アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有偽作の証拠・日有創建の宝蔵・客殿・丑寅勤行

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

百六箇抄は9世日有の偽作だ(92)~「戒壇の大本尊」「日興跡条条事」「百六箇抄」の偽作者は同一人物・大石寺9世日有だ

■検証92・百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠・百六箇抄の「日目再誕」義2

 

□百六箇抄の日目再誕義と大石寺9世日有が再建した客殿は全く軌を一にしたものである2

 

「日興跡条条事」の第三条の文「大石の寺は御堂と云ひ、墓所と云ひ、日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つべきなり」の中の「勤行」とは、日蓮正宗の信者たちは、今の丑寅勤行のことだと胸を張るが、日興の時代には、大石寺には「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊は存在せず、日蓮の真骨も存在していない。 したがって「御堂」もなければ、「墓所」もなく、大石寺の僧侶や信者が一同に会して行う丑寅勤行(勤行衆会)を行う伽藍(客殿)もなかった。

日蓮正宗の信者たちは、よく「大石寺においては日興上人の創建以来、一日も欠かさず丑寅勤行を行っている」と言う。時にはこの「日興上人以来」というのが、「日蓮大聖人以来」になったりする。もちろん、こんな話しは、何の根拠もないデタラメである。

今の丑寅勤行らしきものが大石寺で行われていたことが文献で確認できるのは、1523(大永3)51日に日蓮正宗大石寺12世法主日鎮が記した「堂参御経次第」という文書が最初である。

この文献によると、日鎮の時代には、客殿で丑寅勤行を行っていたわけではなく、垂迹堂、本尊堂、御影堂、客殿、などの各堂宇を周りながら、勤行を行っていたことがわかる。

しかも他の富士門流の寺院はおろか、身延山久遠寺をはじめ他の日蓮宗の寺院に、丑寅の時刻に勤行をするなどという「丑寅勤行」の化儀は全く見られない。もし本当に、日蓮や日興の時代から、こんな丑寅の時刻に勤行をするなどという「丑寅勤行」の化儀が行われていたとしたら、北山本門寺、西山本門寺、京都要法寺といった富士門流の寺院や、身延山久遠寺などの日蓮宗の寺院に、これらの化儀が残っているはずである。しかし、そのような「丑寅勤行」という化儀は全く見られない。したがって、大石寺で行われている「丑寅勤行」なるものは、日蓮や日興の時代から行われているものではなく、日蓮・日興からかなり時代が下ってから行われるようになったことが明らかである。日興の代はおろか、大石寺8世日影の代まで、丑寅勤行どころか、勤行を行う伽藍も堂宇もなかったのである。

大石寺にその丑寅勤行(勤行衆会)を行う伽藍・客殿を創建したのは大石寺9世日有であり、垂迹堂、本尊堂、御影堂を創建したのは大石寺12世日鎮である。つまり、大石寺で丑寅勤行をはじめたのは、日興ではなく、どんなにさかのぼっても客殿を創建した大石寺9世日有より上代にさかのぼることは出来ない。つまり「日興跡条条事」の第三条の文「大石の寺は御堂と云ひ、墓所と云ひ、日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つべきなり」の中の「勤行」をはじめたのは、どんなに上代にさかのぼったとしても大石寺9世日有しかあり得ない。日興の代には「御堂」も「墓所」も「客殿」もなく、勤行も出来なかった。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(91)~百六箇抄の「広宣流布の日の日目再誕義」は百六箇抄が大石寺9世日有が偽作した証拠だ

■検証91・百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠・百六箇抄の「日目再誕」義1

 

□百六箇抄の日目再誕義と大石寺9世日有が再建した客殿は全く軌を一にしたものである

 

「百六箇抄」を偽作したのは一体誰なのか。これを解明する重大なポイントの第三が、実は「百六箇抄」の本文中にある大石寺三祖・日目が広宣流布の暁に再誕する義を説いた文である。

