アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会員の信仰活動に功徳・御利益は全くない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(245)~「創価学会会長に更賜寿命の功徳はなかったのか」との質問に答えられなかった創価学会員

□池田大作スピーチ・聖教新聞に載っている創価学会員の交通事故死や40代・50代での死去

 

創価学会の折伏の謳い文句の最大のキーワードは「功徳」「御利益」(ごりやく)「仏罰」「堕地獄」(だじごく)である。創価学会に入って信仰活動をすれば「功徳」「御利益」(ごりやく)が本尊からもらえて、創価学会を批判したり、反対したり、反逆して脱会したり、大石寺法主が書写した曼荼羅本尊を捨て去って退転すれば「仏罰」があり「堕地獄」の罪業を積むというもの。では彼らはどんな「功徳」があるかというと、まじめに創価学会の信仰・布教・組織活動に励めば、カネ儲けが出来て豊かな生活が出来る、不治の病が治癒する、寿命が延びる(更賜寿命・きょうしじゅみょう)といったことを、創価学会員たちは真っ先に挙げる。しかし本当にそうなのか。

1984(昭和59)年、創価学会三代会長で創価学会の最高支配者・池田大作の次男・池田城久氏が29才の若さで急死。死因は胃穿孔であった。池田城久氏の急死はあの当時、一般新聞にも有名人の訃報として載ったくらい。創価学会員にも大きな衝撃を与えた事件だった。小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会の席でも、池田城久氏の急死について、いかにも言い訳がましくコメントしていた創価学会員がいたくらい。創価学会最高幹部でも、創価学会二代会長・戸田城聖は58才で死去。創価学会四代会長・北条浩は58才で死去。池田大作を三代会長に推戴したことで有名な創価学会四代理事長・原島宏治は55才で死去している。これが果たして創価学会活動に命がけで取り組んだ会長・理事長が得た寿命が延びる「更賜寿命」の功徳と言えるのだろうか。

これだけではない。創価学会の機関紙・聖教新聞には、創価学会員が不慮の事故死をした事例や早死した創価学会員の事例が載っているから驚きである。1988(昭和63)89日付け聖教新聞に載っている第1回未来部総会での池田大作スピーチで、こんな話しが載っている。

「さて夏休みに入ると毎年のように、若き大切な友が、交通事故で亡くなったという報告を受けることがある。我が子を亡くした父母の嘆きは、いかばかりであろうか。また私どもにとっても、若い大切な仏子をなくし、後継の逸材を失った悲しみは深く大きい。…創価大学8期生の○○△君が、オートバイ事故で亡くなった。享年27才であった。またつい先ごろの727日には、創価高校一年生の□□××君が、道路を横断中に事故にあい、死亡した。わずか15才であった。」

聖教新聞では実名で載っているが、敢えてここでは名前を伏した。聖教新聞に載っている話しであり、しかも池田大作スピーチに載っている話しであるから、創価学会の公式見解である。池田大作が「若き大切な友」「若い大切な仏子」と呼んでいることから、交通事故で死亡した二人は創価学会員と思われる。また池田大作スピーチによれば、毎年のように若い創価学会員の交通死亡事故が起こっていることがわかる。1986(昭和61)年の聖教新聞に連載されていた池田大作の著書「忘れ得ぬ同志」の第二部(35)では、1984(昭和59)323日の深夜、創価学会・中国青年部長が同乗し、若い学生部員が運転する車が中国山脈越えの国道181号線でのスリップ事故で、二人とも死亡した話しが載っている。(1986428日付け聖教新聞より)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(197)~社会人になって職を転々とする創価学会員の転職を「功徳だ」と言っていた創価学会員

□社会人になって職を転々とする創価学会員の転職を「功徳だ」と言っていた創価学会員

 

小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」には、とっかえひっかえ、いろいろな創価学会員が来ていた。「鍋宴会」そのものは、元々、小矢木隆(仮名)の酒好き、鍋好きからはじまったものなのだが、小矢木隆(仮名)に誘われて「鍋宴会」に来ていた創価学会員は、酒好き、鍋好きで来ていたのか、創価学会員同士の義理で来ていたのか、そのあたりは定かではない。その小矢木隆(仮名)の「鍋宴会」に何度か顔を見せた創価学会員の一人に谷本憲司(仮名)がいた。

