アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「日蓮正宗系」の功徳・御利益・仏罰・堕地獄は全くの虚構だ > 創価学会員の信仰活動に功徳・御利益は全くない

□池田大作スピーチ・聖教新聞に載っている創価学会員の交通事故死や40代・50代での死去   創価学会の折伏の謳い文句の最大のキーワードは「功徳」「御利益」(ごりやく)「仏罰」「堕地獄」(だじごく)である。創価学会に入って信仰活動をすれば「功徳」「御利益」(ごりや ...

□社会人になって職を転々とする創価学会員の転職を「功徳だ」と言っていた創価学会員   小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」には、とっかえひっかえ、いろいろな創価学会員が来ていた。「鍋宴会」そのものは、元々、小矢木隆(仮名)の酒好き、鍋好きからはじまったものなのだ ...

■創価学会幹部・公明党議員の仲介による就職を「功徳の体験談」と言っていた創価学会員   劇団Nのオーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)は、創価学会では地区幹事。劇団Nの稽古がある日は必ず、稽古に来ていた役者を呼んで鍋宴会。地区協議会、支部協議会、地区座 ...

■自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員   新たに同じ東京N区に大邸宅と稽古場を新築した小矢木隆(仮名)は、それまで自分が住んでいた旧宅は、家賃を取って他人に貸す借家にしてしまった。小矢木隆(仮名)は、この一軒家の他に ...

■創価学会の体験発表に「捏造」があることを認めた創価学会男子部本部長   溝口工務店(仮名)でバイトをしていた1983(昭和58)年ころ、創価学会員たちの強引・執拗な勧誘、だまし討ち的折伏、福寿荘(仮名)の非常識な創価学会男子学生部、創価学会が「裏選対」として工務 ...

↑このページのトップヘ