「百六箇抄」に説かれる広宣流布の日の「日目再誕義」とは以下の文である。

■「日興先をかくれば無辺行菩薩か・日朗後にひかうれば安立行菩薩か・日蓮大将なれば上行菩薩か・日目は毎度幡さしなれば浄行菩薩か」

■「広宣流布の日は上行菩薩は大賢臣と成り・無辺行菩薩は大賢王と成り・浄行菩薩は大導師と成り・安立行菩薩は大関白或いは大国母と成り、日本乃至一閻浮提の内一同に四衆悉く南無妙法蓮華経と唱へしめんのみ」(大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」1p22)

百六箇抄8(十万貫・日目大導師)

日蓮正宗において「広宣流布の日の御法主様は日目上人の再誕である」という伝説が古くから伝えられており、日蓮正宗の少しばかり信仰活動歴のある信者であれば、知らぬ者はいないくらいである。この「広宣流布の日の法主は日目の再誕」なる伝説の元ネタは、この「百六箇抄」である。

つまり「百六箇抄」で「日目=浄行菩薩」であり、広宣流布の日は「浄行菩薩は大導師と成り」と言っている。大導師とは大石寺法主のこと。この「日目再誕義」を検証していくと、これのルーツが大石寺9世日有が創建した客殿と東向きに設えられた大導師席に行くつく。これはどういうことか。

「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有は、「日興跡条条事」を偽作してその第二条に「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」 という文を造り、「本門戒壇の大御本尊」なる名前の板本尊が「日蓮真造である」という文証にして、それが日蓮、日興、日目と相伝されていたという文証にしようとした。

日蓮正宗では本尊が誰かに授与した場合、「授与之 ○○」「授与之 願主○○」というふうに名前が入る。末寺寺院に祀る板本尊だと「授与之 △△山○○寺安置 願主□□」というふうになる。

個人授与の本尊の場合、授与された本人が死去した場合、寺院に感得願を出して、相続人が本尊を相続していく。日興の時代においては、「弟子分帳」に記載したり、授与書を本尊に加筆したりしていた。ということは、日興・日目からそれ以降の法主へと「戒壇の大本尊」なる板本尊が相伝されたとデッチ上げるには、法主から法主への代替の度に、「戒壇の大本尊」なる板本尊を授与したとする相伝書が必要になってきてしまう。 これは無理だと考えたのか、大石寺9世日有は、「日興跡条条事」第二条の「戒壇の大本尊」の文を「相伝」とすることによって、「大石寺歴代法主=日目」という教義を発明した。 つまり大石寺客殿の大導師席を大石寺三祖日目の座であると称して、その大導師席に座る大石寺法主は全員が大石寺三祖日目であると定義づけた。 大石寺歴代法主は全員、日目であると定義づけ、「日興跡条条事」の「授与」を「相伝」と上書きすることによって、日目以降の法主の代替にともなう「戒壇の大本尊」の授与書を不要にしてしまった。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(204)~宝蔵創建以前に「戒壇大本尊」がどこに秘蔵されていたか苦しい弁解をする大石寺歴代法主

■検証204・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠59

 

□「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作の証拠7-2・大石寺9世日有の大石寺の宝蔵創建2

 

□宝蔵創建以前に「戒壇大本尊」がどこに秘蔵されていたか苦しい弁解の大石寺歴代法主

 

「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した日蓮正宗大石寺9世法主日有の代以前、というより、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作してから奉安殿が落慶するまでの間の約五百年間、「戒壇の大本尊」を格蔵していた大石寺宝蔵が創建される以前、「戒壇の大本尊」なる板本尊が、大石寺のどの堂宇に格蔵していたかについて、大石寺法主は全く口を濁している。

もっとも大石寺9世日有の代以前には、「戒壇の大本尊」なる板本尊が地球上のどこにも存在していなかったのだから、大石寺のどの堂宇に格蔵していたかについて、特定できるわけがない。

