アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺『日蓮本仏義』は日蓮・日興の教義ではない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(35)~日蓮正宗系の勤行・方便品寿量品読誦は「日蓮本仏義」と全く矛盾する化儀である

■検証35・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない35

 

□日蓮正宗系の勤行・方便品寿量品読誦は「日蓮本仏義」と全く矛盾する化儀である

 

「日蓮正宗系」では、一様に日蓮本仏義・釈迦如来脱仏義を唱えながら、日々の朝夕の勤行や大石寺の深夜の勤行衆会(丑寅勤行)では、日蓮が「余経も法華経も詮無し」と言った法華経の方便品と寿量品を繰り返し繰り返し読誦するという矛盾した化儀を平気で行っている。日蓮正宗では、朝の勤行が五座、夕の勤行が三座、大石寺の丑寅勤行は、客殿と六壺で七座を勤めて、方便品と寿量品を読誦するわけだから、大変な繰り返しようである。今は大石寺でも、方便品は十如是までしか読誦していないが、戦前までは方便品は十如是の後の長行まで全てを読誦していた。戦後の創価学会・折伏大進撃による信徒増加により、方便品読誦は十如是までに簡略化されたのである。大石寺でも他の「日蓮正宗系」でも、末法有縁の本仏であるはずの日蓮の言説を勤行衆会で全く読誦せず、正像脱仏の釈迦如来が説いた法華経を読誦しているという大矛盾を晒している。大石寺の方便品・寿量品読誦の化儀は、大石寺の「日蓮本仏義」と完全に矛盾していることは明らかである。日蓮正宗の僧侶や信徒は、これを矛盾だと思っていないのだろうか。全く摩訶不思議である。大石寺をはじめとする「日蓮正宗系」は、日蓮が末法有縁の本仏だと言うのなら、なぜ日々の勤行で、日蓮の遺文(御書)の言説を読誦しないのか。「日蓮正宗系」で「日蓮本仏義」を信奉するならば、「脱仏」だと下す釈迦如来の法華経ではなく、「本仏」の日蓮の言説を読誦するのが本筋ではないか。私はかつて法華講員に「日蓮正宗は『日蓮本仏義』なのに、勤行で法華経を読誦するのは矛盾ではないか。日蓮の遺文(御書)を読誦すればいいではないか」と指摘したことがある。すると法華講員は驚き、「えーっ、勤行で御書を読誦するんですかあ。それはおかしいですよ。勤行はお経を読誦するんですよ」と言って、ただ右往左往するだけ。法華講は、勤行とは釈迦如来のお経を読誦するものだと思い込んでいるようである。まことにお気の毒の極みである。

しかし仏教各宗派の勤行を見ても、釈迦如来のお経以外に、宗祖の言説を読誦する化儀を行っている宗派は、けっこうある。その一例を挙げると、浄土真宗では、勤行の時に、阿弥陀経の他に宗祖・親鸞の正信偈や和讃を読誦する。報恩講、法事や命日忌などを門徒宅の仏壇で執行する場合、阿弥陀経等のお経は全く読誦せず、正信偈などの宗祖・親鸞の言説だけを読誦する場合がけっこうある。この他、浄土宗の勤行では、法然の一枚起請文、一紙小消息などを読誦する。

断っておくが、浄土真宗では親鸞の正信偈を勤行で読誦するが、浄土真宗は親鸞本仏義ではないし、浄土宗も法然本仏義ではない。しかし勤行の時に、宗祖の言説を釈迦如来のお経以外に、読誦している。日蓮宗も日蓮本仏義ではないが、法華経の他に、日蓮の遺文(御書)の一節を読誦する寺院がたくさんある。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(34)~大石寺9世日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった4(本因妙口決2)

■検証34・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない34

 

□日蓮正宗僧・漆畑正善氏「本因妙口決・日蓮宗の語は『日蓮宗』の語の初見」説の誤謬を斬る

 

「本因妙口決」後世偽作説の根拠になっているものは、「大白蓮華」に連載された「堀上人に富士宗門史を聞く」の中で、大石寺59世堀日亨が、実質的に「本因妙口決」が三位日順の著作ではなく、後世の偽作であることを認めていることだけではない。従前から「本因妙口決」後世偽作説の根拠になっているものは、この「本因妙口決」の中に