谷本憲司(仮名)は、小矢木隆(仮名)、井畑徳三(仮名)、高畑美枝子(仮名)らがいる創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の地区リーダーの一人。年齢は30才くらいで、松下浦男(仮名)や長谷山陽一(仮名)とほぼ同年齢。この人が今、存命であれば60才くらいではないかと思われる。谷本憲司(仮名)も、長谷山陽一(仮名)や松下浦男(仮名)と同じく、両親が創価学会員の家庭に育ち、子どもの頃から創価学会員として育った、いわゆる「創価学会二世」である。そして夫人、子どもも創価学会員で、東京N区のアパート住まい。両親は自宅アパートから、そう遠くない所に住んでいる、一家そろっての創価学会員の家庭である。だが、この谷本憲司(仮名)は、人前で、自分の結婚については、ついぞ語らなかった。

谷本憲司(仮名)も、中学校を卒業後、高校進学をしないで就職した人で、それ以来、約15年、創価学会男子部で活動している。あの当時の谷本憲司(仮名)の職業は、大型トラック運転手。ただし本人の弁によれば、はじめて社会人として就職してから、今日に至るまで職を転々としてきたという。しかし中学卒業後すぐには、トラック運転どころか、普通自動車免許もとれない。普通自動車一種免許がとれるのが18才。それから運転経験期間(免許停止期間を除く)が通算して2年以上経過して(現在は3年以上)21才以上でないと取得できない。ただし自衛官だけは例外で20才になれば、大型一種免許を取得できる。それで職を転々としてきた谷本憲司(仮名)は、大型一種免許を20才で取得したいが故に、普通一種免許を取得した後、自衛隊に入隊。それで大型一種免許を取得すると、さっさと自衛隊をやめて、大型トラック運転手になったという。しかしその後も、転職、転職の連続で、「鍋宴会」の直前にも、転職して新しいトラック会社に入ったと言っている谷本憲司(仮名)。あの当時、20代半ばの独身だった私から見ても、(?)と思ったくらい。しかも谷本憲司(仮名)は、「鍋宴会」の席で人前で堂々と「オレは妻子がいて、家賃10万円のアパート住まいをしているから、手取り30万はないと、生活ができない。だから手取り30万が取れる会社を選んだんだ」などと言う谷本憲司(仮名)。この話しに小矢木隆(仮名)は、「谷本さんは、いい仕事が見つかってよかったねー。これは御本尊様の功徳だねー」と言って、酒やビールを呑みながら、思いっきりヨイショしている。それにしても、社会人になってから職を転々としてきた人が、また転職して新しい仕事が見つかったからと言って、なぜそれが「功徳」なのか。ただ、私も「太陽作戦」に転じていたので、「おかしい」とは言わずに、黙って聞いていた。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(163)~創価学会幹部・公明党議員の仲介による就職を「功徳の体験談」と言っていた創価学会員

■創価学会幹部・公明党議員の仲介による就職を「功徳の体験談」と言っていた創価学会員

 

劇団Nのオーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)は、創価学会では地区幹事。劇団Nの稽古がある日は必ず、稽古に来ていた役者を呼んで鍋宴会。地区協議会、支部協議会、地区座談会、支部幹部会などの会合があった日は、いっしょになった創価学会幹部を鍋宴会に呼んできていた。その鍋宴会の費用は全て小矢木隆(仮名)もち。1980年代なかばといえば、日本が好景気だった時代なので、新聞輸送会社を経営していた小矢木隆(仮名)も、そうとう金回り・はぶりがよかったものと思われる。

この鍋宴会によく来ていた幹部の一人が井畑徳三(仮名)。井畑徳三(仮名)は小矢木隆(仮名)が地区幹事を務める地区の地区部長。小矢木隆(仮名)は、鍋宴会の席でも、借金地獄から脱出した話しをさかんに「功徳の体験談」として得意げに語っていた。しかし借金を返せたのは親族の代払いだったわけだが、大半の人は、そんな真相は知るよしもない。こんな小矢木隆(仮名)の「功徳の体験談」に触発されたのか、井畑徳三(仮名)もこれに負けじと「功徳の体験談」なるものをよく語っていた。井畑徳三(仮名)の「功徳の体験談」なるものは以下のような話しである。

