として、建立されたものであることを物語っている。

ところが、これでは日蓮正宗の妄説が総崩れになってしまうため、黒川和雄なる者が、ありとあらゆる関係ないものを総動員して、無理やりにでも、身延山久遠寺の日向造立「板本尊」が、「戒壇の大本尊」なる板本尊を証明する証拠として、こじつけようと謀っている。

創価学会からの脱会を考える会1


続きを読む

大石寺66世日達を斬る(6)~身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である2

■論破6「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である3

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である2

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説)

正安2年は、日興上人身延離山から11年の後であります。更に、その後13年も日向は身延に在住しております。そして、この板御本尊は身延の本堂の本尊としておったことは、この板御本尊造立の正安2年より51年も後の観応2年、辛卯の年に

「身延山久遠寺同御影堂、大聖人御塔頭、塔頭板本尊  金箔 造営修造結縁」(『日蓮宗宗学全書』第1巻)と中山3代日祐の『一期所修善根記録』に書き残してあります。

これをもって身延の御影堂の大聖人の御厨子の中に、日向造立の板本尊が安置してあったことはあきらかであります。(中略) 一尊四士の釈尊像を中心とする日向が、板本尊を造立したということは、その前に戒壇の大御本尊が存在していたという正しい証明であります。この日向造立の板本尊は、今は富士に気兼ねしてか本堂にまつらず倉庫の中に隠匿しているのであります。

(日蓮正宗大石寺66世法主細井日達『本門戒壇の疑難に対する弁駁』

-------------------------------------------------------------

日蓮正宗では民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したなどと盛んに言っているが、日向が造立したのは、板「本尊」ではなく、板「位牌」である。

板位牌は、「寺位牌」「本位牌」と呼ばれるもので、鎌倉時代の当時、禅宗とともに中国から日本に伝来した「位牌」の一種である。

その証拠が、これに書かれている脇書きである。脇書きには、

「右、日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立す」

となっていて、この「幽霊成仏得道」「乃至衆生平等利益の為」という文字が、まさに亡者菩提のためであるということ、則ち「寺位牌」「本位牌」として、建立されたものであることを物語っている。

もし日向が、本当に「戒壇の大本尊」なる板本尊の代わりにこれを造立したならば、脇書きは「乃至衆生平等利益の為」ではなく、「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きと同じの「右現当二世の為に造立件の如し」にするはずではないか。

そもそも寺位牌・本位牌という化儀は、日蓮正宗にはなく、日蓮宗、禅宗、浄土宗、真言宗、時宗にある化儀であるので、これをインターネットフリー百科事典から引用する。

「『寺位牌』

本位牌の他に、菩提寺(旦那寺)や本山に供養の布施と共に納める位牌。寺では位牌堂や本堂内に安置し、朝夕の勤行の際に供養される。」

特に「寺位牌」は、ほとんど「本尊」と同じように扱われていることがわかる。これは証拠の第二。

位牌堂1総持寺祖院

続きを読む

太田魁を斬る(4)~身延山久遠寺の通称・日向造立「板本尊」は板本尊ではなく「寺位牌」である

■論破4・「民部日向造立の板本尊」は大石寺「戒壇の大本尊」とは全く無関係である6

 

□身延山久遠寺の通称・日向造立「板本尊」は板本尊ではなく「寺位牌」であるという証拠

-----------------------------------------------------------------------

(法華講員・太田魁の妄説)

>「乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」などと脇書が書いてある本尊がどこにあるというのか。

日向が正安2年に造立した板本尊の脇書には「右、日蓮幽霊成仏得道乃至法界平等利益の為に敬って之を造立す」と書かれているそうですが、身延山久遠寺の本堂に本尊として50年以上安置されていた事が当の日蓮宗の記録から明らかになっています。

 (『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板192・太田魁の妄説)

----------------------------------------------------------------------

さて当方から「『乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立』などと脇書が書いてある曼荼羅本尊・板本尊がどこにあるというのか」という当方からの論破に対して、法華講員・太田魁は、身延山久遠寺本堂に50年以上も祀られていた日向造立「板本尊」がそれだと繰り返すだけ。これは太田魁は実質的に論理破綻し、反論不能に陥っているということに他ならない。

「乃至法界平等利益の為に敬って之を造立す」と書いた日向「板本尊」が、本当に「本尊」なら、「乃至法界平等利益の為」と書いてある本尊がそれ以降も複数存在しているはずである。しかし、日蓮正宗でも日蓮宗でも、そのような本尊は一つもない。

日向「板本尊」は「本尊」ではなく、「寺位牌」だったという証拠の第一である

 

そもそも寺位牌・本位牌という化儀は、日蓮正宗にはなく、日蓮宗、禅宗、浄土宗、真言宗、時宗にある化儀であるので、これをインターネットフリー百科事典から引用する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8D%E7%89%8C

「『本位牌』

四十九日の法要までに、野位牌から作り替えられる位牌。漆塗りに金箔・沈金・蒔絵が施されるなど立派な物が多い。永く仏壇に安置して祀られる。位牌には札位牌と繰り出し位牌がある。札位牌は、一人あるいは夫婦など二人以上の戒名等が表面に書かれた(彫られた)位牌である(書かれた人が存命中は、朱色の字にしておく。複数名用に巾の広い巾広位牌もある。)。繰り出し位牌は、多数の木の札が重ねて納められた位牌で、木の札一枚一枚に一人の戒名等を記す。

『寺位牌』

本位牌の他に、菩提寺(旦那寺)や本山に供養の布施と共に納める位牌。寺では位牌堂や本堂内に安置し、朝夕の勤行の際に供養される。」

等身位牌3 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