「日蓮一宗」(『富士宗学要集』2p80より)

本因妙抄口決・日蓮一宗1
 

「日蓮宗」(『富士宗学要集』2p82より)

本因妙抄口決・日蓮宗2
 

といった言葉があるからである。日順の他の著書である「日順阿闍梨血脈」「摧邪立正抄」「念真所破抄」では、いずれも「法華宗」と書かれている。 歴史学的な定説・通説で言えば、この「日蓮宗」という名称は、1536(天文5)年の天文法華の乱で、京都が灰塵になり、各日蓮教団が、室町幕府から「法華宗」の名称を使用することを禁じられてから、「日蓮宗」という言葉が使われるようになったという説である。ということは、歴史学的な定説・通説をあてはめるならば、「本因妙口決」は三位日順の著作ではなく、後世の偽作ということになる。ところが「日蓮本仏義」を信奉する日蓮正宗は、これでは困ると思ったのか、日蓮正宗僧侶・漆畑正善氏が、天文法華の乱以前の大永年間の文献「妙本寺文書」の中に

「安州北部法華日蓮宗妙本寺の事」(大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」8p83)

安州北部法華日蓮宗妙本寺の事

 

とあることを持ち出し、「『本因妙口決』に『日蓮宗』の語が用いられていても、それを偽撰とする根拠にはならない。むしろ『日蓮宗』の語の初見と見るべきである」などと、かなり強引な論を展開する。(漆畑正善論文「創価大学教授・宮田幸一の『日有の教学思想の諸問題』を破折せよ」より)

当該の論文は「本因妙口決」にある「日蓮宗」の語句についての創価大学教授・宮田幸一氏(創価学会員)と日蓮正宗僧侶・漆畑正善氏の論争だが、両者とも「本因妙口決」にある「日蓮宗」の語句についての論争に終始してしまっており、これだけで「本因妙口決」が三位日順の著作だの後世の偽作だのと決めつけようとする誤りに嵌り込んでしまっている。「本因妙口決」を後世の偽作とする根拠は、何も「本因妙口決」にある「日蓮宗」の語句だけではない。大石寺59世堀日亨は、『大白蓮華』55号に掲載された「堀上人に富士宗門史を聞く」(1)の中で、実質的に「本因妙口決」をはじめ三位日順の著作を偽書だと認める見解を言っている。堀日亨が「本因妙口決」に疑義を呈して実質的に偽書だとする根拠は

□三位日順は実在の人物で著作を残しているが、それは「日蓮本仏義」などの重要な教義に関するものではなく、他山から伝来したのを日順が写しておいたというようなものは北山本門寺にある

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(33)~大石寺9世日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった3(本因妙口決1)

■検証33・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない33

 

本因妙口決をはじめ三位日順の著作に重大な疑問を呈している大石寺59世堀日亨

 

大石寺の開祖・日興の弟子で、重須談所の二代学頭(住職に次ぐナンバー2の職)の職にあった日順が書いたと伝えられる「本因妙口決」という書物に

「久遠元初自受用報身とは本行菩薩道の本因妙の日蓮大聖人を久遠元初の自受用身と取り定め申すべきなり」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p83

久遠元初自受用報身とは日蓮大聖人
 

と、日蓮本仏義の言説があることから、これを証拠に日蓮正宗側では、「日興上人の上古の時代から日蓮本仏義はあった」と主張する。しかし、この「本因妙口決」なる文書も、重須談所二代学頭・日順の著書ではなく、後世の者の偽作とする説が有力である。

まず第一の根拠は、「本因妙口決」等の重須談所学頭・三位日順の著書とされるものについて、大石寺59世堀日亨が重大な疑問を呈していることである。大石寺59世堀日亨は「大白蓮華」に連載された「堀上人に富士宗門史を聞く」の中でこんなことを言っている。

