アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の本尊・信仰に功徳・御利益は全くない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

『慧妙』を斬る(29)~食道ガンは日蓮正宗に入信しなくても現代医療によって完治します

□現代では内視鏡や手術で食道ガン完治させることができるという兵庫医大第二外科医師

 

日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」2014121日号の一面トップに載っている日蓮正宗信徒の体験談には、こんなことが書いてある。

-----------------------------------------------

当時、父は食道ガンにかかり、私が看護師として勤務する病院に入院しました。入院した当初はかなり体力が弱っていたのですが、父を折伏すると、意外にも快く(日蓮正宗へ)入信を決意してくれ、一時外泊の時に(日蓮正宗の)お寺に連れて行って、御授戒(※日蓮正宗への入信の儀式)を受けることができたのです。その後の父の身体は順調に回復し、8月には無事、退院することができました。(日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」2014121日号)

-----------------------------------------------

この信徒の体験発表によれば、あたかも日蓮正宗未入信の人が、日蓮正宗に入信したことによって、食道ガンが完治したかのような言い方である。「日蓮正宗(ないしは日蓮正宗系)の信仰によってガンが完治した」というのは、1950年代のころから、創価学会、法華講、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」宗教団体が、得意としてきた体験談であり、これを武器に布教拡大を展開してきた、昭和時代からの「日蓮正宗系」得意の布教法である。

しかし本当に日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会・富士門流執着軍団)に入信し、日蓮正宗系の信仰をしないとガンは完治しないのか。現代医療ではガンは完治しないのか。こういう疑問は、「日蓮正宗系」が得意としてきた「日蓮正宗系の信仰でガンが完治した」という体験談を聞いた多くの人が持っているのではないだろうか。

そこでこの疑問を解明すべく、兵庫医大第二外科 助手(学内講師)上部消化管グループ食道外科担当・藤原由規氏の「食道癌のホームページ」を調べてみた。

「食道癌のホームページ」http://www.hyo-med.ac.jp/department/srg2/EK_Homepage/esophagealHP.htm

このウエブサイトの冒頭には、こんなことが書かれている。

「食道癌は、20-30年ほど前までは治療が困難で1970年代の教科書の記載では、長期生存はほとんど望めませんでした。しかし、早期診断方法の開発、手術方法および術後管理の進歩により最近では生存率が向上しています。また、一定の条件さえ満たすことができれば、内視鏡で治療を完了させることができます。しかし、内視鏡的治療の適応から外れると手術ということになります。」(食道癌のホームページ・はじめに)

これによれば、1970年代のころまでは、食道ガンの治療は困難で、長期生存は望めなかったが、21世紀の現代では、医療が進歩して、内視鏡や手術で完治させることができるというのである。

 

続きを読む

日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)の信仰に「功徳」「御利益」(ごりやく)はない

□大石寺9世日有の偽作本尊・偽作教義の宗派に帰依・供養しても善行にはならず功徳はない

 

「アンチ日蓮正宗」管理人は、直通電話や「mixi」、メールやメッセ等でこんな質問を受けます。

------------------------------------------------------

日蓮正宗や創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」の信仰には、本当に功徳とか御利益(ごりやく)はないのでしょうか。

--------------------------------------------------------

この質問に対する答えは明快です。日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)の信仰に「功徳」「御利益」(ごりやく)はありません。「功徳」とは辞書によれば

「①よい果報を得られるような善行。普通,供養(くよう)・布施(ふせ)の類をいう。「-を施す」②以前によいことをしたために,実現したよい報い。神仏が与えるよい報い。」

と載っている。功徳とは、「前によいことをしたために,実現したよい報い。神仏が与えるよい報い」であれば、以前に「よい果報を得られるような善行」を行っていなければならないが、日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)の信仰の折伏・布教活動なるものは、善行どころか迷惑行為、悪行以外の何物でもない。迷惑行為、悪行を行っている者に神仏がよい報いを与えるわけがない。それから「供養」「布施」とも載っているが、日蓮正宗系が根本本尊と崇める大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有が偽作した板本尊である。日蓮正宗系は、宗祖・日蓮を「末法の本仏」「久遠元初の自受用身如来」などと崇めているが、この「日蓮本仏義」なる教義は、大石寺9世日有が偽作した教義である。日蓮は遺文(御書)で「かかる日蓮を用いぬるとも悪しく敬ば国亡ぶべし」と指南しているが、本仏ではない日蓮を「本仏だ」と、悪しく敬っても功徳はない。