井畑徳三(仮名)夫婦は、創価学会男子部幹部と女子部幹部の二人が、創価学会幹部の紹介により結婚した夫婦。結婚後、3人の子どもをもうけた。ところがそれからしばらくして、井畑徳三(仮名)の絵を描く仕事がダメになったという。井畑徳三(仮名)はもともと画家だったというが、それまで定期的に絵を購入する得意先との契約が、何らかの理由でダメになったものと思われる。そうなれば、当然、失業状態である。しかも妻子をかかえ、次の仕事を見つけなければならないが、これがかなり長い間、決まらなかったという。それで井畑徳三(仮名)夫婦は、ひどい困窮状態になってしまった。これはおそらく1970年代ころの話しだと思われる。1970年代といえば、1973年の第4次中東戦争による第1次石油危機があり、実質経済成長率が年率10%を超える超高度成長は止まったが、それでも年率7%前後の高度成長はつづいていた。日本は1997年のデフレ不況、2008年のリーマンショックによる不況で、1つの求人に対して23人の求職者がいるというほど雇用情勢が極めて悪化してしまった。しかし1970年代ころは、景気が悪化したとはいっても、ここまでは酷くなかった。有効求人倍率も1倍を超えていたので、求職者よりも求人のほうが多かった。だから、その気になれば、失業しても新しい職探しをするのは、そんなにむずかしい時代ではなかった。失業率も、リーマンショックによる不況の失業率よりもはるかに低かった時代である。

そんな時代だったのに、井畑徳三(仮名)はなかなか新しい職が見つからなかった。これは、もともと井畑徳三(仮名)が画家で、画家からサラリーマンに転職しようとしても、これはかなり厳しいと思われるのは、容易に察しが付く。さらに井畑徳三(仮名)の場合は、一家5人を養わなくてはならないので、年収が○百万円以上でなくてはダメだとか、自分は創価学会幹部なので、活動をしなければならないから、きっちり夕方18時で帰宅。残業はできない。土曜・日曜・祝日はがっちり休む。こんな感じだから、ますます新しい職が見つからなくなってしまう。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(156)~自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員

■自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員

 

新たに同じ東京N区に大邸宅と稽古場を新築した小矢木隆(仮名)は、それまで自分が住んでいた旧宅は、家賃を取って他人に貸す借家にしてしまった。小矢木隆(仮名)は、この一軒家の他にも、数軒の一軒家を所有していて、全て借家として他人に貸している。つまり小矢木隆(仮名)は、他人に貸している一軒家から入ってくる家賃収入で、鍋宴会やタクシー代の経費を全てペイしていたというわけである。その小矢木隆(仮名)がオーナーになっている一軒家を借りている一人に長谷山義男(仮名)という人物が居て、この男も創価学会の地域組織で男子部地区リーダーを務める創価学会員。長谷山義男(仮名)は、1才年上の夫人と夫人の妹の3人暮らし。3人とももちろん創価学会員である。この長谷山義男(仮名)絡みのトラブルも後に起きることになる。

さて劇団Kの稽古が終わった後は、小矢木隆(仮名)の自宅の応接間で鍋宴会となる。小矢木隆(仮名)は、劇団のオーナー兼プロデューサーだが、稽古場の稽古にはほとんど顔を見せずに、監督(演出家)やスタッフに全てを任せている。だから稽古そのものは、全て監督(演出家)が取り仕切る。小矢木隆(仮名)は、創価学会幹部だから、夜の稽古をやっている時間帯は、創価学会活動をやっていて、これが終わってから、鍋宴会だけに出てくる。鍋宴会に出てきた小矢木隆(仮名)は、いつも上機嫌。鍋宴会では一人で喋りまくって、ビールやら日本酒を呑み、鍋料理を食べる。そしてほろ酔いかげんになってきて、顔がピンク色になってくると、小矢木隆(仮名)はタバコを吸いながら説教をはじめる。ものすごく耳に痛いことや言いにくいことでも平気で口にする小矢木隆(仮名)

監督(演出家)やスタッフ、役者らは、ただ黙って小矢木隆(仮名)の説教を聞いている。まさに小矢木隆(仮名)の独演会と化してしまう鍋宴会。しかし小矢木隆(仮名)の説教を聞いている監督(演出家)やスタッフ、役者らは、本心では小矢木隆(仮名)の説教を快く思っていない。「何だ、稽古にも出てこないで」と苦々しく思っているが、しかしタダで鍋料理を食べることができ、タダでビールや酒を呑ませてくれるわけだから、表だって小矢木隆(仮名)批判をなかなか口に出来ない。監督(演出家)やスタッフ、役者らが小矢木隆(仮名)批判を口にするのは、小矢木隆(仮名)がいない場でのことである。一見すると、小矢木隆(仮名)がカネの力で監督(演出家)やスタッフ、役者らをねじ伏せているように見えなくもない。