「それはですね、北山にそういう古い文献がないんですよ。そして大石寺に本因妙抄等がある。それによって、大聖人の教義を大事にしていたという「しるし」にすることができるのです。それに三位日順の、ああいう一連の各書類がですね、北山に一冊もなくて、みんな大石寺にある。もっとも北山には、日順の直接の筆ものがあるけれども。それは重大なもんではないですよ。日順の筆に相違ないですけれどもね。それは、ほとんど御開山(日興)の教義を直接に書いたものではなくて、ほかから来たのを日順が写しておいたというような、そういうものは北山にある。いつか写真で第百蓮華に説明したことがありましたですね。とにかく大事な日順の誓状始め、ああいうものが北山にないです。そして戦国時代の写本が大石寺にあります。しかし、その書いた人の行績がわかりません。まあ、その写された時代は戦国時代から織田・豊臣時代までですね。このような戦国時代としては古いほうの書類が、全部大石寺にきているんです。もう少し研究すると、その写本の主人公がわかりますがね。今では名前だけで行績が全然わからん。残念です」

「○特に教義とか歴史とか…

いえ、三位日順のすべてのものがほとんど、どこにもないのです。あるのは大石寺に一度きたのを、要法寺の人が写して、そして要法寺へ持って行って、それを今度は北山に写してあげたのが北山に残っている。ですから大石寺の三転本ですね。大石寺のが一番古くて------古くてといってもですね、日順の本じゃないんじゃ、日順の本を写した人が、何人かあって、それが日順の古い本を、みな大石寺に持ってきた。どういう動機でもってきたかも、写本の主の経歴がわかりませんから不明だし、年代もわからんです。ただ紙や筆法でもって、この時代じゃろうといって、わたしどもが鑑定すめだけのものでね」

(「堀上人に富士宗門史を聞く」(1)/『大白蓮華』55p89より)

三位日順著書堀日亨重大な疑問1
 

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(32)~大石寺9世日有以前の大石寺に「日蓮本仏義」は存在していなかった2(五人所破抄見聞)

■検証32・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない32

 

□大石寺9日有以前の大石寺に「日蓮本仏義」は存在していなかった2(五人所破抄見聞)

 

日蓮の遷化(死去)から約百年後の1380(康暦2)年に富士門流本山寺院・富士妙蓮寺(現・日蓮正宗本山・富士山妙蓮寺)の五代貫首・日眼が書いたと伝えられる「五人所破抄見聞」という書物に

「威音王仏と釈迦牟尼とは迹仏也、不軽と日蓮とは本仏也。威音王仏と釈迦仏とは三十二相八十種好の無常の仏陀、不軽と上行とは唯名字初信の常住の本仏也」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p1)

不軽と日蓮とは本仏也
 

と「日蓮本仏義」が説かれており、さらに

「日興も寂を示し玉ひ次第に譲り玉ひて、当時末代の法主の処に帰り集る処の法華経なれば法頭にて在す也」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p9)

末代の法主の処に帰り集る処の法華経なれば法頭
 

と、法主信仰的な表現の文が見られることから、これを証拠に日蓮正宗側では、「日有上人以前の上古の時代から日蓮本仏義はあった」と主張する。しかし、この「五人所破抄見聞」なる文書は、富士妙蓮寺5代貫首・日眼の著書ではなく、妙蓮寺5代日眼よりも後世の者の文書である。

「五人所破抄見聞」は、富士妙蓮寺五代貫首・日眼の真筆文書は存在せず、松岡幹夫氏の説によれば『富士宗学要集』4巻に「五人所破抄見聞」を収録した大石寺59世堀日亨は、古来から伝わる「五人所破抄見聞」写本と称するものには、通読しがたいほどの錯誤や誤りが多数あり、現行の『富士宗学要集』に収録されている「五人所破抄見聞」は、堀日亨が大胆に編集・編纂したものであると言っているという。 したがって『富士宗学要集』4巻に収録されている「五人所破抄見聞」の文そのものを、そのまま14世紀後半の富士門流の文と解釈することはできない。

宮崎英修氏の説によると、「五人所破抄見聞」の内容からして、明らかに1470(文明4)年以降でなければ書けない記述があり、日眼の著書説に対して、重大な疑問を投げかけている。

興風談所・池田令道氏の説によると、「五人所破抄見聞」では、従来からの日蓮正宗を含めた富士門流の所伝と異なる日昭・日朗・日興・日頂・日持の五人の身延離山説を唱えていること、この五人離山説の発祥は、京都要法寺の日尊門流であって、日尊門流出身の大石寺僧侶・左京阿闍梨日教の著書「百五十箇条」にも見られることなどからして、「五人所破抄見聞」は左京阿闍梨日教の「百五十箇条」の成立以降に書かれたものではないか、としている。