日蓮正宗では「大石寺法主のみが日蓮大聖人からの血脈相承を受けた僧宝だ」と言うが、大石寺法主の唯授一人血脈相承なる教義も、大石寺9世日有が偽作した教義である。したがって、大石寺、日蓮正宗系には、仏、法、僧の三宝はない。そんな所に供養や布施をしても、これは善行にはならず、功徳はない。金銭を日蓮正宗系宗教団体に、むしり取られるだけである。

それから法華講員、創価学会員、顕正会員などのカルト信者の「功徳の体験発表」なるものを、鵜呑みにして、頭から信じ込むべきではない。

バクチにはまって数百万円の借金に膨れあがり、毎日のように借金の取り立てが自宅に現れ、一軒家も抵当に入ってしまい、一家全員が家から追い出される寸前までなってしまった創価学会員が、夫人の親族による代払いで、巨額の借金を全て返済。これを「女房が創価学会活動に励んだ功徳で全ての借金を返すことができた」などと創価学会の活動の功徳の体験だと言い、自分の創価学会活動の原点になったということで、東京戸田記念講堂で行われた創価学会の大きな会合の席で、会長、副会長ら幹部が居並ぶ前で、「功徳の体験発表」なるものをしている。

 

続きを読む

日蓮正宗に関する苦情10・医者で病気は治せないと言われた

200511月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。

日蓮正宗は、自らの活動によって、苦情を多発させているという現実を深く認識して、率直に反省すべきである。ここでは、「アンチ日蓮正宗」に寄せられた、日蓮正宗に関する苦情の一端を紹介し、日蓮正宗が巻き起こしている宗教被害というものがいかに甚大であるかということを、明らかにしていくものです。もちろん、苦情・相談を寄せられた方の個人名や、個人を特定できる情報は絶対に明かしません。

 

■日蓮正宗に関する苦情・相談1020089月 アンチ日蓮正宗に寄せられた苦情

 

「私も病気なのは自分の(宿業の)せいだと言われました。

病気は病気で医学的に治療してもらっているつもりですが・・・。

それだけではよくならない。

医者は万能なのか?

勤行を唱えなさい

etc・・・

もうなんかすごいです。こっちは疲れてるんですから。

で、こちらからの連絡は無視。一方的に自分の宗教活動のない時に出てきて下さい。

など、怒るだけ無駄だけど、何も知らないのに批判するな。と言われたり、お守りを燃やされたり。

全部君の為を思ってやっている。んだそうですが、いきすぎた行為はやめていただきたいです。」

苦情10医者で病気を治せないと言われた 

 

自らの病を医師に治療してもらっている方に対して、日蓮正宗の信者が、

「病気になるのは過去世の罪業や宿業のせいだ」

などと、いかにも「しったかふり」をした説教を行い、これを勤行をやれだの、題目を唱えろだのと言うばかりか、お守りを焼き捨てたりする、迷惑千万な勧誘を行っていることに対する苦情です。

しかも、病気を治療されている方が、仕事等で疲れている時に、やってきて、迷惑千万な勧誘を執拗に行っていることへの、お怒りでもあります。

 

日蓮正宗や創価学会、顕正会のカルト教団の信者は、相手の立場とか、都合とか、体調とか、といったことを全く考慮せず、100%自分たちの都合で、「日蓮正宗」というものを押しつけてくるという迷惑行為を行っています。

こんなものは、まさに暴走族やルーレット族の暴走・騒音と全く同じ類です。

こういう強引・執拗な勧誘行為というのは、日蓮正宗による最大の宗教被害だと言えましょう。

日蓮正宗は、創価学会や顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘と全く「目くそ鼻くそ」「五十歩百歩」の折伏・入信勧誘を直ちに全面中止・全面廃止せよ。

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