ではなぜ小矢木隆(仮名)は、会社を経営する傍らで劇団のオーナー兼プロデューサーができるまでになったのか。小矢木隆(仮名)は、元々は創価学会員ではなく、小矢木夫人のほうが若い頃から創価学会員だった。小矢木隆(仮名)は創価学会員の夫人と結婚しても、夫人が創価学会活動に励む一方で、創価学会に反対し、完全に創価学会には背中を向けていた。

小矢木隆(仮名)は若い頃からタクシー運転手をやっており、タクシーで稼いでカネを貯め、一軒家を購入。そして他人に貸して家賃をもらうということをはじめた。これは昭和30年代から50年代にかけてのころだから、日本が高度経済成長の時代。相当、タクシーも景気が良かったものと思われる。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(86)~創価学会の体験発表に「捏造」があることを認めた創価学会男子部本部長

創価学会の体験発表に「捏造」があることを認めた創価学会男子部本部長

 

溝口工務店(仮名)でバイトをしていた1983(昭和58)年ころ、創価学会員たちの強引・執拗な勧誘、だまし討ち的折伏、福寿荘(仮名)の非常識な創価学会男子学生部、創価学会が「裏選対」として工務店の事務所を占拠していることなど、相当、悪い印象を持っていた。

溝田工務店の事務所を占拠して、F取り活動の拠点にしていた責任者は、地元創価学会の相沢智人男子部本部長(仮名)。相沢智人は、K市の地元学生部あがりの男子部幹部で、K市内の繁華街で、手打ちうどん店の跡取り息子。相沢智人の両親も熱心な創価学会員で、両親の元で、手打ちうどんの職人をしていた。相沢は、大学を卒業後、自ら新聞社を立ち上げたが、うまくいかず、新聞社は倒産。その後、両親が経営する手打ちうどん店に転がり込んだという、変り種男。

相沢智人(仮名) は、連日、夕方1718時くらい、遅くとも19時くらいまでには、溝口工務店(仮名)事務所にやって来て、工務店の職人をサッサと追い出したあげく、事務所の全フロアを独占。

中原浩司(仮名)公明党市議会議員候補支援のために、やれ電話だの書類がどうだの、いついつの会合がどうだのと、忙しそうに動き回っていた。

そこへ、創価学会男子部幹部がゾロゾロとやって来たり、ときには壮年部幹部がやって来たり、あるいは公明党の市議会議員候補・中原浩司(仮名)もやってきて、相沢と打ち合わせしたり。

私は、溝口達夫(仮名)社長が、創価学会地域本部長をやっていた関係で、女子部の会合に同席させられたりはしていたが、この相沢智人(仮名) が、工務店での社員でも何でもないのに、いきなり夕方に溝口工務店(仮名)事務所にやって来て、まるで我が物顔に、日報整理をしていた工務店の職人を追い出して、創価学会幹部で占拠する態度に、相当、カチンときていた。

たしか統一地方選挙の最中のことだったと記憶しているが、何か些細なことで、私と相沢智人(仮名) 男子部本部長が口論になったことがあった。

 

私としても、大学1年のときに、稲本明(仮名)から「教学小辞典」をポンと渡されてから、「御書」や「富士宗学要集」「大日蓮」を買って研究したり、日蓮正宗寺院に見学に行ったり、創価学会批判の本も読んでいたので、その当時、かなり日蓮正宗や創価学会についての知識を得ていた。

それに加えて、何度も創価学会から執拗な勧誘を受けていたので、私も 「創価学会幹部の勧誘に負けてなるものか」という気概もあった。

私と、相沢智人(仮名) 創価学会男子部本部長の問答は、それこそ、ものすごい激論になった。

当時、私は22才。相沢は35才。T大学の創価学会学生部・矢田敏夫(仮名)、河岸春樹(仮名)らの「だまし討ち勧誘」、福寿荘での騒音公害、出刃包丁男、ガス爆発、、…

こんな事件に次々と巻き込まれていた私は、相沢智人(仮名) は年齢はひとまわり違っていたが、絶対に引きたくなかったという気概があった。

学会本部別館3


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