さらに決定的な証拠なのは、この「五人所破抄見聞」の末尾の文に次のようにあることだ。

「伝写本云 康暦二庚申年六月四日書畢 本化末弟日眼 在御判」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p26)

康暦二庚申年六月四日書畢 本化日眼
 

この「康暦二」と「年」の間に「庚申」という干支を書き入れるような用法は、戦国時代から江戸時代にかけて一般的に定着していく、というのが古文書学説上における定説なのであり、それからすると1380(康暦2)年に、「康暦二庚申年六月四日」といった書き方はされない。したがって、この「五人所破抄見聞」の末文は、1384(至徳1)年に死去している富士妙蓮寺五代貫首・日眼の筆ではなく、後世の時代の人の筆ということになる。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(31)~大石寺9世日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった1(日道の本仏感)

■検証30・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない31

 

□大石寺9日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった1(日道の本仏感)

 

日蓮在世の時代はもちろんのこと、大石寺二祖日興以降、大石寺9世日有以前の大石寺門流に、「日蓮本仏義」は存在しなかった。これには明確な証拠がある。大石寺二祖日興の新六僧の一人で、大石寺4世法主の座に登座したとされる日道が、1332(元徳4)112日に筆録した「日興上人御遺告」を、自らの著書「三師御伝土代」に記している。「御遺告」とは、日興の遺言ということであるが、それを見ると、次のように記してある。

「日蓮聖人云く本地は寂光、地涌の大士上行菩薩六万恒河沙の上首なり。久遠実成釈尊の最初結縁令初発道心の第一の御弟子なり。本門教主は久遠実成無作三身、寿命無量阿僧企劫、常住不滅、我本行菩薩道所成寿命、今猶未尽復倍上数の本仏なり」

(「三師御伝土代」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』5p11)

日蓮聖人本地寂光2


日蓮聖人本地寂光1
 

大半が経文等の引用文であるため、精密な現代語訳は省略しますが、「日蓮聖人云く本地は寂光、地涌の大士上行菩薩六万恒河沙の上首なり。久遠実成釈尊の最初結縁令初発道心の第一の御弟子なり」「本門教主は久遠実成無作三身、寿命無量阿僧企劫、常住不滅、我本行菩薩道所成寿命、今猶未尽復倍上数の本仏なり」と、日興は、「御遺告」していた。日蓮は自ら「日蓮は上行菩薩の再誕であり、久遠実成釈尊の第一の御弟子であること、そして久遠実成無作三身の本門教主が本仏である」と言っていたことを、日興は弟子たちに遺言していたというのである。これによれば、「本仏」は「久遠実成無作三身」の「本門教主」ということになり、日蓮はあくまでも「地涌の大士上行菩薩六万恒河沙の上首」ということになる。これは日興の本仏感であると同時に、この「日興上人御遺告」を自らの著書「三師御伝土代」に記載した大石寺4世日道の本仏感でもあるということになる。日蓮、日興、日目、日道の代に「日蓮本仏義」なる教義が本当に存在していたら、日道は「三師御伝土代」に、こんな記述をしなかったはずである。あるいは日興が日蓮を「本仏」と仰いでいたならば、こんな「御遺告」をするはずがない。日興は、日興から原弥六郎への返状「原殿書」と「五人所破抄」で、次のように言っている。

「此れのみならず日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像は一二人書き奉り候へども未だ木像は誰も造り奉らず候に」

(「原殿書」/大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』8P1011)

日蓮出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊如来
 

「夫れ日蓮聖人は忝なくも上行菩薩の再誕にして本門弘通の大権なり」

(「五人所破抄」平成新編御書全集p1879)

日蓮聖人上行再誕
 

「つらつら聖人出世の本懐を尋ぬれば、源権実已過の化導を改め、上行所伝の乗戒を弘めんが為なり。図する所の本尊は亦正像二千の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅なり」

(「五人所破抄」平成新編御書全集p1879)

聖人出世の本懐
 

ここで日興ははっきりと「日蓮聖人は忝なくも上行菩薩の再誕」と言明している。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