しかしどこかにあったことにしないと、大石寺法主としては立場上、都合が悪いということなのか、さまざまな苦しい弁解を並べている。大石寺59世堀日亨は、こんなことを言っている。

「開山上人(日興)は、これ(本門戒壇の大御本尊)を弘安二年に密付せられて、正しき広布の時まで苦心して秘蔵せられたのであるが、上代にはこのことが自他に喧伝せられなかったが、いずれの時代(中古か)からか、遠き広布を待ちかねて特縁により強信により内拝のやむなきにいたり、ついには今日のごとき常例となったのは、もったいない事である」(堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」p59)

堀日亨は、大石寺開祖・日興が「戒壇の大本尊」なる板本尊を「苦心して秘蔵せられた」とは言っているが、具体的に日興が大石寺のどこに秘蔵していたのか、については、何も触れていない。というか、堀日亨は、本心では「戒壇の大本尊」大石寺9世日有偽作説を支持しており、日興が大石寺のどこに秘蔵していたのか触れていない、というのは、大石寺9世日有以前に「戒壇の大本尊」が大石寺に存在していなかったことを暗に認めている。それと堀日亨が、「新池抄聞書」を「富士日興上人詳伝」に収録したことを考え合わせれば、これも堀日亨が、「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有の偽作であることを暗に認めている文と言えよう。しかしこれでは、都合が悪いと思ったのか、堀日亨より後の代の法主である大石寺66世細井日達法主は、こんなことを言っている。

「その大御本尊(戒壇の大本尊)を日興上人が大石寺の本堂に安置され、大聖人生身の御影は御影堂に安置せられましたが、その後、本山の陵夷により本堂・御影堂が一堂になり、戒壇の大御本尊は御影と共に安置されてあったようであります。しかしその後、御宝蔵が大きく造立せられてから大御本尊は御宝蔵にお移し申し、御影堂には日精上人の板本尊が安置せられたと思われます。それは延宝七年(1679)で寛永九年の御影堂建立より四十七年も後のことであります。ですから本堂即ち御影堂で戒壇堂でもあったのであります」(『大白蓮華』昭和471月号)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(203)~大石寺9世日有の大石寺・宝蔵創建は「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作の証拠である

■検証203・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠58

 

□「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作の証拠7-1・大石寺9世日有の大石寺の宝蔵創建

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したとする証拠として七番目に挙げなくてはならないのは、大石寺9世日有が「宝蔵」と呼ばれる土蔵をはじめて大石寺に創建したこと」である。大石寺宝蔵について、日蓮正宗大石寺が発行する「大石寺案内」なる小冊子に

「日有上人の創建にかかり」(「大石寺案内」p18)

とはっきり書いてある。日蓮正宗大石寺9世法主・日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を室町時代中期に偽作したことによって、日蓮の時代から大石寺9世日有在世の時代まで、歴史上、全く存在しなかった「戒壇の大本尊」の時間的空白を埋める必要があった。 いくらなんでも、大石寺門流の僧侶や信者は今まで全く「未聞未見」の「戒壇の大本尊」なる板本尊を見せられ、前代未聞の「日蓮が本仏だ」という教義を突然、時の法主・大石寺9世日有から聞かされても、「ハイ、そうですか」とはならない。日蓮が造立した板本尊や、日蓮を本仏とする教義など、日蓮正宗大石寺門流の僧侶や信者にとって、まさに前代未聞のものだ。「そんな板本尊も教義も今までになかったものだ」ということになり、下手をすれば、身延離山、日仙・日代問答に匹敵する内紛が起こり、大石寺門流が分裂しかねない危機に陥ってしまう。そこで日蓮正宗大石寺九世法主・日有が、大石寺門流で、最初に大石寺法主の血脈なるもの「唯授一人の血脈相承」を唱えた。

「戒壇の大本尊」なる板本尊も「日蓮本仏義」なる教義も、大石寺9世日有より以前の時代において、大石寺門流には存在しておらず、影も形もないものであり、誰もその存在を知らなかったもの。しかし誰も知らなかったが、大石寺9世日有はかく言った。

「日蓮大聖人・日興上人から相承を受けていた法主だけが知っていた」

「『本門戒壇の大御本尊』は唯授一人の血脈を相承してきた大石寺の御法主上人だけが、内密に相伝してきた御本尊です」

「広宣流布の暁までは、蔵の中におしまいして、決して公開されぬ御本尊なのです」

「その法主の言っていることを信じろ」

「『本門戒壇の大御本尊』は唯授一人の血脈を相承してきた大石寺の御法主上人だけが、内密に相伝してきた御本尊です」

「広宣流布の暁までは、蔵の中におしまいして、決して公開されぬ御本尊なのです」

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(95)~「日興跡条条事」偽作者は大石寺客殿で「勤行衆会」をはじめた大石寺9世日有2

■検証95・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ5

 

□「日興跡条条事」偽作者は大石寺客殿で「勤行衆会」をはじめた大石寺9世日有2

 

日蓮正宗大石寺での丑寅勤行とは、日蓮正宗が出しているどの文献を見ても、「丑から寅の時間にかけて行われる勤行のこと」というふうに載っており、その丑寅の刻とは深夜2時から4時ころというふうに書いてある。実際に、現在の大石寺の丑寅勤行は、午前230分からはじまっているが、しかしこれは大石寺65世堀米日淳法主の代では午前3時から、大石寺66世細井日達法主の代では午前0時から行われていた。

ただ日蓮正宗も、そうでない人も、そもそも「丑寅」の時刻について、誤解していることがある。「時刻」について、井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」の記述がわかりやすいので、「逆説の日本史」の記述を元にして、論を進めてまいりたい。

確かに十二支を使った昔の和時計を見ると、確かに124時間に十二支をあてはめて2時間ずつの均等割りになっている。しかしこういう時刻の「定時法」が採用されたのは、1873年(明治6年)11日、太陽暦の導入と同時に西洋式の時法が導入されたのであり、軍隊内部では、午前・午後の間違いを防ぐために24時制が使用されていた。1942年(昭和17年)1011日、鉄道に24時制が移入され、一般人の間にも24時制が普及することとなったのである。

それでは、その定時法が導入される前はどうだったのかというと、「日の出」の時刻はすべて、「寅の刻」あるいは「卯の刻」と決めてしまい、それを境に昼と夜をそれぞれ六等分するというのが、昔の時刻の数えかただった。これを「不定時法」という。しかし不定時法で時刻を決めてしまうと、北海道と九州では日の出の時刻がちがうし、夏か冬かという季節によっても日の出の時刻は違っている。それをすべて日の出の時刻を基準にして昼夜をそれぞれ六等分するのだから、一刻=二時間とは言えなくなる。昼夜の長さの等しい「春分」「秋分」では、そう言えるが、夜の一番長い「冬至」の日では、夜の一刻は二時間よりはるかに長く、昼の一刻は二時間よりも短くなる。

昔の人にとっては、こちらのほうが都合がよかった。昔はTV中継もなければ電話、無線もないし、コンビニもなければ車もない。人間が夜間に活動できる場所も余裕もなかった。今のような照明もなく、灯といえば貴重な油を使った贅沢品だった。

つまり昔は、「日の出とともに起きて、日没とともに寝る」ということが常識だったのである。そういう世の中では、起きる時刻を「寅の刻」と決めておいたほうが、何かと便利である。

ただし「寅の刻」とはだいたい「二時間前後の早朝を中心とした時間帯」を指すので漫然としている。そこで今の「午前六時」や「午前七時」にあたる言い方もあった。それが「五ツ」とか「六ツ」である。

室町時代ごろから日の出と日の入(または夜明けと日暮れ)の間をそれぞれ6等分する不定時法が用いられるようになったが、天文や暦法で使う時法は一貫して定時法であった。

なお江戸時代には、その不定時法に時間表示を合わせた和時計も作られたのである。

逆説の日本史7 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