アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 創価学会員の非常識な振る舞い・言動・言行録

□一般の人も通る公道をほとんど占拠して私物化する創価班と公道をカメラで監視する創価学会   私は、1984~1985年、小矢木隆(仮名)の劇団Nにいて、「鍋宴会」によく顔を出して「太陽作戦」を展開していたころ、小矢木隆(仮名)に誘われて創価学会のN文化会館や東京戸田 ...

■慶弔金詐欺、慶弔休暇手当詐欺・特別休暇手当詐欺の疑いがあった創価学会員のズル休み   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長・清水谷文夫(仮名)が、小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会に来た時は、創価学会女子部幹部とお見合い結婚したことばかりを、大喜びで ...

■業務上の失態や偉そうな態度、歪んだ性格が原因で社員の評判が悪かった創価学会員   ポンタツ(仮名)に入った後、田所常務(仮名)と千田営業部長(仮名)が創価学会員であると、他のベテラン社員が教えてくれた。田所常務(仮名)は、活動熱心な創価学会員ではないというこ ...

■自衛官の夫の不在中に売春で荒稼ぎをしていた創価学会婦人部員のスナック経営者   私はポンタツ(仮名)Y営業所の営業管理部門にいたのだが、営業管理の仕事のひとつに、不良売り掛け債権回収があった。つまり売掛金を支払わない顧客、倒産・閉店した顧客の売掛金の回収 ...

■自己中心的性格と上から目線の言い方で社員から蛇蝎の如くに嫌われていた創価学会員   ポンタツ(仮名)の営業マンは、どちらかというと、おとなしい人が多かったが、その中に、ちょっとした変わり種の営業マンがいた。それは山代守(仮名)という男で、この男が創価学会 ...

■事故車・故障車の路上駐車を前提にして自動車整備工場を営んでいた創価学会員   私の転勤後の新しい自宅は、K県Y市の金子滋子(仮名)が経営する料理屋「畑」(仮名)の二階にあったのだが、Y市の中心部からは、かなり離れたところにあり、電車の最寄り駅からも、かなり遠 ...

■二人でグルになって創価学会入信勧誘・生命保険勧誘をしていた創価学会婦人部信徒   私がポンタツ(仮名)に入社して後、勤続十数年になる古参社員から「田所常務(仮名)と千田部長(仮名)は創価学会員だぞ」と教えられた。がしかし、私がここで最初に創価学会の宗教被害 ...

■創価学会本部周辺・池田大作邸前にいた指定暴力団員そっくりの金城会・警備員   さて創価学会本部に抗議に行った私だったが、実際に創価学会本部一帯を目の当たりにして、ますます疑問が深まっていった。JR信濃町駅前は、完全に創価学会タウンと化してしまっている。 ...

■厳重抗議に行ったところ、外に向かって監視カメラが何台も設置されていた創価学会本部   福寿荘(仮名)も出て、溝口工務店(仮名)とも完全に縁が切れた私だったが、このままではどうにも納得がいかない。福寿荘(仮名)での数々の事件について、何度も地元創価学会幹部や ...

■学食で盛り上がった創価学会批判の話題に突然ブチ切れた隠れ創価学会員の学生   私は学生時代、私以外の住人が全員、創価学会員という福寿荘(仮名)に住んで、さんざんな目にあったのだが、あの当時も、創価学会員の強引・執拗な折伏、投票勧誘などの選挙活動等々、創 ...

■さんざん創価学会員を煽ったあげく選挙に当選したら全く知らんぷりの公明党議員   創価学会は、公明党候補者を支援するにあたって、やたら危機感を煽り立てて、一般の創価学会員をF取りなどに駆り立てていたように思う。昭和58年(1983)は、統一地方選挙の後、参議院議 ...

↑このページのトップヘ