□長らく池田大作側近幹部だった人物しか知り得ない創価学会機密を外部に暴露した原島嵩氏

 

1970年代から8090年代にかけて、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」の信者だった人で、原島嵩氏の名前を知らない人は、おそらくいないであろうと思われる。1970年代以前生まれの年代の創価学会員、元創価学会員は、創価学会教学部長だったころの原島嵩氏と因縁が深い人が多い。それくらい有名な人である。その原島嵩氏とはどんな人なのか。

原島嵩氏とは、創価学会・原島宏治理事長・公明党初代委員長の次男で1938(昭和13)年生まれ。翌年、わずか1才で両親に連れられ、日蓮正宗・創価学会に入信している。原島宏治氏とは、戸田城聖亡き後、創価学会3代会長に池田大作を推戴したことで有名な人物。池田大作は会長就任の創価学会本部総会の直後、原島宅を訪れ、原島宏治氏は池田大作に「とにかくわがままな息子ですが、よろしくお願いします」と言い、池田大作は「弟子第一号だ」と言って喜んだという。この逸話は、創価学会総合青年部長・野崎勲氏の著書「謀略」にも載っている。

原島嵩氏は、創価学会内でトントン拍子に出世していった。特に原島嵩氏は、教学の分野で才能を発揮。まだ学生時代だった1956年、教学部講師、1959年、教学部助教授、1962年、教学部教授、副学生部長。1964年の早稲田大学商学部卒業で聖教新聞社入社。池田大作が創価学会幹部に行った御義口伝講義を受講し、感銘した旨の文を書いている。1966年、特別書籍局長、1968年にはわずか30才の若さで創価学会教学部長に任命される。昭和40年代から50年代前半の創価学会教学出版を一手に手がけた他、池田大作の本部総会講演の原稿の代筆も行った。その存在感はひときわ大きく、池田大作の最側近幹部とか四代会長候補といわしめた人物。1969年に総務、1970年に宗教法人創価学会責任役員、理論室長、1972年に創価学会師範、1974年に聖教新聞論説主幹、1977年に聖教新聞編集発行人、1979年に教学研究室長になった。

そんな原島嵩氏が1980年、池田大作に諫言。これが聞き入れられずに池田大作に造反、反旗を翻した。そして創価学会の全ての役職解任になり除名された。ちょうど時期的には、創価学会顧問弁護士だった山崎正友氏が、池田大作に造反したころで、創価学会は山崎正友氏、原島嵩氏の造反を「二人組事件」などと呼んで、ボロクソにこき下ろした。

原島嵩氏は、長らく池田大作の側近幹部だった原島嵩氏しか知り得ない創価学会機密を外部に暴露した。いわゆる北条報告書、山崎・八尋報告書といった創価学会内部機密文書をすっぱ抜いた他、さらに著書「池田大作先生への手紙」や正信会機関紙・全国檀徒新聞「継命」等で、1974(昭和49)年当時、すでに大石寺66世細井日達法主が池田大作に下附した正本堂記念本尊を、池田大作が板本尊に模刻していたこと、1972(昭和47)10月、大石寺の正本堂落慶法要の時、池田大作が創価学会員が乗る下山バスに「本日、七百年前の日蓮大聖人の御遺命が達成されました。ありがとう」と伝言させたこと等々を暴露した。この原島嵩氏の内部告発で、昭和5556年当時、数多くの創価学会員が脱会し、日蓮正宗・創価学会の歴史が大きく動いたことは事実である。

 

続きを読む